特集

映画に隠された恋愛哲学とヒント集72:浮気の根源はどこにある?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ほつれる』門脇麦

ネタバレ注意!

今回は、冷え切った夫婦関係から目を逸らし、ダブル不倫をする主人公の日常を描いた『ほつれる』を題材に、恋愛のヒントを探ります。

相手の問題よりも自分の問題

まず冒頭で、主人公の綿子(門脇麦)と夫の文則(田村健太郎)の異様な空気感に気付くでしょう。そして、次に綿子と恋人の木村(染谷将太)の仲睦まじい姿を観て、彼女が木村との関係があるからこそ、夫婦関係を保っていられているとわかります。でも、ある日、木村は綿子の目の前で事故死してしまいます。ここまでは、映画公式サイトのあらすじに書かれています。

綿子は恋人を突然失い、夫婦関係に向き合わざるをえなくなります。また、夫の文則も妻の異変に気付き、関係を修復しようと試みます。一見、文則は綿子に歩み寄っているようにも見えながら、かなり自己中心的で、2人ともとても事務的です。この2人はいつからこうなのか想像を膨らませると、恐らく結婚して変わったのではないかと思います。

映画『ほつれる』門脇麦/田中健太郎

この2人は臭いものには蓋をするタイプです。2人とも夫婦関係以外に逃げ場を持っています。終盤で、文則は元妻とも結婚していた頃は同じ状況だったことがうかがえます。恋愛が生活の一部になった途端に、うまく対処ができなくなるのではないでしょうか。要するに2人とも恋愛のいいとこ取りをするタイプ、相手の良いところしか見たくないタイプです。だから、恋人から夫婦にはなれないし、何度結婚しても同じことを繰り返すはずです。

お互いの態度に問題があるように見えながら、根本的には2人とも自分自身の問題でしょう。もし、綿子が木村と再婚したとしても、また外に恋人を作るのだと思います。

映画『ほつれる』門脇麦

こういった状況は結婚すると避けられないかというと、必ずしもそうではないと思います。恋愛関係にしかトキメキを見出せない人こそ、夫婦関係への思い込みが激しいのではないでしょうか。結婚して安定した関係になると、お互いの気持ちをわざわざ確かめるようなことはなくなってきます。それに耐えられないとしたら、それは自分に自信がないからなのかもしれません。常に相手の気持ちを確かめたいし、自分の気持ちも確かめたい。もしかしたら、そんなシンプルなことが結婚生活から逃げたくなる原因なのかもしれません。

映画『ほつれる』門脇麦/染谷将太

それならば、やっぱり日常での何らかの愛情表現の積み重ねが大事ですね。でも、それがうまくできないから皆苦労するのでしょうね(苦笑)。浮気相手の役割のほうが単純でわかりやすいから、お互いの存在意義が把握しやすいし、愛情表現を遠慮なくできます。一方、恋愛関係から始まった夫婦関係を途中で生活のためだけと割り切るのは切ない。でも、気付いた頃には頑張る気力が失せていたり、気恥ずかしくて愛情表現ができなくなっているという状況なのではないでしょうか。

このループから抜け出すには、夫婦の現実に目を向けるだけではなく、そのまた奥にある自分の本当の姿に気付かなければいけないように思います。

映画『ほつれる』門脇麦/田村健太郎/染谷将太/黒木華/古舘寛治

『ほつれる』
2023年9月8日より全国公開
ビターズ・エンド
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2023「ほつれる」製作委員会&COMME DES CINÉMAS

『テイク・ディス・ワルツ』
R-15+
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 女にとってのセックス、男にとってのセックス
Amazonプライムビデオで観る 

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP