REVIEW

ある船頭の話

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ある船頭の話』柄本明

今回監督だけでなく脚本も手掛けたオダギリジョーが本作の構想を得たのは10年前。中国、モンゴル、ブラジルの農村部やスラムでたくましく生きる人達の姿から着想を得て、本作のストーリーを綴っていったそうです。劇中には「役に立たないものは消えていく」というセリフも出てくるのですが、世の中が便利になり、合理的、資本的な社会になっていく中で淘汰されていくものがあるけれど、この世にあるものの存在価値ってそんなに簡単に計れるものだろうか、それは失っても良いものだろうかと考えさせられます。そんなテーマが、柄本明が演じる船頭というキャラクターに投影されていて、船頭と人々との交流を通して、観る側に問いを投げかけてきます。描かれる船頭の日常は一見静かで穏やかでゆっくり流れていて、前半は微笑ましいシーンも多いのですが、後半になるにつれ、胸騒ぎが止まらなくなります。年老いた船頭をいつも気遣う人々がいても、やっぱり船頭は孤独で、先行きが不安な状態。時代の変化についていけなくて自分ではどうしようもなく、ただそこに身を任せるしかない船頭の気持ちがすごくリアルに伝わってきて、これって誰もがいつか経験することなんだなと思うと、他人事には思えません。船頭含め、メインのキャラクター達の心情の動きがとても細かく丁寧に映し出されている点も本作の魅力で、グイグイとこの世界に引き込まれていきます。脇役もすごく豪華で、それぞれがちょこっと登場するだけなのにたくさんのスターが出ていて、オダギリジョーの人望の厚さを感じます。
そして、撮影監督をクリストファー・ドイル、衣装デザインをワダエミが務めている点も本作の見どころ。山深い人里離れた場所が舞台となっていて、船頭をはじめ、村の人達はとても素朴で着古した着物を身につけている一方で、キーパーソンとなるキャラクターの衣装は、その世界観に溶け込みながらも存在感と個性を放っていて、ワダエミが手掛ける衣装デザインのスゴさを実感します。また映画が始まってすぐに釘つけにさせられる映像の美しさは、さすがクリストファー・ドイル。オダギリジョーは本作の構想がありながらもしばらく寝かせておいたそうですが、『宵闇真珠』で主演した時に、同作品の監督を務めたクリストファー・ドイル(ジェニー・ジュンと共同監督)から、「お前が監督をする時は俺がカメラやるから、何でも言ってくれ」という言葉をかけられて、本作が本格的に動き出したと資料にありました。そんなこんなで邦画でも洋画でもないような独特の世界観を放つ作品に仕上がっていて、すごく見応えがあります。オダギリジョーの今後の監督業にも一層期待が膨らむはずですよ。

デート向き映画判定
映画『ある船頭の話』柄本明/村上虹郎/笹野高史

心の動きはすごく丁寧に描かれていて、ドラマチックなのですが、見た目には静かに展開していくので、映画を観慣れていない人を誘うと、反応がちょっと読めないところがあります。派手な作品が好きな人を誘うには不向きだと思いますが、芸術に興味がある人ならいろいろ楽しめるポイントがあるので、相手の好みがわかっていて、気に入ってもらえそうだなと思えば、ぜひ誘ってみてください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ある船頭の話』村上虹郎

人間の心情を細かく丁寧に描いた作品で、キッズにはまだ観慣れない分野の作品だと思います。上映時間が137分と長めなこともあり、大人になってから観るほうがより共感しながら観られると思います。中学生以上なら物語についていけると思うし、近い年代のキャラクターも出てくるので、大人とは違った目線で楽しめる部分があると思います。良い意味で余計なセリフがない分、観る側に委ねられる部分が多いのが本作の魅力ですが、今観て感じるものをそのまま受け取って、また何年か経ってから観ると、また感じ方が変わりそうなので、そういう楽しみ方もアリだと思います。

映画『ある船頭の話』柄本明

『ある船頭の話』
2019年9月13日より全国公開
キノフィルムズ、木下グループ
公式サイト

© 2019「ある船頭の話」製作委員会

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『アナと雪の女王2』 アナと雪の女王2

前半メチャメチャ笑いました。オラフはコメディ感全開で、クリストフの歌のシーンは…

映画『私の知らないわたしの素顔』ジュリエット・ビノシュ 『私の知らないわたしの素顔』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『私の知らないわたしの素顔』5組10名様 一般試写会ご招待

東京コミコン2019オープニングイベント:ジュード・ロウ、クリス・ヘムズワース、ルパート・グリント、ザッカリー・リーヴァイ、イアン・サマーホルダー、ダニエル・ローガン/浅野忠信(アンバサダー)/宇垣美里(メインMC、PR大使)/胸組光明実行委員長、伊藤信太郎実行委員特別顧問 東京コミコン2019に、クリス・ヘムズワース、ジュード・ロウほかスターが大集結!

2019年11月22日より開催の東京コミコン2019には、多くのスターが来日!会場の皆が登場はまだかまだかと待ちわびる中、まずはアンバサダーを務める浅野忠信が登壇すると…

映画『ハスラーズ』コンスタンス・ウー/ジェニファー・ロペス/ジュリア・スタイルズ/キキ・パーマー 『ハスラーズ』10組20名様 一般試写会ご招待

映画『ハスラーズ』10組20名様 一般試写会ご招待

映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』マッツ・ミケルセン マッツ・ミケルセン

1965年11月22日、デンマーク生まれ。1997年ニコラス・ウィンディング・レフン監督の『プッシャー』で映画デビュー。その後さまざまな映画に出演し…

東京コミコン2019 東京コミコン2019開幕!

2019年11月22日から24日に開催の東京コミコンにやってきました!オープニングイベントの前に…

映画『ドクター・スリープ』ユアン・マクレガー ドクター・スリープ

前作『シャイニング』を思い起こすと、「そりゃ、あんな惨劇があったら、トラウマになるわ」と納得がいくので、続編としての本作への流れも自然に感じます。とはいえ…

映画『ボーダー 二つの世界』エーロ・ミロノフ エーロ・ミロノフ

1980年5月1日、フィンランド生まれ。父方からドイツ、ロシア、スウェーデンの血をひく。2005年にヘルシンキの演劇アカデミーを卒業後、フィンランドで15作以上の長編映画に出演している。海外でも“Popular Music(英題)”…

外で横を向く女子高生AC ここだけの話9:女子のお悩み相談第3弾「人の顔色を伺ってしまい、自分の言いたいことが言えない」ほか

今回も、正式部員サイトで募集し、お寄せ頂いたお悩みの中から、いくつか選んで、毎回マイソンなりのお答えをさせて頂きます。

映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』オスカー・アイザック/オリヴィア・ワイルド ライフ・イットセルフ 未来に続く物語

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』のスタッフが手掛けているとあって、苦さ、切なさ、温かさの描き方が絶妙です。そして…

おすすめ記事

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』阿部サダヲ イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、国内40代&50代俳優 個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!個…

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』完成披露試写会舞台挨拶、竹野内豊 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 ルックス・セクシー部門編>

ついに国内俳優編ラストに突入!今回から国内40代&50代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている40代から50代(1960年以降、1979年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『アナと雪の女王2』
  2. 映画『ドクター・スリープ』ユアン・マクレガー
  3. 映画『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』オスカー・アイザック/オリヴィア・ワイルド
  4. 映画『MANRIKI』斎藤工
    MANRIKI

  5. 映画『HUMAN LOST 人間失格』
  6. 映画『草間彌生∞INFINITY』草間彌生
  7. 映画『ゾンビランド:ダブルタップ』ウディ・ハレルソン/ジェシー・アイゼンバーグ/エマ・ストーン/アビゲイル・ブレスリン
  8. 映画『決算!忠臣蔵』堤真一/岡村隆史
    決算!忠臣蔵

  9. 映画『殺さない彼と死なない彼女』間宮祥太朗/桜井日奈子
  10. 映画『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』アーユシュマーン・クラーナー/タブー

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP