特集

あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

★『タイタニック』とは
ジェームズ・キャメロン監督・脚本、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演の壮大なラブストーリー!1912年、処女航海に出た豪華客船タイタニック号。新天地アメリカを目指す画家志望の青年ジャックと上流階級の娘ローズは、船上で運命的な出会いを果たし、身分違いの恋に落ちる。しかし、その豪華客船は皮肉な運命に見舞われ…。

『タイタニック』
1997年公開
監督・脚本:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオ(ジャック・ドーソン)/ケイト・ウィンスレット(ローズ・デウィット・ブカター)/ビリー・ゼーン(キャルドン・ホックリー)/キャシー・ベイツ(マーガレット・“モリー”・ブラウン)/ビル・パクストン(ブロック・ロベット)

部員が選んだジャック&ローズはこの人!

■エマ・ワトソンのローズとトム・ホランドのジャックが観たいです!ローズは女性ながらに教養があり、自分の意見を持つキャラクター。凛とした美しさのあるエマ・ワトソンがピッタリなはず。ジャックは絵描きになるという熱い夢を持った青年。ローズに新しい世界を見せてくれる無邪気さとパワフルさがあります。ぜひトム・ホランドに演じてもらいたいです。(匿名)

■ジャック役はジョージ・マッケイ、ローズ役はフローレンス・ピューが良いと思います。2人共演技が上手いし、今期待の若手俳優なので。(匿名)

■貴族の令嬢に身を投げ出し、恋するヒーロー役は、ハリス・ディキンソン!ロンドン生まれのスリムなイケメンで、『TRUST/トラスト ゲティ家のスキャンダル』での印象が強く、『キングスマン:ファースト・エージェント』も楽しみにしています。英国俳優の次のホープ間違いなし!ヒロイン役は、ゴージャスな英国美少女がハリス・ディキンソンに似合うと思いますが、ここではチャレンジングにニュージーランド新進気鋭のトーマシン・マッケンジーを選びます。ゴージャスというより可憐な感じです。これからが楽しみな女優さんです。このカップルで決まりです!(LaLaLand)

■ジャックは、『僕のワンダフル・ライフ』で主人公の青年時代を演じてハリウッド映画デビューしたK.J.アパ。レオナルド・ディカプリオが当時23歳だったので、ほぼ変わらず、また身長が高いのでさらに映えるかも!そして何より、「小汚くてもキメる時にキマらないと!」ということで選びました。そしてヒロインは、話題性と期待を込めてリリー=ローズ・デップ!(デイジー)

ルーカス・ヘッジズ&エル・ファニング。それぞれ大活躍なのに、今までイメージ的になかなか結びつかなかった2人。でも、『タイタニック』のあのストーリーにはピッタリだと思いました。レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレットに負けない存在感で新しい『タイタニック』が生まれそうな予感がします。(パストラル)

■ジャックは、とりあえず金髪イケメンなので(笑)、アレックス・ペティファー。ローズは、多様性を重視して白人以外のカワイイ女優さん、ヴァネッサ・ハジェンズ。(サイトー)

■とにかくエル・ファニングの“子ども以上大人未満”の演技が大好きで、毎回「今この瞬間のエル・ファニングを映像に残してくれてありがとう!」と感謝しながら観ています。大人の世界への好奇心や反抗、苛立ちや若さゆえの残酷さ、不安定な年頃のデリケートな演技が素晴らしい!もう20歳を過ぎて、「徐々に大人の女になってしまう〜!」と焦りを感じていましたが、今回のテーマでピンと来ました。『タイタニック』のローズは、恋する乙女なだけではなく、自分の属する階級の“決められた人生”に対しての反発があったと思います。新たにエル・ファニングが演じることで、女性が自分の人生を切り拓くストーリーの部分が強くなるのではないかと期待します!そして、同じく今の自分への不満と別の自分になりたい焦りの演技がいじらしい、アンセル・エルゴートがジャック役だと、格差社会への反発要素が強まり、今リメイクするに相応しいカップルに思えます。単純に観てみたい!(shiron)

■かなり元のイメージに引っ張られてしまっているけど、まずはデビュー時からレオ似と言われているデイン・デハーン。やんちゃだけど、好きな女子には真面目なジャック役が得意そう。そしてローズは、今引っ張りだこのリリー・ジェームズ。コスチュームプレイもできるし、ちょっと気の強そうなお嬢様ローズはハマるはず。最初はあまり美人じゃないと思っていたけど、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』を観ながら、やっぱりあの目力はイイ女優だなと感じていたところ。(びんご)

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット

編集部が選んだリメイク版キャスティング

■いろんな組み合わせを想像すると楽しいけど、めちゃめちゃ悩みますね(笑)。でも、ジャック役をジェレミー・アーヴァインにしようかなと。髪型や服装ですごく雰囲気が変わるし、整った顔立ちで王子様っぽくもあり、とても似合うと思います。ローズ役はアマンダ・セイフライド。どんな役でもこなせる実力とゴージャスさ、凛とした顔立ちがローズにピッタリだと思います。(マイソン)

■悩みましたが、ジャックをベン・ハーディ、ローズをナオミ・スコットがそれぞれ演じるなんていかがでしょう。美しい顔立ちのベン・ハーディならジャックをカッコ良く、繊細に演じてくれそうな気がします。ローズ役のナオミ・スコットは、美しいながらも聡明さも兼ね備えているので、貴族の格好も見事に着こなして、新しいローズ像を見せてくれることに期待したいと思いました。(シャミ)

今回もさまざまな案が出て楽しい妄想ができました!どのキャスティングも観てみたいですが、ポスト“レオ様”と言われているデイン・デハーンが演じるジャックや、演技派女優エル・ファニングが演じるローズも気になりました。妄想は止まりませんね(笑)!「勝手にキャスティング企画!」は今後も不定期開催していきます。次回もお楽しみに!!

この機会にぜひオリジナルをご覧ください!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット

『タイタニック』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
公式サイト
発売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バズ・ライトイヤー』 バズ・ライトイヤー

“トイ・ストーリー”シリーズで、アンディ少年のお気に入りのおもちゃとして登場する“バズ・ライトイヤー”は、実は…

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』シガニー・ウィーバー シガニー・ウィーバー

1949年10月8日アメリカ、ニューヨーク州マンハッタン出身。父親はテレビ局の重役でプロデューサーの…

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

映画『死刑にいたる病』中山美穂 中山美穂(なかやま みほ)

1970年3月1日生まれ。1985年に俳優デビュー。同年歌手デビューも果たし…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 神は見返りを求める

𠮷田恵輔監督作ということで、絶対心が掻き乱されるのだろうと思いながら観たら…

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』リウ・ハオツン リウ・ハオツン

2000年5月生まれ。2022年『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』で俳優デビュー。本作には…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『バズ・ライトイヤー』
  2. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  3. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  4. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  5. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  6. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  7. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  8. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  9. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
  10. 映画『PLAN 75』倍賞千恵子
    PLAN 75

PAGE TOP