イイ男セレクション

サミュエル・L・ジャクソン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』サミュエル・L・ジャクソン

1948年アメリカ、ワシントンD.C.生まれ。1989年『ドゥ・ザ・ライト・シング』で注目され、1991年『ジャングル・フィーバー』で、カンヌ国際映画祭助演男優賞、NY批評家協会賞など、数多くの賞を受賞。1994年には、クエンティン・タランティーノ監督作『パルプ・フィクション』で、アカデミー賞と、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、英国アカデミー賞を受賞した。1997年『ジャッキー・ブラウン』では、ゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、ベルリン国際映画祭男優賞を受賞。そのほか出演作に『キル・ビル Vol.2』『ジャンゴ 繋がれざる者』“アベンジャーズ”シリーズ『キングスマン』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『ラグタイム』『スクール・デイズ』『星の王子 ニューヨークへ行く』『ドゥ・ザ・ライト・シング』『サミュエル・L・ジャクソン in ブラック・ヴァンパイア』『モ’・ベター・ブルース』『グッドフェローズ』『ジャングル・フィーバー』『海辺の殺人者』『ジュース』『ホワイト・サンズ』『パトリオット・ゲーム』『ローデッド・ウェポン1』『アモス&アンドリュー』『ポケットいっぱいの涙』『トゥルー・ロマンス』『ジュラシック・パーク』『パルプ・フィクション』『死の接吻』『ダイ・ハード3』『ハードエイト』『トゥリーズ・ラウンジ』『評決のとき』『ロング・キス・グッドナイト』『プレイヤー 死の祈り』『ジャッキー・ブラウン』『スフィア』『交渉人』『レッド・バイオリン』『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』『ディープ・ブルー』『英雄の条件』『シャフト』『アンブレイカブル』『ケイブマン』『ケミカル51』『チェンジング・レーン』『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』『ノー・グッド・シングス』『トリプルX』『閉ざされた森』『S.W.A.T.』『ツイステッド』『キル・ビル Vol.2』『コーチ・カーター』『トリプルX ネクストレベル』『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』『デトロイト・コップ・シティ』『フリーダムランド』『スネーク・フライト』『ブラック・スネーク・モーン』『勇者たちの戦場』『サミュエル・L・ジャクソン in ザ・チャンプ 伝説のファイター』『1408号室』『ザ・クリーナー 消された殺人』『ジャンパー』『アイアンマン』『レイクビュー・テラス 危険な隣人』『ソウルメン』『ザ・スピリット』『愛する人』『アイアンマン2』『4デイズ』『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』『コンフィデンスマン/ある詐欺師の男』『デビル・ストレンジャー』『アベンジャーズ』『ジャンゴ 繋がれざる者』『ターボ』『オールド・ボーイ』『ダウト・ゲーム』『ロボコップ』『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『カイト/KITE』『ビッグゲーム 大統領と少年ハンター』『キングスマン』『ベアリー・リーサル』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『ヘイトフル・エイト』『ターザン:REBORN』『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』『セル』『キングコング:髑髏島の巨神』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『ミスター・ガラス』『キャプテン・マーベル』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

何をやっても同じに見えちゃうくらい、本人のインパクトが強い俳優はたくさんいますが、サミュエル・L・ジャクソンの場合は、本人のキャラクターもかなり強いですが、彼そのままと言うよりは、彼による“濃い味付け”がされていて、いつもどんなキャラクターに仕上がっているのかとワクワクします。『ヘイトフル・エイト』のようなワル役も定番でおもしろいですが、『ターザン:REBORN』の役柄はちょっと二枚目要素が入っていて美味しい役なので新鮮です(笑)。『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』では強烈な悪役を演じたかと思えば、『セル』ではすごく普通の男を演じていて、彼の演技の幅を感じます。直感で演じているのかなと思っていましたが、『セル』のトッド・ウィリアムズ監督のインタビューで聞いた話によると彼はとても時間をかけて丁寧な役作りをするとのことです。そういうギャップにも萌えますね。

