心理学

心理学から観る映画1-2:連続殺人犯の目覚め“性的錯誤”

  • follow us in feedly
  • RSS
虐待イメージ写真AC

前回は、犯罪者は先天的か後天的かというお話から、連続殺人犯の共通点の1つ目について触れました。今回は2つ目の共通点“性的錯誤”についてです。

<参考資料>
『犯罪者と狂気の火種』Netflix/ドキュメンタリー
小西聖子、伊藤晋二(2003)「犯罪心理学―加害者のこころ、被害者のこころ (武蔵野大学通信教育部テキストシリーズ)」(角川学芸出版)
下記は、上記で語られている内容から一部引用しまとめたものです。

今回の本題に入る前に、前回の内容で犯罪者の先天的要素の研究について少し補足します。

犯罪者についての研究はさまざまな分野で行われていますが、その先駆けとなる研究を行ったのが、19世紀イタリアの精神科医ロンブローゾです。彼は生来犯罪者説(1876)を提唱し、「犯罪者は一定の身体的・精神的徴候によって特徴づけられる生来的に特異な人類的類型で、隔世遺伝ないし変質に基づく未開人や小児に類似する病的な変異であり、ほとんど宿命的に犯罪者に陥る」という概念をもたらしました。ここで、“変質”という言葉が出てきますが、これは19世紀ヨーロッパで広まった概念で、精神医学に導入したモレルは、「精神疾患も1つの変質である」と述べています。
ロンブローゾの学説はこの時代の差別的な人間観によって発展したもので、今では否定されています。ただ彼の研究がのちの犯罪学の人類生物学的研究を推し進めるきっかけとなりました。

また、体型と性格についての研究では、クレッチマーの研究が有名です。簡単に説明すると、

<体型>―<気質>
細長型(やせ型)―分裂気質
肥満型(ふとり型)―循環気質
闘士型(筋骨型)―粘着気質(てんかん気質)

という類型学です。さらにシュワープはクレッチマーの研究をもとにそれぞれの体型と犯罪の特徴、犯罪初発年齢等の関係を研究しました。

【注意】この研究は、犯罪者を体型と性格で分類したもので、統合失調症やてんかん患者など精神疾患をお持ちの方が犯罪を起こしやすいということを意味しているのではありませんので、誤解なきようお願いします。

このほか、犯罪者になりうる遺伝的、先天的な要素があるのかどうかを調べる犯罪生物学においては、家計調査法、双生児法がありますが、やはり断定できる結果は出ていません。

性への目覚めをきっかけに歪んだ欲望が芽生える

連続殺人犯にまつわる研究者の証言をまとめたドキュメンタリー『犯罪者と狂気の火種』では、幼少期の性的虐待が、のちの連続殺人の引き金になる可能性に触れています。劣悪な環境で育てられた場合、極度に社会から孤立していたり、社会への憎悪を抱くきっかけが身近にあります。そんな環境下では自暴自棄となり、異常な性的行動に興味が向くと言います。彼らの空想の中では性的な考えと暴力が結びついていて、極端に暴力的なことに性的興奮を覚えるというわけです。10代になるまではそういった性的嗜好は表面化しませんが、思春期になり性に目覚めると、危険な性的空想が犯罪の引き金になることもあると考えられています。
その例として、人を殺害した後に遺体の肉を食べていたというジェフリー・ダーマーのケースが挙げられています。彼は10歳の時に隣人から性的虐待を受けたと主張していて、17歳の時に離婚した両親とも家から出ていったため、ジェフリーは空想癖を抱えたまま1人で残されたそうです。

連続殺人犯を擁護するつもりはありませんが、もし両親や身の回りの人が彼に手を差し伸べ、愛を伴う人間同士の性的関係についても教えていたらと考えずにはいられません。

ジェフリー・ダーマー Dahmer

『ジェフリー・ダーマー』
Amazonプライムビデオにて配信中(レンタル、セルもあり)
DVDレンタル&発売中
R-18+
18歳で初めて殺人を犯した実在した凶悪連続殺人犯ジェフリー・ダーマーから着想を得たフィクション。ジェフリーをジェレミー・レナーが演じる。

次回は、連続殺人犯の脳についてです。

トップのイメージ写真は、photoBさんによる写真ACからの写真です。

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『TOVE/トーベ』アルマ・ポウスティ あなただけのキャリア10:偶然の出来事をチャンスにできるか【計画的な偶発性理論】

キャリア形成において、自分の特性と職業、働き方のの性質をマッチングさせて考える理論もありますが、今回は未決定であることが望ましいというユニークな考え方に基づく、ジョン・クランボルツによる【計画的な偶発性理論】をご紹介します。

映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ

チャニング・テイタムが主演を務めていた“G.I.ジョー”シリーズ前2作からメンバーを一新した今作は…

映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル アミューズメント・パーク

本作は『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)や『ゾンビ』(1978)などで知られるジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた未発表の映画で…

映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』ミリセント・シモンズ ミリセント・シモンズ

2003年3月1日アメリカ生まれ。アメリカ全国規模のオーディションの末、『ワンダーストラック』(2017)で…

映画『47歳 人生のステータス』オースティン・エイブラムス オースティン・エイブラムス

1996年9月2日アメリカ生まれ。俳優、プロデューサー。『L.A. ギャング ストーリー』『ペーパータウン』…

映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン THE MOLE(ザ・モール)

本作はデンマークの平凡な⼀般市⺠が、CIAさえ情報を容易に掴めなかった北朝鮮の国際的な闇取引(武器密輸)の…

映画『〈主婦〉の学校』 〈主婦〉の学校

本作は、アイスランドのレイキャビクで1942年に創立された伝統ある“主婦の学校”の様子が映し出された…

映画『護られなかった者たちへ』緒形直人 緒形直人(おがた なおと)

1967年9月22日神奈川県生まれ。1988年に『優駿 ORACION』でデビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞…

映画『最後の決闘裁判』マット・デイモン、ベン・アフレック、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー 最後の決闘裁判

実話を基にしているということを思い出すと余計に驚愕するような内容で、時代や国は異なれど…

映画『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック/ダコタ・ジョンソン Our Friend/アワー・フレンド

一組の夫婦とその親友が過ごした日々を綴った本作は、2015年、「Esquire」に掲載され全米雑誌賞を受賞したマシュー・ティーグ…

部活・イベント

  1. 映画『おとなの事情』
  2. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  3. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  4. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  5. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣

おすすめ記事

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング
  2. 映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル
  3. 映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン
  4. 映画『〈主婦〉の学校』
  5. 映画『最後の決闘裁判』マット・デイモン、ベン・アフレック、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー
  6. 映画『Our Friend/アワー・フレンド』ケイシー・アフレック/ダコタ・ジョンソン
  7. 映画『かそけきサンカヨウ』志田彩良/井浦新
  8. 映画『キャンディマン』
  9. 映画『PITY ある不幸な男』ヤニス・ドラコプロス
  10. 映画『メインストリーム』アンドリュー・ガーフィールド
PAGE TOP