REVIEW

ある船頭の話

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ある船頭の話』柄本明

今回監督だけでなく脚本も手掛けたオダギリジョーが本作の構想を得たのは10年前。中国、モンゴル、ブラジルの農村部やスラムでたくましく生きる人達の姿から着想を得て、本作のストーリーを綴っていったそうです。劇中には「役に立たないものは消えていく」というセリフも出てくるのですが、世の中が便利になり、合理的、資本的な社会になっていく中で淘汰されていくものがあるけれど、この世にあるものの存在価値ってそんなに簡単に計れるものだろうか、それは失っても良いものだろうかと考えさせられます。そんなテーマが、柄本明が演じる船頭というキャラクターに投影されていて、船頭と人々との交流を通して、観る側に問いを投げかけてきます。描かれる船頭の日常は一見静かで穏やかでゆっくり流れていて、前半は微笑ましいシーンも多いのですが、後半になるにつれ、胸騒ぎが止まらなくなります。年老いた船頭をいつも気遣う人々がいても、やっぱり船頭は孤独で、先行きが不安な状態。時代の変化についていけなくて自分ではどうしようもなく、ただそこに身を任せるしかない船頭の気持ちがすごくリアルに伝わってきて、これって誰もがいつか経験することなんだなと思うと、他人事には思えません。船頭含め、メインのキャラクター達の心情の動きがとても細かく丁寧に映し出されている点も本作の魅力で、グイグイとこの世界に引き込まれていきます。脇役もすごく豪華で、それぞれがちょこっと登場するだけなのにたくさんのスターが出ていて、オダギリジョーの人望の厚さを感じます。
そして、撮影監督をクリストファー・ドイル、衣装デザインをワダエミが務めている点も本作の見どころ。山深い人里離れた場所が舞台となっていて、船頭をはじめ、村の人達はとても素朴で着古した着物を身につけている一方で、キーパーソンとなるキャラクターの衣装は、その世界観に溶け込みながらも存在感と個性を放っていて、ワダエミが手掛ける衣装デザインのスゴさを実感します。また映画が始まってすぐに釘つけにさせられる映像の美しさは、さすがクリストファー・ドイル。オダギリジョーは本作の構想がありながらもしばらく寝かせておいたそうですが、『宵闇真珠』で主演した時に、同作品の監督を務めたクリストファー・ドイル(ジェニー・ジュンと共同監督)から、「お前が監督をする時は俺がカメラやるから、何でも言ってくれ」という言葉をかけられて、本作が本格的に動き出したと資料にありました。そんなこんなで邦画でも洋画でもないような独特の世界観を放つ作品に仕上がっていて、すごく見応えがあります。オダギリジョーの今後の監督業にも一層期待が膨らむはずですよ。

デート向き映画判定
映画『ある船頭の話』柄本明/村上虹郎/笹野高史

心の動きはすごく丁寧に描かれていて、ドラマチックなのですが、見た目には静かに展開していくので、映画を観慣れていない人を誘うと、反応がちょっと読めないところがあります。派手な作品が好きな人を誘うには不向きだと思いますが、芸術に興味がある人ならいろいろ楽しめるポイントがあるので、相手の好みがわかっていて、気に入ってもらえそうだなと思えば、ぜひ誘ってみてください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ある船頭の話』村上虹郎

人間の心情を細かく丁寧に描いた作品で、キッズにはまだ観慣れない分野の作品だと思います。上映時間が137分と長めなこともあり、大人になってから観るほうがより共感しながら観られると思います。中学生以上なら物語についていけると思うし、近い年代のキャラクターも出てくるので、大人とは違った目線で楽しめる部分があると思います。良い意味で余計なセリフがない分、観る側に委ねられる部分が多いのが本作の魅力ですが、今観て感じるものをそのまま受け取って、また何年か経ってから観ると、また感じ方が変わりそうなので、そういう楽しみ方もアリだと思います。

映画『ある船頭の話』柄本明

『ある船頭の話』
2019年9月13日より全国公開
キノフィルムズ、木下グループ
公式サイト

© 2019「ある船頭の話」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ロード・オブ・カオス』ロリー・カルキン 俳優ファミリー特集Vol.1

この特集では親子、兄弟姉妹、親戚揃って活躍する俳優達をご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、シリーズ化して、随時お届けしようと思います。今回はその第1弾です。

映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ ビバリウム

「新居を探しに行ったらエライ目に遭ってもうた!」というストーリーで…

映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア バルトシュ・ビィエレニア

1992年5月15日ポーランド生まれ。2016年クラコフにある国立アカデミー・オブ・シアター・アーツを…

映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実

本作は、ベトナム戦争中の1966年4月11日に行われた救出作戦で、アメリカ空軍の落下傘救助隊の医療兵として60人以上の兵士達を救い戦死した、ウィリアム・H・ピッツェンバーガーについての実話…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア シーズン7』ジェシー・スペンサー ジェシー・スペンサー

1979年2月12日、オーストラリアのビクトリア州生まれ。主な出演作に、ドラマ…

映画『ラーヤと龍の王国』 ラーヤと龍の王国

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ…

Netflix映画『Mank/マンク』チャールズ・ダンス チャールズ・ダンス

1946年10月10日、イギリス生まれ。俳優で映画監督。これまで多くの作品に俳優として…

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン ここだけの話15:パートナーと収集のつかない喧嘩をした後、気持ちをどう整理する?

PodCast【トーキョー女子映画部ここだけの話】では、トーキョー女子映画部のマイソンが、記事には…

映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真 太陽は動かない

心臓に爆弾を埋め込まれ、任務から逃げられない運命にある主人公の奮闘を…

Nerflixドラマ『ザ・ポリティシャン』ベン・プラット ベン・プラット

1993年9月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。映画『ピッチ・パーフェクト』へ…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. 映画『ビバリウム』ジェシー・アイゼンバーグ/イモージェン・プーツ
    ビバリウム

  2. 映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』セバスチャン・スタン/ウィリアム・ハート
  3. 映画『ラーヤと龍の王国』
  4. 映画『太陽は動かない』藤原竜也/竹内涼真
  5. 映画『野球少女』イ・ジュヨン
    野球少女

  6. Netflixドラマ『エミリー、パリへ行く シーズン1』リリー・コリンズ
  7. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  8. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  9. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  10. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
PAGE TOP