REVIEW

ある船頭の話

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ある船頭の話』柄本明

今回監督だけでなく脚本も手掛けたオダギリジョーが本作の構想を得たのは10年前。中国、モンゴル、ブラジルの農村部やスラムでたくましく生きる人達の姿から着想を得て、本作のストーリーを綴っていったそうです。劇中には「役に立たないものは消えていく」というセリフも出てくるのですが、世の中が便利になり、合理的、資本的な社会になっていく中で淘汰されていくものがあるけれど、この世にあるものの存在価値ってそんなに簡単に計れるものだろうか、それは失っても良いものだろうかと考えさせられます。そんなテーマが、柄本明が演じる船頭というキャラクターに投影されていて、船頭と人々との交流を通して、観る側に問いを投げかけてきます。描かれる船頭の日常は一見静かで穏やかでゆっくり流れていて、前半は微笑ましいシーンも多いのですが、後半になるにつれ、胸騒ぎが止まらなくなります。年老いた船頭をいつも気遣う人々がいても、やっぱり船頭は孤独で、先行きが不安な状態。時代の変化についていけなくて自分ではどうしようもなく、ただそこに身を任せるしかない船頭の気持ちがすごくリアルに伝わってきて、これって誰もがいつか経験することなんだなと思うと、他人事には思えません。船頭含め、メインのキャラクター達の心情の動きがとても細かく丁寧に映し出されている点も本作の魅力で、グイグイとこの世界に引き込まれていきます。脇役もすごく豪華で、それぞれがちょこっと登場するだけなのにたくさんのスターが出ていて、オダギリジョーの人望の厚さを感じます。
そして、撮影監督をクリストファー・ドイル、衣装デザインをワダエミが務めている点も本作の見どころ。山深い人里離れた場所が舞台となっていて、船頭をはじめ、村の人達はとても素朴で着古した着物を身につけている一方で、キーパーソンとなるキャラクターの衣装は、その世界観に溶け込みながらも存在感と個性を放っていて、ワダエミが手掛ける衣装デザインのスゴさを実感します。また映画が始まってすぐに釘つけにさせられる映像の美しさは、さすがクリストファー・ドイル。オダギリジョーは本作の構想がありながらもしばらく寝かせておいたそうですが、『宵闇真珠』で主演した時に、同作品の監督を務めたクリストファー・ドイル(ジェニー・ジュンと共同監督)から、「お前が監督をする時は俺がカメラやるから、何でも言ってくれ」という言葉をかけられて、本作が本格的に動き出したと資料にありました。そんなこんなで邦画でも洋画でもないような独特の世界観を放つ作品に仕上がっていて、すごく見応えがあります。オダギリジョーの今後の監督業にも一層期待が膨らむはずですよ。

デート向き映画判定
映画『ある船頭の話』柄本明/村上虹郎/笹野高史

心の動きはすごく丁寧に描かれていて、ドラマチックなのですが、見た目には静かに展開していくので、映画を観慣れていない人を誘うと、反応がちょっと読めないところがあります。派手な作品が好きな人を誘うには不向きだと思いますが、芸術に興味がある人ならいろいろ楽しめるポイントがあるので、相手の好みがわかっていて、気に入ってもらえそうだなと思えば、ぜひ誘ってみてください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ある船頭の話』村上虹郎

人間の心情を細かく丁寧に描いた作品で、キッズにはまだ観慣れない分野の作品だと思います。上映時間が137分と長めなこともあり、大人になってから観るほうがより共感しながら観られると思います。中学生以上なら物語についていけると思うし、近い年代のキャラクターも出てくるので、大人とは違った目線で楽しめる部分があると思います。良い意味で余計なセリフがない分、観る側に委ねられる部分が多いのが本作の魅力ですが、今観て感じるものをそのまま受け取って、また何年か経ってから観ると、また感じ方が変わりそうなので、そういう楽しみ方もアリだと思います。

映画『ある船頭の話』柄本明

『ある船頭の話』
2019年9月13日より全国公開
キノフィルムズ、木下グループ
公式サイト

© 2019「ある船頭の話」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP