イイ俳優セレクション

妻夫木聡(つまぶき さとし)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ある男』妻夫木聡

1980年12月13日、福岡県生まれ。アミューズ、ホリプロ、ニッポン放送が時代のスターを発掘する”アホポンプロジェクト”による世界初のオーディションマシン【スタアオーディション】で、第1回グランプリを獲得し、デビュー。2001年に『ウォーターボーイズ』で第25回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、新人俳優賞を受賞。2003年の『ジョゼと虎と魚たち』で、第77回キネマ旬報ベストテン最優秀主演男優賞、2010年『悪人』では第34回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。また、NHK大河ドラマ『天地人』で主演、NODA・MAP第17回公演“エッグ”に出演するなど、映画に限らずテレビや舞台でも活躍。そのほか主な出演作に『清須会議』『バンクーバーの朝日』『黒衣の刺客』『家族はつらいよ』『殿、利息でござる!』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『GTO』『富江 re-birth』『ウォーターボーイズ』『SABU~さぶ~』 『さよなら、クロ』『ドラゴンヘッド』『ジョゼと虎と魚たち』『きょうのできごと』『69~sixty nine~』『約30の嘘』『ローレライ』『春の雪』『やわらかい生活』『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』『涙そうそう』『どろろ』『憑神』『クワイエットルームにようこそ』『ザ・マジックアワー』『闇の子供たち』『TOKYO!』 『パコと魔法の絵本』『ブタがいた教室』『感染列島』『ノーボイズ、ノークライ』『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』『シュアリー・サムデイ』『悪人』『マイ・バック・ページ』『スマグラー』『愛と誠』『黄金を抱いて翔べ』『清須会議』『東京家族』『ジャッジ!』『小さいおうち』『ぼくたちの家族』『渇き。』『舞妓はレディ』『バンクーバーの朝日』『黒衣の刺客』『家族はつらいよ』『殿、利息でござる!』『怒り』『ミュージアム』『愚行録』『家族はつらいよ2』『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』『泣き虫しょったんの奇跡』『来る』『パラダイス・ネクスト』『決算!忠臣蔵』『Red』『一度死んでみた』『浅田家!』『唐人街探偵 東京MISSION』『ある男』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

若い頃は良くも悪くもカッコ良いから人気という印象でしたが、『悪人』を演じたあたりから、俳優としての意地が見えてきて、選ぶ出演作もバラエティに富んできたし、最近俳優としての魅力がますます増してきたと思います。『殿、利息でござる!』ではすごく重要な役柄を演じていますが、この難しい役も見事に演じています。悪役もやれば、笑える役もやるし、本当に演技の幅が広がったなあと感心しますが、『怒り』ではゲイ役に挑み、『ミュージアム』では妻夫木聡とはわからないくらいの見事な変身ぶりで、圧倒されました。若い時もさわやかで良かったですが、個人的には、年を重ねて男臭くなった今の彼の方が好きです。これからどんな役に挑戦するのか、本当に楽しみです。

Recommended by Myson

『悪人』に出演以降、ゲイやサイコパスなど幅広い役に挑戦し続けてきたブッキー(妻夫木聡)。今や日本映画界を代表する実力派俳優といっても過言ではないと思いますが、『愚行録』では一見普通に見えて、心に深い闇を抱えた男性という難役を抑えた演技のなかで見事に体現しています。デビュー当時から変わらないイケメンぶりとキュートな笑顔は健在ですが、彼の内面や演技力はどんどん進化しているようで、次作はどんな役を演じるのか常に期待してしまう俳優の一人です。

Recommended by min

出演作を観てみよう!

『ある男』
2022年11月18日より全国公開

映画『ある男』妻夫木聡/安藤サクラ/窪田正孝

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ウォーターボーイズ』

『ジョゼと虎と魚たち』

『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』

『涙そうそう』

『クワイエットルームにようこそ』

『パコと魔法の絵本』

『ブタがいた教室』

『感染列島』

『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』

『シュアリー・サムデイ』

『悪人』

『マイ・バック・ページ』

『スマグラー』

『愛と誠』

『黄金を抱いて翔べ』

『清須会議』

『東京家族』

『ジャッジ!』

『小さいおうち』

『ぼくたちの家族』

『渇き。』

『バンクーバーの朝日』

『家族はつらいよ』

『殿、利息でござる!』

『怒り』

『ミュージアム』

『愚行録』

『家族はつらいよ2』

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』

『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』

『泣き虫しょったんの奇跡』

『来る』

『パラダイス・ネクスト』

『決算!忠臣蔵』

『Red』

『一度死んでみた』

『浅田家!』

『唐人街探偵 東京MISSION』

©2013 フジテレビ 東宝
© 2013「ぼくたちの家族」製作委員会
©2014「渇き。」製作委員会
© 2014「バンクーバーの朝日」製作委員会
©2016「家族はつらいよ」製作委員会
©2016「殿、利息でござる!」製作委員会
©2017「愚行録」製作委員会
© 2017「家族はつらいよ2」製作委員会
©2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会
© 2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」製作委員会
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社
©2018「来る」製作委員会
© 2019 JOINT PICTURES CO.,LTD. AND SHIMENSOKA CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED
©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会
©2020『Red』製作委員会
©2020 松竹 フジテレビジョン
©WANDA MEDIA CO.,LTD. AS ONE PICTURES(BEIJING)CO.,LTD.CHINA FILM CO.,LTD “DETECTIVE CHINATOWN3”
©2022「ある男」製作委員会

関連記事

from 2016/5/2

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP