心理学

心理学から観る映画16:グループ行動からみる心の成長

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『グッド・ボーイズ』ジェイコブ・トレンブレイ/ブレイディ・ヌーン/キース・L・ウィリアムズ

新型コロナウィルス感染症の影響で家庭学習がメインの日々が続いていたなか、最近ようやく通学が解禁となり、徐々に通常登校に戻している学校も出てきたようです。学校に行けないことが学業に影響することはもちろんですが、友達との接触もないわけで、そのことも子ども達の心理的発達に影響を及ぼします。そこで今回は、仲間関係の変化と成長について取り上げます。

付き合う人が変化して当たり前

人は生まれてから、親、兄弟姉妹、祖母などの家族、同じ保育所や幼稚園の友達…とだんだん人間関係を広げていきます。自身の過去を振り返ると、子どもの頃は、同じクラスで席が近かったとか、同じ幼稚園に通っていたなどの理由で、自然に友達になっていたことが多かったように思います。でも、なぜ仲の良い友達と同じ学校に上がっても、一緒にいる友達が変わるのでしょうか。

もちろんクラスが別々になったり、部活で忙しい、習い事で忙しいなど、生活パターンの違いから、一緒に過ごす相手が変わってくることもあるでしょう。でもそれ以外にも、人の発達が、属する集団の変化に影響を及ぼしているのです。以下に、年齢層と共に変化するグループについてご紹介します。

■ギャング・グループ:小学生(児童期後半)にみられる仲間関係。親から自立しようとすることで生じる不安を乗り越えるために仲間を必要とし始める時期に現れる。同一行動による一体感が重んじられ、同じ遊びを一緒にするものが仲間であると考えられる。男児に特徴的。
■チャム・グループ:中学生(思春期前半)にみられる仲間関係。共通の興味や関心を通じて繋がっている仲良しグループで、互いの共通点や類似点を言葉で確かめ合う。女子に特徴的。
■ピア・グループ:高校生(思春期後半)にみられる仲間関係。互いの価値観や理想、将来の生き方についての相違を認め合い、違いを乗り越えたところで、自立した個人として互いを尊重し会う仲間関係。
(下山ほか 2017)

映画『グッド・ボーイズ』ジェイコブ・トレンブレイ/ブレイディ・ヌーン/キース・L・ウィリアムズ

映画『グッド・ボーイズ』の主人公3人組はまさにギャング・グループ。同じ遊びを好み、グループ名も付けていて結束が堅く、いつも3人で連んでいます。でも、小学校6年生になった彼等は、恋に芽生えたり、家族の問題に悩んだり、自分を変えたいと思ったり、個々に気持ちの上で成長していくことで、ずっと3人で連むことに自然に限界を感じるようになります。『グッド・ボーイズ』は、エッチな話題に熱くなっている小学生男子の様子をおもしろおかしく描いていると同時に、違う角度からも彼等の成長をとても上手く表現している作品と言えます。

違ったタイプのギャング・グループの例でいうと、『タロウのバカ』があります。この作品に登場する、学校に通っていないタロウ(年齢は中学生?)と、高校生のエージ、スギオの3人組は年齢的には思春期になりますが、特性からして、ギャング・グループで、それぞれに抱える問題から逃避場所のような機能を果たしているように見えます。思春期には特に、家庭に居場所がない場合、仲間が非行に走る要因になりえます。『タロウのバカ』の3人組は、お互いに支えになっている部分もありますが、依存的な関係でもあり、健全とは言えません。

映画『タロウのバカ』YOSHI/菅田将暉/仲野太賀

そして、主人公の女子高生が、恋をきっかけに成長していく物語『アオハライド』にも、個人の成長に伴って、付き合う相手が変わる様子がわかりやすく描かれています。物語は、恋よりも友情に重きを置くという主人公の独白から始まりますが、主人公は気になる男子から、連んでいる友達についてグサッとくる一言を言われます。それを機に表面的な関係しか築けていなかったことを実感した主人公は、自分を変える努力をし始め、その流れで自然に付き合う友達も変わっていき、チャム・グループからピア・グループに属する変化が観られます。

自分が真っ只中にいた時はもちろん前述のようなことは意識していませんでしたが、今思うと確かにこういった変遷を辿ってきていたなと思います。仲が良い友達はグループが変わってもずっと良い関係が続いていますが、たしかにグループとしては何で強く結びついていたかはそれぞれ違ったように思います。

ただ、下山ほか(2009)によると、現代では社会変化のなかでギャング・グループが消失、チャム・グループが児童期〜青年期全般へと肥大化し、希薄化しているようです。そして、希薄化した集団では、自分達だけでは集団としての凝集性を維持できず、いじめの対象が集団を維持するためのスケープゴートになっていると考えられています。

こういった風景は子ども達に限らず、大人社会にもあります。特に女子だけのグループでは、職場やママ友のグループなどで、チャム・グループの悪しき部分だけが出ているケースもあるのではないでしょうか。お互いを尊重できる者同士なら、グループに入りたい時は入れば良いし、別の人といたい、1人でいたい時は1人でいさせてくれるはずです。逆に言うと、大人になってもギャング・グループ的な付き合いがあっても良いし、どれが良いというわけではないとは思います。それが健全に機能しているのであれば、グループに属することはメンタルヘルスに良い影響を及ぼすと思います。

あなたの身の回りはどうでしょうか。「なんだかこのグループにいてもしっくりこないな」と思っている人は、グループを維持しているものや価値観がずれているのかも知れません。無理に合わせなくても、自分らしくいられて心地よい仲間が見つかると良いですね。

<参考・引用文献>
下山晴彦ほか(2009)「やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ よくわかる臨床心理学[改定新版]」ミネルヴァ書房
無藤隆・若本純子・小保方晶子(2014)「心理学の世界 基礎編5 発達心理学 人の生涯を展望する」

映画『グッド・ボーイズ』ジェイコブ・トレンブレイ/ブレイディ・ヌーン/キース・L・ウィリアムズ

『グッド・ボーイズ』
2020年6月12日より全国公開
PG-12

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

友情が本物なら、たとえバラバラにいて、別々の友達と一緒にいることが多くなっても、絆は残ります。彼等を観ていると、とても健全に成長していてほっこりします。

©Universal Pictures

『タロウのバカ』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中
R-15+

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

戸籍もなく、学校に一度も通っていないタロウに家はあるのか、親はいるのか…。非行に走るのは良くないとはいえ、連む仲間がいるだけでも彼にとっては救いなのかも知れません。

タロウのバカ

© 2019「タロウのバカ」製作委員会

『アオハライド』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

いろいろなキャラクターが登場するなか、最初は1人で過ごしているキャラクターもいます。でも無理に連む必要はなくて、本当の友達が見つかった時に一緒にいたければいれば良いのだというお手本も見せてくれます。

アオハライド

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ/ノエミ・ルヴォウスキー 5月の花嫁学校

第2次世界大戦後の理想の良妻賢母を育成する家政学校を舞台にした物語。フランスを代表する名優ジュリエット・ビノシュが…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』クリストファー・ウォーケン クリストファー・ウォーケン

1943年3月31日、アメリカ生まれ。1978年『ディア・ハンター』で…

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ザ・スイッチ』ヴィンス・ヴォーン ヴィンス・ヴォーン

1970年3月28日アメリカ、ミネソタ州生まれ。1996年、カルトの傑作と称えられた『スウィンガーズ』に出演で…

映画『茜色に焼かれる』尾野真千子 茜色に焼かれる

本作は、7年前に理不尽な交通事故により夫を亡くした母と息子の物語。144分と長めの作品ではありますが…

映画『騙し絵の牙』松岡茉優 松岡茉優(まつおか まゆ)

1995年2月16日生まれ。東京都出身。2008年、『おはスタ』で“おはガール”として…

映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行 いのちの停車場

医師の仕事は、患者の病気や怪我を治すことというイメージはどうしてもありますが…

映画『ドリームランド』フィン・コール フィン・コール

1995年11月9日イギリス、ロンドン出身。俳優である兄ジョー・コールの後を追うように…

映画『ハチとパルマの物語』レオニド・バーソフ 『ハチとパルマの物語』10組20名様 キャスト登壇付き東京プレミア試写会ご招待

映画『ハチとパルマの物語』10組20名様 キャスト登壇付き東京プレミア試写会ご招待

映画『テスラ エジソンが恐れた天才』カイル・マクラクラン カイル・マクラクラン

1959年2月22日アメリカ、ワシントン州ヤキマ生まれ。映画『デューン/砂の惑星』で…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

REVIEW

  1. 映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ/ノエミ・ルヴォウスキー
  2. 映画『茜色に焼かれる』尾野真千子
  3. 映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行
  4. 映画『ペトルーニャに祝福を』ゾリツァ・ヌシェヴァ
  5. 映画『しあわせのマスカット』福本莉子
  6. 映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子
    地獄の花園

  7. 映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン
    ファーザー

  8. 映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー
  9. 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ
  10. 映画『大綱引の恋』三浦貴大/中村優一
    大綱引の恋

PAGE TOP