特集

映画に隠された恋愛哲学とヒント集72:浮気の根源はどこにある?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ほつれる』門脇麦

ネタバレ注意!

今回は、冷え切った夫婦関係から目を逸らし、ダブル不倫をする主人公の日常を描いた『ほつれる』を題材に、恋愛のヒントを探ります。

相手の問題よりも自分の問題

まず冒頭で、主人公の綿子(門脇麦)と夫の文則(田村健太郎)の異様な空気感に気付くでしょう。そして、次に綿子と恋人の木村(染谷将太)の仲睦まじい姿を観て、彼女が木村との関係があるからこそ、夫婦関係を保っていられているとわかります。でも、ある日、木村は綿子の目の前で事故死してしまいます。ここまでは、映画公式サイトのあらすじに書かれています。

綿子は恋人を突然失い、夫婦関係に向き合わざるをえなくなります。また、夫の文則も妻の異変に気付き、関係を修復しようと試みます。一見、文則は綿子に歩み寄っているようにも見えながら、かなり自己中心的で、2人ともとても事務的です。この2人はいつからこうなのか想像を膨らませると、恐らく結婚して変わったのではないかと思います。

映画『ほつれる』門脇麦/田中健太郎

この2人は臭いものには蓋をするタイプです。2人とも夫婦関係以外に逃げ場を持っています。終盤で、文則は元妻とも結婚していた頃は同じ状況だったことがうかがえます。恋愛が生活の一部になった途端に、うまく対処ができなくなるのではないでしょうか。要するに2人とも恋愛のいいとこ取りをするタイプ、相手の良いところしか見たくないタイプです。だから、恋人から夫婦にはなれないし、何度結婚しても同じことを繰り返すはずです。

お互いの態度に問題があるように見えながら、根本的には2人とも自分自身の問題でしょう。もし、綿子が木村と再婚したとしても、また外に恋人を作るのだと思います。

映画『ほつれる』門脇麦

こういった状況は結婚すると避けられないかというと、必ずしもそうではないと思います。恋愛関係にしかトキメキを見出せない人こそ、夫婦関係への思い込みが激しいのではないでしょうか。結婚して安定した関係になると、お互いの気持ちをわざわざ確かめるようなことはなくなってきます。それに耐えられないとしたら、それは自分に自信がないからなのかもしれません。常に相手の気持ちを確かめたいし、自分の気持ちも確かめたい。もしかしたら、そんなシンプルなことが結婚生活から逃げたくなる原因なのかもしれません。

映画『ほつれる』門脇麦/染谷将太

それならば、やっぱり日常での何らかの愛情表現の積み重ねが大事ですね。でも、それがうまくできないから皆苦労するのでしょうね(苦笑)。浮気相手の役割のほうが単純でわかりやすいから、お互いの存在意義が把握しやすいし、愛情表現を遠慮なくできます。一方、恋愛関係から始まった夫婦関係を途中で生活のためだけと割り切るのは切ない。でも、気付いた頃には頑張る気力が失せていたり、気恥ずかしくて愛情表現ができなくなっているという状況なのではないでしょうか。

このループから抜け出すには、夫婦の現実に目を向けるだけではなく、そのまた奥にある自分の本当の姿に気付かなければいけないように思います。

映画『ほつれる』門脇麦/田村健太郎/染谷将太/黒木華/古舘寛治

『ほつれる』
2023年9月8日より全国公開
ビターズ・エンド
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2023「ほつれる」製作委員会&COMME DES CINÉMAS

『テイク・ディス・ワルツ』
R-15+
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 女にとってのセックス、男にとってのセックス
Amazonプライムビデオで観る 

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年9月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『キリエのうた』アイナ・ジ・エンド/松村北斗/広瀬すず キリエのうた

人の生きる力を感じる物語。そして、他人を…

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』カーラ・デルヴィーニュ カーラ・デルヴィーニュ

1992年8月12日イギリス、ロンドン出身。バーバリー、ステラ・マッカートニー、シャネル、H&Mなどのキャンペーンやランウェイでモデルとして活躍し…

映画『ベルファスト』ジュード・ヒル イイ俳優セレクション・アクセスランキング【2023年9月】

“イイ俳優セレクション”【2023年9月】のアクセスランキングを発表!

映画『オクス駅お化け』シン・ソユル オクス駅お化け

本作は、チョン・ヨンギが監督を務め、脚本はイ・ソヨンと、日本からは高橋洋、白石晃士が加わり…

映画『禁じられた遊び』橋本環奈 橋本環奈(はしもと かんな)

1999年2月3日生まれ。福岡県出身。2011年、是枝裕和監督作『奇跡』で…

中国ドラマ『今宵、若様は恋におちる』ディン・ユーシー/ポン・シャオラン 中国ドラマ『今宵、若様は恋におちる』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『今宵、若様は恋におちる』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

『アンダーカレント』今泉力哉監督インタビュー 『アンダーカレント』今泉力哉監督インタビュー

2004年から2005年にかけて「月刊アフタヌーン」で連載されていた豊田徹也の伝説的漫画を実写化した『アンダーカレント』…

映画『月』宮沢りえ

原作は、実際に起きた障がい者殺傷事件をモチーフにして2017年に発表された辺見庸の同名小説…

映画『フラッシュオーバー 炎の消防隊』ドゥー・ジアン フラッシュオーバー 炎の消防隊

冒頭からかなり危険度の高い救出劇が繰り広げられるので、一瞬にして…

映画『ロスト・フライト』ジェラルド・バトラー/マイク・コルター 『ロスト・フライト』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ロスト・フライト』一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見:クエンティン・タランティーノ 映画好きが選んだクエンティン・タランティーノ監督人気作品ランキング

今回は、これまでクエンティン・タランティーノが監督をした作品(脚本担当作は除く)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。

映画『アイスクリームフィーバー』吉岡里帆/詩羽(水曜日のカンパネラ) 映画好き女子が選んだ【ガールズムービー邦画ランキング】

今回は邦画のガールズムービー(女性同士の友情や交流などを描いた作品)を集めました。候補作品は編集部が独断で選抜し、正式部員の皆さんの投票によるランキングを作成しました 。部員の皆さんによる熱いコメントも参考に、お気に入りのガールズムービーを探してみてください!

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『キリエのうた』アイナ・ジ・エンド/松村北斗/広瀬すず
    キリエのうた

  2. 映画『オクス駅お化け』シン・ソユル
  3. 映画『月』宮沢りえ

  4. 映画『フラッシュオーバー 炎の消防隊』ドゥー・ジアン
  5. 映画『イコライザー THE FINAL』デンゼル・ワシントン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『今宵、若様は恋におちる』ディン・ユーシー/ポン・シャオラン
  2. 映画『ロスト・フライト』ジェラルド・バトラー/マイク・コルター
  3. 映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司
PAGE TOP