イイ俳優セレクション

トム・ホランド

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アンチャーテッド』トム・ホランド

1996年6月1日イギリス、ロンドン生まれ。2008年、ロンドンのウエストエンドのミュージカル“ビリー・エリオット”で主人公の親友マイケル役に抜擢され、舞台デビュー。その後、本舞台では主人公ビリー役としても舞台に立った。2012年に『インポッシブル』で主人公一家の長男役を演じ、注目される。2015年『わたしは生きていける』を経て、2014年『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』に声のみで出演。2015年には『白鯨との闘い』で語り部となるトーマスの少年時代を演じた。2016年、“アベンジャーズ”シリーズで、スパイダーマン役に大抜擢され、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でその姿を初披露。今後も同役で『スパイダーマン:ホームカミング』や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』などに出演。2017年には英国アカデミー賞のライジングスター賞を受賞した。また、2011年『借りぐらしのアリエッティ』のイギリス上映版では、主人公の翔の声を担当した。

イイ男セレクション/出演作

インポッシブル』『わたしは生きていける』『白鯨との闘い』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『ウィンターストーム 雪山の悪夢』『スパイダーマン:ホームカミング』“The Lost City of Z(原題)”『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』“The Current War”“Un-charted(原題)”『アベンジャーズ/エンドゲーム』『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』『エジソンズ・ゲーム』『悪魔はいつもそこに』(Netflix映画)『カオス・ウォーキング』『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』『アンチャーテッド』など

声の出演:『借りぐらしのアリエッティ』『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』『ドクター・ドリトル』『2分の1の魔法』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

演技が上手!そして、チャーミング。正直、何度も映画化されてきた“スパイダーマン”はもうお腹いっぱいに思っちゃうかもなあと懸念していましたが、そんな事はありませんでした。彼の魅力と演技力ですごく親近感の湧く魅力的なキャラクターになっています。これからもすごく期待しています。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『アンチャーテッド』
2022年2月18日より全国公開

映画『アンチャーテッド』トム・ホランド/マーク・ウォールバーグ/アントニオ・バンデラス/ソフィア・アリ/タティ・ガブリエル

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
2022年1月7日より全国公開

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』トム・ホランド/ゼンデイヤ/ベネディクト・カンバーバッチ

『悪魔はいつもそこに』
2020年9月16日よりNetflixにて配信開始

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド/ビル・スカルスガルド/ライリー・キーオ/ロバート・パティンソン/ミア・ワシコウスカ/ジェイソン・クラーク/セバスチャン・スタン

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『インポッシブル』

『わたしは生きていける』

『白鯨との闘い』

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

『ウィンターストーム 雪山の悪夢』

『スパイダーマン:ホームカミング』

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

『エジソンズ・ゲーム』

『2分の1の魔法』(声の出演)

『カオス・ウォーキング』

©2012 Telecinco Cinema, S.A.U. and Apaches Entertainment, S.L.
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.
©Marvel Studios2018
© 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved.
© 2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
© 2021 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

関連記事

from 2017/7/24

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マッチング』土屋太鳳 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年2月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年2月】のアクセスランキングを発表!

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ DOGMAN ドッグマン【レビュー】

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した…

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マッチング』土屋太鳳
  2. 映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  3. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  4. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  5. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP