REVIEW

フェイブルマンズ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『フェイブルマンズ』ガブリエル・ラベル/ミシェル・ウィリアムズ/ポール・ダノ

本作はスティーヴン・スピルバーグの自伝的作品とされており、映画に魅了された少年が映画監督を目指すまでを描いています。主人公のサミー・フェイブルマンは映画館で映画を観てから、8㎜カメラでさまざまなものを撮影していきます。でも、カメラには、彼の作品や楽しい思い出ばかりではなく、家族や周囲の人々の真の姿も収められていきます。そこには観たいもの、観たくないものの両方があり、サミーは映画というものはある意味残酷であり、真実を捉えるものであるということを知っていきます。このサミーの成長物語には、映画監督としてどんな覚悟が必要かが語られているように感じられ、それはそのままスピルバーグがこれまで作品作りで大切にしてきたことのようにも捉えられます。
また、家族の問題、学校での悩み事、映画監督を目指す上での苦労を感じている時、サミーのそばにはいつも映画があって、それがそのまま映画作りのヒントに繋がっていったのだという展開には、サミーは映画監督になるべくして生まれたというような運命的なものを感じます。さらに、クライマックスでサミーが八方ふさがりになった状態で起きるひょんな出来事はまさに映画マジック!これはスピルバーグの原体験を描いた作品ですが、スピルバーグに限らず、映画に魅了され、無我夢中で映画の世界に何とか入ろうともがいてきた人達は、極限まで耐えつつ、もうダメだと挫折しそうな時に、こういったミラクルを体験してきたからこそ、真実も理想も見せてくれる映画を作ったり、映画を届ける仕事に就いているのではないでしょうか。僭越ながら私も映画にまつわる仕事をしたいという思い一つで東京にやってきて、いろいろな奇跡を体験しました。そんな自分の体験ともすごく重なって、改めて映画の力を実感し、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
本作で紡がれていくサミーの体験、周囲の人々との会話の一つひとつは、それがどんなに辛いもの悲しいものであってもすべてキラキラしていて、これこそが映画の真髄だと感じると同時に、スピルバーグはやっぱり生まれつきの映画監督だなと実感します。サミーの母の言葉「すべての出来事に意味がある」も、スピルバーグの生き方、映画作りの礎になっているのではないでしょうか。映画館で何度も味わいつつ、ブルーレイが出たら手元に置いていつでも観られるようにしたい作品です。

デート向き映画判定
映画『フェイブルマンズ』ガブリエル・ラベル

本作で描かれるいくつかの恋愛関係が、主人公の運命にも大きく影響をもたらしています。ロマンチックなだけではなく、苦い部分もあるので、デートで観るとどういう化学反応を起こすのか未知数です。何となく今の恋愛に迷いがある方、将来に自信が持てていない方は一旦1人でじっくり観るほうが良いかもしれません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『フェイブルマンズ』ガブリエル・ラベル/ミシェル・ウィリアムズ/ポール・ダノ

主人公が幼少の頃に映画に魅了され、映画監督を目指す過程を描いていて、キッズやティーンの皆さんが等身大で観られる内容です。ただし、家族の複雑な状況も描かれていて、どう受けとめたらよいのか戸惑う部分もあると思います。PG-12となっているので大人と一緒なら小学生も観られますが、自分で理解して、自分の心と向き合いながら観るには、せめて中学生くらいになってから観ることをオススメします。

映画『フェイブルマンズ』ガブリエル・ラベル/ミシェル・ウィリアムズ/ポール・ダノ

『フェイブルマンズ』
2023年3月3日より全国公開
PG-12
東宝東和
公式サイト

© Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP