投稿

なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー

なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。

悪魔をみた

Amazonプライムビデオで観る

韓国映画のホラーは本当に怖いのですが、イ・ビョンホンも出演ということで鑑賞。マジで怖かった!!ホラーが得意でない私に韓国ホラーはダメだ!(めぐみんちゃん)

害虫

若かりし頃の宮﨑あおいが主演、友人役で蒼井優が出ている映画。ほろ苦い青春映画かと思いきや、何とも言えない後味の悪さにとにかく嫌悪感しかありません。1番まともな人が1番不幸になる、何とも辛い映画です。(きゅみ)

キューブ

Amazonプライムビデオで観る

私のトラウマ映画は何といっても『キューブ』(1997年/カナダ映画版)です。美大の友人に珍しい映画だと言われて観に行ったのですが、観た後1週間以上夜な夜なうなされ、友人を恨みました。とにかく意図不明、意味不明、オチ不明で、以降、カナダ映画を観るのが怖くなりました。同時上映されていた短編『Elevated』にすべてが集約されているのですが、これがまた怖い。海外のエレベーターは本当に映画と同じ音がするので、しばらく1人で乗れませんでした…。(なをめ)

凶悪

映画『凶悪』山田孝之

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

芸達者な俳優陣の演技合戦、山田孝之の前半から後半にかけての変貌やストーリー自体の良さがあります。また、リリー・フランキーとピエール瀧が演じる、あまりにも醜悪な人間性の持ち主達の存在と所業がトラウマになりました。おもしろかったですが、二度は観たくない作品です。(かゆ)

この子は邪悪

映画『この子は邪悪』玉木宏/桜井ユキ
映画『この子は邪悪』南沙良/大西流星(なにわ男子)/桜井ユキ/玉木宏

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

完全に騙されました。劇中ずっと言い表せない不気味さがあってどんどん加速して、この子は邪悪の“この子”って一体?と思っていたらあんな展開に…!!伏線回収も素晴らしかったし、鳥肌モノの目のシーンはトラウマです。(ゆー)

コレクター

Amazonプライムビデオで観る

テレンス・スタンプ主演で、孤独な男の女性に対する倒錯した愛情を描いた作品です。こういう形でないと愛を表現できない怖さがあり、それを何と言ったら良いのかわからないのですが、妙に母性本能をくすぐられる部分もある恐ろしさ!
怖いけど惹かれるものがあり、そんな自分も怖くなる映画です。(デイジー)

孤狼の血 LEVEL2

映画『孤狼の血 LEVEL2』鈴木亮平/村上虹郎

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

鈴木亮平さんの役が恐ろしくて、そのお芝居が上手すぎて、彼を見るとその役を思い出してしまうようになった。(とうこ)

the EYE 【アイ】

盲目の少女が角膜手術を受けてから怪奇現象に見舞われるお話ですが、ただ怖いだけではなく物語がしっかりしてて最後まで観るともの悲しいサスペンスでもあります。映画館で当時観て衝撃を覚えました。怖いお話なのにこんなにも深いお話だったのかと、観てから何十年も経ってるのに内容を細かく覚えています。(ゆうら)

13日の金曜日

Amazonプライムビデオで観る

とにかくジェイソンがしつこくて怖かった!!(美ッちゃん)

ジョーズ

Amazonプライムビデオで観る
怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

ズバリ、サメの映画『ジョーズ』です。ホラーじゃないし、怖いと思わずに鑑賞。スピルバーグの出世作で観ないと映画ファンじゃないと言われて観たのですが、怖いの何の!それ以来、サメ映画はトラウマです。でも、なぜかホラーは観るようになりました。ホラーのほうがサメより怖くないと感じます(笑)。(tomie)

チャイルド・プレイ

Amazonプライムビデオで観る

映画を観て数日後、従兄弟の家に遊びに行ったらチャッキーのぬいぐるみがありました。2階の暗い部屋にあったのを観てトラウマになりました。(匿名)

日蔭のふたり

いろいろな意味で衝撃的な作品。主人公達に容赦ない絶望と悲劇が押し寄せてきます。宗教的な信念や親からの教えを貫いた先にある不幸、救いようのない後味が悪いストーリーですが、映画としては凄い作品です。映像のインパクトもあるので、覚悟して観てください(笑)。(りん)

ミッドサマー

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー

Amazonプライムビデオで観る
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

狂ってる!!!これはこの作品に対しての褒め言葉なのかもしれません。どういう意図で作られたのか未だにわかりません。だからといってもう一度観ようとは思えません。(mety)

リリイ・シュシュのすべて

Amazonプライムビデオで観る

とにかく衝撃的。中学生で初めて観た時、音楽と映像の美しさに圧倒させられると共に、排他的で閉塞的な物語に打ちのめされた。観た後は何も手につかず、ただひたすら涙が溢れて、今までもそれ以降もここまでの経験はしたことがない。中毒性がある一方で繰り返し観る心構えができず、2回目を観たのは高校生になった3年後で何度観ても窒息しかける。私にとっては唯一無二の絶対的闇堕ち映画です。(はんな)

リング

Amazonプライムビデオで観る

トラウマになったといえば『リング』に出てくる貞子です。「くーるきっとくる」の音楽も相まって恐怖倍増。かなり昔に観た映画ですが、未だに時々思い出して怖くなります。(匿名)

ロード・オブ・ザ・リング

Amazonプライムビデオで観る

私がトラウマになった映画は『ロード・オブ・ザ・リング』の第1作目です。敵がとにかく怖かったです。見た目はもちろん、鳴き声(?)もすごく怖くて、それが大勢出てくるのでトラウマになりました。本当に多種多様ながら、どれもリアルで不気味な敵がたくさん出てきます。どれも怖いです。途中で、このストーリー上でなぜ死ぬ必要があるのかわからぬまま味方が亡くなっていくところもモヤモヤしてトラウマ的でした。でも、人気のシリーズなので、2作目も期待を込めて観たいと思います。(シバ)


それぞれのコメントからトラウマになったポイントや、恐怖心がひしひしと伝わってきますね。それと同時に誰かのトラウマになるほどの作品を世に送り出した作り手達の凄さも改めて感じました。「観たらトラウマになるかもしれない」とわかっていても、やっぱり気になってしまうのがトラウマ映画の魅力です。観たことのない作品はこれを機に観て、トラウマになるかどうか、ご自身の目で確かめてみてください。


上記の作品を U-NEXTで探す Huluで探す 
ぽすれん(ゲオ)で探す  TSUTAYA DISCASで探す

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

『凶悪』© 2013「凶悪」製作委員会
『この子は邪悪』© 2022「この子は邪悪」製作委員会
『ミッドサマー』© 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
『孤狼の血 LEVEL2』©2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  2. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  3. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  4. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  5. 映画『ストリートダンサー』

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP