ぶきよう宇宙人の日記 by マイソン

オスカー授賞式は心のパワースポット

  • follow us in feedly
  • RSS
第92回アカデミー賞作品賞受賞時写真:映画『パラサイト 半地下の家族』

今年の第92回アカデミー賞も大盛り上がりでしたね!いつもWOWOWの生中継を録画しているのですが、なかなか一気に観る時間がとれず、発表から1週間でやっと観終わりました。今回は特に感動的なシーンが本当に多かったですが、印象的だったシーンをいくつか振り返りたいと思います。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ブラッド・ピット
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

まずはブラッド・ピットが『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で助演男優賞を受賞したのは、嬉しかった!ここ何年間かプライベートでいろいろと苦労があった彼ですが、授賞式前のインタビューでも、とても晴れ晴れとした表情でした。最近の他の映画賞のスピーチで自虐ネタが注目されていたようですが、授賞式前のインタビューでも何か言いかけてやめた時の仕草がとてもチャーミングでした。受賞スピーチでは、タランティーノやディカプリオほか『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』関係者に感謝すると同時に、これを機にスタントコーディネーターやスタントマン達に注目して欲しいとコメントしていました。そして、昔を振り返り、「両親とドライブインシアターで『明日に向かって撃て!』を観て、この世界に入り、ジーナ(・デイヴィス)、リドリー(・スコット)や、多くの人に支えられてきた。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』そのものだ」と涙を浮かべていました。ジーナ・デイヴィスがスーザン・サランドンと主演し、リドリー・スコットが監督を務めた『テルマ&ルイーズ』で彼は注目を浴び、スターダムを駆け上がりましたが、俳優人生を振り返ってスピーチをする姿に、観ているこちらも胸が熱くなりました。一般庶民だって、ハリウッドスターだって、誰でも良い時、大変な時はあるけれど、それを乗り越えた人は素敵で、とても勇気をもらえました。

映画『ロケットマン』タロン・エガ-トン
『ロケットマン』

ロケットマン』の“(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン”で歌曲賞を受賞した、エルトン・ジョンとバーニー・トーピンが揃って壇上にいる姿も感動的でした。エルトン・ジョンの半生を描いた『ロケットマン』で観た2人の友情の強さを思うと、とても感慨深かったです。彼等は遠い存在のスターですが、とても身近な存在に感じられる瞬間でした。

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス
『ジョーカー』

ジョーカー』で主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックスのスピーチにも感涙。「私には映画が不可欠です。映画は私達に声なき弱者の代わりに発言する力をくれました…」と、多くの社会問題を起こしている人間の罪について触れ、でも人間は発想や独創性で工夫する力も持っていて、思いやりと愛で改革できるはずだと語りました。自身についても、自己中心的でダメな人間だったけれど周囲の人々が2度目のチャンスをくれたと振り返り、最後は兄リバー・フェニックスが17歳の時に残した「愛をもって物事に対峙すれば平和がついてくる」という言葉で締めくくりました。彼のスピーチには、人間としての悟りが詰まっていましたが、それを俳優として役目を果たそうという姿勢に繋がっているのがすごく伝わってきて、映画への思いの深さを感じました。俳優や映画人すべての仕事がそれだけ高尚なもので、そういう思いで作っているからこそ、彼等は多くの人を感動させられるんですよね。

映画『パラサイト 半地下の家族』ソン・ガンホ/チェ・ウシク/パク・ソダム/イ・ジョンウン/チャン・ヘジン
『パラサイト 半地下の家族』

そしてそして、『パラサイト 半地下の家族』が歴史を塗り替えましたね!作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞と主要部門を含む4部門を獲りました。ポン・ジュノ監督が毎度「朝まで飲みたいと思います」とスピーチを締めていたのがお茶目でしたが、彼等の受賞を称える会場の反応も最高でした。国を超えて映画愛で繋がった人達のムードがすごく伝わってきて、感無量。監督賞のスピーチでは、他の監督一人ひとりを讃えていたのも感動的で、作品賞を受賞し、ミラクルが目の前で起きていることに鳥肌が立ちました。

この他、それぞれの受賞がとても感動的でしたが、1番何に感動したかって、会場中が映画愛に包まれていたことです。皆映画を愛していて、本当に一生懸命なんだというのが伝わってきました。スピーチの一言ひとことにも重みがあって、たくさんの気付きを頂きました。

個人的にいろいろな節目で考えるべきこと、悩むことが多いここ数年ですが、映画を好きでいたからこそ救われています。そして、このタイミングでこの授賞式が観られたことで、また良いエネルギーを受け取って、ガンガンパワーチャージをさせてもらいました。やっぱり映画って良いですね!直接言うことはできませんが、皆さん、いつも素敵な映画を作ってくれて、本当にありがとうございます!映画、サイコー!

【第92回アカデミー賞授賞式 ダイジェスト】
[字幕版]WOWOWプライム他にて、2020年3月1日(日)22:00、3月3日(火)21:15再放送
番組HP

©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”
© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
Getty Images

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『お名前はアドルフ?』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/クリストフ=マリア・ヘルプスト/ユストゥス・フォン・ドホナーニ/カロリーネ・ペータース お名前はアドルフ?

物語の舞台はドイツにある一軒家。学校の教師であるエリザベトと、哲学者で文学教授の夫シュテファンの家…

映画『七つの会議』野村萬斎 野村萬斎(のむら まんさい)

1966年4月5日、東京都生まれ。東京芸術大学音楽学部卒業。狂言師で、重要無形文化財総合指定者。「狂言ござる乃座」主宰。人間国宝の祖父である故六世野村万蔵と父の万作に師事し…

映画『15年後のラブソング』クリス・オダウド クリス・オダウド

1979年10月9日、アイルランド生まれ。ライブの舞台から映画、テレビなどで活躍する作家兼パフォーマー。2012年に出演した『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』での演技が評価され…

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

映画『ザ・サークル』エマ・ワトソン 心理学から観る映画12-1:自分への誹謗中傷を無視できない理由

インターネットやSNSが普及してから、誹謗中傷を原因とする自殺が社会問題の1つに加わりました。「傷付く可能性がわかっているなら、ネットやSNSを見なければ良い」という考えの人もいますが、それがわかっていても見てしまうのは、なぜなのでしょうか?

映画『15年後のラブソング』ローズ・バーン/イーサン・ホーク/クリス・オダウド 15年後のラブソング

交際15年の事実婚カップルにだって、何があるかわからない!本作に登場するアニー(ローズ・バーン)とダンカン(クリス・オダウド)は一見平穏に暮らすカップル。でも…

映画『プーと大人になった僕』来日ジャパンプレミア、堺雅人 堺雅人(さかい まさと)

1973年10月14日、宮城県生まれ。1992年から劇団東京オレンジ(早稲田劇研)にて活動を始め…

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ渦のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ渦の映画生活について、調査しました。

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』シアーシャ・ローナン/ティモシー・シャラメ ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

これは期待通り、個人的に大好物なやつでした!グレタ・ガーウィグ監督×シアーシャ・ローナンというコンビを聞いただけでも、映画好き女子なら観ずにいられないと思いますが、そこにひっかからなくても…

Netflie映画『ラブバード』イッサ・レイ/クメイル・ナンジアニ ラブバード

出会った頃はラブラブだったのに、4年後には喧嘩ばかりのジブランとレラーニは、車で移動中に別れ話になり口論に…

おすすめ記事

映画『レヴェナント:蘇えりし者』ジャパンプレミア、レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 演技力部門編>

今回は演技力部門のランキングを発表します!これだけ演技派揃いの俳優の中でトップに輝いたのは誰だった…

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ渦のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ渦の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は個性・ユーモア部門のランキングを発表します。どの俳優もなかなかの個性派ですが、果たして結果はどうなったのでしょうか!?

映画『ケープタウン』来日会見、オーランド・ブルーム イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外40代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外40代(1971年以降、1980年以前の生まれ=数え年で40代)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい方を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス・セクシー部門の結果を発表します!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

「勝手にキャスティング企画!」ということで、あの名作をリメイクするとしたら誰をキャスティングしたら良いか、皆さんと妄想してみました。第1回は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。主人公マーティ・マクフライと、ドクことエメット・ブラウン博士は、誰が演じるのが良いか、俳優の名前とキャスティング理由を挙げて頂きました。

映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン 映画好き女子が選んだ“私のベストワン韓国映画”特集2020春

韓流ドラマ、K-POPと、韓国発のエンタテインメントは根強い人気です。そして、韓国映画にも名作がたくさんあります。そこで今回は、これまで劇場公開された作品で、正式部員の皆さんがそれぞれにベスト1だと思う映画を投稿して頂きました…

REVIEW

  1. 映画『お名前はアドルフ?』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/クリストフ=マリア・ヘルプスト/ユストゥス・フォン・ドホナーニ/カロリーネ・ペータース
  2. 映画『15年後のラブソング』ローズ・バーン/イーサン・ホーク/クリス・オダウド
  3. 映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』シアーシャ・ローナン/ティモシー・シャラメ
  4. Netflie映画『ラブバード』イッサ・レイ/クメイル・ナンジアニ
    ラブバード

  5. 映画『燕 Yan』水間ロン/山中崇
    燕 Yan

  6. Netflix映画『僕のミッシー』デヴィッド・スペード/ローレン・ラプカス
    僕のミッシー

  7. Netflix映画『オールデイ・アンド・ア・ナイト:終身刑となった僕』ジェフリー・ライト/アシュトン・サンダース
  8. Netflix映画『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』リーア・ルイス
  9. Netflix映画『キング』ティモシー・シャラメ
    キング

  10. Netflix映画『ラブ、ウェディング、リピート』サム・クラフリン/オリヴィア・マン

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP