イイ俳優セレクション

ジェームズ・マカヴォイ

  • follow us in feedly
  • RSS
東京コミコン2022:ジェームズ・マカヴォイ

1979年4月21日、スコットランドグスコー生まれ。1995年に“The Near Room(原題)”で映画デビュー。その後は、主にイギリス国内のテレビや舞台で活躍。2005年の『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のタムナスさん役で有名になり、同作で2006年ロンドン映画批評家協会助演男優賞にノミネートされ、同年英国アカデミー賞ライジング・スター賞を受賞した。さらに同年『ラストキング・オブ・スコットランド』では、英国アカデミー賞、ヨーロッパ映画賞、英国インディペンデント映画賞、ロンドン映画批評家協会賞などにノミネートされた。2007年出演の『つぐない』では、ゴールデングローブ賞と英国アカデミー賞主演男優賞にノミネート、ロンドン映画批評家協会賞英国主演男優賞を受賞したほか、サンタバーバラ国際映画祭、リチャード・アッテンボロー映画賞批評家部門などでも主演男優賞を受賞した。その後も『ペネロピ』『ウォンテッド』『終着駅 トルストイ最後の旅』『声をかくす人』などの作品に出演し、2011年『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』で若きチャールズ・エグゼビアを演じ、続編でも同役を演じている。

イイ男セレクション/出演作

“The Near Room(原題)”『ザ・ブルー』“Bollywood Queen(原題)”“Bright Young Things(原題)”『ウィンブルドン』『ダンシング・インサイド/明日を生きる』『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』『ラスト・キング・オブ・スコットランド』『ペネロピ』『ジェイン・オースティン 秘められた恋』『つぐない』『ウォンテッド』『終着駅 トルストイ最後の旅』『声をかくす人』『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『ビトレイヤー』『トランス』『X-MEN:フューチャー&パスト』『ラブストーリーズ コナーの涙』『ラブストーリーズ エリナーの愛情』『ヴィクター・フランケンシュタイン』『X-MEN:アポカリプス』『スプリット』『アトミック・ブロンド』『ミスター・ガラス』『X-MEN:ダーク・フェニックス』『世界の涯ての鼓動』『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』など

ドラマ:『バンド・オブ・ブラザーズ』“The Inspector Lynley Mysteries”(原題)『デューン 砂の惑星Ⅱ』“Early Doors(原題)”『ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~』『シェイクスピア21』など

声の出演:『アーサー・クリスマスの大冒険』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

綺麗な顔立ちで、比較的好青年な役が多いイメージでしたが、『スプリット』ではスキンヘッドで多重人格者を演じ、演技の幅の広さを見せつけてくれました。『スプリット』で来日した際に、ファンの皆さんが「マカヴォイさん」とさん付けして声援を送っていましたが(通常ハリウッドスターは呼び捨てで声援を送られていることが多いので)、”ナルニア国物語”のタムナスさん役で人気が出たのを彷彿とさせる光景が微笑ましかったです。これから年を重ねてますます演技の幅を広げていきそうで楽しみです。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ウィンブルドン』

『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』

『ラスト・キング・オブ・スコットランド』

『ペネロピ』

『ジェイン・オースティン 秘められた恋』

『つぐない』

『ウォンテッド』

『終着駅 トルストイ最後の旅』

『声をかくす人』

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』

『ビトレイヤー』

『トランス』

『X-MEN:フューチャー&パスト』

『ラブストーリーズ コナーの涙』『ラブストーリーズ エリナーの愛情』

『ヴィクター・フランケンシュタイン』

『X-MEN:アポカリプス』

『スプリット』

『アトミック・ブロンド』

『ミスター・ガラス』

『X-MEN:ダーク・フェニックス』

『世界の涯ての鼓動』

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

X-Men Character Likenesses TM & © 2011 Marvel Characters, Inc. All rights reserved. TM and © 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
©The British Film Institute 2013
©2013 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
© 2014 Twentieth Century Fox
©2013 Disappearance of Eleanor Rigby, LLC. All Rights Reserved 
©2016 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
©2016 MARVEL & Subs. ©2016 Twentieth Century Fox
©2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.
© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
©Universal Pictures All rights reserved.
©2017 BACKUP STUDIO NEUE ROAD MOVIES MORENA FILMS SUBMERGENCE AIE
©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

関連記事

from 2013/4/2

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP