特集

あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン

1995年に公開されて以来、世代を超えて人々の心を震わせ、記憶に残ってきた名作『ショーシャンクの空に』。今回は本作4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

★『ショーシャンクの空に』とは
スティーブン・キング原作、名匠フランク・ダラボンの劇場監督デビュー作!若き銀行の副頭取だったアンディは、妻と間男を殺害した罪でショーシャンク刑務所に入所する。アンディは、刑務所のしきたりに逆らい孤立していたが、古株のレッドは彼に他の受刑者達と違う何かを感じていた。そんなアンディが入所した2年後、アンディはあることをきっかけに刑務所職員からも受刑者達からも一目置かれる存在になっていく…。

『ショーシャンクの空に』
1995年製作
監督・脚本:フランク・ダラボン
出演: ティム・ロビンス(アンドリュー・デュフレーン)/モーガン・フリーマン(エリス・ボイド・レディング)/ボブ・ガントン(サミュエル・ノートン)/クランシー・ブラウン(バイロン・ハドリー)

部員が選んだドン&マイケルはこの人!

■モーガン・フリーマンに代わってチャドウィック・ボーズマン希望ですが、彼はもう演じられないので、ちょっと若いですがダニエル・カルーヤ!そしてどんなにひどい逆境でも、希望を捨てず頑張ったアンディをジョージ・マッケイ!銀行の副頭取にしては若いですが、ちょっと大人になってから演じて欲しいです。知恵と実行、忍耐と継続で未来は幸せに変えられることをこの2人だったら説得力いっぱいに演じてくれそう!(デイジー)

■全世界の人に観てもらえるリメイクにするには、アンディを大谷翔平さん。どうしても無理なら、我らが日本語も慣れているすごい人、アンセル・エルゴート様に。レッド役は、『サウンド・オブ・メタル 〜聞こえるということ〜』の主人公を演じたリズ・アーメッドに演じていただき、グローバルな空気を!(むびこ)

■アンディをマハーシャラ・アリ、レッドをホアキン・フェニックス。知的でスマートさがあるアンディには、今なら人種を越えてマハーシャラ・アリ。如才なく、温厚で哲学者のようなレッドには、柔和な役を見せたことがないホアキンでお願いします!(まめぞう)

■私が『シャーシャンクの空に』をキャスティングするなら、アンディ役は阿部寛さん。レッド役は柴田恭兵さんです。理由は安心できる確かな実績と演技力、そして役に大切な人柄や雰囲気を持っているので2人をキャスティングしました。皆さんのキャスティングも気になります!(ペンギン)

■アンディを鈴木亮平、レッドを役所広司。鈴木亮平さんは役作りがすごいし、内に秘めたものを表現しそう。役所さんはもう全部の映画を役所さんで観てもいいくらいなので。(匿名)

■アンディ役をエディ・レッドメイン。絶望的な状況であっても希望を持って生き抜く強い信念を持っている主人公なので、演技の幅が広いエディがぴったりだと思う。高いスキルを活用できそう。レッド役はジョージ・クルーニー。アンディの良き理解者で、年配者らしい気遣いを持っていて信頼感がある。(匿名)

■オリジナルキャストがハマりすぎて、難しいですが、アンディをジェレミー・レナー、レッドをフォレスト・ウィテカーはどうでしょう。演技派で、オリジナルの俳優とのギャップも少ない感じがします。(匿名)

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス

編集部が選んだリメイク版キャスティング

■アンディはカン・ドンウォン、レッドは麿赤兒(まろ あかじ)でどうでしょう?役の幅が広くて、スター性もあるカン・ドンウォンなら、オリジナルに恥じないアンディを演じてくれそうです。麿赤兒は『とんび』のキャラクターから想像して、暖かくて大きい存在にピッタリだと思います。(マイソン)

■アンディをエマ・ワトソン、レッドをヴィオラ・デイヴィスでどうでしょう。2人の確実な演技力で、新たな作品として生まれ変わりそうな気がします。オリジナルに劣らない感動も与えてくれそうです。(シャミ)

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン

今回もたくさんの俳優名が並び、なかには野球選手の大谷翔平の名前もあり、とても観てみたくなりました。皆さんが挙げてくださった誰がキャスティングされても興味深くて、ぜひ観てみたいです。『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版は、2022年6月17日より全国公開です。色鮮やかに甦る本作をこの機会に大きなスクリーンでご覧ください。

この機会にぜひオリジナルをご覧ください!

『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版
2022年6月17日より全国順次公開
公式サイト

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス

© 1994 Castle Rock Entertainment. All Rights Reserved.

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン 1950 鋼の第7中隊

ツイ・ハーク、チェン・カイコー、ダンテ・ラムが監督を務め、製作費270億円が投じられた本作は…

映画『NOPE/ノープ』キキ・パーマー キキ・パーマー

1993年8月26日アメリカ、イリノイ州ハーヴェイ生まれ。シンガー、俳優、声優など…

映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー ドライビング・バニー

キービジュアルから、ポップで可愛い映画なのかと思いきや…

映画『ぼくらのよあけ』 『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン リティク・ローシャン

1974年1月10日インド、ムンバイ生まれ。父はプロデューサー、監督、脚本家、俳優である…

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、クリスチャン・ベール夫妻 クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビーら豪華キャスト&スタッフ集結!『アムステルダム』ワールドプレミア

デヴィッド・O・ラッセル監督による7年ぶりの新作『アムステルダム』が、2022年10月28日より全国公開となります。先日、ニューヨークにてワールドプレミアが開催され、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントンをはじめ、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロら豪華キャスト&スタッフが一堂に会しました。

海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ デビアスなメイドたち

『デスパレートな妻たち』が好きな人にオススメ!

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』片岡礼子 片岡礼子(かたおか れいこ)

1971年12月20日生まれ。愛媛県出身。 1993年、『二十歳の微熱』でデビュー。『愛の新世界』(1994)で…

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『あの娘は知らない』福地桃子さんインタビュー 『あの娘は知らない』福地桃子さんインタビュー

喪失感を抱えて⽣きる男⼥が出会い、お互いの孤独に寄り添いながら少しずつ前に歩み出していく様が描かれている映画『あの娘は知らない』。今回は、本作で主演を飾った福地桃子さんにお話をうかがいました。撮影現場で感じたことや、俳優のお仕事を始めたきっかけについて聞いてみました。

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  3. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ

おすすめ記事

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回…

記事作成部活20220720:初秋最新作 あなたの映画愛、ドラマ愛を形に!【記事作成部活】2022年9月度参加者募集

9月は韓国ドラマの回もオンラインで実施します!

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン
  2. 映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー
  3. 海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ
  4. 映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁
  5. 映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ
  6. 映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ヒュー・ボネヴィル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ブレンダン・コイル/ミシェル・ドッカリー/ケヴィン・ドイル/ジョアン・フロガット/マシュー・グード/ハリー・ハッデン=パトン/デヴィッド・ヘイグ/ジェラルディン・ジェームズ/ロブ・ジェームス=コリアー/サイモン・ジョーンズ/アレン・リーチ/フィリス・ローガン/エリザベス・マクガヴァン/ソフィー・マックシェラ/タペンス・ミドルトン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/レスリー・ニコル/ケイト・フィリップス/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
  7. 映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン
  8. 映画『秘密の森の、その向こう』ジョセフィーヌ・サンス/ガブリエル・サンス
  9. 映画『LAMB/ラム』ノオミ・ラパス/ヒルミル・スナイル・グズナソン
    LAMB/ラム

  10. 映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』香取慎吾/岸井ゆきの
PAGE TOP