イイ俳優セレクション

松重豊(まつしげ ゆたか )

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ツユクサ』松重豊

1963年1月19日、福岡県生まれ。1986年、蜷川スタジオに入団。1992年、黒沢清監督作『地獄の警備員』で映画デビュー。以降、映画、舞台、ドラマ、CM、ナレーションと多方面で活躍。2007年『しゃべれども しゃべれども』で第62回毎日映画コンクール男優助演賞、2009年『ディア・ドクター』で第31回ヨコハマ映画祭助演男優賞を受賞。テレビドラマでは、『孤独のグルメ』シリーズ、『アンナチュラル』『パーフェクトワールド』、連続ドラマW『悪党〜加害者追跡調査〜』、大河ドラマ『いだてん~東京オリンピック噺~』などの話題作に出演。その他の主な映画出演作に『血と骨』『しゃべれども しゃべれども』『さよなら歌舞伎町』『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』『アウトレイジ 最終章』など多数ある。また、エフエム横浜“深夜の音楽食堂”でラジオパーソナリティも務める。

映画『余命10年』松重豊
『余命10年』
イイ男セレクション/出演作

『地獄の警備員』『青空に一番近い場所』『午後の遺言状』『闘牌伝アカギ』『友子の場合』『リング』『らせん』『ショムニ』『カリスマ』『アドレナリンドライブ』『ゴジラ2000 ミレニアム』『MONDAY』『どら平太』『ざわざわ下北沢』『ちんちろまい』『新・仁義なき戦い』『三文役者』『EUREKA』『サトラレ』『みんなのいえ』『けものがれ、俺らの猿と』『最悪』『RED SHADOW 赤影』『Go!』『修羅雪姫』『DRIVE』『刑務所の中』『T.R.Y.』『ドラゴンヘッド』『ロッカーズ ROCKERS』『着信アリ』『ふくろう』『Believer ビリーバー』『地球で最後のふたり』『血と骨』『レディ・ジョーカー』『極道の妻たち 情炎』『交渉人 真下正義』『いらっしゃいませ、患者さま。』『亀は意外と速く泳ぐ』『SHINOBI-HEART UNDER BLADE-』『キャッチボール屋』『シムソンズ』『チェケラッチョ!!』『東京フレンズ The Movie』『ラフ ROUGH』『太陽の傷』『愛の流刑地』『刺青 堕ちた女郎蜘蛛』『龍が如く 劇場版』『しゃべれども しゃべれども』『図鑑に載ってない虫』『親父』『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『転々』『クローズ ZERO』『やじきた道中 てれすこ』『Little DJ~小さな恋の物語』『スマイル 聖夜の奇跡』『茶々 天涯の貴妃』『石内尋常高等小学校 花は散れども』『K-20 怪人二十面相・伝』『クローズZERO II』『ディア・ドクター』『曲がれ!スプーン』『インスタント沼』『すべては海になる』『孤高のメス』『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』『探偵はBARにいる』『DOG×POLICE 純白の絆』『麒麟の翼 ~劇場版・新参者~』『アウトレイジ ビヨンド』『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』『俺俺』『野のなななのか』『MONSTERZ モンスターズ』『さよなら歌舞伎町』『マエストロ!』『深夜食堂』『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』『HERO』『星ガ丘ワンダーランド』『グッドモーニングショー』『続・深夜食堂』『ミュージアム』『アウトレイジ 最終章』『探偵はBARにいる3』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『のみとり侍』『検察側の罪人』『コーヒーが冷めないうちに』『引っ越し大名!』『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』『サヨナラまでの30分』『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』『』『罪の声』『日本独立』『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』『老後の資金がありません!』『余命10年』『ツユクサ』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

映画にドラマに、観ない日はないくらい、脇役として大活躍ですよね。映像界に欠かせない俳優さんです。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『ツユクサ』
2022年4月29日より全国公開

映画『ツユクサ』小林聡美/松重豊/平岩紙/斎藤汰鷹/江口のりこ

『余命10年』
2022年3月4日より全国公開

映画『余命10年』小松菜奈/坂口健太郎

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『地獄の警備員』

『リング』

『アドレナリンドライブ』

『新・仁義なき戦い。』

『みんなのいえ』

『RED SHADOW 赤影』

『血と骨』

『極道の妻たち 情炎』

『亀は意外と速く泳ぐ』

『しゃべれども しゃべれども』

『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』

『茶々 天涯の貴妃』

『ディア・ドクター』

『インスタント沼』

『探偵はBARにいる』

『アウトレイジ ビヨンド』

『MONSTERZ モンスターズ』

『さよなら歌舞伎町』

『深夜食堂』

『ソロモンの偽証 前篇・事件』

『HERO』

『ミュージアム』

『素敵なダイナマイトスキャンダル』

『のみとり侍』

『検察側の罪人』

『コーヒーが冷めないうちに』

『生きてるだけで、愛。』

『引っ越し大名!』

『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』

『サヨナラまでの30分』

『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』

『糸』

『罪の声』

『日本独立』

©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会
©2018「のみとり侍」製作委員会
© 2018 TOHO/JStorm
©2018「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会
©2019「引っ越し大名!」製作委員会
© 2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会
©2020『サヨナラまでの30分』製作委員会
©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ
© 2020 映画「罪の声」製作委員会
©2020「日本独立」製作委員会
© 2022映画「余命10年」製作委員会
©2022「ツユクサ」製作委員会

関連記事

from 2018/3/13

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  2. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  3. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  4. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  5. 映画『ストリートダンサー』

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP