NEWS

​ダニエル・クレイグ、ラミ・マレックら豪華キャスト&スタッフに加え、英国ロイヤルファミリーも来場!『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、ダニエル・クレイグ、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、キャリー・フクナガ監督

全世界待望“007”シリーズ25作目、前作『007 スペクター』から6年の時を経てシリーズ最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。度重なる公開延期の末、10月1日より日本公開となります。そしてこのたび、公開に先駆けイギリス、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにてワールドプレミアが開催されました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、ダニエル・クレイグ、レア・セドゥ、ラミ・マレック、キャリー・フクナガ監督

当日は、本作でジェームズ・ボンド役が最後となる主演のダニエル・クレイグはもちろん、最凶の敵サフィン役のラミ・マレック、ボンドの恋人マドレーヌ役のレア・セドゥ、ボンドの相棒となるキューバの工作員アナ・デ・アルマス、00エージェントのラシャーナ・リンチ、Q役のベン・ウィショー、マネーペニー役のナオミ・ハリスら本作のキャストが豪華勢揃いしました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、キャリー・フクナガ監督、ラミ・マレック、ビリー・アイリッシュ、フィニアス・オコネル、ドナ・ラングレー

そして、シリーズ史上初の米国人監督であるキャリー・ジョージ・フクナガ監督、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン、さらに主題歌の“No Time To Die”でグラミー賞最優秀映像作品楽曲賞を受賞したビリー・アイリッシュと兄のフィニアス、音楽担当のハンス・ジマーもレッドカーペットに登場。さらに、“007”のワールドプレミア恒例の英国ロイヤルゲストとして、チャールズ皇太子とカミラ夫人、ウィリアム王子とキャサリン妃も来場しました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、ダニエル・クレイグ

度重なる公開延期を経て、いよいよダニエル・クレイグ版ボンドの集大成である本作が公開されることについて、ダニエル・クレイグは「僕達は映画を観る観客のために映画を作るわけで、それこそが僕たちがボンド映画を作る理由なんだ。幅が30フィート(=9.1メートル)のビッグスクリーンで観てもらいたいね。一同が待ったわけだが、待ったのは幸いだった。もちろんコロナ禍でさまざまなことが止まってしまったので、もし他の形で公開になったならそれは仕方のないことだったが、 この日を迎えられたことに本当にホッとしているよ」とコメント。また、コロナ禍において世界的にも久々の華やかなイベントが開催されたことについて「刺激が強すぎる(笑)。でも素晴らしいよ。ここまで来られたことにとても興奮している。僕はただ皆さんにこの映画を観てもらえるのが待ちきれないだけだ」と興奮を語り、日本で公開を心待ちにしているファンへ「日本のファンの皆さん、日本に行けないのが残念だ。日本はこの地球上で僕が最も好きなところの1つなんだ。(日本語で)アリガトウゴザイマス!また近いうちに会えることを祈っているよ」とコメントを寄せました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、レア・セドゥ、アナ・デ・アルマス

本作のメガホンをとったキャリー・ジョージ・フクナガ監督は「祝う時が来たと感じるね。大いに安堵しているし、とにかくいい気分だよ」と話しました。実は監督は日本の札幌に半年間住んでいたこともあり、「ぜひまた日本に行きたいよ。日本に行くというのはプレスツアーの中でも最も好きなことなんだ」と明かし、日本のファンに向けて「ボンド映画を楽しみにしていらっしゃる日本の皆さん、本作を楽しんでくださることを心から願っています。近いうちに会えますように」とメッセージを贈りました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、キャリー・フクナガ監督

そして、ボンドにいつも振り回されながらも健気に支え、ボンドに秘密兵器を与えるQ役のベン・ウィショーは「日本の皆さん、こんにちは!2年も経った後、ついにこの映画を皆さんに観てもらえる機会が訪れたと言えることが嬉しい。気に入ってもらえることを祈っているよ。そしてビッグスクリーンでぜひ観てもらいたい。この映画はそのために作られたのだから。ありがとう」と語りました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、ベン・ウィショー

“007”シリーズに欠かすことのできないプロデューサーのバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンの2人は「私達がここロンドンにいるというのは、とても重要なことです。かれこれ60年前にボンドが始まったのはこの地だからです。本作はダニエルの最後の作品ですから、彼とのお別れを良い形でお祝いしたいと思います」とコメント。続けて「本作を劇場で観てもらえるようにと、我々は2年間ずっと待ち続けたんです。映画館で観るべき映画で、そのようにプロデュースしてきました。監督であるキャリーをはじめ、本作に携わった一同は、映画館で観ることを念頭に置いて作ったのです。ですから観客の皆さんにぜひ映画館でご覧いただきたいと思います」と話し、コロナ禍の中でようやく映画が公開されることについて、「ダニエル・クレイグはもちろん、このパンデミックを乗り切るために尽力された前線で働く医療従事者の皆さんも称えたいと思います。この困難な時に私達の安全を守るために努めてこられた世界中の人々に敬意を表します」と、世界中の人々に賛辞を贈りました。最後に日本のファンに向けて「日本に行くことができないのが残念です。日本に行くことは毎回素晴らしい体験で、皆さんに歓迎していただきました。ボンド映画を愛してくださっているのを知っているので、いつも喜んで訪れています。また別の機会にお会いしましょう。ありがとう」と温かいメッセージを寄せました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、ロイヤルファミリー

ゲスト達は、フォトセッションやメディアへのインタビュー、ファンとの交流、ステージでのインタビューなどに応じた後に会場へと移動。カーペット上が静かで厳かな雰囲気となるとウィリアム王子とキャサリン妃が登場しました!その後、チャールズ皇太子とカミラ夫人も登場し、プロデューサーらがエスコートし、兵隊が左右に並ぶ中会場へと移りました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、ダニエル・クレイグ、ウィリアム王子

幾度となく公開延期を乗り越え、ついに公開となるダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの集大成にふさわしい豪華なワールドプレミアとなりました。本作はいよいよ10月1日より公開!ぜひ劇場の大きなスクリーンでダニエル版ボンドの雄姿を観届けましょう。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ/ナオミ・ハリス/レア・セドゥ/ベン・ウィショー/アナ・デ・アルマス/ラミ・マレック

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
2021年10月1日より全国公開
東宝東和
公式サイト

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『M3GAN/ミーガン』ヴァイオレット・マッグロウ 人知を越えたオトモダチ特集

AI技術はますます私達の身近なものになってきました。一方、映画の中の世界では何年も前からAI技術やロボットの功罪が描かれてきています。そこで今回はAIやロボット系の映画を集めてみました。

映画『マルセル 靴をはいた小さな貝』 『マルセル 靴をはいた小さな貝』一般試写会 5名様ご招待

映画『マルセル 靴をはいた小さな貝』一般試写会 5名様ご招待

海外ドラマ『パワー』トニ・コレット/アウリイ・クラヴァーリョ/ズリンカ・ツヴィテシッチ パワー

このドラマはナオミ・オルダーマンの小説を映像化したものです。物語の舞台は、ロンドン、シアトル、ナイ…

映画『Rodeo ロデオ』ジュリー・ルドリュー Rodeo ロデオ

主人公のジュリアは、バイクをこよなく愛しています。彼女は…

映画『パリ13区』ノエミ・メルラン ノエミ・メルラン

1988年11月27日フランス、パリ生まれ。モデルとしてキャリアをスタートし…

劇場版『美少女戦士セーラームーンCosmos』《後編》イベント情報 劇場版『美少女戦士セーラームーンCosmos』《後編》ゲスト登壇、完成披露イベント 10組20名様ご招待

劇場版『美少女戦士セーラームーンCosmos』《後編》ゲスト登壇、完成披露イベント 10組20名様ご招待

映画『スパイスより愛を込めて。』中川翼さんインタビュー 『スパイスより愛を込めて。』中川翼さんインタビュー

「この世からスパイスが消えてしまい、カレーが貴重なものになって…

映画『ウーマン・トーキング 私たちの選択』ルーニー・マーラ/クレア・フォイ/ジェシー・バックリーほか ウーマン・トーキング 私たちの選択

女性が男性から暴行を受け、身を守らなくてはいけない状況に置かれた時…

映画『苦い涙』ドゥニ・メノーシェ/ハリル・ガルビア 苦い涙

劇作家、映画監督として20世紀後半に活躍し、37歳の若さで他界したライナー・ヴェルナー・ファスビン…

映画『聖闘士星矢 The Beginning』ジャパンプレミア、ファムケ・ヤンセン ファムケ・ヤンセン

1964年11月5日オランダ生まれ。『007/ゴールデンアイ』(1995)のボンドガール…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

おすすめ記事

映画『007 スカイフォール』ダニエル・クレイグ 映画好きが選んだ【実写カーアクション】ランキング

今回は実写のカーアクション(四輪車メイン)作品を集めました。候補作品は編集部が独断で選抜し、正式部員の皆さんの投票によるランキングを作りました。カッコ良いカーアクションが観られる作品が揃うなか、どの作品が1位に輝いたのでしょうか?

映画『君の膵臓をたべたい』浜辺美波/北村匠海 映画好きが選んだ【学園ものランキング〜邦画ラブストーリー編】

今回は邦画の学園ものからラブストーリーを集めました。候補作品は編集部が独断で選抜し、正式部員の皆さんの投票によるランキングを作りました。ぜひお気に入りを探して、キュンキュンしましょう!

海外ドラマ『Dr.HOUSE シーズン1』ヒュー・ローリー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター 医療ドラマ編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第7弾は、“海外ドラマのキャラクター:医療ドラマ編”です。もし1日だけ医療ドラマに登場するキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回はどんなキャラクターが挙がったのでしょうか?

AXN海外ドラマ『刑事カレン・ピリー 再捜査ファイル』ローレン・ライリー 女性という理由で仕事に抜擢された女性刑事は上司や世の中を見返すことができるのか?『刑事カレン・ピリー 再捜査ファイル』への期待

25年もの間、捜査が滞っていた未解決の殺人事件を任された、若き女性刑事カレン・ピリーの活躍を描く『刑事カレン・ピリー 再捜査ファイル』は全3話で構成される英国ミステリーです。この度、本作を独占放送するAXNミステリーさんが…

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ 映画好きが選んだ2022洋画ベスト

正式部員の皆さんに2022年の洋画ベストを選んでいただきました。候補作品は2022年に劇場公開or配信された洋画(ドキュメンタリー以外の実写)の中から編集部が独断で選抜しました。前回の「2022邦画ベスト」に続き、洋画ではどの作品が上位にランクインしたのでしょうか?

映画『キングダム2 遥かなる大地へ』山﨑賢人 映画好きが選んだ2022邦画ベスト

昨年に続き正式部員の皆さんに2022年の邦画ベストを選んでいただきました。候補作品は2022年に劇…

映画『恋とニュースのつくり方』レイチェル・マクアダムス 新年にやる気がわくサクセスストーリー特集

今回は、新年にやる気がわくサクセスストーリーのオススメ作品を正式部員の皆さんから募りました。素敵なサクセスストーリーを観て、やる気をアップしましょう!

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トーキョー女子映画部が選ぶ 2022年ベスト10

年末恒例の本企画は、今回から作品はBEST10に変更、俳優はMVPとして1名選出することにしましたマイソンとシャミがそれぞれ選んだ作品を、ぜひ冬休みにご覧ください。

映画『ドリーム・ホース』トニ・コレット 十数億円を稼ぐ名馬を逃す!?リアル一口馬主が語る醍醐味&新人騎手『ドリーム・ホース』に感動のコメント!!

実は日本でもジャンのように馬主になれるってご存じでしたか?今回は『ドリーム・ホース』をリアル体験中ともいえる…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』メイキング、ジェームズ・キャメロン監督、サム・ワーシントン 映画好きが選んだジェームズ・キャメロン監督人気作品ランキング

『ターミネーター』『タイタニック』『アバター』など、数々の名作を手掛てきたジェームズ・キャメロン。今回は、これまでジェームズ・キャメロンが監督を務めた作品で、どの作品が好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『M3GAN/ミーガン』ヴァイオレット・マッグロウ
  2. 海外ドラマ『パワー』トニ・コレット/アウリイ・クラヴァーリョ/ズリンカ・ツヴィテシッチ
    パワー

  3. 映画『Rodeo ロデオ』ジュリー・ルドリュー
    Rodeo ロデオ

  4. 映画『ウーマン・トーキング 私たちの選択』ルーニー・マーラ/クレア・フォイ/ジェシー・バックリーほか
  5. 映画『苦い涙』ドゥニ・メノーシェ/ハリル・ガルビア
    苦い涙

  6. 映画『渇水』生田斗真
    渇水

  7. 映画『怪物』安藤サクラ/黒川想矢
    怪物

  8. 映画『波紋』筒井真理子
    波紋

  9. 映画『クリード 過去の逆襲』マイケル・B・ジョーダン/ジョナサン・メジャース
  10. 映画『雄獅少年/ライオン少年』

PRESENT

  1. 映画『マルセル 靴をはいた小さな貝』
  2. 劇場版『美少女戦士セーラームーンCosmos』《後編》イベント情報
  3. 映画『愛のこむらがえり』磯山さやか/吉橋航也
PAGE TOP