NEWS

​ダニエル・クレイグ、ラミ・マレックら豪華キャスト&スタッフに加え、英国ロイヤルファミリーも来場!『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、ダニエル・クレイグ、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、キャリー・フクナガ監督

全世界待望“007”シリーズ25作目、前作『007 スペクター』から6年の時を経てシリーズ最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。度重なる公開延期の末、10月1日より日本公開となります。そしてこのたび、公開に先駆けイギリス、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにてワールドプレミアが開催されました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、ダニエル・クレイグ、レア・セドゥ、ラミ・マレック、キャリー・フクナガ監督

当日は、本作でジェームズ・ボンド役が最後となる主演のダニエル・クレイグはもちろん、最凶の敵サフィン役のラミ・マレック、ボンドの恋人マドレーヌ役のレア・セドゥ、ボンドの相棒となるキューバの工作員アナ・デ・アルマス、00エージェントのラシャーナ・リンチ、Q役のベン・ウィショー、マネーペニー役のナオミ・ハリスら本作のキャストが豪華勢揃いしました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、キャリー・フクナガ監督、ラミ・マレック、ビリー・アイリッシュ、フィニアス・オコネル、ドナ・ラングレー

そして、シリーズ史上初の米国人監督であるキャリー・ジョージ・フクナガ監督、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン、さらに主題歌の“No Time To Die”でグラミー賞最優秀映像作品楽曲賞を受賞したビリー・アイリッシュと兄のフィニアス、音楽担当のハンス・ジマーもレッドカーペットに登場。さらに、“007”のワールドプレミア恒例の英国ロイヤルゲストとして、チャールズ皇太子とカミラ夫人、ウィリアム王子とキャサリン妃も来場しました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、ダニエル・クレイグ

度重なる公開延期を経て、いよいよダニエル・クレイグ版ボンドの集大成である本作が公開されることについて、ダニエル・クレイグは「僕達は映画を観る観客のために映画を作るわけで、それこそが僕たちがボンド映画を作る理由なんだ。幅が30フィート(=9.1メートル)のビッグスクリーンで観てもらいたいね。一同が待ったわけだが、待ったのは幸いだった。もちろんコロナ禍でさまざまなことが止まってしまったので、もし他の形で公開になったならそれは仕方のないことだったが、 この日を迎えられたことに本当にホッとしているよ」とコメント。また、コロナ禍において世界的にも久々の華やかなイベントが開催されたことについて「刺激が強すぎる(笑)。でも素晴らしいよ。ここまで来られたことにとても興奮している。僕はただ皆さんにこの映画を観てもらえるのが待ちきれないだけだ」と興奮を語り、日本で公開を心待ちにしているファンへ「日本のファンの皆さん、日本に行けないのが残念だ。日本はこの地球上で僕が最も好きなところの1つなんだ。(日本語で)アリガトウゴザイマス!また近いうちに会えることを祈っているよ」とコメントを寄せました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、レア・セドゥ、アナ・デ・アルマス

本作のメガホンをとったキャリー・ジョージ・フクナガ監督は「祝う時が来たと感じるね。大いに安堵しているし、とにかくいい気分だよ」と話しました。実は監督は日本の札幌に半年間住んでいたこともあり、「ぜひまた日本に行きたいよ。日本に行くというのはプレスツアーの中でも最も好きなことなんだ」と明かし、日本のファンに向けて「ボンド映画を楽しみにしていらっしゃる日本の皆さん、本作を楽しんでくださることを心から願っています。近いうちに会えますように」とメッセージを贈りました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、キャリー・フクナガ監督

そして、ボンドにいつも振り回されながらも健気に支え、ボンドに秘密兵器を与えるQ役のベン・ウィショーは「日本の皆さん、こんにちは!2年も経った後、ついにこの映画を皆さんに観てもらえる機会が訪れたと言えることが嬉しい。気に入ってもらえることを祈っているよ。そしてビッグスクリーンでぜひ観てもらいたい。この映画はそのために作られたのだから。ありがとう」と語りました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、ベン・ウィショー

“007”シリーズに欠かすことのできないプロデューサーのバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンの2人は「私達がここロンドンにいるというのは、とても重要なことです。かれこれ60年前にボンドが始まったのはこの地だからです。本作はダニエルの最後の作品ですから、彼とのお別れを良い形でお祝いしたいと思います」とコメント。続けて「本作を劇場で観てもらえるようにと、我々は2年間ずっと待ち続けたんです。映画館で観るべき映画で、そのようにプロデュースしてきました。監督であるキャリーをはじめ、本作に携わった一同は、映画館で観ることを念頭に置いて作ったのです。ですから観客の皆さんにぜひ映画館でご覧いただきたいと思います」と話し、コロナ禍の中でようやく映画が公開されることについて、「ダニエル・クレイグはもちろん、このパンデミックを乗り切るために尽力された前線で働く医療従事者の皆さんも称えたいと思います。この困難な時に私達の安全を守るために努めてこられた世界中の人々に敬意を表します」と、世界中の人々に賛辞を贈りました。最後に日本のファンに向けて「日本に行くことができないのが残念です。日本に行くことは毎回素晴らしい体験で、皆さんに歓迎していただきました。ボンド映画を愛してくださっているのを知っているので、いつも喜んで訪れています。また別の機会にお会いしましょう。ありがとう」と温かいメッセージを寄せました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、ロイヤルファミリー

ゲスト達は、フォトセッションやメディアへのインタビュー、ファンとの交流、ステージでのインタビューなどに応じた後に会場へと移動。カーペット上が静かで厳かな雰囲気となるとウィリアム王子とキャサリン妃が登場しました!その後、チャールズ皇太子とカミラ夫人も登場し、プロデューサーらがエスコートし、兵隊が左右に並ぶ中会場へと移りました。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ワールドプレミア、ダニエル・クレイグ、ウィリアム王子

幾度となく公開延期を乗り越え、ついに公開となるダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの集大成にふさわしい豪華なワールドプレミアとなりました。本作はいよいよ10月1日より公開!ぜひ劇場の大きなスクリーンでダニエル版ボンドの雄姿を観届けましょう。

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ/ナオミ・ハリス/レア・セドゥ/ベン・ウィショー/アナ・デ・アルマス/ラミ・マレック

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
2021年10月1日より全国公開
東宝東和
公式サイト

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP