投稿

あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド

「勝手にキャスティング企画!」ということで、あの名作をリメイクするとしたら誰をキャスティングしたら良いか、皆さんと妄想してみました。第1回は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。主人公マーティ・マクフライと、ドクことエメット・ブラウン博士は、誰が演じるのが良いか、俳優の名前とキャスティング理由を挙げて頂きました。

★『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とは
ロバート・ゼメキス監督×スティーブン・スピルバーグ製作総指揮による、奇抜なアイデアと練られた演出で多くの人を魅了し続ける傑作!
主人公マーティンが、ドクの発明したタイムマシン“デロリアン”に乗って、過去、現在、未来と旅をしていくタイムトラベルアドベンチャーで、1985年に1作目『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が公開。高校生の主人公マーティをマイケル・J・フォックス、科学者のドクをクリストファー・ロイドが演じ、当時の大ヒット作となりました。その人気からPart 2、3も公開され、今なお多くのファンを持つ名作となっています。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
1985年公開
監督:ロバート・ゼメキス
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
出演:マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)、クリストファー・ロイド(ドク/エメット・ブラウン博士)、リー・トンプソン(ロレイン・ベインズ・マクフライ)、クリスピン・グローヴァー(ジョージ・マクフライ)、トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン)

部員が選んだマーティ&ドクはこの人!

■卒業パーティーで若さ爆発できるタイプは、真っ直ぐなジョージ・マッケイしかいないように思います。『マローボーン家の掟』では、ひたすら家族を守るストイックなお兄ちゃんを演じ、『1917 命をかけた伝令』でも、何が何でも目的を果たすいじらしさ!そろそろ彼に、若者らしく自由な発想でミラクルな体験をして欲しいです。一方マッツ・ミケルセンは、『永遠の門 ゴッホの見た未来』で思慮深く理解力のある牧師を演じたかと思ったら、『アダムズ・アップル』では、短パンのヤバい牧師役で、追い詰められ暴走、血まみれになりながら奇跡の存在を見事に演じ切るという最高の振り幅を見せてくれ、彼だったらドクの新しい魅力をさらに引き出してくれそうだと思いました。このキャスティング以上のものは一晩考えましたが、思いつきません!(デイジー)

■BTTF大好きです!思えば人生最初にハマった洋画の俳優さんはマイケル・J・フォックスかも。今マーティを誰がやるのかと考えて真っ先に浮かんだのはトム・ホランド!!あの陽気で挫けないキャラをやるにはピッタリだと思います。ドクは、ちょっと若いかもですが、ロバート・ダウニーJr.が希望です(“スパイダーマン”シリーズのコンビが観たい!!)。(マグロツナ)

■『金メダル男』に出演してた知念侑李くんにぜひ主人公を演じて欲しいです。背が低めで優しくて幼くて似ていると思います。観ているほうもつい母性が出て、気持ちが寄り添ってしまいそうです。博士は所ジョージさんが適任だと思います。賢そうでありながら親近感もありちょっと抜けている、そして知名度もバッチリ!白衣も似合いそう。ぜひこの2人で!(ゆうゆ)

■リメイクするならこのキャスト
マーティ→トム・ホランド
ドク→ロバート・ダウニーJr. or ロビン・ウィリアムズ
ロレイン→リリー・ジェームズ
ビフ→キャメロン・モーガン
ジョージ→ ユアン・マクレガー
ジェニファー→アマンダ・サイフリッド(セイフライド) or ナタリー・ポートマン
うーん、これは難しい!しかし今マーティ役をするとしたらトム・ホランドしか思いつかない!でもやっぱり本家最強!(もこもこさん)

■“スパイダーマン”のトム・ホランドがイメージ的にマーティに合う気がします!そして、ドクはマイケル・ダグラス。ダンディな感じの役だけでなく、ちょっとおとぼけで頭の良い変人ドクをぜひとも演じて欲しいです。(Kao)

■マーティはジュダ・ルイス。『サマー・オブ・84』を観てからファンで、イケメン過ぎるけど、やんちゃで無茶しそうなところが合っているかな。ドクは、ジョン・マルコヴィッチ。どこか奇妙な変人だけど、愛すべきキャラクターを演じさせたら1番合うから。(とーんとーん)

■たまたまTwitterでトム・ホランドロバート・ダウニーJr. の顔をマーティとドクに当てはめたファンメイドのワンシーンが本当によくできていてピッタリで、これを見て以来もうこの2人しか考えられなくなってしまいました。本家の2人よりも若いけど、もしリメイクするならストーリーの雰囲気も変わってくると思うので、なかなか良いキャスティングなのではないかと思います。(匿名)

■主人公を高橋一生さん、博士を北大路欣也さん。シンプルに観てみたいと思ったから。(匿名)

■主人公マーティ・マクフライは、タロン・エガートン。ドクことエメット・ブラウン博士は、ドウェイン・ジョンソン。マーティには『キングスマン』の時のような、軽い身のこなしのアクションを期待できるタロン・エガートンを思い浮かべました!ドクには、ファニーなキャラはそのままで、さらに普段から筋トレ好きなマッチョの新感覚な博士もおもしろいかなと思いました。(カオグリ)

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド

編集部が選んだリメイク版キャスティング

■皆さんが挙げていない人で妄想してみると…。マーティはノア・ジュプ、ドクはソン・ガンホ。ソン・ガンホは何をやっても似合いそうで、設定をグローバルにしたバージョンを観たいと思ったからです。そしてドクのコミカルなキャラクターもソン・ガンホが演じることによって、オリジナルに負けない灰汁が出るかなと(笑)。ノア・ジュプは単純に私のお気に入りというのもありますが(笑)、今10代なので高校生マーティを等身大で演じてくれそうだと思いました。意外な組合せというところで、この2人の共演が観てみたいです。(マイソン)

■本当に悩みましたが、マーティをアンセル・エルゴート、ドクをビル・マーレイなんていかがでしょう?多才なアンセル・エルゴートなら、きっとマーティをチャーミングに楽しく演じてくれそう。そして、ビル・マーレイは、オリジナルの精神を守りつつも、きっと新たなドク像を提案してくれそうな気がします。オリジナルの印象が強いだけに、リメイクのキャスティングはかなり難しいと思いますが、この2人なら新たな調和を見せてくれそうだなと勝手に期待しています(笑)。(シャミ)

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス

どのキャストもピッタリ!マーティをトム・ホランド、ドクをロバート・ダウニーJr.という意見が多数派でしたが、このコンビは確かに観てみたい!ドウェイン・ジョンソンのドク役も気になります(笑)。また、洋画だけでなく、もし邦画だったら…とキャスティングを考えてみるのも楽しいですね。「勝手にキャスティング企画!」は今後も不定期開催していきたいと思います。またぜひ一緒に妄想しましょう!

この機会にぜひオリジナルをご覧ください!

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
公式サイト
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

バック・トゥ・ザ・フューチャー (字幕版)

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part.2』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド

『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
公式サイト
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (字幕版)

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part.3』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド

『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
公式サイト
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3 (字幕版)

© 1985 Universal Studios. All Rights Reserved.
© 1989 Universal Studios. All Rights Reserved.
© 1990 Universal Studios. All Rights Reserved.

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン ブラックアダム

圧倒的な強さを誇るキャラクターなので、これはロック様…

東京コミコン2022:ヘイデン・クリステンセン ヘイデン・クリステンセン

1981年4月19日生まれ。カナダ国籍を持ち、父はカナダ人、母はイタリアとスウェーデンの血を引く。7歳の頃にスカウトされ…

映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ

19世紀末から20世紀にかけてイギリスで人気を博し、数々の猫の絵を発表した画家、ルイス・ウェインの人生を描いた本作。イギリスの上流階級に生まれ…

東京コミコン2022:マイケル・パレ、ヴァーノン・ウェルズ、カレン・ギラン、クリストファー・ロイド、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミド、ジェームズ・マカヴォイ、アンディ・サーキス、ダニエル・ローガン、ジョセフ・クイン、ジェイミー・キャンベル・バウアー、C・B・セブルスキ(マーベル・コミック編集長) 東京コミコン3年ぶりのリアル開催に、ジェームズ・マカヴォイ、ヘイデン・クリステンセンなど豪華スターが集結!

2022年11月25日から27日にかけて実施された東京コミコン2022には、豪華スターが一挙に集結!3年ぶりのリアル開催を大いに盛り上げてくれました。

映画『月の満ち欠け』有村架純 どこか怖いラブストーリー特集

素敵なラブロマンスが描かれているという観方もできつつ、観る角度によってはどこか怖さを感じるラブストーリー(もしくはラブストーリーの要素がある作品)をご紹介します。いろいろなパターンがあって、どれも構成がおもしろい作品です。

Netflix映画『グッド・ナース』ジェシカ・チャステイン/エディ・レッドメイン 映画と人の研究2:後味スッキリ派かモヤモヤ派か、鑑賞頻度で異なる?

観た後にスッキリする映画と、モヤモヤが残る映画ってありますよね。今回はその2つのタイプについて、鑑賞頻度によって好みが変わるのか調べてみました。

映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン シスター 夏のわかれ道

この物語は、主人公のアン・ラン(チャン・ツィフォン)がある日突然両親を交通事故で亡くすところから始まります…

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』レティーシャ・ライト レティーシャ・ライト

1993年10月31日生まれ。ガイアナ、ジョージタウン出身。10年以上のキャリアを持ち…

映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース 『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース 2名様プレゼント

映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース 2名様プレゼント

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.4 トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.4 

4回連載の本インタビューも今回で最終回です。全4回で竹崎社長が、表現が難しい事柄も含めて関係者に配慮しながらアニメ業界の内状を…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

REVIEW

  1. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  2. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  3. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  4. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
  5. 海外ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』モーフィッド・クラーク
  6. 映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル
  7. 映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』マリー・クワント
  8. 映画『魔法にかけられて2』エイミー・アダムス/マヤ・ルドルフ
  9. 映画『ある男』妻夫木聡/安藤サクラ/窪田正孝
    ある男

  10. Netflix映画『グッド・ナース』ジェシカ・チャステイン/エディ・レッドメイン

PRESENT

  1. 映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース
  2. 映画『かがみの孤城』
  3. 映画『フラッグ・デイ 父を想う日』ショーン・ペン
PAGE TOP