投稿

あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

★『タイタニック』とは
ジェームズ・キャメロン監督・脚本、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演の壮大なラブストーリー!1912年、処女航海に出た豪華客船タイタニック号。新天地アメリカを目指す画家志望の青年ジャックと上流階級の娘ローズは、船上で運命的な出会いを果たし、身分違いの恋に落ちる。しかし、その豪華客船は皮肉な運命に見舞われ…。

『タイタニック』
1997年公開
監督・脚本:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオ(ジャック・ドーソン)/ケイト・ウィンスレット(ローズ・デウィット・ブカター)/ビリー・ゼーン(キャルドン・ホックリー)/キャシー・ベイツ(マーガレット・“モリー”・ブラウン)/ビル・パクストン(ブロック・ロベット)

部員が選んだジャック&ローズはこの人!

■エマ・ワトソンのローズとトム・ホランドのジャックが観たいです!ローズは女性ながらに教養があり、自分の意見を持つキャラクター。凛とした美しさのあるエマ・ワトソンがピッタリなはず。ジャックは絵描きになるという熱い夢を持った青年。ローズに新しい世界を見せてくれる無邪気さとパワフルさがあります。ぜひトム・ホランドに演じてもらいたいです。(匿名)

■ジャック役はジョージ・マッケイ、ローズ役はフローレンス・ピューが良いと思います。2人共演技が上手いし、今期待の若手俳優なので。(匿名)

■貴族の令嬢に身を投げ出し、恋するヒーロー役は、ハリス・ディキンソン!ロンドン生まれのスリムなイケメンで、『TRUST/トラスト ゲティ家のスキャンダル』での印象が強く、『キングスマン:ファースト・エージェント』も楽しみにしています。英国俳優の次のホープ間違いなし!ヒロイン役は、ゴージャスな英国美少女がハリス・ディキンソンに似合うと思いますが、ここではチャレンジングにニュージーランド新進気鋭のトーマシン・マッケンジーを選びます。ゴージャスというより可憐な感じです。これからが楽しみな女優さんです。このカップルで決まりです!(LaLaLand)

■ジャックは、『僕のワンダフル・ライフ』で主人公の青年時代を演じてハリウッド映画デビューしたK.J.アパ。レオナルド・ディカプリオが当時23歳だったので、ほぼ変わらず、また身長が高いのでさらに映えるかも!そして何より、「小汚くてもキメる時にキマらないと!」ということで選びました。そしてヒロインは、話題性と期待を込めてリリー=ローズ・デップ!(デイジー)

ルーカス・ヘッジズ&エル・ファニング。それぞれ大活躍なのに、今までイメージ的になかなか結びつかなかった2人。でも、『タイタニック』のあのストーリーにはピッタリだと思いました。レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレットに負けない存在感で新しい『タイタニック』が生まれそうな予感がします。(パストラル)

■ジャックは、とりあえず金髪イケメンなので(笑)、アレックス・ペティファー。ローズは、多様性を重視して白人以外のカワイイ女優さん、ヴァネッサ・ハジェンズ。(サイトー)

■とにかくエル・ファニングの“子ども以上大人未満”の演技が大好きで、毎回「今この瞬間のエル・ファニングを映像に残してくれてありがとう!」と感謝しながら観ています。大人の世界への好奇心や反抗、苛立ちや若さゆえの残酷さ、不安定な年頃のデリケートな演技が素晴らしい!もう20歳を過ぎて、「徐々に大人の女になってしまう〜!」と焦りを感じていましたが、今回のテーマでピンと来ました。『タイタニック』のローズは、恋する乙女なだけではなく、自分の属する階級の“決められた人生”に対しての反発があったと思います。新たにエル・ファニングが演じることで、女性が自分の人生を切り拓くストーリーの部分が強くなるのではないかと期待します!そして、同じく今の自分への不満と別の自分になりたい焦りの演技がいじらしい、アンセル・エルゴートがジャック役だと、格差社会への反発要素が強まり、今リメイクするに相応しいカップルに思えます。単純に観てみたい!(shiron)

■かなり元のイメージに引っ張られてしまっているけど、まずはデビュー時からレオ似と言われているデイン・デハーン。やんちゃだけど、好きな女子には真面目なジャック役が得意そう。そしてローズは、今引っ張りだこのリリー・ジェームズ。コスチュームプレイもできるし、ちょっと気の強そうなお嬢様ローズはハマるはず。最初はあまり美人じゃないと思っていたけど、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』を観ながら、やっぱりあの目力はイイ女優だなと感じていたところ。(びんご)

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット

編集部が選んだリメイク版キャスティング

■いろんな組み合わせを想像すると楽しいけど、めちゃめちゃ悩みますね(笑)。でも、ジャック役をジェレミー・アーヴァインにしようかなと。髪型や服装ですごく雰囲気が変わるし、整った顔立ちで王子様っぽくもあり、とても似合うと思います。ローズ役はアマンダ・セイフライド。どんな役でもこなせる実力とゴージャスさ、凛とした顔立ちがローズにピッタリだと思います。(マイソン)

■悩みましたが、ジャックをベン・ハーディ、ローズをナオミ・スコットがそれぞれ演じるなんていかがでしょう。美しい顔立ちのベン・ハーディならジャックをカッコ良く、繊細に演じてくれそうな気がします。ローズ役のナオミ・スコットは、美しいながらも聡明さも兼ね備えているので、貴族の格好も見事に着こなして、新しいローズ像を見せてくれることに期待したいと思いました。(シャミ)

今回もさまざまな案が出て楽しい妄想ができました!どのキャスティングも観てみたいですが、ポスト“レオ様”と言われているデイン・デハーンが演じるジャックや、演技派女優エル・ファニングが演じるローズも気になりました。妄想は止まりませんね(笑)!「勝手にキャスティング企画!」は今後も不定期開催していきます。次回もお楽しみに!!

この機会にぜひオリジナルをご覧ください!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット

『タイタニック』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
公式サイト
発売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『Sin Clock』窪塚洋介 Sin Clock

会社をクビになり、離婚して息子とも離れて暮らす主人公の高木(窪塚洋介)は…

海外ドラマ『ウォーキング・デッド ファイナル・シーズン』ジェフリー・ディーン・モーガン ジェフリー・ディーン・モーガン

1966年4月22日アメリカ生まれ。1991年に『赤いドレスの女』でデビュー。テレビを中心にキャリ…

映画『FALL/フォール』グレイス・フルトン どっちも勘弁!高さの恐怖と深さの恐怖特集

今回は、高さや深さで魅せる映画をご紹介。高い、低い、深いというシンプルな設定だけで、こんなにドラマチックになるのだなと感心します。

映画『七人の秘書 THE MOVIE』室井滋 室井滋(むろい しげる)

1958年10月22日生まれ。富山県出身。 1981年、『風の歌を聴け』でデビュー。『居酒屋ゆうれい』(1995)…

映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ 崖上のスパイ

『紅いコーリャン』をはじめ、数々の大ヒット作を手掛けてきたチャン・イーモウ監督が手掛けた本格スパイ・サスペンス。1934年…

中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン 『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『これから先の恋』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『君だけが知らない』キム・ガンウ キム・ガンウ

1978年7月11日、韓国生まれ。2001年にドラマ『あなたは愛と言う 私は欲望だと思う』でデビュー。映画『シルミド』…

映画『スクロール』北村匠海/中川大志 スクロール

1991年生まれ、高校から執筆活動を始めた橋爪駿輝が、2017年に作家デビューを果たした小説「スクロール」(講談社)を映画化…

映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉 木村拓哉(きむら たくや)

1972年11月13日生まれ。東京都出身。主な映画出演作に…

映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚 エゴイスト

『エゴイスト』というタイトルから、人間の影の部分が描かれているのかと思いきや…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『Sin Clock』窪塚洋介
    Sin Clock

  2. 映画『崖上のスパイ』チャン・イー/ユー・ホーウェイ
  3. 映画『スクロール』北村匠海/中川大志
    スクロール

  4. 映画『エゴイスト』鈴木亮平/宮沢氷魚
    エゴイスト

  5. 映画『バビロン』ブラッド・ピット/ディエゴ・カルバ
    バビロン

  6. 映画『すべてうまくいきますように』ソフィー・マルソー/アンドレ・デュソリエ
  7. 映画『バイオレント・ナイト』デヴィッド・ハーバー/アレックス・ハッセル
  8. 映画『ピンク・クラウド』ヘナタ・ジ・レリス
  9. 映画『金の国 水の国』
  10. 映画『レジェンド&バタフライ』木村拓哉/綾瀬はるか

PRESENT

  1. 中国ドラマ『これから先の恋』QUOカード、ヤン・ズー/シャオ・ジャン
  2. 映画『レッドシューズ』朝比奈彩
  3. 映画『いつかの君にもわかること』ジェームズ・ノートン/ダニエル・ラモント
PAGE TOP