アンケート特集

これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化作品が公開されます。スティーヴン・キングは2019年9月21日に72歳になったとのことですが、『ドクター・スリープ』の劇場公開を前に、彼の写真が公開されました。これは2013年の「ドクター・スリープ」出版時に撮られた貴重な写真だそうです。謎めいた方なので、彼の姿が観られるのは貴重ですね!小説「ドクター・スリープ」については、「後半、息をもつかせぬ展開であっという間に読めてしまった!」「ドクター・スリープおもしろすぎてやばいー。明日朝早いのに寝たくないわ」「クライマックスはやはり一気読み!」「ちょっとだけ、と思って読み始めたらアッという間に80ページ。スティーヴン・キング小説巧過ぎ」といったファンからの声がたくさん集まっており、その映画化作品に期待せずにはいられませんね。

ドクター・スリープ

映画『ドクター・スリープ』ユアン・マクレガー

2019年11月29日より全国公開

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定(後日UP)

スティーヴン・キングは、これまで本当に多くの小説が映像化されてきている作家で、作品と結びつかなくても名前を知っているという人は多いはず。今回、彼の小説映画化作品が公開ラッシュというのを記念して、スティーヴン・キング原作の映画化作品の中から、独断で30作品を選び、トーキョー女子映画部の正式部員の皆さんに投票して頂きました。本当にたくさんの作品があるので、30作品に絞るのも大変。「あの作品が入ってない!」と思われる部分があると思いますが、映画化された中で原作が彼の作品だとどこまで知られているのかを探るべく、敢えて少々マニアックなタイトルなども織り交ぜて選出させて頂きました。
まだまだ彼が新作を書いてくれることを期待して、また何年後かに再びランキングをやりたいと思います(どんだけ好きやねん!)。というわけで今回は、下記の作品をもとに投票頂いたランキングを発表します。

投票人数:10代を含む613名

今回それぞれの作品について「この作品が好き」「ふつう」「この作品を好きではない or 観たことがない」という3択で投票して頂きました。知名度の差も考慮して、「この作品が好き」=2点、「ふつう」=1点、「この作品を好きではない or 観たことがない」=0点で換算してランキングを出しています。

小さいジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひ観てみてください。

第1位 スタンド・バイ・ミー  943点

スタンド・バイ・ミー (字幕版)   

  • 幼少期の友達関係や複雑な心境を思い起こさせるので、観終わった後に最近会っていない小さい頃の友人に会いたくなります。古い映画の印象があり避けていましたが、話としてもとてもまとまっていてとてもおすすめです。(20代後半)
  • 小さい頃に観た時はよくわからなかったけれど、大人になって観ると心に染みる作品。(30代前半)
  • 『スタンド・バイ・ミー』が思い出深いです。 主人公と同年代になった時に観たのですが、12歳の男の子4人の冒険のような旅と友情にどきどきしました。なかでもリバー・フェニックスが本当にかっこよかったです。(30代後半)

第2位 ショーシャンクの空に  789点

ショーシャンクの空に(字幕版)

  • スティーブン・キング作品の中でナンバー1はやっぱり『ショーシャンクの空に』だと思う。 周りに悪い輩が大勢いる牢獄という最悪な環境にいる中で、アンディは強い志を持ち続け、私達視聴者に希望を見せてくれた素晴らしい作品でした。(20代前半)
  • 圧倒的に『ショーシャンクの空に』。 スティーブン・キング原作の映画となれば期待するし、おもしろいと思わなかったとしても、どれも記憶に残っている。「あれってさ…」と話したくなる。自分が人にあらすじを話したとしてもおもしろいと思われる。(20代後半)

第3位 グリーンマイル 784点

グリーンマイル (字幕版)

  • どきっとするシーンもありつつ、人との繋がりを考えさせられる作品。(20代後半)
  • スティーヴン・キングといえば、ホラー作家の帝王のようなイメージがありますが、『ショーシャンクの空に』と並ぶくらいの名作がこれ。 (オールタイムベスト3に入ります!) 原作を読んで泣いて、映画を観て泣きました。トム・ハンクスの名演技が引き立つ素晴らしい作品で、あっと驚くオチがしっかり用意されているところがまたツボでした。原作にかなり忠実に作られているので、できれば小説も映画も両方手に取って欲しい!(30代前半)

第4位 シャイニング 538点

シャイニング (字幕版)

  • もう何億回観たかってくらい観てて、本当に大好きです!あれほどおぞましく、狂気を感じるものはなかなかないです!!(20代後半)
  • 双子の姉妹やタイプライター、巨大迷路、そしてニコルソンがドアを破って顔を出すシーンなど名シーンの数々が脳裏に焼き付いて離れない衝撃でした。スティーブン・キング×スタンリー・キューブリックは最強です。(30代前半)
  • スティーブン・キングの頭の中が見てみたいし、ネタ帳が公開される日がくることを心待ちにしております(笑)。やはり『シャイニング』が一番好きな作品ですね。 不穏な空気や気持ち悪さはどの作品にもありますが、映像化した時の美しさが最高です。(30代前半)

第5位 “IT/イット”シリーズ 494点

※1990年版と、2017年版、その続編があります。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(字幕版)

イット (字幕版)

  • 一番好きですね。いつ観ても、心の底から恐怖を感じさせてくれます。(20代前半)
  • 『スタンド・バイ・ミー』や『IT』の”死の気配がする夏”の描き方が好きです。80年代のアメリカの田舎町が何故か懐かしく、鮮やかに感じられます。(20代後半)
  • トラウマになるくらい衝撃を受けた作品でもあり、大好きな作品でもあります。成長物語としても楽しめたので、いろんな面から楽しめる作品だと思います。(30代前半)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第6位 ミザリー 437点

ミザリー (字幕版)

  • 『ミザリー』あとは『キャリー』ですね。 怪演、そして原作に忠実というところ。『ミザリー』はとにかくキャシー・ベイツが素晴らしかった。キャシー・ベイツといえば、『黙秘』の彼女も素晴らしかった。(30代後半)
  • あげればきりかないくらいに、様々な恐怖を生み出してきた人だと思う。『ミザリー』のストーカーというのが認知されてなかった頃に、あの恐怖のストーカーを創り出したのはすごい。 (30代後半)

第7位 ミスト 393点

ミスト (字幕版)

  • 主人公が良い人ではなくすぐに暴力をふるったり悪態をつくところが、キング原作の主人公に多いので、そこが良かったです。(20代後半)
  • 後味悪いですが、好きです。(40代前半)

第8位 シークレットウィンドウ 290点

シークレット ウインドウ (字幕版)

第9位 ドリームキャッチャー  270点

ドリームキャッチャー (字幕版)

  • スティーヴン・キング原作と聞くだけで、毎回期待してしまいます!!彼特有のスリルやドキドキ感は彼でないとなかなか出せない気がします。小さき時に観た『ドリームキャッチャー』が印象的です!!(30代前半)

第10位 ペット・セメタリー 265点

ペット・セメタリー (字幕版)

  • リメイク版の『ペット・セメタリー』では、原作とは違った、また昔の映画版とは違った展開になっている様子なので、早く日本で公開していただきたいです。そして、スティーブン・キングさんの作品が好きなのに、意外とまだまだ知らない作品が多かったので、これからレンタルで見てきます!!(30代後半)
  • だめとわかっていても、もの悲しさが怖い。(40代後半)

第11位 ゴールデンボーイ 249点

ゴールデンボーイ [DVD]

  • ブラッド・レンフロのゾクっとするような美しさは最高です。(20代後半)

第12位 キャッツ・アイ 239点

第12位 セル 239点

※『セル』トッド・ウィリアムズ監督に電話インタビューをさせて頂いた際に、「スティーヴン・キングってどんな人?」と聞いてみました。記事はこちら

セル(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第14位 バトルランナー 224点

※原作者名:リチャード・バックマン=スティーヴン・キングの別名義での作品

バトルランナー (字幕版)

第15位 アトランティスのこころ 207点

アトランティスのこころ (字幕版)

  • 『スタンド・バイ・ミー』『ショーシャンクの空に』の原作がスティーヴン・キングの作品だということを今回初めて知りました。『アトランティスのこころ』は、子役のアントン・イェルチンが素晴らしい演技をしているのでたくさんの人に見ていただきたいです。アンソニー・ホプキンスも太鼓判を押してます!(20代前半)

第16位 スティーヴン・キング/痩せゆく男 200点

スティーヴン・キング/痩せゆく男 (字幕版)

第17位 ダークタワー 185点

ダークタワー (字幕版)

  • 『ダークタワー』は再現度が高く、映像ならではのアクションシーンも迫力がありおもしろかったです!(20代後半)
  • 『ダークタワー』が好きです。スティーヴン・キングワールドをすべて詰め込んだ超大作で、本を読みきるのも一苦労な…。けれど、『ミスト』の怪物や『IT』のペニーワイズなどすべての悪の元凶はこの中にあり…といったファンにはたまらない作品です。(20代後半)
  • 満を持して作られた『ダークタワー』が予想通りのよい完成度だったのが嬉しいです!キング作品の交差点みたいな世界観だから、キング作品を知らないでみてた人が興味を持ってどれでもいいから原作を読んで、それからまた観てほしいです。きっと「あっ!」と気がつくことがあって、また違う楽しみ方ができるはず。(40代後半)
  • 『ダークタワー』はイドリス・エルバのガンアクションがめちゃめちゃカッコいいので、それだけで価値が有ると思います。(40代後半)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第18位 黙秘 183点

黙秘(字幕版)

  • 一押しです。ミステリーとしても人間ドラマとしても最高の作品。(50代)
  • 『黙秘』が好きです。ホラーではなく、世界中どこでもありがち(いけないことですが)家族の隠された一番重くて悲しい内容に自分の家族にも似た部分があり何度も鑑賞しました。暗く重い映像、優れた俳優人が見事に演じた隠れた名作です。(50代)

第19位 デッドゾーン 163点

クローネンバーグのデッド・ゾーン(字幕版)

  • クリストファー・ウォーケン最高!(20代前半)
  • ここで描かれている大統領、トランプの予言かと思った。監督はデイヴィッド・クローネンバーグで主演がかのクリストファー・ウォーケン。クローネンバーグにしては地味ですが美しい作品です。ところで『クリスティーン』もありますよ!これはジョン・カーペンター監督ね。(50代)

第20位 炎の少女チャーリー 158点

炎の少女チャーリー(字幕版)

第21位 クリープショー 153点

クリープショー [Blu-ray]

第22位 スリープウォーカーズ 148点

スリープウォーカーズ (字幕版)

第23位 1408号室 142点

1408号室 (字幕版)

  • どんでん返しで「まさか〜」の展開で好き。(50代)

第24位 ジェラルドのゲーム 100点

Netflixにて配信中

第25位 死霊伝説 92点

死霊伝説 完全版 [Blu-ray]

第25位 チルドレン・オブ・ザ・コーン 92点

チルドレン・オブ・ザ・コーン(字幕版)

第27位 1922 89点

Netflixにて配信中

第28位 地獄のデビル・トラック 87点

※本作は、スティーヴン・キング自身が監督を務めています。

地獄のデビル・トラック[Blu-ray]

第29位 マングラー  79点

マングラー(字幕版)

第30位 死霊の牙 66点

スティーブン・キング 死霊の牙 [DVD]

スティーヴン・キングの名を知らしめた、不朽の名作

キャリー

彼はリチャード・バックマンというペンネームでも小説を書いていましたが、「キャリー」はスティーヴン・キング名義としての長編小説デビュー作と言われています。映画化作品は、ブライアン・デ・パルマ監督、シシー・スペイセク主演の1976年版とその続編、2013年に日本劇場公開されたクロエ・グレース・モレッツ主演版があります。

キャリー(1976)(字幕版)

キャリー (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ドラマ化作品も見逃せない!

キャッスルロック

海外ドラマ『キャッスルロック』ビル・スカルスガルド

ブルーレイ&DVDレンタル&発売中/2019年11月1日よりU-NEXTにて見放題独占配信中
公式サイト

スティーヴン・キングとJ.J.エイブラムスが製作総指揮を務め、スティーヴン・キング自身が脚本も手掛けているドラマ。主演は”IT”シリーズでペニーワイズを演じるビル・スカルスガルド。スティーヴン・キングのストーリーから構想を得ている架空の町“キャッスルロック”を舞台に物語が繰り広げられる。

キャッスルロック ブルーレイ コンプリート・ボックス(1~10話・2枚組) [Blu-ray]

アンダー・ザ・ドーム

ブルーレイ&DVDレンタル&発売中
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アンダー・ザ・ドーム シーズン1<トク選BOX>(6枚組) [DVD]

スティーヴン・キング原作の映画化・最新作

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド

2019年11月1日より全国公開中
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ペット・セメタリー

映画『ペット・セメタリー』2020年日本劇場公開版

2020年1月17日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定(後日UP)

ホラー作家という印象が強いこともあって、コメントでは『スタンド・バイ・ミー』『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』などの感動作がスティーヴン・キング原作だったと知らなかったという方もたくさんいました。そして、スティーヴン・キングと言えば怖い映画と思ってしまって観るのを躊躇してしまうという方もいらっしゃいましたね。また、スティーヴン・キングを好きで、彼の原作の映画化作品は観ていたつもりだったけれど、まだまだ観ていない作品が多いというコメントも多数ありました。結構作品の知名度に差があることも今回感じましたが、アタリハズレが多いと言われる所以もそういったところからうかがえます。とはいえ、個人的にスティーヴン・キング原作の映画は大好きで、少々ハズレたなと思っても、どの作品にも何かしら惹かれるものがあります。また、ホラーが多いとは言え、やはり『スタンド・バイ・ミー』などの人間ドラマを描く幅の広さに驚かされます。まさに天職だろうとリスペクトしますが、彼が作家としてのスタンスを綴った「書くことについて」という書籍を読むと、ちょっと彼の頭の中が覗けた気分になるので、オススメです。小説家を目指す人は特に必読!

「書くことについて」

書くことについて (小学館文庫)

“picture alliance/ゲッティイメージズ
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved
© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved”

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

脳イメージ写真AC 退化させるわけにはいかん!脳を鍛え中

100歳まで生きるとリアルに想像し始めると、100歳まで楽しめる自分でいられるようにメンテナンスが必要…

映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史 決算!忠臣蔵

公式資料の言葉をそのまま借りると、本作は「大石内蔵助が実際に残した帳簿をもとに、忠臣蔵の予算を切り口としたコメディ」です。なので…

映画『マレフィセント2』ジャパンプレミア、サム・ライリー サム・ライリー

1980年イギリス、ヨークシャー州生まれ。2007年アントン・コービン監督の『コントロール』への出演で、数々の賞を受賞。有望な若手演技派として注目され、英国アカデミー賞ライジング・スター賞に輝く。2014年…

映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海 『サヨナラまでの30分』5組10名様 キャスト&監督登壇完成披露試写会ご招待

映画『サヨナラまでの30分』5組10名様 キャスト&監督登壇完成披露試写会ご招待

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会舞台挨拶、竹野内豊 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 ルックス・セクシー部門編>

ついに国内俳優編ラストに突入!今回から国内40代&50代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている40代から50代(1960年以降、1979年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』大東駿介 大東駿介(だいとう しゅんすけ)

1986年3月13日生まれ。大阪府出身。2005年にオーディションでグランプリを受賞し、雑誌『FINEBOYS』の専属モデルとして芸能活動をスタート。同年に日本テレビ系ドラマ…

映画『殺さない彼と死なない彼女』間宮祥太朗/桜井日奈子 殺さない彼と死なない彼女

間宮祥太朗が演じる小坂れいと、桜井日奈子が演じる鹿野ななが主人公でありつつ、ほかのキャラクター達も含めた群像劇で、高校生達の恋愛の悩みと同時に、日々を生き抜こうとする…

映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』アーユシュマーン・クラーナー/タブー 盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~

やったらやり返すを繰り返す頭脳戦で、皆腹黒いのがおもしろい!同時に皆どこか間抜けなところがあり、コミカルなテンションが…

映画『地獄少女』玉城ティナ 地獄少女

復讐される悪人が本当に悪い奴ばかりなので、恨んでしまう気持ちにもすごく共感できるだけに、地獄少女にお願いしたくなる気持ちも身近に…

映画『シンクロ・ダンディーズ!』トーマス・ターグース トーマス・ターグース

1992年2月11日イギリス、グリムズビー生まれ。13歳の時に“This is England(原題)”の主人公ショーン役で俳優デビューを飾る。この作品は…

おすすめ記事

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会舞台挨拶、竹野内豊 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 ルックス・セクシー部門編>

ついに国内俳優編ラストに突入!今回から国内40代&50代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている40代から50代(1960年以降、1979年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史
    決算!忠臣蔵

  2. 映画『殺さない彼と死なない彼女』間宮祥太朗/桜井日奈子
  3. 映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』アーユシュマーン・クラーナー/タブー
  4. 映画『地獄少女』玉城ティナ
    地獄少女

  5. 映画『マイ・ビューティフル・デイズ』ティモシー・シャラメ
  6. 映画『ベル・カント とらわれのアリア』ジュリアン・ムーア/渡辺謙/加瀬亮
  7. 海外ドラマ『9-1-1 LA救命最前線 シーズン2』ピーター・クラウス/アンジェラ・バセット/オリヴァー・スターク/ジェニファー・ラヴ・ヒューイット/ライアン・グスマン
  8. 映画『影踏み』山崎まさよし/北村匠海
    影踏み

  9. 映画『夕陽のあと』貫地谷しほり/山田真歩
    夕陽のあと

  10. 映画『生理ちゃん』二階堂ふみ
    生理ちゃん

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP