心理学

心理学から観る映画14:いじめっ子がいじめをする本当の理由とは?

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『許された子どもたち』ワークショップ:いじめのロールプレイ

新学期が始まって約3ヶ月が経ちました。今年は新型コロナウィルス感染症の影響で通学ができなくなり、6月に入って段階的に通学が始まりましたが、子ども達のストレスも相当溜まっていると思います。日常でストレスの多い状況下では、いじめの増加も懸念されます。そこで今回はいじめについて考えます。

いじめが起きる理由は無数にある

日本では1980年頃からいじめが社会問題として強く意識されるようになったようですが、時代の変化と実際のいじめの被害者の証言などにより、文部科学省のいじめの定義も変化しました。「文部科学省初等中等教育局児童生徒課 平成30年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について」における、いじめの定義は以下の通りです。

「いじめ」とは,「児童生徒に対して,当該児童生徒が在籍する学校に在籍している等当該児童生徒と一定の人的関係のある他の児童生徒が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって,当該行為の対象となった児童生徒が心身の苦痛を感じているもの。」とする。なお,起こった場所は学校の内外を問わない。

そして、いじめの認知件数について平成30年度の上記同調査では、小学校で約42万6000件、中学校で約9万8千件、高校で約18000件、合計約54万4千件という数字になっていて、平成26年から現在にかけて大幅にいじめの認知件数が増えているグラフも示されています。この背景の一つには、いじめによる自殺が報道され、社会的に意識が高まり報告が増えたことも影響していると考えられています。

ただ、実際には端から見てどこからがいじめかがわかりにくいこともあり、いじめられている本人も誰かに相談することでさらにいじめがエスカレートしてしまうことなどを恐れて黙って我慢するということも大いにあります。なので、認知件数よりももっと多くの人達が苦しんでいる可能性は高いでしょう。
では、いじめはどうして起こるのでしょうか。もちろん原因は一つではなく、それぞれのケースによって背景は異なりますが、いじめっ子だけでなく、周囲で傍観している人、はやし立てる人の影響、いじめっ子の家庭問題など、要因として考えられることは無数にあります。

例えば、いじめっ子について、家庭で暴力を受けていたり、周囲から認めてもらえなかったり、自分に自信がなかったりする状況下で、そのストレスを誰かをいじめることで発散している場合もあります。また、いじめの対象がグループ結束のためのスケープゴート(いけにえ)になってしまっているケースもあります(下山ほか 2009)。そして、同級生をからかっていたら周りにウケて、からかっていた子はその注目や賞賛が快感になり、いじめにエスカレートしてしまうケースもあります。その場合、直接的に行動や言動を起こしていない観衆、傍観者もいじめに影響していると言えます。こういったさまざまな背景やいじめが起こるメカニズムを考えると、いじめのターゲットが次々に変わることや、いじめ問題を解決しようとする際、いじめられっ子といじめっ子だけではなく、周囲の児童や家庭など、広い視野をもって介入する必要があることをご理解頂けるのではないでしょうか。

映画『許された子どもたち』撮影前ワークショップ:いじめのロールプレイ 動画はこちら

映画『許された子どもたち』では、撮影前にいじめの本質を考察するための〈いじめのロールプレイ〉が行われました。その時の模様が公開されていますので、ぜひご覧になってください。この映像の最後に、本作でいじめっ子を演じた上村侑くんがロールプレイで感じたことを語っていますが、まさにいじめの背景にあるリアルな感情などに触れていて、とても参考になります。
また『許された子どもたち』は加害者とその親にフォーカスした物語になっている点にも注目して頂きたいと思いますが、いじめをする子も普通の子で優しい一面を持っていたり、いじめられた経験があったりします。またいじめている側にはいじめをしている意識がなかったり、いじめっ子の親が事実を認められないということも、いじめ問題の解決を難しくしている要因となっているのがわかります。

映画『許された子どもたち』撮影前ワークショップ:いじめのロールプレイ 動画はこちら

このようにいじめを撲滅するにはたくさんの課題があり、さまざまな対処の仕方がありますが、とにかくいじめは未然に防げるのが1番です。上記のロールプレイのような教育も未然にいじめを防ぐ手立ての1つとなりますが、こういった教育が児童や保護者、指導者などに向けて広く活発におこなわれることも期待します。

<参考・引用文献>
文部科学省初等中等教育局児童生徒課 平成30年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について
下山晴彦ほか(2009)「やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる臨床心理学[改定新版]」ミネルヴァ書房

映画『許された子どもたち』上村侑

『許された子どもたち』
2020年6月1日より全国順次公開
PG-12

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
内藤瑛亮監督インタビュー

いじめによって1人の少年が命を落とし、その後加害者の中心的存在となった少年とその親がどんな日々を送ったのかを軸に物語が展開していきます。劇中では1件のいじめだけでなく、偽の正義感から起こるいじめや、グループ保持のために1人をスケープゴートにしたいじめなど、さまざまなパターンを客観視することができます。

