心理学

心理学から観る映画1-2:連続殺人犯の目覚め“性的錯誤”

  • follow us in feedly
  • RSS
虐待イメージ写真AC

前回は、犯罪者は先天的か後天的かというお話から、連続殺人犯の共通点の1つ目について触れました。今回は2つ目の共通点“性的錯誤”についてです。

<参考資料>

  • 『犯罪者と狂気の火種』Netflix/ドキュメンタリー
  • 「犯罪心理学―加害者のこころ、被害者のこころ (武蔵野大学通信教育部テキストシリーズ)」(角川学芸出版)

今回の本題に入る前に、前回の内容で犯罪者の先天的要素の研究について少し補足します。

犯罪者についての研究はさまざまな分野で行われていますが、その先駆けとなる研究を行ったのが、19世紀イタリアの精神科医ロンブローゾです。彼は生来犯罪者説(1876)を提唱し、「犯罪者は一定の身体的・精神的徴候によって特徴づけられる生来的に特異な人類的類型で、隔世遺伝ないし変質に基づく未開人や小児に類似する病的な変異であり、ほとんど宿命的に犯罪者に陥る」という概念をもたらしました。ここで、“変質”という言葉が出てきますが、これは19世紀ヨーロッパで広まった概念で、精神医学に導入したモレルは、「精神疾患も1つの変質である」と述べています。
ロンブローゾの学説はこの時代の差別的な人間観によって発展したもので、今では否定されています。ただ彼の研究がのちの犯罪学の人類生物学的研究を推し進めるきっかけとなりました。

また、体型と性格についての研究では、クレッチマーの研究が有名です。簡単に説明すると、

<体型>―<気質>
細長型(やせ型)―分裂気質
肥満型(ふとり型)―循環気質
闘士型(筋骨型)―粘着気質(てんかん気質)

という類型学です。さらにシュワープはクレッチマーの研究をもとにそれぞれの体型と犯罪の特徴、犯罪初発年齢等の関係を研究しました。

【注意】この研究は、犯罪者を体型と性格で分類したもので、統合失調症やてんかん患者など精神疾患をお持ちの方が犯罪を起こしやすいということを意味しているのではありませんので、誤解なきようお願いします。

このほか、犯罪者になりうる遺伝的、先天的な要素があるのかどうかを調べる犯罪生物学においては、家計調査法、双生児法がありますが、やはり断定できる結果は出ていません。

※一部、「犯罪心理学―加害者のこころ、被害者のこころ」(角川学芸出版)より引用

性への目覚めをきっかけに歪んだ欲望が芽生える

連続殺人犯にまつわる研究者の証言をまとめたドキュメンタリー『犯罪者と狂気の火種』では、幼少期の性的虐待が、のちの連続殺人の引き金になる可能性に触れています。劣悪な環境で育てられた場合、極度に社会から孤立していたり、社会への憎悪を抱くきっかけが身近にあります。そんな環境下では自暴自棄となり、異常な性的行動に興味が向くと言います。彼らの空想の中では性的な考えと暴力が結びついていて、極端に暴力的なことに性的興奮を覚えるというわけです。10代になるまではそういった性的嗜好は表面化しませんが、思春期になり性に目覚めると、危険な性的空想が犯罪の引き金になることもあると考えられています。
その例として、人を殺害した後に遺体の肉を食べていたというジェフリー・ダーマーのケースが挙げられています。彼は10歳の時に隣人から性的虐待を受けたと主張していて、17歳の時に離婚した両親とも家から出ていったため、ジェフリーは空想癖を抱えたまま1人で残されたそうです。連続殺人犯を擁護するつもりはありませんが、もし両親や身の回りの人が彼に手を差し伸べ、愛を伴う人間同士の性的関係についても教えていたらと考えずにはいられません。

ジェフリー・ダーマー Dahmer

『ジェフリー・ダーマー』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
DVDレンタル&発売中
R-18+
18歳で初めて殺人を犯した実在した凶悪連続殺人犯ジェフリー・ダーマーから着想を得たフィクション。ジェフリーをジェレミー・レナーが演じる。

次回は、連続殺人犯の脳についてです。

トップのイメージ写真は、photoBさんによる写真ACからの写真です。

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『サヨナラまでの30分』萩原健太郎監督インタビュー 『サヨナラまでの30分』萩原健太郎監督インタビュー

本作は、1年前に死んだバンドのボーカル・アキ(新田真剣佑)と、人付き合いが苦手な大学生、颯太(北村匠海)が1つの体を共有するというユニークな青春音楽ラブストーリー。今回、本作でメガホンを執った萩原健太郎監督にインタビューをさせて頂きました。監督のこだわり、俳優さん達について、そしてアメリカと日本の映画作りの違いなど、いろいろなお話を聞けました。

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ステラン・スカルスガルド ステラン・スカルスガルド

1951年6月13日、スウェーデン生まれ。1968年、TVシリーズの主演に抜擢され俳優デビューし、1972年ストックホルム王立劇場の一員となり…

映画『キャッツ』来日ジャパンプレミア:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)、トム・フーパー(監督)、デブラ・ヘイワード(プロデューサー)/【日本語吹き替え版】葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次、大貫勇輔、大竹しのぶ、蔦谷好位置(音楽プロデューサー) トム・フーパー監督が8歳の頃に一目惚れしたミュージカルを映画化『キャッツ』来日ジャパンプレミア

日本での劇場公開目前となる2020年1月22日、本作を監督したトム・フーパー、主人公ヴィクトリア役を演じたフランチェスカ・ヘイワード、プロデューサーのデブラ・ヘイワードが来日し、日本語版吹き替えキャスト達とともにジャパンプレミアを行いました…

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』ジョナサン・プライス ジョナサン・プライス

1947年6月1日イギリス生まれ。ロンドンの王立演劇学校で学び、ブロードウェイにも進出してトニー賞などを受賞。1985年、テリー・ギリアム監督作『未来世紀ブラジル』で…

映画『his』藤原季節 藤原季節(ふじわら きせつ)

1993年1月18日生まれ、北海道出身。2014年、映画『人狼ゲーム ビーストサイド』で俳優デビュー。以降『イニシエーション・ラブ』『ライチ☆光クラブ』『沈黙-サイレンス-』『全員死刑』『止められるか、俺たちを』など…

【東京コミコン2018】オープニングセレモニー、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 個性・ユーモア部門ランキング>

今回は、海外20代俳優の個性部門TOP20、ユーモア部門TOP15を発表!若い時から個性やユーモアが光る俳優は、今後も演技の幅をどんどん広げていきそうな気がします。注目のランキング結果はいかに!?

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス テリー・ギリアムのドン・キホーテ

ある意味ファンタジーであり、喜劇であり、悲劇。結局何を観ていたんだろうという不思議な感覚にさせられますが、それこそが本作に…

映画『転がるビー玉』笠松将 笠松将(かさまつ しょう)

1992年11月4日愛知県生まれ。主な映画出演作に『デメキン』『カランコエの花』『リベンジgirl』『このまちで暮らせば』『響-HIBIKI-』…

映画『ジョジョ・ラビット』タイカ・ワイティティ タイカ・ワイティティ

1975年8月16日ニュージーランド、ウェリントン生まれ。監督、脚本家、俳優として活躍中。最初に注目されたのは、アカデミー賞にノミネートされた、2004年の短編映画“Two Cars, One Night(原題)”。その後…

映画『ロマンスドール』高橋一生/蒼井優 ロマンスドール

恋が始まった時は男と女、それが夫婦になって、お互いの存在がだんだん当たり前になってくる。時に夫婦としての会話が…

おすすめ記事

【東京コミコン2018】オープニングセレモニー、エズラ・ミラー イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 個性・ユーモア部門ランキング>

今回は、海外20代俳優の個性部門TOP20、ユーモア部門TOP15を発表!若い時から個性やユーモアが光る俳優は、今後も演技の幅をどんどん広げていきそうな気がします。注目のランキング結果はいかに!?

映画『HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ』ティモシー・シャラメ イイ男セレクションランキング2020<海外20代俳優 ルックス・セクシー部門ランキング>

今回からいよいよイイ男セレクションランキング海外俳優編がスタート!まずは20代俳優についてのランキングを発表します。編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記30名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン ドラマを観ずに、劇場版『ダウントン・アビー』を観てみた結果を発表!

世界的に社会現象を巻き起こした人気ドラマ『ダウントン・アビー』が映画化され、2020年1月10日より劇場公開されます。本作の部活では…

映画『ジョーカー』ホアキン・フェニックス トーキョー女子映画部が選ぶ 2019年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ2019年 ベスト5を発表します!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

REVIEW

  1. 映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス
  2. 映画『ロマンスドール』高橋一生/蒼井優
  3. 映画『キャッツ』フランチェスカ・ヘイワード
    キャッツ

  4. 映画『サヨナラまでの30分』新田真剣佑/北村匠海
  5. 映画『私の知らないわたしの素顔』ジュリエット・ビノシュ/フランソワ・シビル
  6. 映画『ジョジョ・ラビット』ローマン・グリフィン・デイビス/タイカ・ワイティティ
  7. 映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』フェリシティ・ジョーンズ/エディ・レッドメイン
  8. 映画『ラストレター』松たか子
    ラストレター

  9. 映画『his』宮沢氷魚 /藤原季節
    his

部活・イベント

  1. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン シーズン1』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP