アンケート特集

映画好き女子のマッチョストライクゾーンを調査:マッチョの山に思いを馳せてvol.17【特別版】

  • follow us in feedly
  • RSS
マッチョ写真イメージ:胸板・腹筋もろもろ

このコーナーでは、マッチョ好き目線で作品や俳優さんをご紹介していますが、今回「マッチョ好き女子って、どれくらいいるのかな?」とふと思い、アンケートを実施しました。トーキョー女子映画部正式部員による回答結果の発表と、正式部員の皆さんがオススメするマッチョ映画もご紹介していきます。この特集は前編・後編と分けてお届けします。

アンケート回答人数:15歳以上の女性530名

Q:あなたの恋人にするとしたら、どのマッチョタイプが良いですか?

映画好き女子のマッチョストライクゾーンを調査2019

日本では細マッチョが人気というイメージですが、思った以上にミドル級、ヘビー級も人気がありますね。

Q:俳優としての好みでいうと、どのマッチョタイプが良いですか?

映画好き女子のマッチョストライクゾーンを調査2019

結構皆さん、いける口じゃないですか!嬉しい!俳優として観る分には、大きめの筋肉もオーケーという方が多くなりましたね。やはり観賞用の筋肉としては期待するところが違うんですね(笑)。

<恋人として好きなマッチョ、俳優として好きなマッチョ、その根拠>

  • 男性ホルモンムンムンな感じは苦手で中性的な方が好きです。マッチョは嫌いではなく好きでもないですが、あんまり筋肉がついていないのも自己管理ができてないイメージなので、うっすらあったらいいなって感じです。 海外俳優さんのマッチョは好きだしドキっとしますが、特別好きな俳優さん達はそんなに筋肉あるタイプではないです…。(10代後半/恋人好みライト級・俳優好みライト級)
  • 恋人は程よいぐらいがいいのですが、俳優として見るなら、この人さえいればどうにかなるでしょ感溢れるマッチョ俳優が好きです。(10代後半/恋人好みライト級・俳優好み超ヘビー級)
  • 理想としてはヘビー級だけど自分には見合わない気がするので付き合うならミドル級がベストだと思う。(10代後半/恋人好みミドル級・俳優好みヘビー級)

ファースト・マン』来日時の写真
一見どれくらいマッチョかわかりませんが、左腕をご覧ください。頼もしい太さです(笑)!

  • 彼氏が外国人だったらライアン・ゴズリングぐらいの筋肉があると最高。 だけど現実的に日本人と付き合うとしたらトム・ホランドぐらいのナチュラルな筋肉の付き方がいい。 日本人でミドル級ぐらいの筋肉ついてたらちょっと浮くというか目立つ。(20代前半/恋人好みライト級・俳優好みミドル級)
  • 頼りになりそうだから。(20代前半/恋人好みミドル級・俳優好みミドル級)
  • 目の保養にもなるし、現実味があるレベルだから。(20代前半/恋人好みヘビー級・俳優好みヘビー級)
  • 映画で見るとなると普段は見られないようなゴリゴリマッチョを大スクリーンで拝みたい!ってなるけれど、恋人となると普通に筋肉があるなという程度で良いかなって思います。実際にゴリゴリのマッチョが隣にいたら喧嘩になった時とかちょっと怖いです(笑)。(20代前半/恋人好みミドル級・俳優好み超ヘビー級)
  • 俳優さんは、やはり演技内でも脱ぐことがあると思うので、ムキムキ過ぎずでも身体つきがしっかりしていて欲しい。自分の恋人は好きになった人でムキムキの人がいないので、好みではないのと、そこに重きを置いていないからだと思います。(20代前半/恋人好みノーマッチョ・俳優好みライト級)
  • 一緒にいるならマッチョ過ぎても少し恥ずかしくなってしまうが、見るだけならマッチョであればあるほど良い。(20代前半/恋人好みヘビー級・俳優好み超ヘビー級)
  • 割とリアル好みと俳優好みが一緒かも知れないです。 映画の俳優もめちゃくちゃマッチョではなく、服が普通に入るくらいのリアリティがあるマッチョの方がドキっとします。(20代後半/恋人好みミドル級・俳優好みミドル級)
  • 強そうなのが好きだから。(20代後半/恋人好みヘビー級・俳優好みヘビー級)
映画『ヘラクレス』ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)

ヘラクレス』来日時の写真
マッチョと言えば、このお方!ロック様ことドウェイン・ジョンソンです。
人間には無理でも、ロック様ならできそうと思わせる筋肉!

  • 見るだけでも実際に接するにも程よいソフトマッチョくらいが丁度いいです。 一度ロック様級のマッチョに抱きしめられたい好奇心もあります(笑)。(20代後半/恋人好みミドル級・俳優好みミドル級)
  • 超ヘビー級マッチョさん、本当に素敵ですが、並の女では太刀打ちできない怖さがありますね(笑)。ヘビー級がまさにベスト!!!セクシーです!とはいえ、ミドル級でも日本にはそうそういないと思うので、もしいたらめちゃくちゃ見てしまいそうです。(20代後半/恋人好みヘビー級・俳優好みヘビー級)
  • 憧れと現実。 やはり日本人との体格差ですかね。(30代前半/恋人好みライト級・俳優好みミドル級)
  • 服を着ている時は一見細身に見えるのに、脱いだ瞬間、思っている以上にしっかりした筋肉に驚く&キュンとするのがミドル級ぐらいだと思う。(30代前半/恋人好みミドル級・俳優好みミドル級)
  • そこまで筋肉に魅力を感じないので、だらしなくない体であれば。(30代前半/恋人好みライト級・俳優好みミドル級)
  • ずっとガリガリ不健康そうな人が好みでしたが、30過ぎたらマッチョ好きになりました。(30代前半/恋人好みヘビー級・俳優好みヘビー級)
  • 違いですか…抱きしめてもらった時のホールド感(笑)。(30代前半/恋人好みヘビー級・俳優好みミドル級)
  • マッチョでも、セクシーを超えてワイルドになりすぎるかどうか。(30代後半/恋人好みヘビー級・俳優好みミドル級)
  • 顔はしゅっとしていて、脱いだら広背筋、逆三角形の体にエロさを感じる。(30代後半/恋人好みミドル級・俳優好みヘビー級)
  • 実際のところミドル以上は一緒にいても食生活とか厳しそうで、辛そうなので、恋人にするならライトと迷うところ。 ヘビー級以上は滅多に日本でお目にかかれないので、スクリーンでは楽しめる。(30代後半/恋人好みミドル級・俳優好みヘビー級)
  • 守ってもらえそうだし、お姫様抱っこが軽々できそう!!(30代後半/恋人好みヘビー級・俳優好みヘビー級)

「恋人となると日本人の可能性が高いと考え、超ヘビー級やヘビー級は身近にあまり存在しないから」とか、「自分と並んだ時のバランス」などを考慮して、俳優として好きなタイプ、恋人として好きなタイプで差が出たと答えた方が多かったです。いや〜、皆さん観るとこ、しっかり観てますね!

<映画好き女子達のマッチョ愛>

  • 『潤一』という映画で志尊淳くんが食事制限や筋トレをした肉体美がとてもとてもすきです。(10代後半)
  • ジェイソン・ステイサムさんのアクションと筋肉が大好きです。(10代後半)
  • マッチョはシャツを着ている時が1番好き。背中の筋肉とかすごくかっこいい。特にライアン・ゴズリングは身体はマッチョなのに、目付きは優しいからそのギャップにやられる。個人的に『ラブ・アゲイン』とか『ラ・ラ・ランド』のライアンがすごく好きで、何度観てもかっこいい! ジェイコブ・エロルディは未来のライアン候補で高期待。(20代前半)
  • 007のジェームズ・ボンド役、ダニエル・グレイグがマッチョで、母性本能をくすぐる何かがあって好きです。(20代前半)
  • トム・ホランドさんはスタント無しで動けて、身体能力の高いお茶目で可愛い細マッチョです。 コスプレ無しの映画でも拝見したい! (20代前半)
  • 私にとって理想以外の何物でもない肉体を持っているクリス・ヘムズワース。彼が父親だったら毎日やる気出るのになと、変な妄想ばかりしてしまいます。がっしりしているけれど柔らかく弾力のありそうな筋肉、大好きです。(20代前半)
映画『ホテル・エルロワイヤル』クリス・ヘムズワース

ホテル・エルロワイヤル
この作品の影の主役は、クリス・ヘムズワースの筋肉です(笑)。

  • マッチョな人の最もいいところは、自信に溢れていることです。人間誰しもコンプレックスを持っているし、素敵な人でも自信がなさげだと魅力が半減して勿体無いと思う。なぜかマッチョの人はみんな自信満々で、そこが素敵。(20代前半)
  • ブラピの筋肉は本当にかっこいい好き。(20代前半)
  • 抱かれたいのは細マッチョ。『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ』のときのサーカスのバイクマンを演じるライアン・ゴズリングの筋肉がかっこよいです。マッチョな筋肉を想定しないスーツ姿が似合うところがすてきです。(20代後半)
  • ロック様級も見ていて楽しいし、ライアン・ゴズリングくらいのミドル級も美しいし、ライト級トム・ホランドはみんなの宝だし、でも私は存在しているだけで尊いクリヘムが一番好き。(20代後半)
映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』トム・ホランド
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
トム・ホランドのアスリート型筋肉が、コスチュームに映えますよね!
ホンモノの身体能力を使った演技には釘付けになります。

  • 『ウルヴァリン:SAMURAIで』のヒュー・ジャックマンのボディメイクはかなり印象に残っています。浮き立つ血管やウルヴァリンの放つ獣のような禍々しく荒々しい存在感が筋肉で表現されていることに感動しました。ウルヴァリンという役をよりリアルに生々しく表現する要素として、筋肉が活きているんだと感じました。(20代後半)
  • マッチョ俳優だと窪田正孝さんが好きです。へなへなした役も力強い戦う役もできるので、かっこいいなと思います。(20代後半)
  • 何年か前まではマッチョタイプの俳優さんに興味が無かったのですが、ヘンリー・カヴィルさんにハマってからは価値観が一変しました…! ご本人は幼少期に少しぽっちゃり体型だったらしいのですが、初出演の映画の為に身体を引き締めて今やスーパーマン役を始めとした立派なアクション俳優へと成長されました。地道な筋トレで磨き上げられたボディは本当に芸術品のようで、時折インスタに上げられるトレーニング中の様子や上半身の写真、そして服の上からでも分かる立派な筋肉の写真には、いつも惚れ惚れとしてしまいます。 実は以前、カヴィルさんご本人とお会いしてハグをさせて頂く機会があり、分厚くも程良く柔らかい胸筋に思わずうっとりしてしまいました…(笑)。(20代後半)
映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』来日会見:ヘンリー・カビル

ミッション:インポッシブル/フォールアウト
トム・クルーズも頑張ってますが、マッチョは彼にお任せ!ヘンリー・カビルは、
スーパーマンを演じられるくらいですから、不動のマッチョ俳優ですよね。
※来日リポートはこちら

  • クリス・ヘムズワースが大好きです!! インスタやツイッターで筋トレのムービーを載せてくれるので、そこから彼の努力や筋肉への愛が伝わってきます。その上で映画を観るとさらにマッチョなクリスがさらに輝いて見えます!(20代後半)
  • ザック・エフロンが好きです。彼は役作りじゃなくても、インスタなど拝見していますが普段からマッチョです!!目の保養!(20代後半)
映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)
『ロケットマン』ジャパンプレミア

『ロケットマン』来日時の写真
タロン・エガートンのマッチョ的サイズ感、私も好きです(笑)。
でか過ぎず、細過ぎずのマッチョ感がナイス!

  • タロン・エジャトンくんのようなむちむちマッチョが好きです!(20代後半)
  • 宮野真守さんの胸鎖乳突筋が美しいとファンの間では定評があります。 宮野さんはもともととても細くひょろっとしていたのですが、ライブの為の体力を付けるために筋肉も大幅に増量されました。手足が長いのでマッチョになってもスタイル抜群です!最高です♪(30代前半)
  • 最近、坂口健太郎君の舞台観たら 坂口君のマッチョぶりに惚れました。 腹筋割れていて、胸板厚くて良かったです。(30代後半)
海外ドラマ『S.W.A.T.』来日イベント:シェマー・ムーア

『S.W.A.T.』
取材のため最前線でカメラを構えておりましたが、シェマー・ムーアの見事な筋肉を
至近距離で拝むことができました(笑)。シーズン2はスーパー!ドラマTVにて放送中。
※来日リポートはこちら

  • シェマー・ムーアさんみたいに来日イベントで無駄に脱いでくれる嬉しい♪(30代後半)
  • 本当はマッチョよりも、ポチャ系が好きです!! ダイブするとふんわり受け止めてくれそうなマシュマロボディ、たまりません!!(40代前半)
  • 引っ越し業者など、重いものを持っている時の腕の筋肉に釘付けになってしまいます!私的にはただ筋肉を眺めるよりは日常生活の中のふとした瞬間に見えてしまった筋肉にそそられます(笑) 。(40代前半)
  • ストーリーがとっちらかっていても、マッチョ俳優が活躍している映画は、それだけで許せちゃいます。映画で観る分には、どんなマッチョも大歓迎なので、大きさやキレ具合などに注目して楽しんでいます。良い意味で、脳みそまで筋肉みたいなシーンも可愛いなと思います。(40代後半)
  • マッチョ好きってほどではないけど、強いたくましい筋肉モリモリの体を見るだけで、抱きしめられたいって気持ちにさせてくれる、もはやマッチョは女性ホルモンの分泌を高めてくれる、美容液的存在です。(40代後半)
  • ヘビー級『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワースもいいですが、ミドル級 のロキ、トム・ヒドルストンが素敵で好きです。一見細そうに見えますが、実はすごいですよね。(40代後半)
  • ハリウッドのヘビーマッチョより、最近は韓国俳優マッチョにはまってます。 特にチャン・ヒョクの『チュノ〜推奴〜』の筋肉は美しくて惚れ惚れします。 そして韓国の俳優の実はマッチョというシチュエーションにもはまってます。(40代後半)
  • カンフーマッチョが好き。だからサモ・ハン・キンポーでもいい。(40代後半)
  • 先日初めて大学生のボディビルコンテスト会場で投票しました。お客さんが掛け声をかけたり、間近に来てくれたり、楽しいひと時でした。(50代)
  • アクションが凄いのがいいですね。 ジェイソン・ステイサムさんのキレッキレのアクションが大好きです。 毎回「さすが!」と思って見てしまいます。 (50代)

後編では、「Q:あなたはどんな風にマッチョと接するのが理想ですか?」なんてことや、映画好き女子の皆さんがオススメするマッチョが映える映画をたくさんご紹介します!次回もお楽しみに。

©2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
トップのイメージ写真は、acworksさんによる写真ACからの写真です。

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』スターリング・K・ブラウン スターリング・K・ブラウン

1976年4月5日アメリカ、ミズリー州生まれ。『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』(2016)でエミー賞を受賞。さらに『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』…

映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル WAVES/ウェイブス

2部構成となっている本作の前半は“タイラーの罪”と題して、裕福な家庭に長男として生まれたタイラーの物語が綴られています。一家が裕福であるのは父の苦労と努力の…

海外ドラマ『シカゴ・ファイア』テイラー・キニー、ミランダ・レイ・メイヨ ジェシー・スペンサー、テイラー・キニー、ジェイソン・ベギーらがドラマ“シカゴ”シリーズの魅力を語る!

