取材&インタビュー

『大怪獣のあとしまつ』土屋太鳳さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『大怪獣のあとしまつ』土屋太鳳さんインタビュー

最全長380メートル、全高155メートルの大怪獣を倒した後の始末に奔走する人々を描いた空想特撮エンタテインメント映画『大怪獣のあとしまつ』。本作は松竹と東映が創立以来初のタッグを組み、共同幹事、配給作品として公開されます。今回は本作でヒロインを演じた土屋太鳳さんにインタビューをさせていただきました。

<PROFILE>
土屋太鳳(つちや たお):雨音ユキノ 役
1995年2月3日生まれ、東京都出身。2008年に黒沢清監督作『トウキョウソナタ』でデビュー。NHK連続テレビ小説『まれ』(2015)で主演を務め脚光を浴びる。同年主演を務めた『orange-オレンジ-』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2017年、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』では日本アカデミー賞優秀女優賞を受賞した。主な出演作には、『orange-オレンジ-』『トリガール!』『となりの怪物くん』『8年越しの花嫁』『累-かさね-』『今際の国のアリス』『哀愁しんでれら』『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』『鳩の撃退法』『アイの歌声を聴かせて』などがある。

※前半は合同インタビュー、後半は独占インタビューです。

特撮作品は好きを超えて人生で大事な存在

映画『大怪獣のあとしまつ』山田涼介/土屋太鳳

記者A:
『大怪獣のあとしまつ』というタイトルからも、今までこの大きな死体をどうしてたのかなと、発想がすごくおもしろいと思いました。土屋さんが初めて脚本を読んだ時の第一印象はどうでしたか?

土屋太鳳さん:
本当の意味で清純派の特撮作品になるんだろうなと感じました。いろいろな描き方をされている特撮があるんですけど、この作品は一貫して社会風刺があって、シリアスな中に大なり小なりコミカルな部分があっても、より深刻さを増している感じをちゃんと表現できる作品になるのではないかと思いました。あと、コロナ禍とすごく重なる部分を感じました。絶対あり得ないパンデミックが起きたじゃないですか。だからやっぱり人間が想像したことは起きるのかもしれない、発信していることってフィクションだけれど、絶対あり得ないことってないんだなと思って、自分なりにもっといろいろな作品に出られるように頑張ろうと思ったきっかけにもなりました。

映画『大怪獣のあとしまつ』土屋太鳳さんインタビュー

マイソン:
今回コミカルなシーンが良いアクセントとして入っていましたが、本作で他のキャストの方から良い影響を受けたところはありますか?

土屋太鳳さん:
皆さん本当に自然に笑いを取られるんですよね。笑わせようとしている感じがあまりなくて、そのセリフとニュアンスがおもしろいのかなと思います。三木監督がいらっしゃることで良い緊張感の中で撮影が進んでいって、ふざけた笑いだったら笑わないよっていう空気が流れていて。でもリハーサルもしっかりしていて、間とテンポも大事なのかなと感じました。

マイソン:
撮影中に待機している間も皆さん和気あいあいとされていたんでしょうか?

土屋太鳳さん:
皆さん常連さんなので、「今こういう作品で一緒に撮ってるよ」って話をしたり。西田敏行さんはお会いしたのが日本アカデミー賞ぶりで、何を話しかけてくださるのかなと思ったら「太鳳ちゃん、あのさ、最近さ、世の中に対して言いたいことある?」っておっしゃって(笑)。

一同:
ハハハハ(笑)。

映画『大怪獣のあとしまつ』濱田岳/西田敏行

土屋太鳳さん:
すごくおもしろいんですよね(笑)。濱田さんと西田さんはだいたい世の中に言いたいことを話して楽しんでらっしゃって、私も言いたいことというか、「こういう考えはありますよ」というお話はしました。

記者A:
ユキノは雨音正彦(濱田岳)と結婚していて、帯刀アラタ(山田涼介)とは元恋人という関係ですが、その微妙な人間関係を演じる上で、山田涼介さんと相談したことはありますか?

土屋太鳳さん:
ない…ですね。相談というか、涼介さんがいらっしゃるだけでユキノになれるので。涼介さんがなぜ座長という立場に立たれているのかとヒシヒシと感じた現場でした。基本的にレディファーストで、主演の方が先に行っちゃうと皆が後から走ってきて「すみません!」となるので、涼介さんは一番最後に入られるんです。私はヘアメイクに時間がかかるので、私が入ってから一緒に入ってという感じだったり、スタッフさんに対するラフなツッコミだったり、気負ってない、その呼吸のままいてくださって。涼介さんも、濱田さんもほんとに素敵だなと思いながらユキノをやらせていただきました。私自身も三角関係を演じるのは初めてだったので、新たな一歩になったかなと思います。

映画『大怪獣のあとしまつ』土屋太鳳/濱田岳

マイソン:
今回特撮作品ということで、撮影では見えていなかったものが本編で見えるようになって、出来上がった作品を観てどうでしたか?

土屋太鳳さん:
もう想像と違いすぎて(笑)。撮影中はコミカルなシーンもあって、そのノリで番宣にいくのかなと思ったら、すごく本格的な特撮映画になっていて、観終わった後に涼介さんと「これはどうやって番宣しようか」って悩んだのを覚えています。私が一番好きなのは、「倒すよりムズくね?」っていうキャッチコピーで、この中で一番のテーマなのかなと思います。

マイソン:
その言葉の通り、後始末と言われると、確かにすごく大変だし、斬新なストーリーだなと思いました。

土屋太鳳さん:
本当に斬新だなと思いましたね。東映さんと松竹さんがコラボするっていう、こんな貴重な機会に出演させていただけて、もう特撮好きな私としては本当に嬉しいです。

映画『大怪獣のあとしまつ』

マイソン:
今特撮がお好きだとおっしゃいましたが、小さい頃に観て好きになるきっかけとなった作品ってありますか?

土屋太鳳さん:
ウルトラマンガイア、ティガ、コスモス、レンジャーだったらガオレンジャー、ハリケンジャー、仮面ライダーだったら龍騎、アギト、クウガですね。あとシャンゼリオンも。

マイソン:
すごくたくさんご覧になってますね!

土屋太鳳さん:
ものすごくたくさん観てきて、私も“ウルトラマンゼロ”のヒロインをやらせていただいて、もう好きを超えて人生の大事なことの1つというか、大事な存在です。

誰かを思っているほうが心が動く

映画『大怪獣のあとしまつ』土屋太鳳/ふせえり

マイソン:
俳優さんは感情を使うお仕事で、おもしろいシーンを撮ったかと思えば次は悲しいシーンの撮影だったり大変そうだなと思います。そういう時はどうやって気持ちを切り替えていますか?

土屋太鳳さん:
私は何も考えずに憑依できる人ではないので、考えて考えてそのシーンに向けて「奇跡よ、起きろ!」と思ってやっています。だから、努力しないとそこにたどり着けなかったり、いっぱいいっぱいになっちゃうと逆に感情が出づらくなったり。どれだけの塩梅で感情を持ってくかというのは結構難しいです。

マイソン:
そうですよね。さきほど特撮をすごくたくさん観ていらっしゃるというお話がありましたが、アクション作品にも多数出演されて体を動かすことも多いと思います。そこに行き着いたきっかけというところに、もともとこういう作品がお好きだったということもあるんですか?

土屋太鳳さん:
そうかもしれないです。何かを守るために戦うとか、お芝居もそうなんですが、自分じゃなくて誰かを思っているほうが心が動くんです。それは私の生き方にも似てるというか、自分のためというより、家族や大切な友人のために自分がどう行動するか、どう言葉でそれを伝えるかとか、そういうことなのかな。

映画『大怪獣のあとしまつ』土屋太鳳さんインタビュー

マイソン:
何事にも共通してそれを大事にされてらっしゃるんですね。では普段、体を鍛えるためにやっていることはありますか?

土屋太鳳さん:
やっぱり走るのは欠かさないようにしています。常に走ってます。ずっと走ってます(笑)。

マイソン:
スゴい(笑)!結構長い距離ですか?

土屋太鳳さん:
でも今日は3㎞くらいです。ゆっくり走って、「疲れた〜」「寝たい」って思いながらランニングしてきました(笑)。

マイソン:
さすがです!では最後の質問で、これは皆さんにお聞きしているのですが、いち観客として大きな影響を受けた映画か、人物がいらっしゃったら教えてください。

映画『大怪獣のあとしまつ』土屋太鳳さんインタビュー
ヘアメイク:尾曲いずみ(ストーム)
スタイリスト:藤本大輔(tas)

土屋太鳳さん:
『シザーハンズ』です。大切な人を守りたいのに大切な人を傷つけちゃうっていうのがすごく切なくて、それはすごく衝撃的でした。あと特撮ものは自分の中で大きいかもしれません。“ウルトラマンティガ”でカルミラが出てくるシーンとか、『ラスト サムライ』とかかな。この作品というよりは、このシーンが良かったとか、人ってワンシーンを覚えていたりするじゃないですか。そういうのがあった作品が好きですね。『小さいおうち』とかも好きでしたし、“るろうに剣心”はずっと好きです。

マイソン:
確かに印象に残るシーンがある映画ってずっと覚えてますよね。本日はありがとうございました。

2022年1月9日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『大怪獣のあとしまつ』山田涼介/土屋太鳳/濱田岳/オダギリジョー/西田敏行

『大怪獣のあとしまつ』
2022年2月4日より全国公開
監督・脚本:三木聡
出演:山田涼介 土屋太鳳
配給:東映、松竹

大怪獣を倒したまでは良かったが、その巨体を始末する方法がなかなか見つからない。さらに大怪獣の死体を放置することで危険な事態も予想され、政府と特務隊は究極の方法を試すことに…。

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』トム・シリング 『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン ワン・セカンド 永遠の24フレーム

これは、大切なもののために必死になっている人人間を描いた…

映画『マリー・ミー』ジェニファー・ロペス ジェニファー・ロペス

1969年7月24日アメリカ、ニューヨーク市ブロンクス生まれ。俳優、歌手、プロデューサー、ファッションデザイナー、作家、起業家、人道主義者として…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 『神は見返りを求める』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 20組40名様ご招待

映画『神は見返りを求める』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 20組40名様ご招待

映画『今日も嫌がらせ弁当』芳根京子 映画で“食”について考えてみよう20:日本の食料自給率を知って食事情の問題点を考えよう

現代の食生活は、“飽食の時代”と呼ばれるほど、豊かで満ち足りています。しかし、私達が口にする食べ物がどこからやってきているかご存知でしょうか?今回はそんな日本の食料事情について紹介します。

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トップガン マーヴェリック

本作を観て、トム・クルーズって本当にスゴいなと改めて感じました。本作を観ていると…

映画『女子高生に殺されたい』大島優子 大島優子(おおしま ゆうこ)

1988年10月17日、栃木県出身。AKB48のメンバーとして活動した後、2014年に卒業。俳優としては、2014年に『紙の月』で…

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:ヴィム・ヴェンダース(映画監督)、役所広司(俳優)、安藤忠雄(建築家)、長谷部健(渋谷区長)、柳井康治(プロジェクトオーナー)、高崎卓馬(クリエイティブディレクター) ヴィム・ヴェンダース監督がトイレを舞台にした新作映画のヒントを明かす!?<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会

2022年5月11日に<THE TOKYO TOILETプロジェクト>の記者発表会が行われ、ヴィム・ヴェンダース監督、俳優の役所広司をはじめ、安藤忠雄(建築家)、長谷部健(渋谷区長)、柳井康治(プロジェクトオーナー)、高崎卓馬(クリエイティブディレクター)らが登壇し、プロジェクトについて語りました。

映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦ 大河への道

日本地図を完成させたとして知られる伊能忠敬で有名な千葉県香取市の市役所で「伊能忠敬にまつわる大河ドラマを作ろう」という企画が持ち上がり…

映画『TITANE/チタン』アガト・ルセル アガト・ルセル

1988年6月14日生まれ。20代で俳優学校に通い、2015年に短編映像作品“5 vagues de l ’avenir(原題)”に…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  4. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  5. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』

おすすめ記事

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ドリームプラン』ウィル・スミス/サナイヤ・シドニー/デミ・シングルトン 映画好きが選んだスポーツ映画ランキング<実話編>

今回は、『ドリームプラン』(2022年2月23日全国公開)にちなんで、実話が基になったスポーツ映画…

REVIEW

  1. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  2. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
  3. 映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦
    大河への道

  4. 映画『ハケンアニメ!』吉岡里帆/中村倫也/柄本佑/尾野真千子
  5. 映画『流浪の月』広瀬すず/松坂桃李
    流浪の月

  6. 映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス
  7. 映画『グロリアス 世界を動かした女たち』ジュリアン・ムーア
  8. ディズニープラス『ホワット・イフ…?』
  9. 映画『フォーエバー・パージ』キャシディ・フリーマン
  10. 映画『バブル』
    バブル

PAGE TOP