特集

“善と悪は紙一重”特集

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『グッバイ・クルエル・ワールド』⻄島秀俊/⼤森南朋

この特集では、善と悪について考えさせられる作品をご紹介。ゾッとするようなストーリーから、ホッコリさせられるストーリーまで、両面からお楽しみください。

グッバイ・クルエル・ワールド

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』⻄島秀俊

2022年9月9日より全国公開
R-15+
公式サイト キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

悪の世界から抜け出せない者、悪に近づきすぎた者、さまざまな事情をもった人間達の群像劇。1度染まったらなかなか抜け出せないのが悪の世界。

ヘルドッグス

映画『ヘルドッグス』岡田准一/坂口健太郎

2022年9月16日より全国公開
PG-12
公式サイト 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

善か悪かというよりも、どちらの世界の流儀が自分に合うか、どちらの世界が生きやすいかということなのかもしれません。

バッドガイズ

映画『バッドガイズ』

2022年10月7日より全国公開
公式サイト  REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

見た目はいかつくても、心の中には優しさがある。善い行いをして、生き方を変えていくキャラクター達に心が癒されます。

バッドガイズ!!

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

悪徳警官なりの正義とは?

ザ・バッド・ガイズ

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

こちらも“バッドガイズ”と名のつく映画。犯罪者だからこそ解決策がわかる!?

インファナル・アフェア

Amazonプライムで観る

悪を制するために悪に忍び込むパターンもあれば、もちろん逆もあります。

ディパーテッド

Amazonプライムで観る

現実の世界で考えても、職業や立場だけで善か悪かは判断不能ですよね。

日本で一番悪い奴ら

映画『日本で一番悪い奴ら』綾野剛/中村獅童

R-15+
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

「日本警察史上最大の不祥事」にまつわる実話を基にしたフィクション。

孤狼の血

R-15+
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

孤狼の血 LEVEL2

R-15+
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

あまりに悪に近づき過ぎると、その世界の流儀に毒されてしまうのでしょうか。それとも麻痺してしまっているだけなのでしょうか。

ブラック・スキャンダル

映画『ブラック・スキャンダル』ジョニー・デップ/ジョエル・エドガートン

R-15+
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

利害関係が成立してしまったら、善悪の判断ではどうしようもなくなるという怖さがあります。

悪人伝

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

こちらも実際の事件に基づいて作られたフィクション。お互いの目的が合致した時には立場を超えて結束できるんです。

グレイマン

Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング/クリス・エヴァンス

2022年7月22日よりNetflixにて配信中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

CIAが持つ裏表の顔は皆さんご存じのはず。そして、犯罪者を一括りにするのも横暴。

バグダッド・スキャンダル

映画『バグダッド・スキャンダル』テオ・ジェームズ/ベン・キングズレー

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

善の皮を被った者達の悪行は、本当にタチが悪いです。本作は国連にまつわる実話を基にしています。

悪の偶像

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

裏の顔を持つ権力者にどう立ち向かえばいいのでしょう。きっと似たような状況が、どの国でもあるような気がします。

すばらしき世界

映画『すばらしき世界』役所広司/仲野太賀

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

悪の世界から足を洗うには、本人の強い意志だけでは足りません。

ヤクザと家族 The Family

PG-12
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

悪の道に染まった人間が真っ当に生きるのは難しい。負の連鎖を止めるのは想像以上に難問です。

任俠学園

映画『任俠学園』西島秀俊/西田敏行/伊藤淳史/池田鉄洋

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 Amazonプライムで観る

義理と人情が善いことに活かされるなら素晴らしい!


今回取り上げた作品以外にも、善悪って何だろうと考えさせられる作品はたくさんあります。人間が持つこの二面性について、全員が納得するような明確な定義はできないのだと思います。だからこそ、物語に惹きつけられます。ぜひいろいろな作品を観てみてください。

TEXT by Myson

©2022『グッバイ・クルエル・ワールド』製作委員会
©2022 「ヘルドッグス」製作委員会
©2021 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
© Reprisal Films / The British Film Institute 2015
© 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
© 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
© 2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
©2018「孤狼の血」製作委員会
©2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
©2019 KIWI MEDIA GROUP & B.A. ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED.
©2016 CREATIVE ALLIANCE P IVS/BFB PRODUCTIONS CANADA INC. ALL RIGHTS RESERVED..
© 2019 CJ CGV Co., Ltd., VILL LEE FILM, POLLUX BARUNSON INC PRODUCTION All Rights Reserved
©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
© 2021『ヤクザと家族The Family』製作委員会
©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  2. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  3. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  4. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  5. 映画『ストリートダンサー』

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP