研究

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アルマゲドン・タイム ある日々の肖像』アン・ハサウェイ/アンソニー・ホプキンス

前回までの2023邦画ベストの分析に続き、今回から、2023年洋画ベストの投票で得たデータを分析した結果を発表します。

映画好きが選んだ2023洋画ベストの投票によるランキングはこちら

※説明が専門的になってしまう部分がありますので、ざっくりとした結果が知りたい方は、「まとめ」をご覧ください。
※データや方法については最後に記載しています。

最尤法、プロマックス回転とオブリミン回転で因子分析を行い、オブリミン回転の結果を採用しました。Table1が結果です。

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18
Table1:2023洋画ベストの因子分析結果 
※投票によるランキング結果ではなく因子負荷量の順序です。
2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18
Table2:2023年洋画ベスト作品の因子間相関
2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18
Table3:回答者の映画鑑賞頻度

因子負荷量が0.35未満の作品、第1因子と第2因子両方の因子負荷量が同程度の作品は削除して、分析を行いました。Taeble1は因子負荷量が0.35以上ある作品のみを掲載しています。3因子の特徴がそれぞれ強く出た(=因子負荷量が大きく出た)作品を色分けしています。

投票時の配点は、その作品を観ていれば、好きか否かにかかわらず1点以上になります。その作品を観た場合は、1点=「観た上でまったく好きではない」から、5点「観た上でとても好き」の間で投票されています。ちなみにランキングは得点の合計で出しているので、多くの方に観られた作品はランキングで上位に入りやすくなる仕組みです。

グループ間で作品の規模感の違いが少し見えます。黄色のグループには超大作や有名俳優出演作、シリーズものが多く入っています。よって、因子名を「大衆ウケ」としました。

次に緑と水色のグループを観てみると、両方とも作品の規模やジャンルもまちまちです。でも、Table1の右側、「投票得点平均」の列を見てみると、水色のグループのほうが高めです。前述したようにその作品を観ていれば1点以上になるので、「投票得点平均」は多くの人が観ている作品ほど高くなりやすいといえます。逆にいえば、「投票得点平均」が低い要因は、その作品を観た人数そのものが少ない可能性も含まれます。よって、緑の「映画通好み」、水色のグループ、第2因子は「話題性」と因子名を付けました。

上記の根拠を付け足します。多くの人が観ている作品ほど票が分かれる、つまり好き嫌いが分かれる可能性が高いので、標準偏差が大きくなります。実際に黄色のグループの作品の標準偏差は他の因子の作品よりも大きい傾向にあります。緑のグループの作品は全体的に標準偏差が小さく、水色のグループの作品の標準偏差は緑と黄色の作品の間くらいになっていることからも、同じ傾向が読み取れます。

誤解のないように整理すると、すべての作品がどれか一つの因子だけに紐付けられるわけではありません。因子負荷量の大きさは、それぞれの因子の特徴がどの程度表れているかを示しています。例えば、水色のグループの一番下にある『ザ・ホエール』は第2因子「話題性」の因子負荷量が一番大きい値になっていますが、第1因子の「映画通好み」の因子負荷量も0.315あるので、第1因子に紐づく部分もあるといえます。

映画『ザ・ホエール』ブレンダン・フレイザー
『ザ・ホエール』

2023洋画ベストは、作品の規模に関わると考えられるユーザーの好みを背景とする3因子構造になりました。2023邦画ベストの因子分析結果も「インディペンデント系好き」「メジャー好き」という2因子構造だった点からも、人気投票を目的とした採点方法によって得たデータであるため、こうした因子構造になりやすいと考えられます。仮説に合わせて、作品のラインナップや質問、選択肢を変えて調査をすると、ストーリーや俳優、監督など、作品そのものの要素で因子が分かれるかどうかを調べられるかもしれません。

次回も、2023洋画ベストのデータを使って深掘りします。

まとめ

  • 2023洋画ベストに入れた作品を因子分析した結果、「映画通好み」「話題性」「大衆ウケ」の3因子構造となった。
  • 作品の規模とユーザーの好みに関連する3因子構造になった背景には、人気投票を目的とした採点方法が関係している可能性が示唆された。

データ:映画研究5:映画好きが選ぶ2023洋画ベスト
回答期間:2024/01/26〜2024/02/27
回答数:10代を含む297名の女性

<方法>
アンケートの中で下記の問いに対して、6択で答えていただきました。
Q:それぞれの作品について、該当する項目にチェックを入れてください

5点=観た上でとても好き
4点=観た上でやや好き
3点=観た上でふつう
2点=観た上であまり好きではない
1点=観た上でまったく好きではない
0点=観ていない

上記の回答データをもとに、因子分析(最尤法、オブリミン回転)を行いました。
※帰無仮説の有意水準:0.05(=5%)
※JASPを使った分析

注目の作品

映画『アルマゲドン・タイム ある日々の肖像』アン・ハサウェイ/ジェレミー・ストロング/バンクス・レペタ/ジェイリン・ウェッブ/アンソニー・ホプキンス

『アルマゲドン・タイム ある日々の肖像』
監督・製作・脚本:ジェームズ・グレイ
出演:アン・ハサウェイ/ジェレミー・ストロング/バンクス・レペタ/ジェイリン・ウェッブ/アンソニー・ホプキンス
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る U-NEXTで観る Huluで観る

© 2022 Focus Features, LLC.

映画『ザ・ホエール』ブレンダン・フレイザー

『ザ・ホエール』
PG-12
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ブレンダン・フレイザー/セイディー・シンク/ホン・チャウ/タイ・シンプキンス/サマンサ・モートン
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 ブレンダン・フレイザー来日記者会見
Amazonでブルーレイを購入する Amazonプライムビデオで観る U-NEXTで観る Huluで観る

© 2022 Palouse Rights LLC. All Rights Reserved.

TEXT & ANALYSIS by Myson(武内三穂)

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年5月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP