REVIEW

空に住む

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『空に住む』多部未華子

タイトルになっている“空に住む”という言葉が、観ていくうちにいろいろな意味を持ってきます。主人公の直実(多部未華子)は、突然両親を亡くし、愛猫を連れて、叔父が所有するタワーマンションの一室に引っ越してきます。39階の自室からは都会の景色が一望でき、まさに空に住んでいる感覚。ここで心機一転して、元気を取り戻したい直実ですが、なかなか簡単にはいきません。そんななか、直実はマンションのエレベーターで偶然にも人気俳優の時戸(岩田剛典)に会い、不思議な関係になっていきます。ここからは映画で観て頂くとして、印象的だったのはまずカメラワーク。今直実がどんな人に会ったのか、誰を見てるのか気になるような、すぐに相手が誰かを見せない撮り方で、直実の人見知りな部分と、一方で好奇心が強い部分を表現しているかのようです。また、直実のセリフと時戸のセリフがとても哲学的で、まったく正反対に見えて、2人とも“空の住人”であることが伝わってきます。

ここからは、映画についての個人的な解釈を述べるので、何も知りたくない方は観終わってから読んでください。

これはあくまで私の解釈ですが、“空に住む”の意味はキャラクターによって違っていて、居場所がない、空虚である、自分という存在が掴めずフワフワしている、世の中を俯瞰している…などさまざまです。また、虚構の中にある真実を見出そうとする者もいれば、真実に気付いていながら虚構の世界にまみれて苦しむ者もいて、さまざまなキャラクターを通して、その対比が描かれている点も見どころとなっています。でも、一見それぞれに違ったキャラクターでありながら、誰もが持っている感情や心理を映し出している点では、どのキャラクターにも共感できるはずです。多部未華子、岩田剛典、岸井ゆきのなど、実力派俳優の名演にも注目しながらお楽しみください。

デート向き映画判定
映画『空に住む』多部未華子/岩田剛典

ロマンチックなシーンはありつつ、複雑な人間関係を描いているので、一緒に観てムードが盛り上がるかどうかは読めません(笑)。ただ、恋愛関係にフォーカスしたストーリーというよりも、広い意味での人間関係について哲学が語られるシーンがあり、それを戯言と捉えるか、深いと捉えるかによって、2人の価値観、相性が見えてくるかもしれません。会話劇としても魅力的な作品なので、知的な部分での相性も測れるのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『空に住む』多部未華子/岸井ゆきの

見た目にわかりやすく派手な展開があるわけではなく、日常を淡々と描いているので、キッズにはまだピンとこないかもしれません。ティーンは、直実の心情を感覚的にわかる人がいそうな気がします。寂しい思いを散々してきて、自分の気持ちを抑えることに慣れてしまい、感情をどこで出して良いのかわからない。そんな人は特に主人公に共感できると思います。不器用な主人公の奮闘を観ると、少し元気がもらえるはずです。

映画『空に住む』多部未華子

『空に住む』
2020年10月23日より全国公開
アスミック・エース
公式サイト

© 2020 HIGH BROW CINEMA

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  2. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  3. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  4. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  5. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP