特集

あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

  • follow us in feedly
  • RSS
銃イメージ画像

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

★『レオン』とは
リュック・ベッソン監督・脚本、ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマンら豪華キャスト出演のアクションドラマ!ある日、無口で孤独な殺し屋レオンの元に、家族を惨殺された少女マチルダが助けを求めてやってくる。奇妙な共同生活の中で、2人は徐々に心を通わせていくが…。

『レオン』
1994年公開
監督・脚本:リュック・ベッソン
出演:ジャン・レノ(レオン・モンタナ)/ナタリー・ポートマン(マチルダ・ランドー)/ゲイリー・オールドマン(ノーマン・スタンスフィールド)

部員が選んだレオン&マチルダはこの人!

■レオン・モンタナは、ラミ・マレック。小柄で細マッチョ。群衆に溶け込むが、観客からすると特徴的。ドラマ『MR.ROBOT/ミスター・ロボット』や映画『パピヨン』の雰囲気からピッタリだと思いました。マチルダは、クワベンジャネ・ウォレス。何と言っても『ハッシュパピー バスタブ島の少女』のたくましさ!(☆くっきー)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』来日、ラミ・マレック
ボヘミアン・ラプソディ来日会見

本作は、好評レンタル、発売、デジタル配信中

■レオンは、キアヌ・リーブスとかどうでしょう。マチルダは、どうも思いつきませんが、期待を込めてリリー=ローズ・デップで!レオン役をパパ(ジョニー・デップ)で観てみたい気もするけど。(匿名)

■レオンは、笑顔なしでも十分魅力があり、アクションも完璧なキアヌ・リーブス。マチルダは、演技力と笑顔が光るアビー・ライダー・フォートソン。(匿名)

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』来日ジャパンプレミア:キアヌ・リーブス
ジョン・ウィック:パラベラム来日ジャパンプレミア

本作は、好評レンタル、発売、デジタル配信中
映画『僕のワンダフル・ジャーニー』
僕のワンダフル・ジャーニー』好評レンタル、発売、デジタル配信中

■マチルダは、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で大人びた子役を演じたジュリア・バターズが良いかも。レオン役は、そろそろ子ども絡みの作品のオファーも来そうなジェイソン・ステイサムあたりでいかがでしょう。(びんご)

映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』ジェイソン・ステイサム
ワイルド・スピード/スーパーコンボ』好評レンタル、発売、デジタル配信中

■レオン役はジェレミー・レナー。寡黙で不器用ながら、マチルダを最後まで守り抜く強さと優しさ、それに加えて渋みもある俳優と考えるとジェレミー・レナーが浮かびました。マチルダ役はエヴァ・アンダーソン。ミラ・ジョヴォヴィッチの娘さんですが、12歳とは思えない色気と美しさです!(n.)

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』来日ワールド・プレミア、エヴァ・アンダーソン
バイオハザード:ザ・ファイナル来日ワールド・プレミア

本作は、好評レンタル、発売、デジタル配信中

■日本リメイク&レオン役を女優さんで観たいです。レオンを長澤まさみ、マチルダは日本の子役で思い浮かびませんでした。日本でアクション女優というと最近まであまりイメージがなかったですが、『キングダム』の長澤まさみを観て、とてもカッコ良かった!アンジェリーナ・ジョリーのようなアクションを目指して欲しい。また、レオンのようなカッコ良い雰囲気を女優さんで観てみたいです。(匿名)

映画『キングダム』長澤まさみ
キングダム』好評レンタル、発売、デジタル配信中

■レオンを肉体派ロック様(ドウェイン・ジョンソン)。見るからに強いけど、実は…というギャップ萌えポイントで新しいタイプのレオンを!マチルダは、ブルックリン・プリンス。『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』での物怖じしないキュートなおてんばぶりもチャーミングでしたが、授賞式で泣きながらスピーチした後のアイスクリームも最高だったので、びビックリするようなアドリブがありそうです。(デイジー)

映画『ジュマンジ/ネクスト・レベル』ドウェイン・ジョンソン
ジュマンジ/ネクスト・レベル』好評レンタル、発売、デジタル配信中

レオナルド・ディカプリオ&ミリセント・シモンズ。ジャン・レノ&ナタリー・ポートマンとは全く違うタイプの2人を選びました。ディカプリオは、今までの彼のイメージとは全く異なりますが、当時のジャン・レノとほぼ同じ年齢でもあり、彼なりのレオンを演じて欲しいという願望も込めて。そして、『クワイエット・プレイス』での好演が記憶に新しいミリセント・シモンズにも、彼女にしかできないマチルダを期待して。この2人ならかつての名作とはひと味違う『レオン』が生まれると思いました。(パストラル)

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』来日記者会見、レオナルド・ディカプリオ
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド来日記者会見

本作は、好評レンタル、発売、デジタル配信中
映画『クワイエット・プレイス PARTⅡ』ワールドプレミア、ミリセント・シモンズ
『クワイエット・プレイス PARTⅡ』ワールドプレミア
本作は近日公開

■レオン役は今、大阪で頑張っているイケメン知事の吉村洋文さんが良いです!時の人ですし、信頼感抜群で、守ってくれそうです!ニヒルな無表情も似合うはず。それに合うマチルダ役は難しいですが、広瀬すずさんがナタリーと似た雰囲気を醸し出してくれそうです。ちょっと若いときのすずさんでお願いします!ヤンチャで茶目っ気のあるマチルダを演じてくれるはず。(ランちゃん)

映画『一度死んでみた』広瀬すず/吉沢亮/堤真一
一度死んでみた』好評公開中

■日本の俳優陣になりますが、レオンを滝藤賢一、マチルダを山田美紅羽。滝藤賢一は、『探偵が早すぎる』や『コタキ兄弟と四苦八苦』の怪演ぶりから。山田美紅羽は、『下剋上受験』の負けない姿が、重なりました。(匿名)

映画『影踏み』滝藤賢一
影踏み』好評レンタル、発売、デジタル配信中

■レオンをアレクサンダー・スカルスガルド。鍛え上げられた体と寂しげな瞳のギャップが素敵。守ってあげたくなります。マチルダを白鳥玉季ちゃん!達観した眼差しに、女の色気と母性まで完璧。今のハリウッドならアジア人のキャスティングもアリでしょう。そして、ノーマンをビル・スカルスガルド。ここはぜひとも兄弟共演でお願いしたい!(shiron)

■レオン役にジェフリー・ディーン・モーガン、マチルダ役にケイリー・フレミングを推薦します!2人は海外ドラマ『ウォーキング・デッド』のキャストとして共演し、その年齢差にも関わらず素晴らしい化学反応を見せてくれたので『レオン』でもきっとハマるのではないかと思います!(匿名)

編集部が選んだリメイク版キャスティング

■いろいろな組み合わせが観てみたいですが、韓国版で考えてみました。レオンは、マ・ドンソク。強くて優しいイメージがピッタリでありながら、全く違ったレオンを演じてくれそう。マチルダは、『幼い依頼人』で見事な演技を見せたチェ・ミョンビンにやって欲しいです。韓国アクション映画も良作がたくさんあるので、スピード感と迫力たっぷりで哀愁漂う作品を作ってくれるのではと期待します!(マイソン)

映画『神と共に 第二章:因と縁』マ・ドンソク
神と共に 第二章:因と縁』好評レンタル、発売、デジタル配信中
映画『幼い依頼人』チェ・ミョンビン
幼い依頼人

2020年4月17日〜5月31日U-NEXTにて期間限定独占先行配信

2020年6月1日より、その他各動画配信サービスにて配信

■レオン役をブラッドリー・クーパー、マチルダ役をマッケナ・グレイスに演じて欲しいです!ブラッドリー・クーパーは、アクションもできて人間味溢れる演技も魅力的なので、レオンを渋くカッコ良く演じてくれると思います。マッケナ・グレイス は、やはり『gifted/ギフテッド』での演技が忘れられませんが、マチルダを演じてもきっとナタリー・ポートマンに劣らず、魅力たっぷりに演じてくれそうです。(シャミ)

映画『世界にひとつのプレイブック』来日プレミアイベント、ブラッドリー・クーパー
世界にひとつのプレイブック来日プレミアイベント

本作は、好評レンタル、発売、デジタル配信中

海外版はもちろん、日本版や、政界からのキャスティングもあり、今回も興味深い組合せを出して頂きました!レオン役のレオナルド・ディカプリオやキアヌ・リーブス、ぜひ観てみたいですね!エヴァー・アンダーソンやケイリー・フレミングがマチルダを演じたら、また新しい魅力が発見できそうな気がします。「勝手にキャスティング企画!」は今後も不定期開催していきます。次回もお楽しみに。

この機会にぜひオリジナルをご覧ください!

レオン 完全版 (字幕版)

『レオン』
ブルーレイ&DVDレンタル・発売中/デジタル配信中

トップのイメージ写真は、星旅人さんによる写真ACからの写真です。
©UNIVERSAL PICTURES
©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会
©2020 松竹 フジテレビジョン
©2019 「影踏み」製作委員会
© 2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.
© 2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions
© 2019 EASTDREAMSYNOPEX CO., LTD. & LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
© 2017 Twentieth Century Fox
2019 Storyteller Distribution Co., LLC, Walden Media, LLC and Alibaba Pictures Media, LLC.

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー わたしの叔父さん

のどかで美しいデンマークの農場が舞台の本作。主人公は、27歳の女性クリスで…

映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし ヤクザと家族 The Family

人には人との繋がりが大切で、どんな環境どんな関係であっても、家族と呼べる関係が…

映画『あまくない砂糖の話』 映画で“食”について考えてみよう8:三大栄養素は体を動かすエネルギー源

今回は栄養素の基礎となる“糖質”“脂質”“たんぱく質”の三大栄養素について紹介します。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 花束みたいな恋をした

20歳前後、大学生の頃の出会いって独特だなと、本作を観ると改めて感じます…

映画『日本独立』小林薫 小林薫(こばやし かおる)

1951年9月4日、京都府生まれ。1971年から80年までの間、唐十郎主催の状況劇場に…

映画『キル・チーム』ナット・ウルフ キル・チーム

アフガニスタンに赴任していた米軍の兵士達が、現場の状況を偽装して民間人を殺害していた実話を映画化…

映画『青い、森』田中偉登 田中偉登(たなか たけと)

2000年1月24日生まれ、大阪府出身。2012年に『宇宙兄弟』で映画デビュー。以降…

映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン KCIA 南山の部長たち

1979年10月26日、韓国のパク・チョンヒ(朴正煕)大統領は、自らの側近だった中央情報部(通称:KCIA)の部長キム・ジェギュ(金載圭)に殺害…

映画『青い、森』門下秀太郎 門下秀太郎(かどした しゅうたろう)

1998年9月11日、長崎県生まれ。2016年、第3回SonyMusic×smart オーディションで…

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『わたしの叔父さん』イェデ・スナゴー
  2. 映画『ヤクザと家族 The Family』綾野剛/舘ひろし
  3. 映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純
  4. 映画『キル・チーム』ナット・ウルフ
    キル・チーム

  5. 映画『KCIA 南山の部長たち』イ・ビョンホン
  6. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  7. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  8. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  9. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  10. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
PAGE TOP