特集

洋画選択時・邦画選択時の「好きな監督作か」参考度の比較【映画研究】映画人心解剖7

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『TAR/ター』ケイト・ブランシェット

前々回前回では、洋画を選ぶ際、邦画を選ぶ際、それぞれで下記を比較しました。
●比較A:「好きな監督」or「人気監督」の参考度の違い(被験者内)
●比較B:「洋画ファン」「邦画ファン」「どちらも同じくらい好き」というグループ別(被験者間)

今回は、「好きな監督」を参考にする度合いについて、
●比較B:「洋画ファン」「邦画ファン」「どちらも同じくらい好き(両方好き)」というグループ別(被験者間)
●比較C:洋画を選ぶ際、邦画を選ぶ際(被験者内)
を分析します。

※説明が専門的になってしまう部分がありますので、ざっくりとした結果が知りたい方は、1番下の「まとめ」をご覧ください。

データ:映画研究2:洋画と邦画の作品選びの傾向アンケート
回答期間:2022/11/28 12:00〜2023/01/15 23:59
回答数:10代を含む430名の女性

映画と人の研究5:洋画ファン・邦画ファンによる洋画選択基準の違い「監督編」

上記のグラフは前回と同じものを載せておきます。下記からが今回の分析です。

<方法>
アンケートの中で下記の問いに対して、5択で答えていただきました。

Q:観る洋画を選ぶ際に、自分が好きな監督が手掛けているかどうかはどれくらい参考にしますか?
Q:観る邦画を選ぶ際に、自分が好きな監督が手掛けているかどうかはどれくらい参考にしますか?

0:まったく参考にしない
1:あまり参考にしない
2:どちらともいえない
3:まあまあ参考にする
4:とても参考にする

上記の平均値をもとに、2要因分散分析(混合計画)を行いました。
※帰無仮説の有意水準:0.05(=5%)
※Figure3は、Table9を折れ線グラフにしたものです。
※Table10、11は、統計的(確率論的)に意味のある差、つまりこのデータに限り偶然的に出た差ではなく、統計上、一般化しても同じことがいえるかどうかを検定した結果です。
※「自分が好きな監督が手掛けているかどうか」→「好きな監督」、「一般的に人気の監督が手掛けているかどうか」→「人気監督」と略します。
※「どちらも同じくらい好き」→「両方好き」と略します。
※JASPを使った分析。

洋画を好む度合いについて、「洋画ファン」>「両方好き」>「邦画ファン」という解釈をもとに以下を述べていきます。
邦画を好む度合いについて、「邦画ファン」>「両方好き」>「洋画ファン」という解釈をもとに以下を述べていきます。

映画と人の研究7:洋画選択時・邦画選択時の「好きな監督作か」参考度の比較
映画と人の研究7:洋画選択時・邦画選択時の「好きな監督作か」参考度の比較

Table9は、上記の5択で付けたポイントの平均値と標準偏差です。これを折れ線グラフにしたのが、Figure3です。「両方好き」は、洋画選択時も邦画選択時も「好きな監督」の作品かどうかを同じくらい参考にする傾向がうかがえます。

一方、洋画ファンは洋画選択時には「好きな監督」の作品かどうか参考にする度合いが高くなっています。邦画ファンも邦画選択時は「好きな監督」の作品かどうか参考にする度合いが高くなっています。つまり、洋画ファン、邦画ファンいずれも、好きなカテゴリーの映画を選ぶ際には「好きな監督」の作品かどうか参考にする度合いが高いといえます。

この背景には、好きなカテゴリーの作品なので、好きな監督がいる可能性が高いことが考えられます。

映画『銀河鉄道の父』役所広司/菅田将暉

それでは、洋画ファンが邦画を選ぶ際、邦画ファンが洋画を選ぶ際はどうでしょう。どちらも「好きな監督」の作品かどうかを参考にする度合いは低くなっています。好きなカテゴリーではないので、好きな監督を参考しているかどうか以前に、作品自体を観る機会が少ないことが考えられます。もし観ていたとしても、好きな監督ができるほどではない可能性もあります。この点は別途調べてみる余地があります。

上記はFigure3を見るとよくわかります。交差している部分は交互作用があることを示しています。交互作用とは、2つの条件が揃った時に表れる効果です。ここでは、「洋画選択時・邦画選択時」と「洋画ファンかか邦画ファンか」の2つの条件が揃った時に効果が生じるということになります。下記のTable10を見ても、交互作用のp値が<.001で有意となっています。

映画と人の研究7:洋画選択時・邦画選択時の「好きな監督作か」参考度の比較
映画と人の研究7:洋画選択時・邦画選択時の「好きな監督作か」参考度の比較

Table11を見ると、「洋画ファン」「邦画ファン」で単純主効果が有意になっています(いずれもp値 <.001)。「洋画ファン」「邦画ファン」に関しては交互作用が見られるということです。

好きなカテゴリーの作品を選ぶ際、好きではないカテゴリーの作品を選ぶ際、いずれにしても洋画ファンのほうが邦画ファンよりも、「好きな監督」について参考にしている度合いは高くなっています。この点は映画鑑賞態度の違いなのかもしれません。別の機会にさらなる調査、分析をしたいと思います。

まとめ

  • 洋画も邦画も「両方好き」な人は、洋画選択時、邦画選択時で「好きな監督」の作品かどうかを参考にする度合いは同じ程度である。
  • 洋画ファンも邦画ファンも好きなカテゴリーの映画(洋画ファンは洋画、邦画ファンは邦画)を選ぶ際は、「好きな監督」の作品かどうかを参考にする度合いが高い。
  • 洋画ファンも邦画ファンも好きではないカテゴリーの映画(洋画ファンは邦画、邦画ファンは洋画)を選ぶ際は、「好きな監督」の作品かどうかを参考にする度合いが低い。この背景にある要因については改めて調査、分析が必要である。
  • 好きなカテゴリーの作品を選ぶ際、好きではないカテゴリーの作品を選ぶ際、いずれにしても洋画ファンのほうが邦画ファンよりも、「好きな監督」について参考にしている度合いが高い。この点も別途調査、分析の余地がある。

次回は、「人気監督」を参考にする度合いについて、
●比較B:「洋画ファン」「邦画ファン」「両方好き」というグループ別(被験者間)
●比較C:洋画を選ぶ際、邦画を選ぶ際(被験者内)
を分析します。

注目の監督作品

映画『TAR/ター』ケイト・ブランシェット

『TAR/ター』
2023年5月12日より全国公開
トッド・フィールド監督作
ギャガ
公式サイト  REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『銀河鉄道の父』役所広司/菅田将暉/森七菜/豊田裕大/坂井真紀/田中泯

『銀河鉄道の父』
2023年5月5日より全国公開
成島出監督作
キノフィルムズ
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2022 FOCUS FEATURES LLC.
©2022「銀河鉄道の父」製作委員会

TEXT & ANALYSIS by Myson(武内三穂)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP