REVIEW

ザ・ファブル

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月

殺し屋が主人公のストーリーでありながらとてもコミカルで、激しくスピーディなアクションシーンとのコントラストが際立った独特の世界観が魅力。接近戦も見どころで、ハリウッド大作『ボーン・アイデンティティー』や『96時間』などのシリーズを手掛けたフランス人のアクション監督、アラン・フィグラルズがファイトコレオグラファーとして参加しています。さらに、日本からはこれまで数々の作品でスタントマンとして活躍し、2013年に第1回ジャパンアクションアワードベストスタントマン賞最優秀賞を受賞し、『るろうに剣心』『ミュージアム』『忍びの国』などのアクション監督・コーディネートを担ってきた富田稔が、今回スタントコーディネーターを担当。主演はアクション映画を得意とする岡田准一ということで、本作のアクションシーンはグローバルなレベルに仕上がっていると言えます。
柳楽優弥、向井理、福士蒼汰などが極悪人キャラを演じている点も新鮮で、バイオレンスシーンが予想以上に生々しく、男性向けの作品という雰囲気はあります。ただ、女性キャラクターの存在がストーリーの鍵を握っているので、女性も楽しめる要素はあります。全裸の岡田准一のシーンも豊富なので、マッチョ好き女子は必見です(笑)。

デート向き映画判定
映画『ザ・ファブル』山本美月/柳楽優弥

結構痛々しいシーンがあり、アクションシーンが激しいので、敢えてデート向きとは言いませんが、アクション映画が好きで観慣れている同士なら、デートで観るのもありだと思います。コメディ要素に関しては、ツボに合うかどうかが分かれそうな気がしますが、そこで2人の相性を占ってみても良いかも知れません。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ザ・ファブル』福士蒼汰/向井理

キッズにはちょっと過激かなと思うシーンがあるので、せめて中学生以上になってから観たほうが良いかなと思います。岡田准一が演じる殺し屋がとても強くて、個性的なので、男子は特に憧れちゃうと思います。スピード感のあるアクションシーンが爽快なので、興味があれば観てみてください。

映画『ザ・ファブル』岡田准一/木村文乃/山本美月/福士蒼汰/柳楽優弥/向井理/木村了/井之脇海/藤森慎吾(オリエンタルラジオ)/宮川大輔/佐藤二朗/光石研/安田顕/佐藤浩市

『ザ・ファブル』
2019年6月21日より全国公開
松竹
公式サイト

©2019「ザ・ファブル」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』カミーラ・ディーキンさん(プロデューサー)インタビュー 『エセルとアーネスト ふたりの物語』カミーラ・ディーキンさん(プロデューサー)インタビュー

本作は、「スノーマン」「風が吹くとき」で世界中に知られるレイモンド・ブリッグズ自身が両親のストーリーを描いた絵本を映画化。ポール・マッカートニーがエンディング曲を書き下ろしていることでも話題になっています。今回、プロデューサーを務めた、カミーラ・ディーキンさんにお話をお伺いしました。

映画『ホテル・ムンバイ』デヴ・パテル ホテル・ムンバイ

本作は、インドの5つ星ホテルで実際に起きた無差別テロからの奇跡の脱出劇を映画化したものです。こういう紛争で多くの犠牲者が出る状況を観ると…

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』松尾スズキ 『108~海馬五郎の復讐と冒険~』10組20名様 トークイベント付き試写会ご招待

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』10組20名様 トークイベント付き試写会ご招待

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス ジョーカー

良い意味で“バットマン”シリーズ、DCシリーズかどうかはどうでも良いと思えてしまうくらい強烈な映画です。これまでいろいろな作品で観てきたゴッサム・シティを…

映画『トールキン 旅のはじまり』コルム・ミーニイ コルム・ミーニイ

1953年、アイルランド生まれ。テレビシリーズ『新スター・トレック』(87〜94)『スター・トレック/ディープ・スペース・ナイン』(93〜99)で長きに渡り、マイルズ・オブライエン役を演じ、世界的に広く知られている。1993年…

映画『ガーンジー島の読書会の秘密』ミキール・ハースマン ミキール・ハースマン

1981年7月18日オランダ、アムステルフェーン生まれ。14歳のときにTVシリーズ“Voor hete vuren(原題)”で俳優デビューし、長寿番組“Goede tijden, slechte tijden(原題)”や“Kees & Co(原題)”“Spargen(原題)”などに出演。20代半ばまではオランダで活動していたが…

映画『宮本から君へ』池松壮亮 宮本から君へ

こんなに野性味溢れる作品だとは思っておらず、またこんなにヘビーな話だとは思っておらず、良い意味で観るだけでもエネルギーをむちゃくちゃ消費…

映画『トールキン 旅のはじまり』アンソニー・ボイル アンソニー・ボイル

英国王立ウェールズ音楽大学の大学生だった時に舞台”ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部”のオーディションでスコーピウス・マルフォイ役に抜擢され…

映画『引っ越し大名!』初日舞台挨拶、高橋一生 高橋一生(たかはし いっせい)

1980年12月9日、東京都生まれ。10代の頃から数々の映画、TVドラマ、舞台に出演。1995年『耳をすませば』で、天沢聖司の声を担当。2012年、舞台“4four”の演技において…

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎 寛 一 郎(かんいちろう)

1996年8月16日生まれ。東京都出身。父親は俳優の佐藤浩市で、祖父は三國連太郎。2018年、瀬々敬久監督の『菊とギロチン』で俳優デビューし…

おすすめ記事

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督 久々の里帰りで会ったお父さんに異変!家族として受け入れられる?『おいしい家族』部活リポート

2019年7月31日、『おいしい家族』の完成披露試写会が行われ、トーキョー女子映画部の正式部員皆で参加させて頂きました。当日は、主演の松本穂香さん、ふくだももこ監督が登壇…

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『ホテル・ムンバイ』デヴ・パテル
  2. 映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス
    ジョーカー

  3. 映画『宮本から君へ』池松壮亮
    宮本から君へ

  4. 映画『アド・アストラ』ブラッド・ピット
  5. 映画『下忍 赤い影』寛 一 郎/結木滉星
    下忍 赤い影

  6. 映画『HELLO WORLD』
    HELLO WORLD

  7. 映画『おいしい家族』松本穂香/板尾創路/浜野謙太
    おいしい家族

  8. 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』
  9. 映画『シンクロ・ダンディーズ!』ロブ・ブライトン/ルパート・グレイヴス/ジム・カーター/シャーロット・ライリー
  10. 映画『アイネクライネナハトムジーク』三浦春馬/多部未華子

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP