投稿

なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー

なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。

悪魔をみた

Amazonプライムビデオで観る

韓国映画のホラーは本当に怖いのですが、イ・ビョンホンも出演ということで鑑賞。マジで怖かった!!ホラーが得意でない私に韓国ホラーはダメだ!(めぐみんちゃん)

害虫

若かりし頃の宮﨑あおいが主演、友人役で蒼井優が出ている映画。ほろ苦い青春映画かと思いきや、何とも言えない後味の悪さにとにかく嫌悪感しかありません。1番まともな人が1番不幸になる、何とも辛い映画です。(きゅみ)

キューブ

Amazonプライムビデオで観る

私のトラウマ映画は何といっても『キューブ』(1997年/カナダ映画版)です。美大の友人に珍しい映画だと言われて観に行ったのですが、観た後1週間以上夜な夜なうなされ、友人を恨みました。とにかく意図不明、意味不明、オチ不明で、以降、カナダ映画を観るのが怖くなりました。同時上映されていた短編『Elevated』にすべてが集約されているのですが、これがまた怖い。海外のエレベーターは本当に映画と同じ音がするので、しばらく1人で乗れませんでした…。(なをめ)

凶悪

映画『凶悪』山田孝之

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

芸達者な俳優陣の演技合戦、山田孝之の前半から後半にかけての変貌やストーリー自体の良さがあります。また、リリー・フランキーとピエール瀧が演じる、あまりにも醜悪な人間性の持ち主達の存在と所業がトラウマになりました。おもしろかったですが、二度は観たくない作品です。(かゆ)

この子は邪悪

映画『この子は邪悪』玉木宏/桜井ユキ
映画『この子は邪悪』南沙良/大西流星(なにわ男子)/桜井ユキ/玉木宏

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

完全に騙されました。劇中ずっと言い表せない不気味さがあってどんどん加速して、この子は邪悪の“この子”って一体?と思っていたらあんな展開に…!!伏線回収も素晴らしかったし、鳥肌モノの目のシーンはトラウマです。(ゆー)

コレクター

Amazonプライムビデオで観る

テレンス・スタンプ主演で、孤独な男の女性に対する倒錯した愛情を描いた作品です。こういう形でないと愛を表現できない怖さがあり、それを何と言ったら良いのかわからないのですが、妙に母性本能をくすぐられる部分もある恐ろしさ!
怖いけど惹かれるものがあり、そんな自分も怖くなる映画です。(デイジー)

孤狼の血 LEVEL2

映画『孤狼の血 LEVEL2』鈴木亮平/村上虹郎

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

鈴木亮平さんの役が恐ろしくて、そのお芝居が上手すぎて、彼を見るとその役を思い出してしまうようになった。(とうこ)

the EYE 【アイ】

盲目の少女が角膜手術を受けてから怪奇現象に見舞われるお話ですが、ただ怖いだけではなく物語がしっかりしてて最後まで観るともの悲しいサスペンスでもあります。映画館で当時観て衝撃を覚えました。怖いお話なのにこんなにも深いお話だったのかと、観てから何十年も経ってるのに内容を細かく覚えています。(ゆうら)

13日の金曜日

Amazonプライムビデオで観る

とにかくジェイソンがしつこくて怖かった!!(美ッちゃん)

ジョーズ

Amazonプライムビデオで観る
怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

ズバリ、サメの映画『ジョーズ』です。ホラーじゃないし、怖いと思わずに鑑賞。スピルバーグの出世作で観ないと映画ファンじゃないと言われて観たのですが、怖いの何の!それ以来、サメ映画はトラウマです。でも、なぜかホラーは観るようになりました。ホラーのほうがサメより怖くないと感じます(笑)。(tomie)

チャイルド・プレイ

Amazonプライムビデオで観る

映画を観て数日後、従兄弟の家に遊びに行ったらチャッキーのぬいぐるみがありました。2階の暗い部屋にあったのを観てトラウマになりました。(匿名)

日蔭のふたり

いろいろな意味で衝撃的な作品。主人公達に容赦ない絶望と悲劇が押し寄せてきます。宗教的な信念や親からの教えを貫いた先にある不幸、救いようのない後味が悪いストーリーですが、映画としては凄い作品です。映像のインパクトもあるので、覚悟して観てください(笑)。(りん)

ミッドサマー

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

狂ってる!!!これはこの作品に対しての褒め言葉なのかもしれません。どういう意図で作られたのか未だにわかりません。だからといってもう一度観ようとは思えません。(mety)

リリイ・シュシュのすべて

Amazonプライムビデオで観る

とにかく衝撃的。中学生で初めて観た時、音楽と映像の美しさに圧倒させられると共に、排他的で閉塞的な物語に打ちのめされた。観た後は何も手につかず、ただひたすら涙が溢れて、今までもそれ以降もここまでの経験はしたことがない。中毒性がある一方で繰り返し観る心構えができず、2回目を観たのは高校生になった3年後で何度観ても窒息しかける。私にとっては唯一無二の絶対的闇堕ち映画です。(はんな)

リング

Amazonプライムビデオで観る

トラウマになったといえば『リング』に出てくる貞子です。「くーるきっとくる」の音楽も相まって恐怖倍増。かなり昔に観た映画ですが、未だに時々思い出して怖くなります。(匿名)

ロード・オブ・ザ・リング

Amazonプライムビデオで観る

私がトラウマになった映画は『ロード・オブ・ザ・リング』の第1作目です。敵がとにかく怖かったです。見た目はもちろん、鳴き声(?)もすごく怖くて、それが大勢出てくるのでトラウマになりました。本当に多種多様ながら、どれもリアルで不気味な敵がたくさん出てきます。どれも怖いです。途中で、このストーリー上でなぜ死ぬ必要があるのかわからぬまま味方が亡くなっていくところもモヤモヤしてトラウマ的でした。でも、人気のシリーズなので、2作目も期待を込めて観たいと思います。(シバ)


それぞれのコメントからトラウマになったポイントや、恐怖心がひしひしと伝わってきますね。それと同時に誰かのトラウマになるほどの作品を世に送り出した作り手達の凄さも改めて感じました。「観たらトラウマになるかもしれない」とわかっていても、やっぱり気になってしまうのがトラウマ映画の魅力です。観たことのない作品はこれを機に観て、トラウマになるかどうか、ご自身の目で確かめてみてください。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

『凶悪』© 2013「凶悪」製作委員会
『この子は邪悪』© 2022「この子は邪悪」製作委員会
『ミッドサマー』© 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
『孤狼の血 LEVEL2』©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

海外ドラマ『ウィロー』ワールドプレミア、ワーウィック・デイヴィス、エリー・バンバー、ルビー・クルス、エリン・ケリーマン、トニー・レヴォロリ、アマール・チャーダ・パテル、デンプシー・ブリク、ジョアンヌ・ウォーリー他 グリーンカーペットにワーウィック・デイヴィスら豪華キャスト&スタッフが集結!『ウィロー』ワールドプレミア

ジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務め、アロン・ハワードが監督を務めた映画『ウィロー』(1988)が、34年の時を経て蘇り、新作オリジナルシリーズ『ウィロー』として、現在ディズニープラス「スター」にて好評配信中です。先日、本作のワールドプレミアが開催され、主演のワーウィック・デイヴィスをはじめ豪華キャスト&スタッフが登場しました。

30周年を迎えたフランス映画祭にロマン・デュリス、バンジャマン・ヴォワザンなどフランス映画界の実力派が揃って来日

今回で30周年を迎える【フランス映画祭2022横浜】には3年ぶりに来日ゲストが大勢詰めかけました。

映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ あのこと

中絶が違法だった1960年代のフランスが舞台の本作では、予期せず妊娠した大学生のアンヌの…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『夜明けの詩』キム・サンホ キム・サンホ

1970年7月24日生まれ。1994年、舞台“鍾路の猫”で俳優デビュー。2007年…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン 心理学から観る映画40:『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』で求められるリーダーシップの違い

2022年冬の超大作として注目される『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』。両作には共通点があります。それは、リーダー不在の状況が物語の鍵となっている点です…

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー 『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ 泣いたり笑ったり

監督及び共同原案を手掛けたのは、注目の気鋭シモーネ・ゴーダノで…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン ブラックアダム

圧倒的な強さを誇るキャラクターなので、これはロック様…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  2. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  3. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  4. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  5. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  6. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
  7. 海外ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』モーフィッド・クラーク
  8. 映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル
  9. 映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』マリー・クワント
  10. 映画『魔法にかけられて2』エイミー・アダムス/マヤ・ルドルフ

PRESENT

  1. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  2. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  3. 映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース
PAGE TOP