イイ俳優セレクション

安田顕(やすだ けん)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ホテルローヤル』安田顕

1973年12月8日、北海道室蘭市生まれ。演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバー。舞台、映画、ドラマを中心に幅広い現場でキャリアを重ね、これまでに100本以上の作品に出演。2016年の主演映画『俳優 亀岡拓次』は大ヒットを記録し、TVドラマ『下町ロケット』では、その人気を確かなものにした。そのほかの主な出演作は、『HK/変態仮面』シリーズ、『黒執事』『龍三と七人の子分たち』『ビリギャル』『追憶』などがある。また、音楽にも造詣が深く、北海道では音楽番組のナレーションを放送開始から15年担当、雑誌ではアーティストと対談連載ページを持つ。さらに実父とのやりとりを綴った「北海道室蘭市本町一丁目四十六番地」も発刊。

イイ男セレクション/出演作

『man-hole』『パコダテ人』『river』『銀のエンゼル』『雨の町』『Presents~合い鍵~』『たとえ世界が終わっても』『MAYU ココロの星』『大洗にも星はふるなり』『映画 ホタルノヒカリ』『らくごえいが』『HK/変態仮面』『劇場版SPEC~結~漸ノ篇』『劇場版SPEC~結~爻ノ篇』『黒執事』『女子ーズ』『わたしのハワイの歩き方』『小川町セレナーデ』『アゲイン 28年目の甲子園』『龍三と七人の子分たち』『ビリギャル』『新宿スワン』『映画 みんな!エスパーだよ!』『俳優 亀岡拓次』『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』『任侠野郎』『聖の青春』『きょうのキラ君』『追憶』『銀魂』『不能犯』『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』『愛しのアイリーン』『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』『ザ・ファブル』『影裏』『ホテルローヤル』『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』『私はいったい、何と闘っているのか』『とんび』『ラーゲリより愛を込めて』など

声の出演:『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』『思い出のマーニー』『映画 クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃』『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

いろいろな作品で彼を観ていますが、福田雄一監督作で演じるキャラクターが濃すぎて、私のなかでは、三枚目のイメージが強いです。明るい役にも、暗い役にも振り幅が大きいので、いつも楽しませてもらっています。『愛しのアイリーン』のキャラクターは強烈でしたが、インタビューではとても気さくに接してくださり、すごく楽しい方でした!

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『ホテルローヤル』
2020年11月13日より全国公開

映画『ホテルローヤル』波瑠/余貴美子/原扶貴子/伊藤沙莉/岡山天音/夏川結衣/安田顕

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『銀のエンゼル』

『Presents~合い鍵~』

『大洗にも星はふるなり』

『映画 ホタルノヒカリ』

『HK/変態仮面』

『劇場版SPEC~結~漸ノ篇』

『黒執事』

『女子ーズ』

『アゲイン 28年目の甲子園』

『龍三と七人の子分たち』

『ビリギャル』

『新宿スワン』

『俳優 亀岡拓次』

『銀魂』

『不能犯』

『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』

『愛しのアイリーン』

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

『ザ・ファブル』

『影裏』

©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会
©「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」製作委員会
© 2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ
©宮川サトシ/新潮社 ©2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会
©2019「ザ・ファブル」製作委員会
©2020「影裏」製作委員会
©桜木紫乃/集英社 ©2020映画「ホテルローヤル」製作委員会

関連記事

from 2017/7/11

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP