イイ俳優セレクション

ウディ・ハレルソン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッドウェイ』ウディ・ハレルソン

1961年7月23日アメリカ、テキサス州生まれ。NBCの長寿番組“チアーズ”でお茶の間の人気を博す。映画は1985年に『ワイルドキャッツ』でデビュー。1996年には『ラリー・フリント』でアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、全米俳優組合賞の主演男優賞にノミネートされ、2009年『メッセンジャー』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。そのほか主な映画出演作に『ナチュラル・ボーン・キラーズ』『シン・レッド・ライン』『ノーカントリー』『7つの贈り物』『ゾンビランド』“ハンガー・ゲーム”シリーズなどがある。またTVシリーズ『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』で、マシュー・マコノヒーと共演し、エミー賞、ゴールデン・グローブ賞、俳優組合協会賞にノミネートされた。

イイ男セレクション/出演作

『ワイルドキャッツ』『ドク・ハリウッド』『ハード・プレイ』『幸福の条件』『カウボーイ・ウェイ/荒野のヒーローN.Y.へ行く』『ナチュラル・ボーン・キラーズ』『マネー・トレイン』『心の指紋』『キングピン~ストライクへの道~』『ラリー・フリント』『ウェルカム・トゥ・サラエボ』『ワグ・ザ・ドッグ~ウワサの真相~』『パルメット』『シン・レッド・ライン』『ハイロー・カントリー』『エドtv』『マイ スウィート ガイズ』『オースティン・パワーズ:デラックス』『N.Y.式ハッピー・セラピー』『ダイヤモンド・イン・パラダイス』『ビッグホワイト』『スタンドアップ』『今宵、フィッツジェラルド劇場で』『スキャナー・ダークリー』『ノーカントリー』『南京』『バトル・イン・シアトル』『暴走特急 シベリアン・エクスプレス』『俺たちダンクシューター』『10日間で彼女の心をうばう方法』『7つの贈り物』『メッセンジャー』『ディフェンドー 闇の仕事人』『ゾンビランド』『2012』『BUNRAKU』『ステイ・フレンズ』『ランパート 汚れた刑事』『ゲーム・チェンジ 大統領選を駆け抜けた女』『ハンガー・ゲーム』『セブン・サイコパス』『グランド・イリュージョン』『ファーナス/訣別の朝』『ハンガー・ゲーム2』『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』『トリプル9 裏切りのコード』『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』『スウィート17モンスター』『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』『スリー・ビルボード』『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』『ガラスの城の約束』『ゾンビランド:ダブルタップ』『ミッドウェイ』『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』『逆転のトライアングル』など

ドラマ:『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

ウディ・ハレルソンと言えば、私のなかで未だに『ナチュラル・ボーン・キラーズ』なんですが(笑)、すごく存在感があって、彼が出る作品は鑑賞意欲が掻き立てられます。なんとなくエキセントリックな役が多いという印象ですが、『グランド・イリュージョン』ではクールな役でカッコ良いです。でも、2作目の『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』では一人二役で、クレイジーな役も演じていて、何をやらせてもやっぱり上手いですね。『スウィート17モンスター』の教師は、彼が演じることでとても魅力的なキャラクターになっています。愛嬌のある役から、悪役まで、彼にしかできない上手い味付けがいつも素晴らしいです。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『ミッドウェイ』
2020年9月11日より全国公開

映画『ミッドウェイ』ウディ・ハレルソン/豊川悦司/エド・スクライン/パトリック・ウィルソン/ルーク・エヴァンス/浅野忠信/國村隼

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ワイルドキャッツ』

『ラリー・フリント』

『シン・レッド・ライン』

『ハイロー・カントリー』

『マイ スウィート ガイズ』

『オースティン・パワーズ:デラックス』

『スタンドアップ』

『ノーカントリー』

『バトル・イン・シアトル』

『10日間で彼女の心をうばう方法』

『7つの贈り物』

『メッセンジャー』

『ゾンビランド』

『ハンガー・ゲーム』

『セブン・サイコパス』

『グランド・イリュージョン』

『ファーナス/訣別の朝』

『ハンガー・ゲーム2』

『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』

『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』

『トリプル9 裏切りのコード』

『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』

『スウィート17モンスター』

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』

『スリー・ビルボード』

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』

『ガラスの城の約束』

『ゾンビランド:ダブルタップ』

© 2013 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED. 
TM &©2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
© MMXVI STX Productions, LLC. All Rights Reserved.
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
© 2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
Midway © 2019 Midway Island Productions,LLC All Rights Reserved.

from 2016/8/23

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

【東京コミコン2023】マッツ・ミケルセン、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストン、ユアン・マクレガー、クリストファー・ロイド、エヴァンジェリン・リリー、ポム・クレメンティエフ、ナタリア・テナ、テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン、C・B・セブルスキ(マーベル・コミック編集長)、ミラフォラ・ミナ&エドゥアルド・リマ(ミナリマ=MinaLima)/新田真剣佑(東京コミコン2023アンバサダー)、伊織もえ(PR大使/コスプレアンバサダー)小田井涼平(メインMC)、胸組光明(株式会社東京コミックコンベンション代表取締役社長) マッツ・ミケルセン、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストン、ユアン・マクレガー他豪華ゲストが来日!【東京コミコン2023】開幕

マッツ・ミケルセン、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ヒドルストン、ユアン・マクレガー、クリストファー・ロイド、エヴァンジェリン・リリー、ポム・クレメンティエフ、ナタリア・テナ、テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン、C・B・セブルスキ(マーベル・コミック編集長)、新田真剣佑ほか登壇!

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツプレゼント 『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『最悪な子どもたち』 最悪な子どもたち【レビュー】

北フランスの荒れた地区の複雑な家庭環境で暮らす子どもたちをオーディションで選び…

映画『ゴジラ-1.0』安藤サクラ 安藤サクラ【プロフィールと出演作一覧】

1986年2月18日生まれ。東京都出身。2007年に父の奥田瑛二監督作『風の外側』で俳優デビュー。2009年、『愛のむきだし』で…

映画『市子』若葉竜也さんインタビュー 『市子』若葉竜也さんインタビュー 

映画『市子』で杉咲花さんが演じる主人公、市子の恋人役を演じた若葉竜也さんにインタビューをさせていただきました。若葉さんといえば、多くの作品に引っ張りだこの演技派俳優ということで、仕事観についてなどたくさん質問をぶつけてみました。

映画『ファミリー・ディナー』ピア・ヒアツェッガー/ニーナ・カトライン/ミヒャエル・ピンク/アレクサンダー・スラデック ファミリー・ディナー【レビュー】

森の近くに佇む一軒家を舞台に、登場人物4人だけで展開されるスリラーです。設定がとてもシンプルながら…

映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』サラ・ジェシカ・パーカー/キム・キャトラル/クリスティン・デイビス/シンシア・ニクソン 【映画研究】映画人心解剖12:『セックス・アンド・ザ・シティ』人気の理由

25周年を迎える『セックス・アンド・ザ・シティ』の魅力についてアンケートを実施し、統計的分析をやってみました。「1番好きなキャラクター」と「ビッグとエイダン、どっちがキャリーにふさわしい?」にも投票してもらいましたよ!

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ ウォンカとチョコレート工場のはじまり【レビュー】

ワクワクさせる冒頭シーンからグッとハートを掴まれて…

映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司 あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。【レビュー】

本作のヒロイン百合(福原遥)は、1945年の日本にタイムスリップしてしまい…

映画『正欲』稲垣吾郎 イイ俳優セレクション・アクセスランキング【2023年11月】

“イイ俳優セレクション”【2023年11月】のアクセスランキングを発表!

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 トーキョー女子映画部正式部員が推す!今観ているアニメシリーズ特集

今回はトーキョー女子映画部正式部員の方々に、「今観ているオススメのアニメシリーズ」について、聞いてみました。

映画『インファナル・アフェア 4K』アンディ・ラウ/トニー・レオン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インファナル・アフェア』

今回は『インファナル・アフェア』のラウ役のアンディ・ラウとヤン役のトニー・レオンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。今回はどんなキャスティング案が挙がったのでしょうか?

映画『ヒッチコックの映画術』アルフレッド・ヒッチコック 映画好きが選んだアルフレッド・ヒッチコック監督人気作品ランキング

アルフレッド・ヒッチコックが監督をした作品(1950年以降に制作された作品)について正式部員の皆さんに投票いただきランキングを作成しました。名作揃いのなか、どの作品が1位となったのでしょうか?

TSUTAYA TV

REVIEW

  1. 映画『最悪な子どもたち』
  2. 映画『ファミリー・ディナー』ピア・ヒアツェッガー/ニーナ・カトライン/ミヒャエル・ピンク/アレクサンダー・スラデック
  3. 映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ
  4. 映画『あの花が咲く丘で、 君とまた出会えたら。』福原遥/水上恒司
  5. 映画『Winter boy』ポール・キルシェ

PRESENT

  1. 映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツプレゼント
  2. ドラマ『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』中島セナ/奥平大兼
  3. 映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ
PAGE TOP