心理学

心理学から観る映画14:いじめっ子がいじめをする本当の理由とは?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『許された子どもたち』ワークショップ:いじめのロールプレイ

新学期が始まって約3ヶ月が経ちました。今年は新型コロナウィルス感染症の影響で通学ができなくなり、6月に入って段階的に通学が始まりましたが、子ども達のストレスも相当溜まっていると思います。日常でストレスの多い状況下では、いじめの増加も懸念されます。そこで今回はいじめについて考えます。

いじめが起きる理由は無数にある

日本では1980年頃からいじめが社会問題として強く意識されるようになったようですが、時代の変化と実際のいじめの被害者の証言などにより、文部科学省のいじめの定義も変化しました。「文部科学省初等中等教育局児童生徒課 平成30年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について」における、いじめの定義は以下の通りです。

「いじめ」とは,「児童生徒に対して,当該児童生徒が在籍する学校に在籍している等当該児童生徒と一定の人的関係のある他の児童生徒が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって,当該行為の対象となった児童生徒が心身の苦痛を感じているもの。」とする。なお,起こった場所は学校の内外を問わない。

そして、いじめの認知件数について平成30年度の上記同調査では、小学校で約42万6000件、中学校で約9万8千件、高校で約18000件、合計約54万4千件という数字になっていて、平成26年から現在にかけて大幅にいじめの認知件数が増えているグラフも示されています。この背景の一つには、いじめによる自殺が報道され、社会的に意識が高まり報告が増えたことも影響していると考えられています。

ただ、実際には端から見てどこからがいじめかがわかりにくいこともあり、いじめられている本人も誰かに相談することでさらにいじめがエスカレートしてしまうことなどを恐れて黙って我慢するということも大いにあります。なので、認知件数よりももっと多くの人達が苦しんでいる可能性は高いでしょう。
では、いじめはどうして起こるのでしょうか。もちろん原因は一つではなく、それぞれのケースによって背景は異なりますが、いじめっ子だけでなく、周囲で傍観している人、はやし立てる人の影響、いじめっ子の家庭問題など、要因として考えられることは無数にあります。

例えば、いじめっ子について、家庭で暴力を受けていたり、周囲から認めてもらえなかったり、自分に自信がなかったりする状況下で、そのストレスを誰かをいじめることで発散している場合もあります。また、いじめの対象がグループ結束のためのスケープゴート(いけにえ)になってしまっているケースもあります(下山ほか 2009)。そして、同級生をからかっていたら周りにウケて、からかっていた子はその注目や賞賛が快感になり、いじめにエスカレートしてしまうケースもあります。その場合、直接的に行動や言動を起こしていない観衆、傍観者もいじめに影響していると言えます。こういったさまざまな背景やいじめが起こるメカニズムを考えると、いじめのターゲットが次々に変わることや、いじめ問題を解決しようとする際、いじめられっ子といじめっ子だけではなく、周囲の児童や家庭など、広い視野をもって介入する必要があることをご理解頂けるのではないでしょうか。

映画『許された子どもたち』撮影前ワークショップ:いじめのロールプレイ 動画はこちら

映画『許された子どもたち』では、撮影前にいじめの本質を考察するための〈いじめのロールプレイ〉が行われました。その時の模様が公開されていますので、ぜひご覧になってください。この映像の最後に、本作でいじめっ子を演じた上村侑くんがロールプレイで感じたことを語っていますが、まさにいじめの背景にあるリアルな感情などに触れていて、とても参考になります。
また『許された子どもたち』は加害者とその親にフォーカスした物語になっている点にも注目して頂きたいと思いますが、いじめをする子も普通の子で優しい一面を持っていたり、いじめられた経験があったりします。またいじめている側にはいじめをしている意識がなかったり、いじめっ子の親が事実を認められないということも、いじめ問題の解決を難しくしている要因となっているのがわかります。

映画『許された子どもたち』撮影前ワークショップ:いじめのロールプレイ 動画はこちら

このようにいじめを撲滅するにはたくさんの課題があり、さまざまな対処の仕方がありますが、とにかくいじめは未然に防げるのが1番です。上記のロールプレイのような教育も未然にいじめを防ぐ手立ての1つとなりますが、こういった教育が児童や保護者、指導者などに向けて広く活発におこなわれることも期待します。

<参考・引用文献>
文部科学省初等中等教育局児童生徒課 平成30年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について
下山晴彦ほか(2009)「やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる臨床心理学[改定新版]」ミネルヴァ書房

映画『許された子どもたち』上村侑

『許された子どもたち』
2020年6月1日より全国順次公開
PG-12

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
内藤瑛亮監督インタビュー

いじめによって1人の少年が命を落とし、その後加害者の中心的存在となった少年とその親がどんな日々を送ったのかを軸に物語が展開していきます。劇中では1件のいじめだけでなく、偽の正義感から起こるいじめや、グループ保持のために1人をスケープゴートにしたいじめなど、さまざまなパターンを客観視することができます。

©2020「許された子どもたち」製作委員会

『BULLY ブリー』
DVDレンタル・発売中

7人の少年少女がいじめっ子を殺害したという、実際にアメリカで起きたボビー・ケント殺害事件をもとに映画化。幼馴染みで親友のはずの2人の少年の関係に、他の人が加わることで、思わぬ展開に…。

BULLY / ブリー [DVD]

『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定『ソロモンの偽証 前篇・事件』
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定『ソロモンの偽証 後篇・裁判』

同級生の1人が亡くなり、警察や学校は自殺として処理しようとするなか、他殺だという告発状がある生徒と校長のもとに届きます。大人達は早く騒動を終わらせようとしますが、子ども達は真相を究明すべく立ち上がります。生徒達がいかに皆に見えないところでさまざまな問題を抱えているかがわかるストーリーです。

ソロモンの偽証 前篇・事件

ソロモンの偽証 後篇・裁判

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』ダン・スティーヴンス 小説家で観る映画特集Vol.1

この特集では実在の小説家自身の物語や、その小説家に影響を受けた人物が主人公の作品、またはその作家の小説の映画化作品にフォーカスを当ててご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、最初からシリーズ化し、今回は第1弾としてお届けします。

映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳 さんかく窓の外側は夜

霊が見える男と、霊を祓える男が主人公ということで、ホラーだなとは予測…

映画『野球少女』イ・ジュヨン 『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ トルーマン・カポーティ

1924年9月30日アメリカ、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。19歳のときに執筆した…

映画『Swallow/スワロウ』ヘイリー・ベネット 心理学から観る映画26:異食症はなぜ起こる?

幼児に多く見られると言われる異食症ですが、大人にもその症状がある場合、どんなことが起こっているのでしょうか?今回は映画『Swallow/スワロウ』を題材に考えてみます。

Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス ボーイズ・イン・ザ・バンド

本作は、1968年にニューヨークで上演された、マート・クローリーの舞台演劇“The Boys in the Band(真夜中のパーティー)”が…

映画『100日間のシンプルライフ』マティアス・シュヴァイクホファー マティアス・シュヴァイクホファー

1981年3月11日ドイツ、アンクラム生まれ。『ワルキューレ』(08)で…

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』マーティン・ロセテ監督インタビュー 『43年後のアイ・ラヴ・ユー』マーティン・ロセテ監督インタビュー

『43年後のアイ・ラヴ・ユー』で、43年越しに再会する男女のラブストーリーを描き上げたマーティン・ロセテ監督。今回のリモートインタビューでは、本作の軸となる愛の物語や、主演のブルース・ダーンとの仕事について伺いました。

映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス パリの調香師 しあわせの香りを探して

ディオールの“ジャドール”をはじめ、数々の香水を作った天才調香師アンヌと、運転手ギヨームの心の触れ合いと…

映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』カン・ドンウォン カン・ドンウォン

1981年1月18日韓国生まれ。2000年にモデルデビューし、テレビドラマ『威風堂々な彼女』で俳優に転身。以降…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

REVIEW

  1. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  2. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  3. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  4. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  5. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

  6. 映画『エマの秘密に恋したら』アレクサンドラ・ダダリオ/タイラー・ホークリン
  7. Netflixドラマ『ザ・ポリティシャン シーズン1』ベン・プラット
  8. 映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ミシェル・ロドリゲス
  9. 映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』東山紀之/常盤貴子/益岡徹/田口浩正/木南晴夏/淵上泰史/鈴木保奈美
  10. 映画『ハッピー・バースデー 家族のいる時間』カトリーヌ・ドヌーヴ/エマニュエル・ベルコ/ヴァンサン・マケーニュ/セドリック・カーン
PAGE TOP