イイ俳優セレクション

松尾スズキ(まつお すずき)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アイ・アム まきもと』松尾スズキ

1962年12月15日、福岡県生まれ。俳優、映画監督、脚本家、エッセイスト、小説家などさまざまな場で活躍しており、1988年には「大人計画」を旗揚げし、主宰する。1997年の舞台『ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~』では、岸田國士戯曲賞を受賞し、2001年のミュージカル『キレイー神様と待ち合わせした女—』では、ゴールデン・アロー賞演劇賞を受賞。2008年の映画『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』では脚本を担当し、日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した。 2004年には、映画『恋の門』で長編映画監督デビューを果たす。本作はヴェネツィア国際映画祭に正式出品され、国内外で高い評価を受けた。その他、監督作に『female《夜の舌先》』『クワイエットルームにようこそ』『ジヌよさらば~かむろば村へ~』などがあり、脚本と出演を兼任することもある。

イイ男セレクション/出演作

『恋の門』(兼監督、脚本)『いま、会いにゆきます』『真夜中の弥次さん喜多さん』『イン・ザ・プール』『姑獲鳥の夏』『同じ月を見ている』『スクールデイズ』『サイレン』『陽気なギャングが地球を回す』『図鑑に載ってない虫』『ヒートアイランド』『自虐の詩』『ロボ芸者』『カイジ』『戦慄迷宮3D』『まほろ駅前多田便利軒』『カイジ2』『俺俺』『R100』『まほろ駅前狂騒曲』『ジヌよさらば~かむろば村へ~』(兼監督、脚本)『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』『108~海馬五郎の復讐と冒険~』(兼監督、脚本)『カイジ ファイナルゲーム』『アイ・アム まきもと』など

声の出演:『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』など

監督作:『female《夜の舌先》』『クワイエットルームにようこそ』など

脚本のみ担当:『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

おもしろそうだけど危険な香りも漂う個性派俳優。近づくのは怖いけど、遠くから眺めていたいなと思わせる不思議なオーラが魅力的です。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『アイ・アム まきもと』
2022年9月30日より全国公開

映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ/満島ひかり/宇崎竜童/松下洸平/でんでん/松尾スズキ/坪倉由幸(我が家)/宮沢りえ/國村隼

©2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会
© 2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
© 2019「108~海馬五郎の復讐と冒険~」製作委員会
©福本伸行 講談社/2020映画「カイジ ファイナルゲーム」製作委員会
©2022 映画『アイ・アム まきもと』製作委員会

関連記事

from 2015/4/3

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  2. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  3. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  4. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  5. 映画『蛇の道』柴咲コウ

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP