アンケート特集

映画好き女子のマッチョストライクゾーンを調査:マッチョの山に思いを馳せてvol.17【特別版】

  • follow us in feedly
  • RSS
マッチョ写真イメージ:胸板・腹筋もろもろ

このコーナーでは、マッチョ好き目線で作品や俳優さんをご紹介していますが、今回「マッチョ好き女子って、どれくらいいるのかな?」とふと思い、アンケートを実施しました。トーキョー女子映画部正式部員による回答結果の発表と、正式部員の皆さんがオススメするマッチョ映画もご紹介していきます。この特集は前編・後編と分けてお届けします。

アンケート回答人数:15歳以上の女性530名

Q:あなたの恋人にするとしたら、どのマッチョタイプが良いですか?

映画好き女子のマッチョストライクゾーンを調査2019

日本では細マッチョが人気というイメージですが、思った以上にミドル級、ヘビー級も人気がありますね。

Q:俳優としての好みでいうと、どのマッチョタイプが良いですか?

映画好き女子のマッチョストライクゾーンを調査2019

結構皆さん、いける口じゃないですか!嬉しい!俳優として観る分には、大きめの筋肉もオーケーという方が多くなりましたね。やはり観賞用の筋肉としては期待するところが違うんですね(笑)。

<恋人として好きなマッチョ、俳優として好きなマッチョ、その根拠>

  • 男性ホルモンムンムンな感じは苦手で中性的な方が好きです。マッチョは嫌いではなく好きでもないですが、あんまり筋肉がついていないのも自己管理ができてないイメージなので、うっすらあったらいいなって感じです。 海外俳優さんのマッチョは好きだしドキっとしますが、特別好きな俳優さん達はそんなに筋肉あるタイプではないです…。(10代後半/恋人好みライト級・俳優好みライト級)
  • 恋人は程よいぐらいがいいのですが、俳優として見るなら、この人さえいればどうにかなるでしょ感溢れるマッチョ俳優が好きです。(10代後半/恋人好みライト級・俳優好み超ヘビー級)
  • 理想としてはヘビー級だけど自分には見合わない気がするので付き合うならミドル級がベストだと思う。(10代後半/恋人好みミドル級・俳優好みヘビー級)

ファースト・マン』来日時の写真
一見どれくらいマッチョかわかりませんが、左腕をご覧ください。頼もしい太さです(笑)!

  • 彼氏が外国人だったらライアン・ゴズリングぐらいの筋肉があると最高。 だけど現実的に日本人と付き合うとしたらトム・ホランドぐらいのナチュラルな筋肉の付き方がいい。 日本人でミドル級ぐらいの筋肉ついてたらちょっと浮くというか目立つ。(20代前半/恋人好みライト級・俳優好みミドル級)
  • 頼りになりそうだから。(20代前半/恋人好みミドル級・俳優好みミドル級)
  • 目の保養にもなるし、現実味があるレベルだから。(20代前半/恋人好みヘビー級・俳優好みヘビー級)
  • 映画で見るとなると普段は見られないようなゴリゴリマッチョを大スクリーンで拝みたい!ってなるけれど、恋人となると普通に筋肉があるなという程度で良いかなって思います。実際にゴリゴリのマッチョが隣にいたら喧嘩になった時とかちょっと怖いです(笑)。(20代前半/恋人好みミドル級・俳優好み超ヘビー級)
  • 俳優さんは、やはり演技内でも脱ぐことがあると思うので、ムキムキ過ぎずでも身体つきがしっかりしていて欲しい。自分の恋人は好きになった人でムキムキの人がいないので、好みではないのと、そこに重きを置いていないからだと思います。(20代前半/恋人好みノーマッチョ・俳優好みライト級)
  • 一緒にいるならマッチョ過ぎても少し恥ずかしくなってしまうが、見るだけならマッチョであればあるほど良い。(20代前半/恋人好みヘビー級・俳優好み超ヘビー級)
  • 割とリアル好みと俳優好みが一緒かも知れないです。 映画の俳優もめちゃくちゃマッチョではなく、服が普通に入るくらいのリアリティがあるマッチョの方がドキっとします。(20代後半/恋人好みミドル級・俳優好みミドル級)
  • 強そうなのが好きだから。(20代後半/恋人好みヘビー級・俳優好みヘビー級)
映画『ヘラクレス』ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)

ヘラクレス』来日時の写真
マッチョと言えば、このお方!ロック様ことドウェイン・ジョンソンです。
人間には無理でも、ロック様ならできそうと思わせる筋肉!

  • 見るだけでも実際に接するにも程よいソフトマッチョくらいが丁度いいです。 一度ロック様級のマッチョに抱きしめられたい好奇心もあります(笑)。(20代後半/恋人好みミドル級・俳優好みミドル級)
  • 超ヘビー級マッチョさん、本当に素敵ですが、並の女では太刀打ちできない怖さがありますね(笑)。ヘビー級がまさにベスト!!!セクシーです!とはいえ、ミドル級でも日本にはそうそういないと思うので、もしいたらめちゃくちゃ見てしまいそうです。(20代後半/恋人好みヘビー級・俳優好みヘビー級)
  • 憧れと現実。 やはり日本人との体格差ですかね。(30代前半/恋人好みライト級・俳優好みミドル級)
  • 服を着ている時は一見細身に見えるのに、脱いだ瞬間、思っている以上にしっかりした筋肉に驚く&キュンとするのがミドル級ぐらいだと思う。(30代前半/恋人好みミドル級・俳優好みミドル級)
  • そこまで筋肉に魅力を感じないので、だらしなくない体であれば。(30代前半/恋人好みライト級・俳優好みミドル級)
  • ずっとガリガリ不健康そうな人が好みでしたが、30過ぎたらマッチョ好きになりました。(30代前半/恋人好みヘビー級・俳優好みヘビー級)
  • 違いですか…抱きしめてもらった時のホールド感(笑)。(30代前半/恋人好みヘビー級・俳優好みミドル級)
  • マッチョでも、セクシーを超えてワイルドになりすぎるかどうか。(30代後半/恋人好みヘビー級・俳優好みミドル級)
  • 顔はしゅっとしていて、脱いだら広背筋、逆三角形の体にエロさを感じる。(30代後半/恋人好みミドル級・俳優好みヘビー級)
  • 実際のところミドル以上は一緒にいても食生活とか厳しそうで、辛そうなので、恋人にするならライトと迷うところ。 ヘビー級以上は滅多に日本でお目にかかれないので、スクリーンでは楽しめる。(30代後半/恋人好みミドル級・俳優好みヘビー級)
  • 守ってもらえそうだし、お姫様抱っこが軽々できそう!!(30代後半/恋人好みヘビー級・俳優好みヘビー級)

「恋人となると日本人の可能性が高いと考え、超ヘビー級やヘビー級は身近にあまり存在しないから」とか、「自分と並んだ時のバランス」などを考慮して、俳優として好きなタイプ、恋人として好きなタイプで差が出たと答えた方が多かったです。いや〜、皆さん観るとこ、しっかり観てますね!

<映画好き女子達のマッチョ愛>

  • 『潤一』という映画で志尊淳くんが食事制限や筋トレをした肉体美がとてもとてもすきです。(10代後半)
  • ジェイソン・ステイサムさんのアクションと筋肉が大好きです。(10代後半)
  • マッチョはシャツを着ている時が1番好き。背中の筋肉とかすごくかっこいい。特にライアン・ゴズリングは身体はマッチョなのに、目付きは優しいからそのギャップにやられる。個人的に『ラブ・アゲイン』とか『ラ・ラ・ランド』のライアンがすごく好きで、何度観てもかっこいい! ジェイコブ・エロルディは未来のライアン候補で高期待。(20代前半)
  • 007のジェームズ・ボンド役、ダニエル・グレイグがマッチョで、母性本能をくすぐる何かがあって好きです。(20代前半)
  • トム・ホランドさんはスタント無しで動けて、身体能力の高いお茶目で可愛い細マッチョです。 コスプレ無しの映画でも拝見したい! (20代前半)
  • 私にとって理想以外の何物でもない肉体を持っているクリス・ヘムズワース。彼が父親だったら毎日やる気出るのになと、変な妄想ばかりしてしまいます。がっしりしているけれど柔らかく弾力のありそうな筋肉、大好きです。(20代前半)
映画『ホテル・エルロワイヤル』クリス・ヘムズワース

ホテル・エルロワイヤル
この作品の影の主役は、クリス・ヘムズワースの筋肉です(笑)。

  • マッチョな人の最もいいところは、自信に溢れていることです。人間誰しもコンプレックスを持っているし、素敵な人でも自信がなさげだと魅力が半減して勿体無いと思う。なぜかマッチョの人はみんな自信満々で、そこが素敵。(20代前半)
  • ブラピの筋肉は本当にかっこいい好き。(20代前半)
  • 抱かれたいのは細マッチョ。『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』のときのサーカスのバイクマンを演じるライアン・ゴズリングの筋肉がかっこよいです。マッチョな筋肉を想定しないスーツ姿が似合うところがすてきです。(20代後半)
  • ロック様級も見ていて楽しいし、ライアン・ゴズリングくらいのミドル級も美しいし、ライト級トム・ホランドはみんなの宝だし、でも私は存在しているだけで尊いクリヘムが一番好き。(20代後半)
映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』トム・ホランド
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
トム・ホランドのアスリート型筋肉が、コスチュームに映えますよね!
ホンモノの身体能力を使った演技には釘付けになります。

  • 『ウルヴァリン:SAMURAIで』のヒュー・ジャックマンのボディメイクはかなり印象に残っています。浮き立つ血管やウルヴァリンの放つ獣のような禍々しく荒々しい存在感が筋肉で表現されていることに感動しました。ウルヴァリンという役をよりリアルに生々しく表現する要素として、筋肉が活きているんだと感じました。(20代後半)
  • マッチョ俳優だと窪田正孝さんが好きです。へなへなした役も力強い戦う役もできるので、かっこいいなと思います。(20代後半)
  • 何年か前まではマッチョタイプの俳優さんに興味が無かったのですが、ヘンリー・カヴィルさんにハマってからは価値観が一変しました…! ご本人は幼少期に少しぽっちゃり体型だったらしいのですが、初出演の映画の為に身体を引き締めて今やスーパーマン役を始めとした立派なアクション俳優へと成長されました。地道な筋トレで磨き上げられたボディは本当に芸術品のようで、時折インスタに上げられるトレーニング中の様子や上半身の写真、そして服の上からでも分かる立派な筋肉の写真には、いつも惚れ惚れとしてしまいます。 実は以前、カヴィルさんご本人とお会いしてハグをさせて頂く機会があり、分厚くも程良く柔らかい胸筋に思わずうっとりしてしまいました…(笑)。(20代後半)
映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日会見:ヘンリー・カビル

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
トム・クルーズも頑張ってますが、マッチョは彼にお任せ!ヘンリー・カビルは、
スーパーマンを演じられるくらいですから、不動のマッチョ俳優ですよね。
※来日リポートはこちら

  • クリス・ヘムズワースが大好きです!! インスタやツイッターで筋トレのムービーを載せてくれるので、そこから彼の努力や筋肉への愛が伝わってきます。その上で映画を観るとさらにマッチョなクリスがさらに輝いて見えます!(20代後半)
  • ザック・エフロンが好きです。彼は役作りじゃなくても、インスタなど拝見していますが普段からマッチョです!!目の保養!(20代後半)
映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)
『ロケットマン』ジャパンプレミア

『ロケットマン』来日時の写真
タロン・エガートンのマッチョ的サイズ感、私も好きです(笑)。
でか過ぎず、細過ぎずのマッチョ感がナイス!

  • タロン・エジャトンくんのようなむちむちマッチョが好きです!(20代後半)
  • 宮野真守さんの胸鎖乳突筋が美しいとファンの間では定評があります。 宮野さんはもともととても細くひょろっとしていたのですが、ライブの為の体力を付けるために筋肉も大幅に増量されました。手足が長いのでマッチョになってもスタイル抜群です!最高です♪(30代前半)
  • 最近、坂口健太郎君の舞台観たら 坂口君のマッチョぶりに惚れました。 腹筋割れていて、胸板厚くて良かったです。(30代後半)
海外ドラマ『S.W.A.T.』来日イベント:シェマー・ムーア

『S.W.A.T.』
取材のため最前線でカメラを構えておりましたが、シェマー・ムーアの見事な筋肉を
至近距離で拝むことができました(笑)。シーズン2はスーパー!ドラマTVにて放送中。
※来日リポートはこちら

  • シェマー・ムーアさんみたいに来日イベントで無駄に脱いでくれる嬉しい♪(30代後半)
  • 本当はマッチョよりも、ポチャ系が好きです!! ダイブするとふんわり受け止めてくれそうなマシュマロボディ、たまりません!!(40代前半)
  • 引っ越し業者など、重いものを持っている時の腕の筋肉に釘付けになってしまいます!私的にはただ筋肉を眺めるよりは日常生活の中のふとした瞬間に見えてしまった筋肉にそそられます(笑) 。(40代前半)
  • ストーリーがとっちらかっていても、マッチョ俳優が活躍している映画は、それだけで許せちゃいます。映画で観る分には、どんなマッチョも大歓迎なので、大きさやキレ具合などに注目して楽しんでいます。良い意味で、脳みそまで筋肉みたいなシーンも可愛いなと思います。(40代後半)
  • マッチョ好きってほどではないけど、強いたくましい筋肉モリモリの体を見るだけで、抱きしめられたいって気持ちにさせてくれる、もはやマッチョは女性ホルモンの分泌を高めてくれる、美容液的存在です。(40代後半)
  • ヘビー級『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワースもいいですが、ミドル級 のロキ、トム・ヒドルストンが素敵で好きです。一見細そうに見えますが、実はすごいですよね。(40代後半)
  • ハリウッドのヘビーマッチョより、最近は韓国俳優マッチョにはまってます。 特にチャン・ヒョクの『チュノ〜推奴〜』の筋肉は美しくて惚れ惚れします。 そして韓国の俳優の実はマッチョというシチュエーションにもはまってます。(40代後半)
  • カンフーマッチョが好き。だからサモ・ハン・キンポーでもいい。(40代後半)
  • 先日初めて大学生のボディビルコンテスト会場で投票しました。お客さんが掛け声をかけたり、間近に来てくれたり、楽しいひと時でした。(50代)
  • アクションが凄いのがいいですね。 ジェイソン・ステイサムさんのキレッキレのアクションが大好きです。 毎回「さすが!」と思って見てしまいます。 (50代)

後編では、「Q:あなたはどんな風にマッチョと接するのが理想ですか?」なんてことや、映画好き女子の皆さんがオススメするマッチョが映える映画をたくさんご紹介します!次回もお楽しみに。

©2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
トップのイメージ写真は、acworksさんによる写真ACからの写真です。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『サムライマラソン』中川大志 中川大志(なかがわ たいし)

1998年6月14日、東京都生まれ。2009年にNHK BS-hiで放送された『わたしが子どもだったころ』の再現VTRで俳優デビュー。その後2010年に…

映画『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督 『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督インタビュー

手紙の代読をきっかけに、老人と若者の心の触れ合いと変化を描いた映画『ぶあいそうな手紙』。今回は、本作で監督と脚本を務めたアナ・ルイーザ・アゼヴェードさんにリモート取材をさせて頂きました。大きな年齢差のある登場人物のキャラクター設定や、理想の老後、さらに手紙の良さについて伺いました。

映画『ステップ』山田孝之/白鳥玉季 ステップ

女性だと娘目線で観られるからこそ、シングルファザーの大変さが伝わってきます。母親でも子育てはすごく大変というのは…

映画『悪の偶像』ソル・ギョング ソル・ギョング

1968年5月1日、韓国生まれ。舞台役者としてキャリアをスタートさせ、第37回韓国大鐘賞の主要5部門を独占したイ・チャンドン監督の社会派ドラマ『ペパーミント・キャンディー』(2000)で注目を集める。2004年…

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス グッド・ワイフ

物語の舞台は1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。ソフィアは、ここで暮らすセレブ妻達も羨むような生活を送っていましたが…

映画『ブリット=マリー幸せなひとりだち』インタビュー:ツヴァ・ノヴォトニー監督 『ブリット=マリー幸せなひとりだち』ツヴァ・ノヴォトニー監督インタビュー

結婚してから40年間、毎日完璧に家事をこなしてきた63歳の主婦が、突然家出!この63歳の女性の“冒険”を描いたベストセラーを映画化したツヴァ・ノヴォトニー監督に、メールインタビューをさせて頂きました。誰でもいつからだって人生をやり直せることを教えてくれる本作を撮った監督はどんな価値観をもっていらっしゃるのでしょうか。

映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将 ドンテンタウン

すごく身近な日常を描いていながら、いつの間にか観る者を“ドンテンタウン(曇天街)”に誘い込んでしまう、ファンタジックでどこかSF的な物語です。スランプに陥ったシンガーソングライターのソラが…

映画『グッド・ボーイズ』ジェイコブ・トレンブレイ/ブレイディ・ヌーン/キース・L・ウィリアムズ 心理学から観る映画16:グループ行動からみる心の成長

新型コロナウィルス感染症の影響で家庭学習がメインの日々が続いていたなか、最近ようやく通学が解禁となり、徐々に通常登校に戻している学校も出てきたようです。学校に行けないことが学業に影響することはもちろんですが、友達との接触もないわけで、そのことも子ども達の心理的発達に影響を及ぼします。そこで今回は、仲間関係の変化と成長について取り上げます。

映画『リトル・ジョー』エミリー・ビーチャム リトル・ジョー

エミリー・ビーチャムとベン・ウィショーの怪しげな白衣姿にも興味をそそられる本作は、あるバイオ企業で新種の植物開発に取り組む研究者のアリスが、持ち主に幸せをもたらす特殊な花の開発に成功するも…

おすすめ記事

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『ルーム』ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ ここが手掛ける映画は間違いない!映画好き女子が選んだ【A24】ランキング

皆さんは“A24”というスタジオをご存知でしょうか?「あれもこれもここが手掛けたの!」と驚くほど、…

REVIEW

  1. 映画『ステップ』山田孝之/白鳥玉季
    ステップ

  2. 映画『グッド・ワイフ』イルセ・サラス
  3. 映画『ドンテンタウン』佐藤玲/笠松将
  4. 映画『リトル・ジョー』エミリー・ビーチャム
  5. 映画『悪人伝』マ・ドンソク
    悪人伝

  6. Netflixオリジナルシリーズ『呪怨:呪いの家』荒川良々
  7. 映画『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』ペルニラ・アウグスト
  8. 映画『透明人間』エリザベス・モス
    透明人間

  9. 映画『タッチ・ミー・ノット~ローラと秘密のカウンセリング〜』ローラ・ベンソン
  10. Netflixアニメシリーズ『日本沈没2020』
    日本沈没2020

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP