イイ俳優セレクション

濱田岳(はまだ がく)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『心の傷を癒すということ≪劇場版≫』濱田岳

1988年6月28日、東京都生まれ。9歳で子役として俳優デビューし、以降ドラマ、映画に多数出演。2007年の『アヒルと鴨のコインロッカー』では、高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞。そのほか代表作に『フィッシュストーリー』『ゴールデンスランバー』『ポテチ』などがあり、伊坂幸太郎原作、中村義洋監督作品にとっては欠かせない存在。2014年『サケボム』では英語長編映画に初挑戦。

イイ男セレクション/出演作

『ウルトラマンディガ&ウルトラマンダイナ ウルトラマンガイナ-超時空の大決戦-』『白い船』『県庁の星』『CATCH A WAVE』『青いうた』『シュガー&スパイス~風味絶佳~』『アヒルと鴨のコインロッカー』『ミッドナイト・イーグル』『フィッシュストーリー』『鴨川ホルモー』『今度は愛妻家』『ゴールデンスランバー』『THE LAST MESSAGE −ザ・ラストメッセージ− 海猿』『ロボジー』『ポテチ』『宇宙兄弟』『みなさん、さようなら』『はじまりのみち』『俺はまだ本気出してないだけ』『少年H』『謝罪の王様』『永遠の0』『偉大なる、しゅららぼん』『神様のカルテ2』『サケボム』『舞妓はレディ』『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』『世界から猫が消えたなら』『ヒメアノ~ル』『グッドモーニングショー』『本能寺ホテル』『マスカレード・ホテル』『引っ越し大名!』『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』『決算!忠臣蔵』『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』『コンフィデンスマンJP プリンセス編』『喜劇 愛妻物語』『おらおらでひとりいぐも』『心の傷を癒すということ≪劇場版≫』『鳩の撃退法』『とんび』『湯道』など

ドラマ:『日本をゆっくり走ってみたよ~あの娘のために日本一周~』ほか

声の出演:『百日紅~Miss HOKUSAI~』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

イケメンの部類ではないと思いますが、癒し系で好感が持てます。どんなジャンルの映画にも収まりが良いというか、順応で万能な俳優さんだと思います。過激で恐ろしい展開になっていく『ヒメアノ~ル』でも、彼のやわらかい雰囲気が箸休めとなり救われます(笑)。『世界から猫が消えたなら』で演じているキャラクターは愛着を湧かせるし、『本能寺ホテル』では緊張感のあるシーンで笑いを誘う、美味しい役を好演しています。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『心の傷を癒すということ≪劇場版≫』
2021年1月29日より全国順次公開

映画『心の傷を癒すということ≪劇場版≫』柄本佑

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『白い船』

『県庁の星』

『アヒルと鴨のコインロッカー』

『フィッシュストーリー』

『鴨川ホルモー』

『今度は愛妻家』

『ゴールデンスランバー』

『ロボジー』

『ポテチ』

『宇宙兄弟』

『俺はまだ本気出してないだけ』

『謝罪の王様』

『永遠の0』

『偉大なる、しゅららぼん』

『サケボム』

『舞妓はレディ』

『ヒメアノ~ル』

『本能寺ホテル』

『マスカレード・ホテル』

『引っ越し大名!』

『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』

『決算!忠臣蔵』

『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』

『おらおらでひとりいぐも』

『喜劇 愛妻物語』

©2013 pictures dept/Sake Bomb Films,LLC
©2016 映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会
©2016「ヒメアノ~ル」製作委員会
©2017 フジテレビジョン 東宝 ホリプロ
Copyright 2017 Televider Entertainment Inc.
©2019「引っ越し大名!」製作委員会
©2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会
©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会
©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ
©2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会
© 2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
©映画「心の傷を癒すということ」製作委員会

関連記事

from 2014/5/2

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP