特集

子ども達の頭の中を覗いてみよう

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『こどもかいぎ』

さまざまな経験を積んできた大人は頭が堅くなりがちです。大人になるにつれ、心配事や悩み事も増えます。だから、子どもにああしなさい、こうしなさいと言いたくなることも出てきます。でも、子ども達から教わることがたくさんあります。今回は、子ども達の頭の中を覗けるような作品をご紹介します。

『こどもかいぎ』

映画『こどもかいぎ』
映画『こどもかいぎ』

『こどもかいぎ』
2022年7月22日より全国公開中
公式サイト

本作は子どものミーティングを行っている保育園で2018年に撮影されました。先生がさまざまな質問を子ども達に投げかけ、子ども達は自由に発言します。子ども達らしい奇想天外な発言が飛び出したり、大人の先入観を崩すようなシンプルな発言もあります。また、印象的なのは子どものミーティングだけではなく、喧嘩をした時に喧嘩をした子どもだけで話し合う機会が設けられていることです。しかも仲直りを強制しているわけではありません。仲直りができるかもしれないし、その場では解決しないかもしれないけれど、一旦当事者同士で話し合うという過程を踏むところに意味があるのがわかります。
この保育園では、答えを出すことよりも、まず考える姿勢を大切にしているのが伝わってきます。大人は楽をしようと経験に頼って考える前に諦めることも多いように思いますが、本作に登場する子ども達を観ていると、シンプルに考えることの大切さを感じます。

『ゆめパのじかん』

映画『ゆめパのじかん』
映画『ゆめパのじかん』

『ゆめパのじかん』
2022年7月9日より全国公開中
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 
映画配給&制作さんにインタビュー【ノンデライコ】×【ムーリンプロダクション】

子どもの発想で自由な遊びができる“ゆめパ”は、神奈川県川崎市にある約1万㎡の広大な敷地に作られた子ども達のための遊び場です。ここにはいろいろな遊びが溢れています。大がかりな遊具も子ども達のお手製だったり、子ども達はいわゆる子ども用のおもちゃで遊ぶのではなく、一般的には大人がやるような作業も体験できます。扱いに注意が必要な工具を使ったり、火を使うこともあります。でも、大人は手を出してはいけないことになっています。子ども達は時に怪我をすることもありますが、経験して学んでいきます。このような環境で子ども達は何を感じ、考えるのか。子ども達の発想はとても自由で、ユニークな発言にはホッコリします。

『ちいさな哲学者たち』

映画『ちいさな哲学者たち』

『ちいさな哲学者たち』
DVD販売&レンタル中/Amazonプライムにて配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

哲学の勉強クラスが設けられたフランスにある幼稚園で、3歳〜5歳までの子ども達の様子を撮影したドキュメンタリーです。
先生は「愛」「自由」「死」といったテーマを投げかけます。中身が大人かと思えるような発言も出てきたり、幼児とは思えないおませなやり取りが可愛いシーンもあります。子どもに哲学なんて早いとか難しいとかいうなんてナンセンスだなと実感させられる作品です。

『ちいさな哲学者たち』DVDをAmazonで購入

『子どもが教えてくれたこと』

映画『子どもが教えてくれたこと』

『子どもが教えてくれたこと』
DVD販売&レンタル中/Amazonプライムにて配信中
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン監督インタビュー

重病を抱え闘病生活を送る子ども達の姿を映したドキュメンタリー。アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン監督自身も2人の娘を幼くして病気で失ったという辛い経験の持ち主です。闘病生活を送る子ども達のなかには死を覚悟しているといおうか、自分の運命に真正面から向き合っている子もいて、聞くと涙してしまうような重い言葉も出てきます。子どもだからわからないと考えるのは大間違いで、大人より何倍も人生を深く理解しているように思えます。タイトルの通り、まさに子ども達から深い学びを得られる作品です。

『子どもが教えてくれたこと』DVDをAmazonで購入
『子どもが教えてくれたこと』をAmazonプライムで観る

『モンテッソーリ 子どもの家』

映画『モンテッソーリ 子どもの家』
映画『モンテッソーリ 子どもの家』

『モンテッソーリ 子どもの家』
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 
心理学から観る映画28:教えるのは何でも早いのが良いとは限らない!?

イタリア出身のマリア・モンテッソーリが考案した教育メソッド“モンテッソーリ教育”を行っているフランスの学校で、2歳半から6歳の28名のクラスを2年3ヶ月にわたり取材したドキュメンタリーです。ここには、種類が豊富な道具が揃っていて、子ども達の年齢に合ったものを選べるようになっています。先生は子ども達の様子を見ながら接して過度に関わろうとしません。また年長の子どもが年少の子どもに道具の使い方を教える場面も多く、子ども達が成長に合わせて、自立して学べるような環境になっています。子ども達の姿を観ていると、子ども達は自分で学ぶ力を充分に持っていることがわかります。


『こどもかいぎ』で出てくる子どものミーティングや、『ゆめパのじかん』の“ゆめパ”で重視されている子どもの遊び方は、『ちいさな哲学者たち』や『モンテッソーリ 子どもの家』で行われている取り組みに通じるところがあります。何が正解というのはないにしても、どれも子どものうちに大切にしたいことに重点をおいた教育方法として実施されているといえます。子育て中の方にとって参考になるのはもちろんのこと、大人の方々が自分自身の言動の癖を振り返る機会にもなるのではと感じます。ぜひ、それぞれの作品を観て、頭の柔軟体操をしてみてください。

© Incognita Films-TF1 Droits Audiovisuels
© DANS LE SENS DE LA VIE 2017
ガーラフィルム/ノンデライコ

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP