イイ男セレクション

伊藤健太郎(いとう けんたろう)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『十二単衣を着た悪魔』伊藤健太郎

※「健太郎」より改名

1997年6月30日東京都生まれ。モデルとしてデビューし、雑誌や広告などのメディアで活動。その後、2014年にドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で、本格的に俳優業を開始。その演技が注目され、話題を集め、ドラマ『学校のカイダン』『TRANSIT GIRLS』、映画『俺物語!!』など話題作に出演。さらに2016年にはドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』『仰げば尊し』、さらに映画『ミュージアム』にも出演、また、Netflixの“TERRACE HOUSE Aloha State”では、スタジオレギュラー出演した。その他主な出演作に『ルームロンダリング』『コーヒーが冷めないうちに』『覚悟はいいかそこの女子。』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『俺物語!!』『ミュージアム』『14の夜』『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』『サクラダリセット 前篇』『サクラダリセット 後篇』『先生! 、、、好きになってもいいですか?』『デメキン』『ルームロンダリング』『コーヒーが冷めないうちに』『覚悟はいいかそこの女子。』『惡の華』『のぼる小寺さん』『今日から俺は!!劇場版』『宇宙でいちばんあかるい屋根』『とんかつDJアゲ太郎』『十二単衣を着た悪魔』など

声の出演:『きみと、波にのれたら』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

独特のムードを醸し出していて、見た目だけではないカッコ良さを持っているように思います。役柄によって全然印象も違って、役者としての強みも感じられます。今後が期待の俳優さんです。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『十二単衣を着た悪魔』
2020年11月6日より全国公開

映画『十二単衣を着た悪魔』伊藤健太郎/三吉彩花/伊藤沙莉

『とんかつDJアゲ太郎』
2020年10月30日より全国公開

映画『とんかつDJアゲ太郎』北村匠海/山本舞香/伊藤健太郎/伊勢谷友介

『宇宙でいちばんあかるい屋根』
2020年9月4日より全国公開

映画『宇宙でいちばんあかるい屋根』清原果耶/伊藤健太郎/水野美紀/山中崇/醍醐虎汰朗/坂井真紀/吉岡秀隆/桃井かおり

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『俺物語!!』

『ミュージアム』

『14の夜』

『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』

『サクラダリセット 前篇』

『サクラダリセット 後篇』

『先生! 、、、好きになってもいいですか?』

『デメキン』

『ルームロンダリング』

『コーヒーが冷めないうちに』

『覚悟はいいかそこの女子。』

『きみと、波にのれたら』(声の出演)

『惡の華』

『のぼる小寺さん』

©2017 映画「チア☆ダン」製作委員会
©2017映画「サクラダリセット」製作委員会
©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会
©よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ ©201映画『デメキン』製作委員会
©2018「ルームロンダリング」
©2018「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会
©2018 映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会 ©椎葉ナナ/集英社
© 2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会
©2020「のぼる小寺さん」製作委員会 ©珈琲/講談社
©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会
© 2020『宇宙でいちばんあかるい屋根』製作委員会
© 2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー
© 2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

関連記事

from 2017/2/27

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン マルコム&マリー

本作はジョン・デヴィッド・ワシントンが演じるマルコムと、ゼンデイヤが演じるマリーの2人芝居。物語は…

映画『ステージ・マザー』エイドリアン・グレニアー エイドリアン・グレニアー

1976年7月10日アメリカ、ニューメキシコ生まれ。俳優、映画監督、ミュージシャン。1997年、バード・カレッジ在学中に…

映画『あのこは貴族』門脇麦/高良健吾 映画に隠された恋愛哲学とヒント集64:条件を付ければ、自分も条件に縛られる

今回は『あのこは貴族』を題材に考えてみました。

映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ DAU. ナターシャ

まず作品の背景や詳細を入れずに、なるべく前情報なしに観てみてください…

Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ 時の面影

物語の舞台は、第二次世界大戦直前のイギリス。未亡人のエディス・プリティ(キャリー・マリガン)は、自らが所有する土地にある墳丘墓を発掘するため…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ジョー・マンテロ ジョー・マンテロ

1962年12月27日アメリカ生まれ。俳優、監督として活躍中。“ The Normal Heart(原題)”など…

映画『ミナリ』スティーヴン・ユァン 『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥 ターコイズの空の下で

裕福な家庭で甘やかされて育った日本人青年のタケシは、ある日、実業家の祖父により外モンゴルの草原へ送り込まれ…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ディラン・マクダーモット ディラン・マクダーモット

1961年10月26日アメリカ生まれ。ゴールデン・グローブ賞やエミー賞に…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  2. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  3. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  4. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  5. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
  6. 映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ
  7. 海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス
  8. 映画『MISS ミス・フランスになりたい!』アレクサンドル・ヴェテール
  9. 映画『あのこは貴族』門脇麦/水原希子
    あのこは貴族

  10. 映画『カポネ』トム・ハーディ
    カポネ

PAGE TOP