REVIEW

空に住む

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『空に住む』多部未華子

タイトルになっている“空に住む”という言葉が、観ていくうちにいろいろな意味を持ってきます。主人公の直実(多部未華子)は、突然両親を亡くし、愛猫を連れて、叔父が所有するタワーマンションの一室に引っ越してきます。39階の自室からは都会の景色が一望でき、まさに空に住んでいる感覚。ここで心機一転して、元気を取り戻したい直実ですが、なかなか簡単にはいきません。そんななか、直実はマンションのエレベーターで偶然にも人気俳優の時戸(岩田剛典)に会い、不思議な関係になっていきます。ここからは映画で観て頂くとして、印象的だったのはまずカメラワーク。今直実がどんな人に会ったのか、誰を見てるのか気になるような、すぐに相手が誰かを見せない撮り方で、直実の人見知りな部分と、一方で好奇心が強い部分を表現しているかのようです。また、直実のセリフと時戸のセリフがとても哲学的で、まったく正反対に見えて、2人とも“空の住人”であることが伝わってきます。

ここからは、映画についての個人的な解釈を述べるので、何も知りたくない方は観終わってから読んでください。

これはあくまで私の解釈ですが、“空に住む”の意味はキャラクターによって違っていて、居場所がない、空虚である、自分という存在が掴めずフワフワしている、世の中を俯瞰している…などさまざまです。また、虚構の中にある真実を見出そうとする者もいれば、真実に気付いていながら虚構の世界にまみれて苦しむ者もいて、さまざまなキャラクターを通して、その対比が描かれている点も見どころとなっています。でも、一見それぞれに違ったキャラクターでありながら、誰もが持っている感情や心理を映し出している点では、どのキャラクターにも共感できるはずです。多部未華子、岩田剛典、岸井ゆきのなど、実力派俳優の名演にも注目しながらお楽しみください。

デート向き映画判定
映画『空に住む』多部未華子/岩田剛典

ロマンチックなシーンはありつつ、複雑な人間関係を描いているので、一緒に観てムードが盛り上がるかどうかは読めません(笑)。ただ、恋愛関係にフォーカスしたストーリーというよりも、広い意味での人間関係について哲学が語られるシーンがあり、それを戯言と捉えるか、深いと捉えるかによって、2人の価値観、相性が見えてくるかもしれません。会話劇としても魅力的な作品なので、知的な部分での相性も測れるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『空に住む』多部未華子/岸井ゆきの

見た目にわかりやすく派手な展開があるわけではなく、日常を淡々と描いているので、キッズにはまだピンとこないかもしれません。ティーンは、直実の心情を感覚的にわかる人がいそうな気がします。寂しい思いを散々してきて、自分の気持ちを抑えることに慣れてしまい、感情をどこで出して良いのかわからない。そんな人は特に主人公に共感できると思います。不器用な主人公の奮闘を観ると、少し元気がもらえるはずです。

映画『空に住む』多部未華子

『空に住む』
2020年10月23日より全国公開
アスミック・エース
公式サイト

© 2020 HIGH BROW CINEMA

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子 ミセス・ノイズィ

早朝から布団をバンバン叩くお隣さん。これは厄介な人に違いない…

映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ バクラウ 地図から消された村

伝統を重んじ、村独自の文化を保ちながら人々が暮らすバクラウ。最初は…

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『ビューティフルドリーマー』升毅 升毅(ます たけし)

1955年12月9日東京都生まれ。近畿大学経済学部卒業。1976年…

映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン 君の誕生日

ソル・ギョングとチョン・ドヨンが共演ということで、これは観ないわけにはいきません!結論から…

映画『ホテルローヤル』稲葉友 稲葉友(いなば ゆう)

1993年1月12日生まれ、神奈川県出身。2009年、第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで…

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『佐々木、イン、マイマイン』藤原季節/細川岳/遊屋慎太郎/森優作 佐々木、イン、マイマイン

目指すものがあったらあったで、そこに近づけない自分に…

映画『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』本多力 本多力(ほんだ ちから)

1979年6月12日生まれ、京都府出身。1999年、第2回公演よりヨーロッパ企画に…

映画『ばるぼら』稲垣吾郎/二階堂ふみ ばるぼら

本作は、1973年から1974年にかけて「ビッグコミック」で連載された、手塚治虫による大人向け漫画「ばるぼら」を…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 信じる力と挑戦する勇気をくれる『映画 えんとつ町のプペル』を全力で応援しよう部活参加者募集!

コロナ禍が続く状況が映画界にとっても試練となっていますが、そんななか劇場公開に踏み切った本作の挑戦を、ぜひ映画好きの皆さんに応援していただきたく、この度部活を企画しました。

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『オフィシャル・シークレット』マット・スミス/マシュー・グード ジャーナリズムの意義を問う映画特集

現代は情報に溢れており、不確かなニュースを判別することも難しくなってきました。でも、誰も正しい情報を伝えようとする努力をしなくなった時、世界はどうなって…

【恋のまち パリvsニューヨーク】特集イメージ:エッフェル塔&自由の女神 【恋のまち パリvsニューヨーク】特集

多くの恋愛映画の舞台となっているパリとニューヨーク。今回はそれぞれが舞台となっている恋愛映画の中で、どの作品が好きか投票を行い、ランキングと総合結果を出しました。パリvsニューヨークの結果はいかに!?

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

REVIEW

  1. 映画『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子
  2. 映画『バクラウ 地図から消された村』ソニア・ブラガ
  3. 映画『君の誕生日』ソル・ギョング/チョン・ドヨン
    君の誕生日

  4. 映画『佐々木、イン、マイマイン』藤原季節/細川岳/遊屋慎太郎/森優作
  5. 映画『ばるぼら』稲垣吾郎/二階堂ふみ
    ばるぼら

  6. 映画『エイブのキッチンストーリー』ノア・シュナップ
  7. 映画『滑走路』水川あさみ/浅香航大/寄川歌太
    滑走路

  8. 映画『おろかもの』笠松七海/村田唯
    おろかもの

  9. 映画『家なき子 希望の歌声』ダニエル・オートゥイユ/マロム・パキン
  10. 映画『フード・ラック!食運』EXILE NAOTO/土屋太鳳
PAGE TOP