REVIEW

マーベルズ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マーベルズ』ブリー・ラーソン

REVIEW

孤高のヒーローとして、宇宙の数々のピンチを救ってきたキャプテン・マーベルことキャロル・ダンヴァース(ブリー・ラーソン)が、本作では仲間を得て、宇宙の大ピンチを救うべく戦います。ひょんなことから仲間となるのは、キャロルの亡き親友マリアの娘モニカ・ランボー(テヨナ・パリス)と、キャプテン・マーベルの大ファンでミズ・マーベルと名乗るティーンエイジャーのカマラ・カーン(イマン・ヴェラーニ)。3人のパワーが奇妙な“混線”を起こし、運命的に集結します。
本作はガールズムービーのようなテンションが楽しいだけでなく、ボリウッド映画のテンションといおうかディズニーアニメのテンションといおうか、独特なムードのコメディシーンが挟まれているのも魅力です。本作ではカマラがキーパーソンとなっていて、彼女の家族も総出演し朗らかなムードも漂っています。ティーンエイジャーのカマラの反応も可愛くて、良い意味でテンポを崩す役割を果たしており、緩急がバランスよく効いています。さらに、猫のグースが意外な形で存在感を発揮します。この展開もなかなか工夫があってニンマリしてしまいますよ。一方でキャロル、モニカ、カマラが特殊な状況に陥っている分、手の込んだアクションシーンが楽しめます。
そして、魅力的なキャストが複数登場。ダー・ベン役を務めるゾウイ・アシュトンは、ロキを演じるトム・ヒドルストンのプライベートのパートナーで昨年2人の間に第一子が生まれたことでもニュースになりましたね。また、ヤン王子役は『梨泰院クラス』でお馴染みパク・ソジュンが務めています。独特なシーンで美味しい役なので、かなりインパクトがありますよ。他にも突然の登場にテンションが上がるキャストが複数いますので、お楽しみに。お約束のエンドロール内のシーンにも気になる展開が盛り込まれているので、最後の最後まで席を立たないようにしてください。

※このページの下部に関連作を載せています。本作との繋がりが深いものと、直接的には絡まないまでも観ておくと世界観が掴めて一層楽しめる作品をピックアップしています。

デート向き映画判定
映画『マーベルズ』ブリー・ラーソン/イマン・ヴェラーニ/テヨナ・パリス

デートで観て気まずい要素は全くなく、アクションは激しさがありながら残虐なシーンはないので、デート向きです。クスッと笑えるシーンやホッコリするシーンも散りばめられているので、緊張感も和むでしょう。そういう意味では初デートで観るのもアリです。映画過去作やドラマも複数絡んでいるので、気に入ったら一緒に復習すると共通の趣味が1つ持てますね。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『マーベルズ』

カマラがいることで、キッズやティーンの皆さんも彼女の目線で感情移入しやすいと思います。急にトーンが変わるコミカルなシーンもぶっ込まれているので、一粒で何度も美味しい内容になっています。カマラと家族が良い味を出しているので親子で観ても共感しやすいでしょうし、マーベルズ3人が結束する姿は友達同士で観ても共感できそうです。

映画『マーベルズ』ブリー・ラーソン/イマン・ヴェラーニ/テヨナ・パリス

『マーベルズ』
2023年11月10日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©Marvel Studios 2023

TEXT by Myson


関連作

『キャプテン・マーベル』
Amazon Prime Videoで観る REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

『ワンダヴィジョン』

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』エリザベス・オルセン/ポール・ベタニー/キャスリン・ハーン/テヨナ・パリス/カット・デニングス/エヴァン・ピーターズ

ディズニープラスにて配信中
ドラマ批評

『ミズ・マーベル』

海外ドラマ『ミズ・マーベル』イマン・ヴェラーニ

ディズニープラスにて配信中
ドラマ批評

『シークレット・インベージョン』

海外ドラマ『シークレット・インベージョン』サミュエル・L・ジャクソン/ベン・メンデルソーン/コビー・スマルダーズ/エミリア・クラーク/ドン・チードル/マーティン・フリーマン/キングズリー・ベン=アディル/オリヴィア・コールマン

ディズニープラスにて配信中
ドラマ批評

『ホークアイ』

海外ドラマ『ホークアイ』ジェレミー・レナー/ヘイリー・スタインフェルド

ディズニープラスにて配信中
ドラマ批評

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年11月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き9】印象深い怖い映画と思い出

小さい頃に観てトラウマになりそうだった映画という話題から、怖いけど笑える映画、胸糞映画などのお話に…

海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之 SHOGUN 将軍【レビュー】

真田広之ハリウッド初主演&プロデュース作品ということで、観る前から注目していた方も多いのではないでしょうか。本作は…

映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章【レビュー】

本作では、門出と凰蘭が大学生となり、新たな友人や先輩が仲間に加わります。そして…

映画『リバウンド』アン・ジェホン アン・ジェホン【プロフィールと出演作一覧】

1986年3月31日韓国生まれ。2009年、短編映画でデビューを飾る。主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  2. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  3. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之
  4. 映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 後章』
  5. 映画『関心領域』

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP