特集

あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

★『タイタニック』とは
ジェームズ・キャメロン監督・脚本、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演の壮大なラブストーリー!1912年、処女航海に出た豪華客船タイタニック号。新天地アメリカを目指す画家志望の青年ジャックと上流階級の娘ローズは、船上で運命的な出会いを果たし、身分違いの恋に落ちる。しかし、その豪華客船は皮肉な運命に見舞われ…。

『タイタニック』
1997年公開
監督・脚本:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオ(ジャック・ドーソン)/ケイト・ウィンスレット(ローズ・デウィット・ブカター)/ビリー・ゼーン(キャルドン・ホックリー)/キャシー・ベイツ(マーガレット・“モリー”・ブラウン)/ビル・パクストン(ブロック・ロベット)

部員が選んだジャック&ローズはこの人!

■エマ・ワトソンのローズとトム・ホランドのジャックが観たいです!ローズは女性ながらに教養があり、自分の意見を持つキャラクター。凛とした美しさのあるエマ・ワトソンがピッタリなはず。ジャックは絵描きになるという熱い夢を持った青年。ローズに新しい世界を見せてくれる無邪気さとパワフルさがあります。ぜひトム・ホランドに演じてもらいたいです。(匿名)

■ジャック役はジョージ・マッケイ、ローズ役はフローレンス・ピューが良いと思います。2人共演技が上手いし、今期待の若手俳優なので。(匿名)

■貴族の令嬢に身を投げ出し、恋するヒーロー役は、ハリス・ディキンソン!ロンドン生まれのスリムなイケメンで、『TRUST/トラスト ゲティ家のスキャンダル』での印象が強く、『キングスマン:ファースト・エージェント』も楽しみにしています。英国俳優の次のホープ間違いなし!ヒロイン役は、ゴージャスな英国美少女がハリス・ディキンソンに似合うと思いますが、ここではチャレンジングにニュージーランド新進気鋭のトーマシン・マッケンジーを選びます。ゴージャスというより可憐な感じです。これからが楽しみな女優さんです。このカップルで決まりです!(LaLaLand)

■ジャックは、『僕のワンダフル・ライフ』で主人公の青年時代を演じてハリウッド映画デビューしたK.J.アパ。レオナルド・ディカプリオが当時23歳だったので、ほぼ変わらず、また身長が高いのでさらに映えるかも!そして何より、「小汚くてもキメる時にキマらないと!」ということで選びました。そしてヒロインは、話題性と期待を込めてリリー=ローズ・デップ!(デイジー)

ルーカス・ヘッジズ&エル・ファニング。それぞれ大活躍なのに、今までイメージ的になかなか結びつかなかった2人。でも、『タイタニック』のあのストーリーにはピッタリだと思いました。レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレットに負けない存在感で新しい『タイタニック』が生まれそうな予感がします。(パストラル)

■ジャックは、とりあえず金髪イケメンなので(笑)、アレックス・ペティファー。ローズは、多様性を重視して白人以外のカワイイ女優さん、ヴァネッサ・ハジェンズ。(サイトー)

■とにかくエル・ファニングの“子ども以上大人未満”の演技が大好きで、毎回「今この瞬間のエル・ファニングを映像に残してくれてありがとう!」と感謝しながら観ています。大人の世界への好奇心や反抗、苛立ちや若さゆえの残酷さ、不安定な年頃のデリケートな演技が素晴らしい!もう20歳を過ぎて、「徐々に大人の女になってしまう〜!」と焦りを感じていましたが、今回のテーマでピンと来ました。『タイタニック』のローズは、恋する乙女なだけではなく、自分の属する階級の“決められた人生”に対しての反発があったと思います。新たにエル・ファニングが演じることで、女性が自分の人生を切り拓くストーリーの部分が強くなるのではないかと期待します!そして、同じく今の自分への不満と別の自分になりたい焦りの演技がいじらしい、アンセル・エルゴートがジャック役だと、格差社会への反発要素が強まり、今リメイクするに相応しいカップルに思えます。単純に観てみたい!(shiron)

■かなり元のイメージに引っ張られてしまっているけど、まずはデビュー時からレオ似と言われているデイン・デハーン。やんちゃだけど、好きな女子には真面目なジャック役が得意そう。そしてローズは、今引っ張りだこのリリー・ジェームズ。コスチュームプレイもできるし、ちょっと気の強そうなお嬢様ローズはハマるはず。最初はあまり美人じゃないと思っていたけど、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』を観ながら、やっぱりあの目力はイイ女優だなと感じていたところ。(びんご)

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット

編集部が選んだリメイク版キャスティング

■いろんな組み合わせを想像すると楽しいけど、めちゃめちゃ悩みますね(笑)。でも、ジャック役をジェレミー・アーヴァインにしようかなと。髪型や服装ですごく雰囲気が変わるし、整った顔立ちで王子様っぽくもあり、とても似合うと思います。ローズ役はアマンダ・セイフライド。どんな役でもこなせる実力とゴージャスさ、凛とした顔立ちがローズにピッタリだと思います。(マイソン)

■悩みましたが、ジャックをベン・ハーディ、ローズをナオミ・スコットがそれぞれ演じるなんていかがでしょう。美しい顔立ちのベン・ハーディならジャックをカッコ良く、繊細に演じてくれそうな気がします。ローズ役のナオミ・スコットは、美しいながらも聡明さも兼ね備えているので、貴族の格好も見事に着こなして、新しいローズ像を見せてくれることに期待したいと思いました。(シャミ)

今回もさまざまな案が出て楽しい妄想ができました!どのキャスティングも観てみたいですが、ポスト“レオ様”と言われているデイン・デハーンが演じるジャックや、演技派女優エル・ファニングが演じるローズも気になりました。妄想は止まりませんね(笑)!「勝手にキャスティング企画!」は今後も不定期開催していきます。次回もお楽しみに!!

この機会にぜひオリジナルをご覧ください!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット

『タイタニック』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
公式サイト
発売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  2. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  3. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  4. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  5. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  6. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  7. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  8. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  9. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  10. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

PAGE TOP