©2020「許された子どもたち」製作委員会

『BULLY ブリー』
DVDレンタル・発売中

7人の少年少女がいじめっ子を殺害したという、実際にアメリカで起きたボビー・ケント殺害事件をもとに映画化。幼馴染みで親友のはずの2人の少年の関係に、他の人が加わることで、思わぬ展開に…。

BULLY / ブリー [DVD]

『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定『ソロモンの偽証 前篇・事件』
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定『ソロモンの偽証 後篇・裁判』

同級生の1人が亡くなり、警察や学校は自殺として処理しようとするなか、他殺だという告発状がある生徒と校長のもとに届きます。大人達は早く騒動を終わらせようとしますが、子ども達は真相を究明すべく立ち上がります。生徒達がいかに皆に見えないところでさまざまな問題を抱えているかがわかるストーリーです。

ソロモンの偽証 前篇・事件

ソロモンの偽証 後篇・裁判

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

ビジネス街イメージ写真:StockSnapによるPixabayからの画像 あなただけのキャリア3:働く地域が限定されるメリットとデメリットは?【地域限定正社員制度】

どんな仕事をするかも重要ですが、どんな働き方をするかはライフスタイルに直結するので、重要なポイントです。2020年は新型コロナウィルス感染症の影響で、在宅勤務というスタイルが広く受け容れられたり…

映画『望み』堤真一/石田ゆり子/岡田健史/清原果耶 望み

『望み』というタイトルの意味は何なのかと思っていたら…

Netflix映画『オールデイ・アンド・ア・ナイト:終身刑となった僕』ジェフリー・ライト ジェフリー・ライト

1965年12月7日アメリカ生まれ。主な映画出演作に、ダニエル・クレイグ版の“007”シリーズの他…

ドラマ『カレーの唄。』満島真之介さんインタビュー 『カレーの唄。』満島真之介さんインタビュー

今回は、ドラマ『カレーの唄。』で破天荒で自由人でどこか謎めいている主人公を演じた満島真之介さんにインタビューをさせて頂きました。濃厚でためになるお話をお聞きし、元気をたくさん頂きました。

映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』ジミー・フェイルズ/ジョナサン・メジャース ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

映画制作スタジオA24とプランBが、アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』以来タッグを組んで製作された本作。舞台はサンフランシスコで…

映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ オン・ザ・ロック

今回のソフィア・コッポラ監督作も、期待通りに…

映画『マーティン・エデン』ルカ・マリネッリ ルカ・マリネッリ

1984年10月22日イタリア、ローマ生まれ。若い頃から映画の吹替でキャリアを積み、2006年に俳優として本格的に活動を始め…

映画『エマ、愛の罠』パブロ・ラライン監督インタビュー 『エマ、愛の罠』パブロ・ラライン監督インタビュー

本作で、監督と共同脚本を務めたパブロ・ラライン監督にリモート・インタビューをさせて頂きました。監督は観客がどう反応しても喜んでくれる方で、それが映画作りに反映されているのだなと感じました。

映画『浅田家!』二宮和也 浅田家!

本作は、写真家の浅田政志氏による写真集「浅田家」と「アルバムのチカラ」を原案に…

映画『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』イアン・ハート イアン・ハート

1964年10月8日イギリス、リヴァプール生まれ。メイベル・フレッチャー音楽演劇学校を卒業後、ビデオ制作を学び…

おすすめ記事

ビジネス街イメージ写真:StockSnapによるPixabayからの画像 あなただけのキャリア3:働く地域が限定されるメリットとデメリットは?【地域限定正社員制度】

どんな仕事をするかも重要ですが、どんな働き方をするかはライフスタイルに直結するので、重要なポイントです。2020年は新型コロナウィルス感染症の影響で、在宅勤務というスタイルが広く受け容れられたり…

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『望み』堤真一/石田ゆり子/岡田健史/清原果耶
    望み

  2. 映画『ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ』ジミー・フェイルズ/ジョナサン・メジャース
  3. 映画『オン・ザ・ロック』ビル・マーレイ/ラシダ・ジョーンズ
  4. 映画『浅田家!』二宮和也
    浅田家!

  5. Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド
  6. 映画『トロールズ ミュージック★パワー』
  7. 映画『クライマーズ』ウー・ジン/チャン・ツィイー
    クライマーズ

  8. 映画『アダムス・ファミリー』(アニメーション版)
  9. Netflix映画『ザ・ファイブ・ブラッズ』デルロイ・リンドー
  10. 映画『エマ、愛の罠』マリアーナ・ディ・ジローラモ/ガエル・ガルシア・ベルナル
    エマ、愛の罠

部活・イベント

  1. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラ
  2. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  3. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  4. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  5. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
PAGE TOP