クロスオーバー・エピソードが醍醐味で“One Chicago”で称される全米で大人気のドラマ“シカゴ”シリーズ。日本では、現在連続リリースされていることでも話題沸騰中!今回は、そんな“シカゴ”シリーズのスタジオに潜入取材が敢行され、各作品のキャストが、シリーズの魅力や思いを語っている様子をお届けします。

映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース アシュトン・サンダース

1995年10月24日アメリカ、ロサンゼルス生まれ。ロサンゼルス演劇学校を卒業後、シカゴのデポール大学で演劇を専攻。主な映画出演作に…

映画『劇場』山﨑賢人 心理学から観る映画7-1:大人になるまで待って【モラトリアム】

春はスタートの季節ということで、将来に向けていろいろと考えたり、準備をし始める時期でもあります。特に学生は、学年が上がるにつれて、どんな仕事に就きたいかを具体的に考えますよね。それは同時に、1人の人間として自分の意志で、どんな大人になりたいか…

海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』ジャスティン・ハートリー/クリッシー・メッツ/スターリング・K・ブラウン THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから

ピアソン家の3きょうだいの過去と未来を交錯させて描く、温かい家族の物語。切なくて温かいストーリーに涙腺が刺激されます。

映画『アドリフト 41日間の漂流』サム・クラフリン サム・クラフリン

1986年6月27日イングランド生まれ。2009年にロンドンの名門演劇学校“ロンドン・アカデミーナイト・オブ・ミュージック・アンド・ドラマティック・アート(LAMDA)”を卒業後、イギリスのTVシリーズなどに出演。その後…

映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース 囚われた国家

タイトルから社会派サスペンスというのはおわかり頂けると思いますが、そこにSF要素が入ることでより…

映画『フェアウェル』ツィ・マー ツィ・マー

1962年6月10日生まれ。香港出身の中国系アメリカ人で、カナダでも活躍中。主な出演作に『ラッシュアワー』(98)と『ラッシュアワー3』(07)、マイケル・ケインと共演した『愛の落日』…

映画『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴さんインタビュー 『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴さんインタビュー

シリーズ1作目『ケアニン~あなたでよかった~』の上映会は全国各地で行われ、1300回(2020年2月現在)を突破し、台湾や香港など海外にまで支持が拡大しています。この度、前作に引き続き本シリーズ2作目となる『ケアニン~こころに咲く花~』で主演を果たした戸塚純貴さんにインタビューをさせて頂きました。俳優さんという立場からできることはないかと考えられていて、映画作りについての思いなどもお聞きできました。

おすすめ記事

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー/ジャック・レイナー 笑ったり、驚いたり、映画館でのリアクションはOK?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査3】

今回は、映画鑑賞中のリアクションについて調査しました。映画館で、おもしろいシーンや怖いシーンが出てきた時、皆さんはどんな風にリアクションしていますか?今回は、そんな映画館でのリアクションについて、自身のスタンス、周囲に求めるスタンスを聞いてみました。さらに、リアクションしながら楽しみたい編集部オススメ作品も紹介。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 総合ランキング>

海外30代俳優最終回は、ついに総合ランキングを発表!これまで発表した各部門ランキングの上位俳優が、…

映画『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』エディ・レッドメイン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 演技力部門編>

今回は俳優にとって重要な演技力部門の結果を発表します。認知度のある俳優も多いですが、皆さんはそれぞれの演技力をどう評価したのでしょうか?

映画『ボヘミアン・ラプソディ』来日、ラミ・マレック イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 個性・ユーモア部門編>

今回は、海外30代俳優個性部門TOP15、ユーモア部門TOP10を発表します!30代はどんどん個性が発揮されてくる印象ですが、上位を争ったのは一体どの俳優なのでしょうか?結果に注目です!!

映画『グレイテスト・ショーマン』ザック・エフロン イイ男セレクションランキング2020<海外30代俳優 ルックス・セクシー部門編>

今回からイイ男セレクションランキング海外30代俳優編の結果を発表!編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている海外30代(1981年以降、1990年以前の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい下記25名を選抜し、各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。まずは、ルックス部門TOP15&セクシー部門TOP15を発表します!

映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』オースティン・ザユル 洋画あるある「ツッコミどころ編」

映画を観ていると、「何でやねん!」とツッコミを入れたくなるような、お約束と感じる設定に出くわすことがありますよね。そこで今回は、どれくらい皆さんがそう思って観ているのか調査しました!さらに、ツッコミながら楽しめる編集部オススメ作品も紹介。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2:鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは? 鑑賞前の映画情報への接し方で、心がけていることは?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査2】

今回は前回に引き続き、映画好き女子の鑑賞スタイルの調査結果を発表します。欲しい情報がすぐに手に入る世の中で、映画情報とは皆さんどのように付き合っているのでしょうか?「繰り返し観たくなる!編集部オススメ作品」も紹介。

映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー 女子100%共感!『スキャンダル』部活リポート

本作は、アメリカで視聴率NO.1を誇るニュース放送局“FOXニュース”にまつわるスキャンダラスな実話を映画化したもので、テレビ界の帝王と呼ばれるFOXニュース・チャンネルのCEOによるハラスメント問題に対して、さまざまな立場の女性達がどう向き合うかを描いています。この度トーキョー女子映画部では本作の部活を実施。本作を観た皆さんが、女性目線でどのように感じたか、アンケート結果を発表します。

映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1 映画を観る前、どこまで情報を入れる?【映画好き女子の鑑賞スタイルを調査1】

以前とある映画監督にインタビューした際、「(本当は映画を観る前に情報を入れずに)何も知らないで観て欲しい」とおっしゃっていました。トーキョー女子映画部スタッフも観る前に情報を極力入れないで観たい派なのですが、そういえば皆さんどうなんだろうと気になりました。今回のアンケートでは、映画ファンの方のスタンスはどういったタイプがあるのか調査!さらに、「何も知らずに観たら数倍楽しめる!アッと驚く編集部オススメ作品」も紹介。

海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル あの人は敵?味方?転職した凄腕ジェシカの処世術がスゴい『SUITS:ジェシカ・ピアソン』部活リポート

本作は、人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』のメインキャラクターの1人、ジェシカ・ピアソンを主人公にしたスピンオフです。今回の部活では、本家『SUITS/スーツ』を観たことがある方、ない方の両方に…

REVIEW

  1. 映画『WAVES/ウェイブス』ケルヴィン・ハリソン・Jr/テイラー・ラッセル
  2. 海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス シーズン2』ジャスティン・ハートリー/クリッシー・メッツ/スターリング・K・ブラウン
  3. 映画『囚われた国家』アシュトン・サンダース
  4. 映画『フェアウェル』オークワフィナ/チャオ・シュウチェン
    フェアウェル

  5. 映画『ポップスター』ナタリー・ポートマン
    ポップスター

  6. 映画『エジソンズ・ゲーム』ベネディクト・カンバーバッチ
  7. 映画『ケアニン~こころに咲く花~』戸塚純貴/島かおり
  8. 映画『デッド・ドント・ダイ』ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/クロエ・セヴィニー
  9. 映画『サーホー』プラバース
    サーホー

  10. 映画『最高の花婿 アンコール』メディ・サドゥアン/アリ・アビタン/フレデリック・チョウ/ヌーム・ディアワラ/フレデリック・ベル/ジュリア・ピアトン/エミリー・カーン/エロディー・フォンタン/パスカル・ンゾンジ/サリマタ・カマテ/タチアナ・ロホ/クローディア・タグボ

部活・イベント

  1. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  2. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  3. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  4. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  5. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
PAGE TOP