特集

あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド

「勝手にキャスティング企画!」ということで、あの名作をリメイクするとしたら誰をキャスティングしたら良いか、皆さんと妄想してみました。第1回は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。主人公マーティ・マクフライと、ドクことエメット・ブラウン博士は、誰が演じるのが良いか、俳優の名前とキャスティング理由を挙げて頂きました。

★『バック・トゥ・ザ・フューチャー』とは
ロバート・ゼメキス監督×スティーブン・スピルバーグ製作総指揮による、奇抜なアイデアと練られた演出で多くの人を魅了し続ける傑作!
主人公マーティンが、ドクの発明したタイムマシン“デロリアン”に乗って、過去、現在、未来と旅をしていくタイムトラベルアドベンチャーで、1985年に1作目『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が公開。高校生の主人公マーティをマイケル・J・フォックス、科学者のドクをクリストファー・ロイドが演じ、当時の大ヒット作となりました。その人気からPart 2、3も公開され、今なお多くのファンを持つ名作となっています。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
1985年公開
監督:ロバート・ゼメキス
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
出演:マイケル・J・フォックス(マーティ・マクフライ)、クリストファー・ロイド(ドク/エメット・ブラウン博士)、リー・トンプソン(ロレイン・ベインズ・マクフライ)、クリスピン・グローヴァー(ジョージ・マクフライ)、トーマス・F・ウィルソン(ビフ・タネン)

部員が選んだマーティ&ドクはこの人!

■卒業パーティーで若さ爆発できるタイプは、真っ直ぐなジョージ・マッケイしかいないように思います。『マローボーン家の掟』では、ひたすら家族を守るストイックなお兄ちゃんを演じ、『1917 命をかけた伝令』でも、何が何でも目的を果たすいじらしさ!そろそろ彼に、若者らしく自由な発想でミラクルな体験をして欲しいです。一方マッツ・ミケルセンは、『永遠の門 ゴッホの見た未来』で思慮深く理解力のある牧師を演じたかと思ったら、『アダムズ・アップル』では、短パンのヤバい牧師役で、追い詰められ暴走、血まみれになりながら奇跡の存在を見事に演じ切るという最高の振り幅を見せてくれ、彼だったらドクの新しい魅力をさらに引き出してくれそうだと思いました。このキャスティング以上のものは一晩考えましたが、思いつきません!(デイジー)

■BTTF大好きです!思えば人生最初にハマった洋画の俳優さんはマイケル・J・フォックスかも。今マーティを誰がやるのかと考えて真っ先に浮かんだのはトム・ホランド!!あの陽気で挫けないキャラをやるにはピッタリだと思います。ドクは、ちょっと若いかもですが、ロバート・ダウニーJr.が希望です(“スパイダーマン”シリーズのコンビが観たい!!)。(マグロツナ)

■『金メダル男』に出演してた知念侑李くんにぜひ主人公を演じて欲しいです。背が低めで優しくて幼くて似ていると思います。観ているほうもつい母性が出て、気持ちが寄り添ってしまいそうです。博士は所ジョージさんが適任だと思います。賢そうでありながら親近感もありちょっと抜けている、そして知名度もバッチリ!白衣も似合いそう。ぜひこの2人で!(ゆうゆ)

■リメイクするならこのキャスト
マーティ→トム・ホランド
ドク→ロバート・ダウニーJr. or ロビン・ウィリアムズ
ロレイン→リリー・ジェームズ
ビフ→キャメロン・モーガン
ジョージ→ ユアン・マクレガー
ジェニファー→アマンダ・サイフリッド(セイフライド) or ナタリー・ポートマン
うーん、これは難しい!しかし今マーティ役をするとしたらトム・ホランドしか思いつかない!でもやっぱり本家最強!(もこもこさん)

■“スパイダーマン”のトム・ホランドがイメージ的にマーティに合う気がします!そして、ドクはマイケル・ダグラス。ダンディな感じの役だけでなく、ちょっとおとぼけで頭の良い変人ドクをぜひとも演じて欲しいです。(Kao)

■マーティはジュダ・ルイス。『サマー・オブ・84』を観てからファンで、イケメン過ぎるけど、やんちゃで無茶しそうなところが合っているかな。ドクは、ジョン・マルコヴィッチ。どこか奇妙な変人だけど、愛すべきキャラクターを演じさせたら1番合うから。(とーんとーん)

■たまたまTwitterでトム・ホランドロバート・ダウニーJr. の顔をマーティとドクに当てはめたファンメイドのワンシーンが本当によくできていてピッタリで、これを見て以来もうこの2人しか考えられなくなってしまいました。本家の2人よりも若いけど、もしリメイクするならストーリーの雰囲気も変わってくると思うので、なかなか良いキャスティングなのではないかと思います。(匿名)

■主人公を高橋一生さん、博士を北大路欣也さん。シンプルに観てみたいと思ったから。(匿名)

■主人公マーティ・マクフライは、タロン・エガートン。ドクことエメット・ブラウン博士は、ドウェイン・ジョンソン。マーティには『キングスマン』の時のような、軽い身のこなしのアクションを期待できるタロン・エガートンを思い浮かべました!ドクには、ファニーなキャラはそのままで、さらに普段から筋トレ好きなマッチョの新感覚な博士もおもしろいかなと思いました。(カオグリ)

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド

編集部が選んだリメイク版キャスティング

■皆さんが挙げていない人で妄想してみると…。マーティはノア・ジュプ、ドクはソン・ガンホ。ソン・ガンホは何をやっても似合いそうで、設定をグローバルにしたバージョンを観たいと思ったからです。そしてドクのコミカルなキャラクターもソン・ガンホが演じることによって、オリジナルに負けない灰汁が出るかなと(笑)。ノア・ジュプは単純に私のお気に入りというのもありますが(笑)、今10代なので高校生マーティを等身大で演じてくれそうだと思いました。意外な組合せというところで、この2人の共演が観てみたいです。(マイソン)

■本当に悩みましたが、マーティをアンセル・エルゴート、ドクをビル・マーレイなんていかがでしょう?多才なアンセル・エルゴートなら、きっとマーティをチャーミングに楽しく演じてくれそう。そして、ビル・マーレイは、オリジナルの精神を守りつつも、きっと新たなドク像を提案してくれそうな気がします。オリジナルの印象が強いだけに、リメイクのキャスティングはかなり難しいと思いますが、この2人なら新たな調和を見せてくれそうだなと勝手に期待しています(笑)。(シャミ)

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス

どのキャストもピッタリ!マーティをトム・ホランド、ドクをロバート・ダウニーJr.という意見が多数派でしたが、このコンビは確かに観てみたい!ドウェイン・ジョンソンのドク役も気になります(笑)。また、洋画だけでなく、もし邦画だったら…とキャスティングを考えてみるのも楽しいですね。「勝手にキャスティング企画!」は今後も不定期開催していきたいと思います。またぜひ一緒に妄想しましょう!

この機会にぜひオリジナルをご覧ください!

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
公式サイト
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

バック・トゥ・ザ・フューチャー (字幕版)

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part.2』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド

『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
公式サイト
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 (字幕版)

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part.3』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド

『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中
公式サイト
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3 (字幕版)

© 1985 Universal Studios. All Rights Reserved.
© 1989 Universal Studios. All Rights Reserved.
© 1990 Universal Studios. All Rights Reserved.

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブックセラーズ』 ブックセラーズ

文化的な歴史のなかで、本には長い歴史があります。今では…

映画『モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ ミラ・ジョヴォヴィッチ

1975年12月17日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国生まれ。1998年に『トゥー・ムーン』で…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告

本作は、とある事情で娘一家の家に移り住むことになったおじいちゃん(ロバート・デ・ニーロ)と、おじいちゃんに部屋を取られ…

映画『スプリー』ジョー・キーリー スプリー

SNSでバズろうと躍起になり、我を失う若者を描いた本作は、サンダンス映画祭で話題を呼び、全米では33館という小規模の公開ながら…

映画『すばらしき世界』六角精児 六角精児(ろっかく せいじ)

1962年6月24日生まれ。兵庫県出身。1982年に劇団”善人会議(現・扉座)”の旗揚げに参加し、…

Netflix映画『彼女』インタビュー:廣木隆一監督&さとうほなみさん Netflix映画『彼女』廣木隆一監督、さとうほなみさんインタビュー

Netflix映画『彼女』の廣木隆一監督、さとうほなみさんにインタビュー。監督、主演の立場から、本作の魅力をいろいろと語っていただきました。お2人の楽しい掛け合いから、撮影現場でも和気あいあいとされていたのかなというのが伝わってきました。

映画『SNS-少女たちの10日間-』 SNS-少女たちの10日間-

SNSが普及した昨今、ネット上で子ども達が危険な目に遭っていることが問題視されています。これは…

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』安藤政信 安藤政信(あんどう まさのぶ)

1975年5月19日、神奈川県生まれ。1996年、北野武監督&脚本作…

映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介 るろうに剣心 最終章 The Final

大人気の本シリーズもいよいよ最終章です。本作は最終章2部作のうちの1作目。物語は…

映画『トムとジェリー』クロエ・グレース・モレッツ クロエ・グレース・モレッツ

1997年2月10日アメリカ生まれ。現在、カリフォルニア州ロサンゼルスに在住。2010年『キック・アス』で…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

REVIEW

  1. 映画『ブックセラーズ』
  2. 映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー
  3. 映画『スプリー』ジョー・キーリー
    スプリー

  4. 映画『SNS-少女たちの10日間-』
  5. 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介
  6. Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/
  7. Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ
  8. 映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン
    AVA/エヴァ

  9. Netflix映画『彼女』水原希子/さとうほなみ
    彼女

  10. 映画『約束の宇宙』エヴァ・グリーン
    約束の宇宙

PAGE TOP