投稿

映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ

なかなか積極的に映画館に行けないコロナ禍だからこそ、映画館で映画を観る醍醐味を思い返している方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。たくさんのコメントをいただいた中から、まずはアクション&コメディ編をご紹介します。

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。旧作はすべてブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

★AKIRA

AKIRA

■大友克洋の『AKIRA』が観たいです。あの映像の迫力、細かさ、圧倒的な音楽は、大スクリーン&大音量で観るに限ります。(匿名)

★アベンジャーズ/エンドゲーム

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』ロバート・ダウニーJr.

アベンジャーズ/エンドゲーム(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■作品に漂う緊張感とほのかな希望、そしてラストの高揚感をまた全力で味わいたい。以前映画館で鑑賞した時に、他のお客さんの息を呑む音が聞こえたり、最高潮のシーンでそこにいる観客皆の心がひとつになったかのような感覚は忘れられない。まさに映画館という感じの体験だった。コロナが大きな脅威ではなくなった時、またぜひ映画館で鑑賞したい。(匿名)

★1917 命をかけた伝令

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ/ディーン=チャールズ・チャップマン

1917 命をかけた伝令 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■『1917 命をかけた伝令』をもう一度映画館で観たいです。ワンカット風で戦地を駆け巡る臨場感溢れる作品で、音も映像も迫力たっぷりでした。(匿名)

★OVER DRIVE

映画『OVER DRIVE』新田真剣佑

OVER DRIVE

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■レースシーンは圧巻で、あの臨場感と躍動感のあるレースシーンはぜひ大きなスクリーンで観てもらいたいと思う。(匿名)

★カメラを止めるな!

カメラを止めるな!

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■これはやはり手ブレの映像に醍醐味があるし、映画館で観るという体験込みの映画だと思います。(しいこ)

★きっと、うまくいく

きっと、うまくいく(字幕版)

■インドの映画なので、画的に華やかな場面が続くのですが、ガラッと雰囲気が変わって海のシーンがあります。その青い海と白い砂浜に切り替わる瞬間のあの清々しさを大きなスクリーンでまた感じたいです!(murdoch)

★ダイ・ハード2

ダイ・ハード2 (字幕版)

■テレビで何年ぶりかに観た『ダイ・ハード2』。あのハラハラドキドキ感とスケールの大きさは、先がわかっていてもしびれます。何度観ても飽きない!(匿名)

★ジョジョ・ラビット

映画『ジョジョ・ラビット』ローマン・グリフィン・デイビス/タイカ・ワイティティ

ジョジョ・ラビット (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■最後のダンシングシーンの曲のセレクトが大好きです。また大画面で心ゆくまで堪能したい。(匿名)

★レッドクリフ

レッドクリフ Part I ブルーレイ [Blu-ray]

★ラストエンペラー

ラストエンペラー (字幕版)

■『レッドクリフ』『ラストエンペラー』は、中国大陸の広大さを感じるには、映画館のスクリーンでなければ味わえない。(匿名)

アクションの迫力や、コメディの笑えるシーンは劇場だからこそ一体感を感じて楽しめる醍醐味がありますよね。最近のヒット作から懐かしい映画も挙がっていて、同じように「また劇場で観たい」と思える作品ばかりでした。次回は音楽&ラブロマンス編をご紹介します。そちらもお楽しみに!

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

© 2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
©Marvel Studios 2019
©2018「OVER DRIVE」製作委員会
©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation &TSG Entertainment Finance LLC

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  2. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  3. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  4. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  5. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP