イイ俳優セレクション

田中哲司(たなか てつし)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『新聞記者』田中哲司

1966年2月18日、三重県生まれ。日本大学芸術部演劇学科を卒業。数多くの映画やTVドラマに出演する一方、舞台でも活躍。主な映画出演作には『アウトレイジ ビヨンド』『ストロベリーナイト』『そして父になる』『愛の渦』『映画 ビリギャル』などがある。また、プライぺートでは2014年に女優の仲間由紀恵と結婚。

イイ男セレクション/出演作

『カオス』『ひまわり』『贅沢な骨』『ホタル』『GO』『突入せよ!あさま山荘事件』『新 仁義なき戦い 謀殺』『ゲロッパ!』『アイノカラダ』『着信アリ』『この世の外へ クラブ進駐軍』『着信アリ』『この世の外へ クラブ進駐軍』『海猿 UMIZARU』『69 sixty nine』『夢の中へ』『バースデー・ウエディング』『スクラップ・ヘブン』『まだまだあぶない刑事』『ニューハーフダンク』『ベロニカは死ぬことにした』『花よりもなほ』『水の花』『いちばんきれいな水』『それでもボクはやっていない』『魂萌え!』『エクステ』『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』『図鑑に載ってない虫』『遠くの空に消えた』『クローズド・ノート』『真木栗ノ穴』『グミ・チョコレート・パイン』『パッチギ!LOVE&PEACE』『魁!!男塾』『歓喜の歌』『Sweet Rain 死神の精度』『たみおのしあわせ』『グーグーだって猫である』『ハッピーフライト』『魔法遣いに大切なこと』『死刑台のエレベーター』『食堂かたつむり』『白夜行』『八日目の蝉』『サビ男サビ女』『スイッチを押すとき』『アウトレイジ ビヨンド』『希望の国』『ストロベリーナイト』『真夏の方程式』『SPEC 結』『劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL』『そして父になる』『愛の渦』 『映画「ST赤と白の捜査ファイル」』『ビリギャル』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』『十年 Ten Years Japan』『生きてるだけで、愛。』『人魚の眠る家』『デイアンドナイト』『新聞記者』『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

多くの作品で、名脇役として注目していましたが、まさか仲間由紀恵を射止めるとは思ってもいませんでした(笑)。でも、大人の色気を感じさせるので、モテそうだなとは思います。もっと大きな役をやっても良いのになと以前から思っていましたが、男性は遅咲きの方がたくさんいるので、彼もきっとこれからもどんどん活躍していくのだと期待しています。

Recommended by Myson

©2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会
© 2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
©2019「デイアンドナイト」製作委員会

関連記事

from 2017/5/2

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  2. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  3. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  4. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  5. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP