イイ俳優セレクション

菅田将暉(すだ まさき)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『キネマの神様』菅田将暉

1993年2月21日大阪府生まれ。「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」のファイナリスト。2009年に『仮面ライダーW』でデビューし、シリーズ史上最年少ライダーとして一躍注目を集める。その後、連続TVドラマ小説『ごちそうさん』を始め多くのドラマに出演し、2013年に主演した映画『共喰い』が、ロカルノ国際映画祭コンペ部門に正式出品され、自身も日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞する。2014年『そこのみにて光輝く』では、高崎映画祭最優秀助演男優賞、日本映画批評家大賞助演男優賞など、国内の映画賞を多数受賞。その後多くのTVドラマ、映画に出演し活躍中。

イイ男セレクション/出演作

『仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』『仮面ライダー×仮面ライダー ダブル&ディケイドMOVIE大戦 2010』『仮面ライダーダブルFOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』『王様とボク』『共喰い』『男子高校生の日常』『陽だまりの彼女』『そこのみにて光輝く』『闇金ウシジマくん Part2』『海月姫』『暗殺教室』『明烏 あけがらす』『ピース オブ ケイク』『ピンクとグレー』『暗殺教室-卒業-』『星ガ丘ワンダーランド』『ディストラクション・ベイビーズ』『二重生活』『セトウツミ』『何者』『デスノート Light up the NEW world』『溺れるナイフ』『キセキ ーあの日のソビトー』『帝一の國』『銀魂』『あゝ、荒野 前篇』『あゝ、荒野 後篇』『火花』『となりの怪物くん』『銀魂2 掟は破るためにこそある』『生きてるだけで、愛。』『アルキメデスの大戦』『タロウのバカ』『』『浅田家!』『花束みたいな恋をした』『キャラクター』『キネマの神様』『CUBE 一度入ったら、最後』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

『共喰い』を観たときに、この子はすごい俳優になると感じ、それからずっと注目しています。ここ数年ですっかり大人っぽくなり、色気も出てきて、大胆なラブシーンなどにも挑み、期待通りの演技派に成長してくれました。
『セトウツミ』で披露した関西弁がすごく上手だったので出身地を調べたら、私の実家の近くでビックリ!日常を描く作品での自然な演技ほど難しいと聞きますが、本当に上手だなと思います。『何者』ではバンドマンとして熱唱するシーンがありますが、歌声もすごく良くて、毎度感心させられてばかり。『溺れるナイフ』の尖ったキャラクターも見事に演じていて、田舎っぺの中学生という設定ながら惚れてしまいそうでした(笑)。本当に引っ張りだこですが、役の幅を狭めずに若いうちはどんどんいろんな役に挑戦して欲しいし、世界でも活躍できると期待しています。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『キネマの神様』
2021年8月6日より全国公開

映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉/菅田将暉/永野芽郁/野田洋次郎/北川景子/寺島しのぶ/小林稔侍/宮本信子

『キャラクター』
2021年6月11日より全国公開

映画『キャラクター』菅田将暉/Fukase(SEKAI NO OWARI)/高畑充希/中村獅童/小栗旬

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『仮面ライダーダブルFOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』

『王様とボク』

『共喰い』

『男子高校生の日常』

『そこのみにて光輝く』

『海月姫』

『明烏 あけがらす』

『ピース オブ ケイク』

『ピンクとグレー』

『星ガ丘ワンダーランド』

『ディストラクション・ベイビーズ』

『二重生活』

『セトウツミ』

『何者』

『デスノート Light up the NEW world』

『溺れるナイフ』

『キセキ ーあの日のソビトー』

『帝一の國』

『銀魂』

『あゝ、荒野 前篇』

『あゝ、荒野 後篇』

『火花』

『となりの怪物くん』

『銀魂2 掟は破るためにこそある』

『生きてるだけで、愛。』

『アルキメデスの大戦』

『タロウのバカ』

『糸』

『花束みたいな恋をした』

©2012「王様とボク」製作委員会
©田中慎弥/集英社・2013『共喰い』製作委員会
©2013 山内泰延/スクウェアエニックス・映画『男子高校生の日常』製作委員会
©2014佐藤泰志/「そこのみにて光輝く」製作委員会
©2014映画『海月姫』製作委員会 ©東村アキコ/講談社
©2015「明烏」製作委員会
© 2016「ピンクとグレー」製作委員会
©2015「星ガ丘ワンダーランド」製作委員会
©2015『二重生活』フィルムパートナーズ
©此元和津也(別冊少年チャンピオン)2013  ©2016映画「セトウツミ」製作委員会
©2016映画「何者」製作委員会 ©2012 朝井リョウ/新潮社
©ジョージ朝倉/講談社 ©2016「溺れるナイフ」製作委員会
©2017「キセキ −あの日のソビト−」製作委員会
©2017フジテレビジョン 集英社 東宝 ©古屋兎丸/集英社
©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会
©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ
©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会
©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ
©2017「火花」製作委員会
©2018映画「となりの怪物くん」製作委員会 ©ろびこ/講談社
©空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2」製作委員会
©2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
© 2019「アルキメデスの大戦」製作委員会 © 三田紀房/講談社
© 2019映画「タロウのバカ」製作委員会
© 2020映画『糸』製作委員会
© 2021『花束みたいな恋をした』製作委員会
© 2021 映画「キャラクター」製作委員会
© 2021「キネマの神様」製作委員会

関連記事

from 2014/3/7

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン ブラックアダム

圧倒的な強さを誇るキャラクターなので、これはロック様…

東京コミコン2022:ヘイデン・クリステンセン ヘイデン・クリステンセン

1981年4月19日生まれ。カナダ国籍を持ち、父はカナダ人、母はイタリアとスウェーデンの血を引く。7歳の頃にスカウトされ…

映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ

19世紀末から20世紀にかけてイギリスで人気を博し、数々の猫の絵を発表した画家、ルイス・ウェインの人生を描いた本作。イギリスの上流階級に生まれ…

東京コミコン2022:マイケル・パレ、ヴァーノン・ウェルズ、カレン・ギラン、クリストファー・ロイド、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミド、ジェームズ・マカヴォイ、アンディ・サーキス、ダニエル・ローガン、ジョセフ・クイン、ジェイミー・キャンベル・バウアー、C・B・セブルスキ(マーベル・コミック編集長) 東京コミコン3年ぶりのリアル開催に、ジェームズ・マカヴォイ、ヘイデン・クリステンセンなど豪華スターが集結!

2022年11月25日から27日にかけて実施された東京コミコン2022には、豪華スターが一挙に集結!3年ぶりのリアル開催を大いに盛り上げてくれました。

映画『月の満ち欠け』有村架純 どこか怖いラブストーリー特集

素敵なラブロマンスが描かれているという観方もできつつ、観る角度によってはどこか怖さを感じるラブストーリー(もしくはラブストーリーの要素がある作品)をご紹介します。いろいろなパターンがあって、どれも構成がおもしろい作品です。

Netflix映画『グッド・ナース』ジェシカ・チャステイン/エディ・レッドメイン 映画と人の研究2:後味スッキリ派かモヤモヤ派か、鑑賞頻度で異なる?

観た後にスッキリする映画と、モヤモヤが残る映画ってありますよね。今回はその2つのタイプについて、鑑賞頻度によって好みが変わるのか調べてみました。

映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン シスター 夏のわかれ道

この物語は、主人公のアン・ラン(チャン・ツィフォン)がある日突然両親を交通事故で亡くすところから始まります…

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』レティーシャ・ライト レティーシャ・ライト

1993年10月31日生まれ。ガイアナ、ジョージタウン出身。10年以上のキャリアを持ち…

映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース 『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース 2名様プレゼント

映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース 2名様プレゼント

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.4 トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.4 

4回連載の本インタビューも今回で最終回です。全4回で竹崎社長が、表現が難しい事柄も含めて関係者に配慮しながらアニメ業界の内状を…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

REVIEW

  1. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  2. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  3. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  4. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
  5. 海外ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』モーフィッド・クラーク
  6. 映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル
  7. 映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』マリー・クワント
  8. 映画『魔法にかけられて2』エイミー・アダムス/マヤ・ルドルフ
  9. 映画『ある男』妻夫木聡/安藤サクラ/窪田正孝
    ある男

  10. Netflix映画『グッド・ナース』ジェシカ・チャステイン/エディ・レッドメイン

PRESENT

  1. 映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース
  2. 映画『かがみの孤城』
  3. 映画『フラッグ・デイ 父を想う日』ショーン・ペン
PAGE TOP