REVIEW

キャプテン・マーベル

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソン

まず、マーベルのロゴが出てくるオープニングは、故スタン・リーに捧げる内容になっていて、ウルッときます。劇中にもこれまで通り、スタン・リーの姿が出てくるので、ぜひお見逃しなく。そして、本作は“アベンジャーズ”誕生の鍵を握るキャラクター“キャプテン・マーベル”の物語なので、シリーズを通して観てきたファンにとっては堪らない内容になっています。そのキャプテン・マーベルが失った記憶の断片が徐々に蘇り、謎が解けていく展開は、二転三転するおもしろさがあり、アクションは肉弾戦だけでなく、空中戦も迫力満点。舞台となる時代が、アメリカ全土で展開されていたブロックバスター(レンタルビデオチェーン店)があった時代ということで、懐かしい作品なども映り、映画ファンにはクスッと笑えます。さらに、“シールド”の若きフューリー(サミュエル・L・ジャクソン)とコールソン(クラーク・グレッグ)が登場!見た目もちゃんと若いんです(笑)。2人の関係や、フューリーがなぜ片目に怪我をしたかも本作で明らかになります。緊張感のあるシーンの合間にユーモラスなシーンがあるのも、マーベル作品に通じる魅力で、本作でもたわいもない会話ややりとりにクスッとさせられます。こういう会話に、観客が聞きたいことがさらっと入っているのが、いつも気が利いてるなと感心しちゃいます。最後はお約束の、次の“アベンジャーズ”シリーズへの伏線シーンがあるので、最後まで席を立たずに観てくださいね!“アベンジャーズ”シリーズファンには堪らない内容とお伝えしましたが、“アベンジャーズ”の始まりとも言える内容なので、本作から初めて観るという順番もアリだと思います。とにかくやっぱり“アベンジャーズ”シリーズは裏切らない!大満足の内容です。

デート向き映画判定
映画『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソン/ジュード・ロウ

ロマンチックなシーンはありませんが、男女共に楽しめるエンタテインメント超大作なので、デートムービーとしてもオススメです。“アベンジャーズ”シリーズに詳しければ詳しいほど、楽しめる要素はもちろん多いですが、本作で“アベンジャーズ”シリーズを初めて観るということでも、充分に楽しめる内容です。気に入ったら、他の作品も2人で一緒に観られるし、その本数もすごく多いので、デートの約束を何度もするきっかけになりますよ。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソン

自分の中に秘められたパワーを制御できずにいた主人公キャプテン・マーベルが、苦難を乗り越えようと、本当の自分の強さを見いだすストーリーは、誰が観ても共感できます。マーベル作品はどれも一貫して、SF作品であるということを抜きに、普通の人間でも、自分の中のパワーを呼び起こすことができるんだと、勇気をくれる作品となっているので、キッズやティーンの皆さんにもぜひ気に入ってもらえたらと思います。そして、キャプテン・マーベルは類をみない強さなので、男女問わず惚れちゃうと思います。

映画『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソン/ジュード・ロウ/サミュエル・L・ジャクソン/クラーク・グレッグ/ベン・メンデルソーン/アネット・ベニング/ジャイモン・フンスー/マッケナ・グレイス

2019年3月15日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン 
公式サイト

©Marvel Studios 2019

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉/舘ひろし アルキメデスの大戦

タイトルに“大戦”とありますが、戦争映画そのものではなく、戦争を起こさせまいと奔走した天才数学者の物語です。史実を基にしていますが、フィクションということで、歴史に詳しい人が観るのと、そうでない人が観るのとで…

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』松田翔太 松田翔太(まつだ しょうた)

1985年9月10日、東京都生まれ。父は松田優作、母は松田美由紀、兄は松田龍平。2005年にTVドラマ『ヤンキー母校に帰る 旅立ちの時・不良少年の夢』で…

映画『世界の涯ての鼓動』ジェームズ・マカヴォイ ジェームズ・マカヴォイ

1979年、スコットランドグスコー生まれ。1995年に“The Near Room(原題)”で映画デビュー。その後は、主にイギリス国内のテレビや舞台で活躍。2005年の『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のタムナスさん役で有名になり…

映画『チャイルド・プレイ』 チャイルド・プレイ

“チャイルド・プレイ”シリーズ第1作目は1988年に公開されたとのことで、始まってからもう30年も経ったんですね。本作は大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣を迎え、新しい設定で…

映画『エクソシスト』 ワーナー・ブラザースが贈る新しいホラー体験【ワーナー ホラーエンターテイメント】が発足!

ワーナー・ブラザース映画が、ホラー作品をより多くの方に楽しんでもらいたいという思いから、このたび【ワーナー ホラーエンターテイメント】を立ち上げました! さらに公式Twitterアカウント<ワーナーホラー部>も始動。

映画『ニューヨーク 最高の訳あり物件』ハルク・ビルギナー ハルク・ビルギナー

1954年トルコ、イズミル生まれ。アンカラで自らの劇場を設立し、後にイスタンブールにも劇場を開く。トルコの国民的俳優で、カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した…

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢

本作は、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが監督と脚本(共同脚本:アメッド・アミディ、ジュリアン・ランブロスキーニ)を務め、マチュー・アマルリック、ギョーム・カネといった、フランスの人気実力派俳優が出演しています。個人的に…

おすすめ記事

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

映画館【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】 座席は毎回予約する?映画好き女子行きつけの映画館とは?

映画館についてのアンケート第3弾!今回は、劇場で映画鑑賞をする際に事前に座席予約をするのか、行きつけの映画館はあるのかについて結果発表。さらに、6月28日にオープンの【kino cinéma立川髙島屋S.C.館】についての情報も掲載!

【劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント】 劇場で映画観賞をする一番の価値は?映画好き女子が一番重要視するポイント

映画館アンケート特集第2弾!今回は劇場で映画鑑賞をする際に、満足度に影響する要素&映画館のサービスで力を入れて欲しいことについての結果を発表。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

映画”PARASITE(英題)”カンヌ国際映画祭 映画好き女子が映画賞・映画祭で気にするポイント!

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第3弾!今回は、映画好き女子が作品選びをする際にどの賞に影響を受けるのかについての結果を発表します。今年のパルムドール受賞作品のニュースも!

REVIEW

  1. 映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉/舘ひろし
  2. 映画『チャイルド・プレイ』
  3. 映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』マチュー・アマルリック/ギョーム・カネ/ブノワ・ポールヴールド/ジャン=ユーグ・アングラード
  4. 映画『五億円のじんせい』望月歩
  5. 映画『マーウェン』スティーヴ・カレル
    マーウェン

  6. 海外ドラマ『ギフテッド 新世代X-MEN誕生 シーズン2』ジェイミー・チャン/ナタリー・アリン・リンド
  7. 映画『ハッピー・デス・デイ 2U』ジェシカ・ロース
  8. 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』窪田正孝
  9. 映画『トイ・ストーリー4』
  10. 映画『ワイルドライフ』ジェイク・ギレンホール/キャリー・マリガン

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  2. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP