REVIEW

ベルイマン島にて

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ベルイマン島にて』ヴィッキー・クリープス/ティム・ロス

巨匠イングマール・ベルイマンが傑作を生み出したスウェーデンのフォーレ島を舞台に、映画監督カップルの絶妙な恋愛模様が描かれた本作。主人公のクリス(ヴィッキー・クリープス)とトニー(ティム・ロス)は、お互いの関係にも創作活動にも停滞感を抱いていて、新しいインスピレーションを求めてフォーレ島にやって来ます。2人にはそれぞれの創作スタイルがあり、相手の仕事の進行状況がつい気になってしまうところなどは、同職カップルならではの悩みだと思います。
資料によると、本作の監督と脚本を務めたミア・ハンセン=ラブは、『アクトレス~女たちの舞台~』『冬時間のパリ』などを手掛けたオリヴィエ・アサイヤス監督とパートナー関係だった過去があるそうで、「もしかしたら本作にも監督自身の経験が盛り込まれているのでは?」とも考えられます。実際のところはわかりませんが、監督や脚本家としての苦悩がとてもリアルに描かれていて、映画監督という仕事の大変さも疑似体験できるので、映画業界志望の方なら参考になる点もありそうです。
物語のメインはクリスとトニーの恋愛関係ですが、それとは別に劇中でクリスが考えた物語も同時に進行していきます。1つの映画の中で別の物語も追うことになるので少し不思議な感覚になりますが、物語が交錯していく展開はとても見応えがあるので、ぜひ注意深くご覧ください。その他にも、ヴィッキー・クリープス、ティム・ロス、ミア・ワシコウスカ、アンデルシュ・ダニエルセン・リーらの魅力的な演技が観られたり、数々のイングマール・ベルイマンゆかりの地が登場するのもポイントです。物語の行方は本編をご覧いただくとして、特に終盤はさまざまな解釈ができる部分があるので、繰り返し観るのもオススメです。

デート向き映画判定
映画『ベルイマン島にて』ヴィッキー・クリープス/ティム・ロス

大人の繊細な恋愛模様が描かれているので、初デートよりもベテランカップル向けです。クリスとトニーの場合は同じ仕事に就いていて、仕事の取り組み方の違いなども綴られていますが、日常会話の中で感じるちょっとした違和感などは、どんなカップルでも共感できるはずです。逆にクリス達カップルを反面教師として観て、同じような揉め事を未然に防ぐのも得策です。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ベルイマン島にて』ミア・ワシコウスカ

キッズも観られますが、せめて中学生くらいになってから観たほうが主人公達の心情をより理解できると思います。ティーンの場合は、クリスとトニーの関係を客観的に観察しつつ、もし将来自分が同じような立場になったらどうするか考えてみてください。また、本作ではイングマール・ベルイマンの名前が何度も登場するので、もし気になったら調べて、ベルイマン作品を観るのも良いと思います。

映画『ベルイマン島にて』ヴィッキー・クリープス/ティム・ロス/ミア・ワシコウスカ

『ベルイマン島にて』
2022年4月22日より全国順次公開
キノフィルムズ
公式サイト

© 2020 CG Cinéma ‒ Neue Bioskop Film ‒ Scope Pictures ‒ Plattform Produktion ‒ Arte France Cinéma

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム
  2. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  3. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  4. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  5. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP