REVIEW

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』トム・ホランド/ジェイク・ギレンホール

今回の物語の舞台は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界で、ピーター達が楽しみにしていた夏休みの旅行先、ヴェネツィア、プラハ、ロンドンで問題が勃発します。スパイダーマンの本拠地と言えば、ニューヨークですが、今回はサブタイトルに“ファー・フロム・ホーム”とある通り、ニューヨークから離れた土地でスパイダーマンが活躍する姿を観ることができます。アベンジャーズが“指パッチン”から世界を救い、この世から一度消された半分の人々が戻った世界で、夏休みは普通の高校生として過ごしたいと願うピーターが、スーパーヒーローとしての覚悟を改めて試されるストーリーで、彼が頼りにしていたトニー・スタークがいない状況のなか、ピーター自身がどんな選択をするのかが見どころになっています。若干16歳と考えると本当に酷な状況で責任が重すぎますが、大きな失敗を犯しながら、成長していく姿はやはり観ていて勇気をもらえます。トニーの運転手だったハッピーや、メイおばさん、さらにクラスメイトのMJ、ネッド、ベティなど脇のキャラクターも深掘りされていて、とても良い味を出しています。高校生独特のノリが何度も笑いを誘い、癒されるシーンも豊富です。2人のおもしろキャラの先生も良いアクセントになってます。そして、何より今回注目のキャラクターは、ジェイク・ギレンホールが演じるミステリオ。でも彼については最大のお楽しみということで、ここでは何も書かないでおきます。ぜひネタバレされないうちに早く観てください!
アクションの迫力やスピード感がパワーアップしているのはもちろん、世界を襲う脅威の種類もとてもユニークで、「そう来たか!」と思うと同時に、時代をすごく反映している設定が素晴らしいです。ラストも衝撃の展開が待ち受けているので、本作のストーリーに決着がついたと思っても、油断は禁物です。

デート向き映画判定
映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』トム・ホランド/ゼンデイヤ

シリーズを通して観ているほうがもちろん楽しめるとは思いますが、何となくスパイダーマンやアベンジャーズの設定を知っていれば、本作から観ても楽しめると思います。もしくは、本作を観る前に2人でシリーズ前作のおさらいをすると良いでしょう。今回はさらにラブストーリーも盛り上がってくるので、ロマンチックなムードもあやかれると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』サミュエル・L・ジャクソン

高校生が主人公なので、ティーンの皆さんはもちろん等身大で楽しめると思いますが、キッズの皆さんが観てもワクワクする物語です。2時間を越える上映時間はキッズの皆さんにとっては少々ハードルかも知れませんが、小学校高学年以上なら全然問題ないと思います。それくらい、釘付けになるアクションシーン、時折入る笑えるシーン、キュンとするラブストーリーと、さまざまな要素がバランス良く、メリハリも効いて入っているので、ぜひ観てください!

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』トム・ホランド

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
2019年6月28日より全国公開
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト

TEXT by Myson

関連記事

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ジョー・マンテロ ジョー・マンテロ

1962年12月27日アメリカ生まれ。俳優、監督として活躍中。“ The Normal Heart(原題)”など…

映画『ミナリ』スティーヴン・ユァン 『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥 ターコイズの空の下で

裕福な家庭で甘やかされて育った日本人青年のタケシは、ある日、実業家の祖父により外モンゴルの草原へ送り込まれ…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ディラン・マクダーモット ディラン・マクダーモット

1961年10月26日アメリカ生まれ。ゴールデン・グローブ賞やエミー賞に…

映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー ステージ・マザー

テキサスの田舎町に住むごく普通の主婦メイベリンは、ある⽇、⻑らく疎遠だった息⼦のリッキーの訃報を受け…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ダレン・クリス ダレン・クリス

1987年2月5日アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。『glee/グリー』…

映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ ガンズ・アキンボ

ダニエル・ラドクリフが演じる主人公マイルズが、ある日、殺し合いを生配信する闇サイトで…

海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス 殺人を無罪にする方法

ヴィオラ・デイヴィス主演、『グレイズ・アナトミー』や『スキャンダル』を手掛けるションダ・ライムズが製作総指揮のドラマです。

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』デヴィッド・コレンスウェット デヴィッド・コレンスウェット

1993年7月8日アメリカ生まれ。俳優、脚本家として活躍中。2016年に…

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』アレクサンドル・ヴェテール MISS ミス・フランスになりたい!

本作は、「ミス・フランスになりたい」という幼い頃からの夢を叶えるために…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

REVIEW

  1. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  2. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
  3. 映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ
  4. 海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス
  5. 映画『MISS ミス・フランスになりたい!』アレクサンドル・ヴェテール
  6. 映画『あのこは貴族』門脇麦/水原希子
    あのこは貴族

  7. 映画『カポネ』トム・ハーディ
    カポネ

  8. 映画『モンテッソーリ 子どもの家』
  9. 映画『藁にもすがる獣たち』ペ・ソンウ
  10. 映画『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』ダニア・デ・ヴィラーズ
PAGE TOP