Recommended by Myson

© 2013 OB PRODUCTIONS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation
©MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.
© 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
©2014 CELL Film Holdings, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
©Universal Pictures All rights reserved.
©Marvel Studios 2019

関連記事

from 2016/7/27

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr. ルース・エドガー

人種差別に関する映画はたくさんありますが、こういった視点のものはあまりなかったのではないでしょうか。勉強もスポーツも万能で…

水間ロン、アーティスト写真 『燕 Yan』水間ロンさんインタビュー

日本と台湾の高雄を舞台に、離ればなれになった家族がそれぞれの苦しく切ない感情を抱えながら、もがき成長する姿が描かれたヒューマンドラマ『燕 Yan』。今回は本作で初主演を飾り、さらに企画と脚本にも携わっている水間ロンさんにリモート取材させて頂きました。企画段階から本作へ参加した感想や、また、水間さん自身、中国の大連出身で、日本の大阪育ちという経歴をお持ちということで、ご自身のアイデンティティ形成についても聞いてみました。

映画『罪と女王』トリーヌ・ディルホム/グスタフ・リン 罪と女王

いや〜いろんな意味でゾッとしました。それくらいドラマチックで、映画だからこそ描ける“罪”であって欲しい衝撃的な内容です。主人公は…

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

映画『燕 Yan』水間ロン 水間ロン(みずま ろん)

1989年生まれ。中国、大連出身、大阪育ち。大学を卒業後に上京し、俳優活動を始める。主なテレビドラマ出演作に…

映画『生きてるだけで、愛。』趣里/菅田将暉 心理学から観る映画12-2:自己注目が抑うつを引き起こす

人間というものを理解しようとする時、“自己”という概念がとても重要になります。自分をどう認知しているか、自分をどう見せたいか、自分はどう見られていると思うか…など、あらゆる視点やとらえ方が、心の健康及び病に影響をもたらします。そこで今回は自己注目と抑うつの関係について考察します。

映画『未成年』キム・ヘジュン/パク・セジン 未成年

不倫の末に妊娠してしまった女性の子どもと、不倫相手の娘が高校で同級生というなさそうでありそうな…

映画『アンティークの祝祭』カトリーヌ・ドヌーヴ アンティークの祝祭

神のお告げがあったと言って、急に身の回りのものを処分しようとガレッジセールを開く主人公。彼女の家にはたくさんのアンティークがあり、それぞれにまつわる思い出が映像の中で描かれていきます。一方、現在の彼女は孤独で…

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

Netflix映画『ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム』エドガー・ラミレス エドガー・ラミレス

1977年3月25日、ベネズエラ首都カラカス生まれ。父親が防衛駐在官だったことから、オーストリア、カナダ、コロンビア、イタリア、メキシコなど世界中を転々として育ち、ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語に堪能。俳優になる前は…

おすすめ記事

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は個性・ユーモア部門のランキングを発表します。どの俳優もなかなかの個性派ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか!?

映画『ケープタウン』来日会見、オーランド・ブルーム イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外40代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外40代(1971年以降、1980年以前の生まれ=数え年で40代)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい方を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス・セクシー部門の結果を発表します!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

REVIEW

  1. 映画『ルース・エドガー』ナオミ・ワッツ/オクタヴィア・スペンサー/ケルヴィン・ハリソン・Jr.
  2. 映画『罪と女王』トリーヌ・ディルホム/グスタフ・リン
    罪と女王

  3. 映画『未成年』キム・ヘジュン/パク・セジン
    未成年

  4. 映画『アンティークの祝祭』カトリーヌ・ドヌーヴ
  5. 映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー
  6. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  7. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

  8. 映画『お名前はアドルフ?』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/クリストフ=マリア・ヘルプスト/ユストゥス・フォン・ドホナーニ/カロリーネ・ペータース
  9. 映画『15年後のラブソング』ローズ・バーン/イーサン・ホーク/クリス・オダウド
  10. 映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』シアーシャ・ローナン/ティモシー・シャラメ

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP