投稿

映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。旧作はすべてブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

★海の上のピアニスト

海の上のピアニスト(字幕版)

■今年初めて映画館で観ましたが、すっごく良かったです。また観たいです。(まな)

★映画 少年たち

映画『映画 少年たち』ジェシー/京本大我/髙地優吾/松村北斗/森本慎太郎/田中樹/岩本照/深澤辰哉/渡辺翔太/阿部亮平/宮舘涼太/佐久間大介

映画 少年たち

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■とんちきで笑えて“Show must go on”の精神を感じられて、とにかく感じとるものが多い映画です。コロナ禍でも吹っ切れると思います(笑)。(匿名)

★キャッツ

映画『キャッツ』フランチェスカ・ヘイワード

キャッツ (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■英語版も吹替版も拍手や口ずさみながら大スクリーンで鑑賞したいです。吹替版を1回だけ応援上映で鑑賞できて、とても楽しかったのでぜひ。1人では寂しいのです。コロナ禍では難しいのはわかっていますが、手拍子だけでもOKにしてもらいたい。(Mkitty)

★サウンド・オブ・ミュージック

サウンド・オブ・ミュージック (字幕版)

■去年『ようこそ映画音響の世界へ』を観てから音の演出に注目しています。素晴らしいミュージカルナンバーを極音で聴きたいのはもちろんですが、特に当時度肝を抜いた、空撮から人物へ限りなく近づくオープニングを大画面でもう一度観たい!!一気に物語の中へ吸い寄せられた高揚感を、今でもハッキリ覚えています。立体的な音の演出を劇場で体感したいです。クリストファー・プラマーへの感謝と追悼も込めて。(shiron)

★シェルブールの雨傘

シェルブールの雨傘(字幕版)

■色がとても綺麗な作品なので、映画館でまた観たい作品です。雪のシーンにカトリーヌ・ドヌーブの黒いコートというコントラストも印象的で、何度観てもハッとさせられます。ドヌーブが美しすぎる!(ぽん)

★タイタニック

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット

タイタニック (字幕版)

特集:あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

■3D化や100周年記念と何度かリバイバル上映はありましたが、やはり劇場で観る『タイタニック』は格別です。(Ophelia)
■やはりスケールが大きく、劇場で観たいといえば『タイタニック』です。レオナルド・ディカプリオも最高に美しい時でした。(おシャン)

★ドリームガールズ

ドリームガールズ (字幕版)

■人生、人間の感情すべてが詰まったミュージカル。愛、嫉妬、奪略、弱さ、裏切り、信じる心、強さ。心揺さぶります。(さいたまの江戸っ子)

★プリティ・ウーマン

プリティ・ウーマン (字幕版)

■いつ観ても素敵なシンデレラストーリー。時代が古い場面もあるけど、いつ観ても煌びやかなジュリア・ロバーツのドレス姿。カッコ良さ溢れるリチャード・ギア。大きなスクリーンで楽しみたい。(るな)

★ボヘミアン・ラプソディ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ

ボヘミアン・ラプソディ (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■大好きな『ボヘミアン・ラプソディ』をできたら爆音でまた観たい!病におかされる切ないストーリーだけど、精一杯生きる姿、そして歌と仲間達の感動ストーリー!(tomie)
■大きな画面でコンサートに行っているような気分になったので、DVDじゃ物足りないし臨場感がない。映画館で観るべき作品。(らいらい)

★ライアンの娘

ライアンの娘(字幕版)

■若かりし頃に観た『ライアンの娘』を映画館で観たいです。将校役の男優さんに恋してました。(匿名)

★レ・ミゼラブル

映画『レ・ミゼラブル』アン・ハサウェイ

レ・ミゼラブル (2012) (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

■壮大な音楽を最高の音響で聴きたい!(あーにゃ)

皆さんが映画館で観たい作品も入っていましたか?コメントを読んでいて、大音量で曲と映像を楽しんだり、恋愛映画でヒーローやヒロインに恋をするなど、映画館ならではの没入感はやっぱりDVDや配信には代えがたいものだなと改めて感じました。またいつか今回挙がった作品を劇場で楽しめる日が来ることを心から願います!!次回は、SF&ファンタジー編をご紹介します。お楽しみに!!

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
© 映画「少年たち」製作委員会
© 2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
© 2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
©Universal Pictures

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP