ぶきよう宇宙人の日記 by マイソン

オスカー授賞式は心のパワースポット

  • follow us in feedly
  • RSS
第92回アカデミー賞作品賞受賞時写真:映画『パラサイト 半地下の家族』

今年の第92回アカデミー賞も大盛り上がりでしたね!いつもWOWOWの生中継を録画しているのですが、なかなか一気に観る時間がとれず、発表から1週間でやっと観終わりました。今回は特に感動的なシーンが本当に多かったですが、印象的だったシーンをいくつか振り返りたいと思います。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ブラッド・ピット
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

まずはブラッド・ピットが『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で助演男優賞を受賞したのは、嬉しかった!ここ何年間かプライベートでいろいろと苦労があった彼ですが、授賞式前のインタビューでも、とても晴れ晴れとした表情でした。最近の他の映画賞のスピーチで自虐ネタが注目されていたようですが、授賞式前のインタビューでも何か言いかけてやめた時の仕草がとてもチャーミングでした。受賞スピーチでは、タランティーノやディカプリオほか『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』関係者に感謝すると同時に、これを機にスタントコーディネーターやスタントマン達に注目して欲しいとコメントしていました。そして、昔を振り返り、「両親とドライブインシアターで『明日に向かって撃て!』を観て、この世界に入り、ジーナ(・デイヴィス)、リドリー(・スコット)や、多くの人に支えられてきた。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』そのものだ」と涙を浮かべていました。ジーナ・デイヴィスがスーザン・サランドンと主演し、リドリー・スコットが監督を務めた『テルマ&ルイーズ』で彼は注目を浴び、スターダムを駆け上がりましたが、俳優人生を振り返ってスピーチをする姿に、観ているこちらも胸が熱くなりました。一般庶民だって、ハリウッドスターだって、誰でも良い時、大変な時はあるけれど、それを乗り越えた人は素敵で、とても勇気をもらえました。

映画『ロケットマン』タロン・エガ-トン
『ロケットマン』

ロケットマン』の“(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン”で歌曲賞を受賞した、エルトン・ジョンとバーニー・トーピンが揃って壇上にいる姿も感動的でした。エルトン・ジョンの半生を描いた『ロケットマン』で観た2人の友情の強さを思うと、とても感慨深かったです。彼等は遠い存在のスターですが、とても身近な存在に感じられる瞬間でした。

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス
『ジョーカー』

ジョーカー』で主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックスのスピーチにも感涙。「私には映画が不可欠です。映画は私達に声なき弱者の代わりに発言する力をくれました…」と、多くの社会問題を起こしている人間の罪について触れ、でも人間は発想や独創性で工夫する力も持っていて、思いやりと愛で改革できるはずだと語りました。自身についても、自己中心的でダメな人間だったけれど周囲の人々が2度目のチャンスをくれたと振り返り、最後は兄リバー・フェニックスが17歳の時に残した「愛をもって物事に対峙すれば平和がついてくる」という言葉で締めくくりました。彼のスピーチには、人間としての悟りが詰まっていましたが、それを俳優として役目を果たそうという姿勢に繋がっているのがすごく伝わってきて、映画への思いの深さを感じました。俳優や映画人すべての仕事がそれだけ高尚なもので、そういう思いで作っているからこそ、彼等は多くの人を感動させられるんですよね。

映画『パラサイト 半地下の家族』ソン・ガンホ/チェ・ウシク/パク・ソダム/イ・ジョンウン/チャン・ヘジン
『パラサイト 半地下の家族』

そしてそして、『パラサイト 半地下の家族』が歴史を塗り替えましたね!作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞と主要部門を含む4部門を獲りました。ポン・ジュノ監督が毎度「朝まで飲みたいと思います」とスピーチを締めていたのがお茶目でしたが、彼等の受賞を称える会場の反応も最高でした。国を超えて映画愛で繋がった人達のムードがすごく伝わってきて、感無量。監督賞のスピーチでは、他の監督一人ひとりを讃えていたのも感動的で、作品賞を受賞し、ミラクルが目の前で起きていることに鳥肌が立ちました。

この他、それぞれの受賞がとても感動的でしたが、1番何に感動したかって、会場中が映画愛に包まれていたことです。皆映画を愛していて、本当に一生懸命なんだというのが伝わってきました。スピーチの一言ひとことにも重みがあって、たくさんの気付きを頂きました。

個人的にいろいろな節目で考えるべきこと、悩むことが多いここ数年ですが、映画を好きでいたからこそ救われています。そして、このタイミングでこの授賞式が観られたことで、また良いエネルギーを受け取って、ガンガンパワーチャージをさせてもらいました。やっぱり映画って良いですね!直接言うことはできませんが、皆さん、いつも素敵な映画を作ってくれて、本当にありがとうございます!映画、サイコー!

【第92回アカデミー賞授賞式 ダイジェスト】
[字幕版]WOWOWプライム他にて、2020年3月1日(日)22:00、3月3日(火)21:15再放送
番組HP

©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”
© 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
Getty Images

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』タハール・ラヒム/ゾーイ・カザン ニューヨーク 親切なロシア料理店

2人の息子を連れて家を出たクララ(ゾーイ・カザン)、仕事に忙殺されて自分の人生について考える暇もない看護師のアリス…

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』ジョン・キャロル・リンチ ジョン・キャロル・リンチ

1963年8月1日アメリカ、コロラド州生まれ。妻で女優のブレンダ・ウィールとニューヨークで暮らす。ミネソタ州ミネアポリスの…

映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー 100日間のシンプルライフ

モノが溢れている生活から一変、モノが0の状態からスタートして…

映画『詩人の恋』ヤン・イクチュン ヤン・イクチュン

1975年10月19日生まれ。大韓民国ソウル特別市出身。商業高校を卒業し…

映画『チャンシルさんには福が多いね』カン・マルグム 『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『チャンシルさんには福が多いね』 5組10名様 女性限定試写会ご招待

映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊 サイレント・トーキョー

“クリスマス、東京”というキーワードだけ聞くと、キラキラしたラブストーリーを想像してしまいますが…

映画『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー 『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督インタビュー

壮絶なご近所バトルから始まる人間ドラマ『ミセス・ノイズィ』を撮った天野千尋監督にインタビューをさせていただきました。1度会社員になってから、映画監督の道へ進んだ天野監督は、どんな経緯を辿ったのかなど、聞いてみました。

映画『アンダードッグ』勝地涼 勝地涼(かつじ りょう)

1986年8月20日、東京都生まれ。2000年に俳優デビュー。2005年…

映画『魔女がいっぱい』アン・ハサウェイ 魔女がいっぱい

『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールによる「The Witches(邦題:魔女がいっぱい)」を…

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『ニューヨーク 親切なロシア料理店』タハール・ラヒム/ゾーイ・カザン
  2. 映画『100日間のシンプルライフ』フロリアン・ダーヴィト・フィッツ/マティアス・シュヴァイクホファー
  3. 映画『サイレント・トーキョー』佐藤浩市/石田ゆり子/西島秀俊
  4. 映画『魔女がいっぱい』アン・ハサウェイ
  5. 映画『ノッティングヒルの洋菓子店』セリア・イムリー/シャノン・ターベット/シェリー・コン
  6. 映画『燃ゆる女の肖像』アデル・エネル
  7. 映画『アンダードッグ』森山未來/北村匠海/勝地涼
  8. 映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子
  9. 映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ
  10. 映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン
    君の誕生日

PAGE TOP