研究

洋画ファンor邦画ファンによる邦画選択基準の違い「俳優編」【映画研究】映画人心解剖10

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『福田村事件』井浦新/田中麗奈

今回は、邦画選択時に、「好きな俳優」or「人気俳優」を参考にする度合いについて、
●比較D:「好きな俳優」or「人気俳優」の参考度の違い(被験者内)
●比較B:「洋画ファン」「邦画ファン」「どちらも同じくらい好き(両方好き)」というグループ別(被験者間)
の2軸で分析します。

※説明が専門的になってしまう部分がありますので、ざっくりとした結果が知りたい方は、「まとめ」をご覧ください。

データ:映画研究2:洋画と邦画の作品選びの傾向アンケート
回答期間:2022/11/28 12:00〜2023/01/15 23:59
回答数:10代を含む430名の女性

<方法>
アンケートの中で下記の問いに対して、5択で答えていただきました。

Q:観る邦画を選ぶ際に、好きな俳優が出演しているかどうかはどれくらい参考にしますか?
Q:観る邦画を選ぶ際に、人気俳優が出演しているかどうかはどれくらい参考にしますか?

0:まったく参考にしない
1:あまり参考にしない
2:どちらともいえない
3:まあまあ参考にする
4:とても参考にする

上記の平均値をもとに、2要因分散分析(混合計画)を行いました。
※帰無仮説の有意水準:0.05(=5%)
※Figure6は、Table19を折れ線グラフにしたものです。
※Table20、21は、統計的(確率論的)に意味のある差、つまりこのデータに限り偶然的に出た差ではなく、統計上、一般化しても同じことがいえるかどうかを検定した結果です。
※「自分が好きな俳優が出演しているかどうか」→「好きな俳優」、「一般的に人気の俳優が出演しているかどうか」→「人気俳優」と略します。
※「どちらも同じくらい好き」→「両方好き」と略します。
効果量の参考文献:水本篤,竹内理(2008)「研究論文における効果量の報告のために―基礎的概念と注意点―」英語教育研究,31:57-66
※JASPを使った分析。

洋画を好む度合いについて、「洋画ファン」>「両方好き」>「邦画ファン」という解釈をもとに以下を述べていきます。
邦画を好む度合いについて、「邦画ファン」>「両方好き」>「洋画ファン」という解釈をもとに以下を述べていきます。

映画と人の研究10:洋画ファンor邦画ファンによる邦画選択基準の違い「俳優編」
映画と人の研究10:洋画ファンor邦画ファンによる邦画選択基準の違い「俳優編」

Figure6を見ると、「両方好き」「洋画ファン」「邦画ファン」全グループとも、人気俳優よりも好きな俳優が出演しているかどうかを参考にする傾向にあります。これは前回の洋画選択時と同じです。
邦画選択時なので、邦画ファンが一番「好きな俳優」「人気俳優」を参考にする度合いが高いのも自然な結果です。

映画と人の研究10:洋画ファンor邦画ファンによる邦画選択基準の違い「俳優編」

Table20の(被験者内)「好きな俳優・人気俳優 ✻ 洋画派or邦画派」の欄では、1行目の主効果はη²=0.079(P<.001)と中程度の効果量で有意となっています。一方、2行目の「【好きな俳優・人気俳優 × 洋画派or邦画派】交互作用」は、有意ではありませんので、交互作用はないと示唆されました。

次にTable20の(被験者間)の欄を見ると、η²=0.073(P<.001)で有意と出ており、中程度の効果量となっています。よって、「両方好き」「洋画ファン」「邦画ファン」3つのグループの差にも意味があるといえます。

さらにTable21の「多重比較-洋画派or邦画派」を見ると、「両方好き」と「洋画ファン」、「両方好き」と「邦画ファン」、「洋画ファン」と「邦画ファン」すべての組合せにおいて、有意と出ています(赤字部分)。よって、3つのグループ間すべてに有意な差があるといえます。

つまり、「両方好き」「洋画ファン」「邦画ファン」というグループの違い、「好きな俳優」か「人気俳優」かという基準による違いは、両方意味のある違いということになります。前回の洋画選択時との違いは、交互作用がないという点です。つまり、洋画or邦画ファンかの違いだけ、基準(好きな俳優か人気俳優か)の違いだけでも、参考度に違いが出るということになります。

映画『春に散る』横浜流星/窪田正孝

また、前回の洋画選択時は、グループ毎で人気俳優の参考度に大きな違いはありませんでしたが、邦画選択時は、グループ毎に好きな俳優の参考度と同じ程度の違いが人気俳優の参考度にもありました。これは邦画については、人気俳優が出演している作品が安定して観られる環境にあるのに対して、洋画については人気俳優の層自体にそれほど厚みがない(限られた俳優に人気や知名度が集中している)ために、グループ毎の違いが出にくいのではないかと考えられます。ただし、この背景については別途調べてみる必要があります。

まとめ

  • 全グループで、人気俳優よりも好きな俳優が出演しているかどうかを参考にする傾向にある。
  • 「両方好き」「洋画ファン」「邦画ファン」、すべてのグループ間の参考度の違いに意味がある。
  • グループ毎の参考度の違い、「好きな俳優」か「人気俳優」の参考度の違いは有意であり、それぞれの効果量は中程度である。

次回は、好きな俳優の参考度について、洋画選択時と邦画選択時で比較を行います。

注目の俳優作品

映画『福田村事件』井浦新/田中麗奈

『福田村事件』
2023年9月1日より全国公開
PG-12
出演:井浦新/田中麗奈/永山瑛太/東出昌大/コムアイ/木竜麻生/松浦祐也/向里祐香/杉田雷麟/カトウシンスケ/ピエール瀧/水道橋博士/豊原功補/柄本明
太秦
公式サイト REVIEW  

ムビチケ購入はこちら

映画『春に散る』佐藤浩市/横浜流星/橋本環奈/窪田正孝/山口智子

『春に散る』
2023年8月25日より全国公開中
出演:佐藤浩市/横浜流星/橋本環奈/坂東龍汰/松浦慎一郎/尚玄/奥野瑛太/坂井真紀/小澤征悦/片岡鶴太郎/哀川翔/窪田正孝/山口智子
ギャガ
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ムビチケ購入はこちら

©「福田村事件」プロジェクト2023
©2023 映画『春に散る』製作委員会

TEXT & ANALYSIS by Myson(武内三穂)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP