特集

あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

  • follow us in feedly
  • RSS
銃イメージ画像

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

★『レオン』とは
リュック・ベッソン監督・脚本、ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマンら豪華キャスト出演のアクションドラマ!ある日、無口で孤独な殺し屋レオンの元に、家族を惨殺された少女マチルダが助けを求めてやってくる。奇妙な共同生活の中で、2人は徐々に心を通わせていくが…。

『レオン』
1994年公開
監督・脚本:リュック・ベッソン
出演:ジャン・レノ(レオン・モンタナ)/ナタリー・ポートマン(マチルダ・ランドー)/ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンスフィールド)

部員が選んだレオン&マチルダはこの人!

■レオン・モンタナは、ラミ・マレック。小柄で細マッチョ。群衆に溶け込むが、観客からすると特徴的。ドラマ『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』や映画『パピヨン』の雰囲気からピッタリだと思いました。マチルダは、クワベンジャネ・ウォレス。何と言っても『ハッシュパピー バスタブ島の少女』のたくましさ!(☆くっきー)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』来日、ラミ・マレック
ボヘミアン・ラプソディ来日会見

本作は、好評レンタル、発売、デジタル配信中

■レオンは、キアヌ・リーブスとかどうでしょう。マチルダは、どうも思いつきませんが、期待を込めてリリー=ローズ・デップで!レオン役をパパ(ジョニー・デップ)で観てみたい気もするけど。(匿名)

■レオンは、笑顔なしでも十分魅力があり、アクションも完璧なキアヌ・リーブス。マチルダは、演技力と笑顔が光るアビー・ライダー・フォートソン。(匿名)

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』来日ジャパンプレミア:キアヌ・リーブス
ジョン・ウィック:パラベラム来日ジャパンプレミア

本作は、好評レンタル、発売、デジタル配信中
映画『僕のワンダフル・ジャーニー』
僕のワンダフル・ジャーニー』好評レンタル、発売、デジタル配信中

■マチルダは、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で大人びた子役を演じたジュリア・バターズが良いかも。レオン役は、そろそろ子ども絡みの作品のオファーも来そうなジェイソン・ステイサムあたりでいかがでしょう。(びんご)

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ジェイソン・ステイサム
ワイルド・スピード/スーパーコンボ』好評レンタル、発売、デジタル配信中

■レオン役はジェレミー・レナー。寡黙で不器用ながら、マチルダを最後まで守り抜く強さと優しさ、それに加えて渋みもある俳優と考えるとジェレミー・レナーが浮かびました。マチルダ役はエヴァ・アンダーソン。ミラ・ジョヴォヴィッチの娘さんですが、12歳とは思えない色気と美しさです!(n.)

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』来日ワールド・プレミア、エヴァ・アンダーソン
バイオハザード:ザ・ファイナル来日ワールド・プレミア

本作は、好評レンタル、発売、デジタル配信中

■日本リメイク&レオン役を女優さんで観たいです。レオンを長澤まさみ、マチルダは日本の子役で思い浮かびませんでした。日本でアクション女優というと最近まであまりイメージがなかったですが、『キングダム』の長澤まさみを観て、とてもカッコ良かった!アンジェリーナ・ジョリーのようなアクションを目指して欲しい。また、レオンのようなカッコ良い雰囲気を女優さんで観てみたいです。(匿名)

映画『キングダム』長澤まさみ
キングダム』好評レンタル、発売、デジタル配信中

■レオンを肉体派ロック様(ドウェイン・ジョンソン)。見るからに強いけど、実は…というギャップ萌えポイントで新しいタイプのレオンを!マチルダは、ブルックリン・プリンス。『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』での物怖じしないキュートなおてんばぶりもチャーミングでしたが、授賞式で泣きながらスピーチした後のアイスクリームも最高だったので、びビックリするようなアドリブがありそうです。(デイジー)

映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』ドウェイン・ジョンソン
ジュマンジ/ネクスト・レベル』好評レンタル、発売、デジタル配信中

レオナルド・ディカプリオ&ミリセント・シモンズ。ジャン・レノ&ナタリー・ポートマンとは全く違うタイプの2人を選びました。ディカプリオは、今までの彼のイメージとは全く異なりますが、当時のジャン・レノとほぼ同じ年齢でもあり、彼なりのレオンを演じて欲しいという願望も込めて。そして、『クワイエット・プレイス』での好演が記憶に新しいミリセント・シモンズにも、彼女にしかできないマチルダを期待して。この2人ならかつての名作とはひと味違う『レオン』が生まれると思いました。(パストラル)

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見、レオナルド・ディカプリオ
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド来日記者会見

本作は、好評レンタル、発売、デジタル配信中
映画『クワイエット・プレイス PARTⅡ』ワールドプレミア、ミリセント・シモンズ
『クワイエット・プレイス PARTⅡ』ワールドプレミア
本作は近日公開

■レオン役は今、大阪で頑張っているイケメン知事の吉村洋文さんが良いです!時の人ですし、信頼感抜群で、守ってくれそうです!ニヒルな無表情も似合うはず。それに合うマチルダ役は難しいですが、広瀬すずさんがナタリーと似た雰囲気を醸し出してくれそうです。ちょっと若いときのすずさんでお願いします!ヤンチャで茶目っ気のあるマチルダを演じてくれるはず。(ランちゃん)

映画『一度死んでみた』広瀬すず/吉沢亮/堤真一
一度死んでみた』好評公開中

■日本の俳優陣になりますが、レオンを滝藤賢一、マチルダを山田美紅羽。滝藤賢一は、『探偵が早すぎる』や『コタキ兄弟と四苦八苦』の怪演ぶりから。山田美紅羽は、『下剋上受験』の負けない姿が、重なりました。(匿名)

映画『影踏み』滝藤賢一
影踏み』好評レンタル、発売、デジタル配信中

■レオンをアレクサンダー・スカルスガルド。鍛え上げられた体と寂しげな瞳のギャップが素敵。守ってあげたくなります。マチルダを白鳥玉季ちゃん!達観した眼差しに、女の色気と母性まで完璧。今のハリウッドならアジア人のキャスティングもアリでしょう。そして、ノーマンをビル・スカルスガルド。ここはぜひとも兄弟共演でお願いしたい!(shiron)

■レオン役にジェフリー・ディーン・モーガン、マチルダ役にケイリー・フレミングを推薦します!2人は海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のキャストとして共演し、その年齢差にも関わらず素晴らしい化学反応を見せてくれたので『レオン』でもきっとハマるのではないかと思います!(匿名)

編集部が選んだリメイク版キャスティング

■いろいろな組み合わせが観てみたいですが、韓国版で考えてみました。レオンは、マ・ドンソク。強くて優しいイメージがピッタリでありながら、全く違ったレオンを演じてくれそう。マチルダは、『幼い依頼人』で見事な演技を見せたチェ・ミョンビンにやって欲しいです。韓国アクション映画も良作がたくさんあるので、スピード感と迫力たっぷりで哀愁漂う作品を作ってくれるのではと期待します!(マイソン)

映画『神と共に 第二章:因と縁』マ・ドンソク
神と共に 第二章:因と縁』好評レンタル、発売、デジタル配信中
映画『幼い依頼人』チェ・ミョンビン
幼い依頼人

2020年4月17日〜5月31日U-NEXTにて期間限定独占先行配信

2020年6月1日より、その他各動画配信サービスにて配信

■レオン役をブラッドリー・クーパー、マチルダ役をマッケナ・グレイスに演じて欲しいです!ブラッドリー・クーパーは、アクションもできて人間味溢れる演技も魅力的なので、レオンを渋くカッコ良く演じてくれると思います。マッケナ・グレイス は、やはり『gifted/ギフテッド』での演技が忘れられませんが、マチルダを演じてもきっとナタリー・ポートマンに劣らず、魅力たっぷりに演じてくれそうです。(シャミ)

映画『世界にひとつのプレイブック』来日プレミアイベント、ブラッドリー・クーパー
世界にひとつのプレイブック来日プレミアイベント

本作は、好評レンタル、発売、デジタル配信中

海外版はもちろん、日本版や、政界からのキャスティングもあり、今回も興味深い組合せを出して頂きました!レオン役のレオナルド・ディカプリオやキアヌ・リーブス、ぜひ観てみたいですね!エヴァー・アンダーソンやケイリー・フレミングがマチルダを演じたら、また新しい魅力が発見できそうな気がします。「勝手にキャスティング企画!」は今後も不定期開催していきます。次回もお楽しみに。

この機会にぜひオリジナルをご覧ください!

レオン 完全版 (字幕版)

『レオン』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中

トップのイメージ写真は、星旅人さんによる写真ACからの写真です。
©UNIVERSAL PICTURES
©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会
©2020 松竹 フジテレビジョン
©2019 「影踏み」製作委員会
© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.
© 2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
© 2019 EASTDREAMSYNOPEX CO., LTD. & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
© 2017 Twentieth Century Fox
2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ サマーフィルムにのって

これは高校最後の夏休みに映画作りに励む若者達の青春ドラマで、一見素朴な日常を描いたほのぼのとした作品に思えますが…

映画『キャラクター』Fukase(SEKAI NO OWARI) Fukase(ふかせ)

1985年10月13日東京都生まれ。SEKAI NO OWARIのメンバーでボーカリスト。数々の楽曲…

映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉 キネマの神様

“キネマの神様”というタイトルがストーリーの中のどんな作用を示しているのか想像しながら観て、改めてこれは広い意味で…

映画『女たち』篠原ゆき子 篠原ゆき子(しのはら ゆきこ)

1981年1月21日神奈川県出身。2005年、映画『中学生日記』で俳優デビュー。2011年、劇団ポツドールの舞台“おしまいのとき”で…

映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華さん&金子大地さんインタビュー 『サマーフィルムにのって』伊藤万理華さん&金子大地さんインタビュー

『サマーフィルムにのって』で、主人公ハダシを演じた伊藤万理華さんと、謎の青年、凛太郎を演じた金子大地さんにインタビューをさせて頂きました。お2人のお話から映画作りに対する姿勢や思い、いち映画ファンとしての熱が伝わってきました。

映画『モロッコ、彼女たちの朝』タイアップキャンペーン、料理 本格タジン鍋や、おしゃれなモロッコ雑貨を楽しめる!『モロッコ、彼女たちの朝』豪華タイアップキャンペーン

映画『モロッコ、彼女たちの朝』が、2021年8月13日より全国公開となります。そしてこのたび、映画の世界観を食と雑貨で楽しめる、人気店とのタイアップキャンペーンが決定!気になる内容をご紹介。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 映画 太陽の子

日本の原爆開発を背景に、若者達の揺れる想いと決意が描かれた本作。柳楽優弥、有村架純、三浦春馬、國村隼、田中裕子ら…

映画『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュ レティシア・ドッシュ

1980年9月1日フランス、パリ生まれ。俳優、ダンサー、作家、演劇監督として…

映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス ワイルド・スピード/ジェットブレイク

毎回ぶっ飛んだカーアクションシーンを披露してくれる本シリーズは、もうこれ以上の離れ技は残ってないんじゃないかなと…

映画『暮れ逢い』レベッカ・ホール レベッカ・ホール

1982年5月19日生まれ。イギリス系アメリカ人。2009年、ウディ・アレン監督の『それでも恋するバルセロナ』で…

部活・イベント

  1. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  2. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  3. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  4. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  5. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年

おすすめ記事

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

REVIEW

  1. 映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ
  2. 映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉
  3. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  4. 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス
  5. 映画『ジャングル・クルーズ』ドウェイン・ジョンソン/エミリー・ブラント/ジャック・ホワイトホール
  6. 映画『返校 言葉が消えた日』ワン・ジン
  7. 映画『アウシュヴィッツ・レポート』ノエル・ツツォル/ペテル・オンドレイチカ
  8. 海外ドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1』ジェニファー・モリソン
  9. 映画『イン・ザ・ハイツ』
  10. 映画『復讐者たち』アウグスト・ディール
    復讐者たち

PAGE TOP