心理学

心理学から観る映画2-2:働く人のモチベーション【職務充実】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『架空OL日記』バカリズム/夏帆/臼田あさ美/佐藤玲/山田真歩

前回は、公式集団、非公式集団についてご紹介しました。その例として、『前田建設ファンタジー営業部』を挙げましたが、今回ご紹介する『架空OL日記』の女性社員の仲良しグループは、もっとわかりやすい非公式集団の例ですので、そういう点でもぜひチェックして頂きたいところです。
そして今回は、仕事に対する満足感、不満足感について取り上げますが、『架空OL日記』の始まりではまさに休日についての会話が繰り広げられています。週にどれだけ休みが取れるかというのはモチベーションに繋がりそうですが、これまでに行われた代表的な“満足要因、不満足要因についての研究”をピックアップしてご紹介します。

<参考・引用文献>
佐々木士師二(1996) 「産業心理学への招待」(有斐閣)
下記は、上記で語られている内容から一部引用しまとめた上で、映画に関するところは本記事筆者の考察を掲載しています。

ハーズバーグによる研究

  • 苦痛回避欲求=生命喪失、呼吸困難、飢え、性的欠乏などの苦痛を回避したいという欲求
  • 自己成長欲求=精神的成長を継続し、自らの潜在能力を実現し、自己意識を持って創造的でユニークな個人に自分を仕上げようとする欲求

ハーズバーグは、仕事に対する満足感の構造を研究していました。彼は上記の人間が持つ二組の基本的欲求は、仕事の動機づけにもあるとし、職務に関する「動機づけ=衛生理論」(Motivator-Hygiene Theory)を提唱しました。彼の最初の研究では、200人の技師や会計士に対して面接調査が行われ、職務について「例外的によく感じたこと」「例外的に悪く感じたこと」の事象発生時期と理由、持続期間、仕事や社会生活への影響、深刻感などに関する自由回答が求められました。その分析の結果、【達成、承認(達成を承認すること)、仕事そのもの、責任、昇進】の5つの要因が職務満足に関連した要因として際立っていましたが、これは不満足要因に関連しては現れることはありませんでした。一方、不満足要因としては、【会社の政策と経営、監督、給与、対人関係、作業条件など】が挙げられましたが、態度変化への影響は短かったとされました。

この結果は満足要因と不満足要因は別物であると示しましたが、この2つの要因は表裏の関係ではありません。満足要因は職務満足感を生み出しますが、不満足要因は職務不満足を生み出すもので、そこに問題がない状況では不満がないだけで満足を生むわけではないということです。つまりこの2要因は別次元のものなので、不満足要因が減っても満足を生み出すわけではなく、満足をさせたいならば、満足要因を改善すべきということになります。この2要因は、不満足要因=衛生要因(hygiene factor)、満足要因=動機づけ要因(motivator)と呼ばれており、技師と会計士への面接調査以外にも追跡調査が行われました。ハーズバーグは17の職種について結果を総括し、動機づけ=衛生理論がほとんど完全に支持されていると結論付けています。

ですが、このハーズバーグの研究に対しては支持派、否定派の両方がいます。動機づけ=衛生理論については多くの実証分析が行われてきたようですが、「技師や会計士のような専門職種に対する調査を一般化するのには無理がある」「職務要因を2次元的にとらえるのは単純すぎる」など、さまざまな意見が出ています。

ワーク・モチベーションの研究は他にもたくさんなされていますが、国、職種、性別ほか、個人個人の状況の違いもあるので、一概にこうすればこうなるという結論を出すのは難しい部分があります。例えば金銭的満足をとってみても、明日の生活にも困っているような状況なのか、贅沢な暮らしができている状況なのかによっても満足、不満足が変わってくるように、やはり働き手一人ひとり、また同じ人物でもその時の状況それぞれに合った方法を見つけるしかなさそうです(苦笑)。

というわけで、ここで「これが解決策だ!」と言えないのが心苦しいですが、やはり“人”の問題なので、コミュニケーションを取りながら、それぞれが満足できる状況を一緒に作っていかなくてはいけないのだと思います。ただ、あらゆる研究から、単純に“給料の問題”“役職の問題”などではないということがわかっているだけでも、改善の余地、手段が多くあると解釈すれば、少し希望も見えてくるのではないでしょうか。

他にもいろいろな理論があり、視点もいろいろあるので、このテーマについては、またいつか取り上げたいと思います。

映画『架空OL日記』バカリズム/夏帆/臼田あさ美/佐藤玲/山田真歩

『架空OL日記』
2020年2月28日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第36回向田邦子賞を受賞した、お笑い芸人バカリズムの小説を映画化。銀行に勤める女性社員の仲良しグループの日々を描く。休みに関すること、社内のルール、上司のことなど、たわいもない会話とやりとりが共感を呼ぶ。

©2020『架空OL日記』製作委員会

ジュリーと恋と靴工場(字幕版)

『ジュリーと恋と靴工場』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
DVDレンタル&発売中 
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

閉鎖の危機に直面している高級靴工場の女性達と、そこに就職した25歳の女性ジュリーの日々を描く。可愛らしい世界観で繰り広げられるミュージカルと思いきや、不満を持った労働者達と、雇用側のやりとりがシュール。

TEXT by Myson(武内三穂・認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP