アンケート特集

映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド

映画には多くの人気シリーズがありますが、映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのか(劇場公開時、DVD、配信等問わず)という観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証してみました。第1回目の今回は、編集部独断で選抜した洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。

アンケート回答人数 10代を含む314名(調査期間:2021/3/3〜3/28)

<今回の回答者の年齢分布>
10代 1.3% / 20代 15.9% / 30代 24.6% /40代 29.9% /50代 21.0% / 60代以上 7.3%

※本アンケートは、各シリーズを「シリーズ全作観た」「全作ではないが何作か観た」「観てない」「観たかどうか記憶にない」「知らない」で回答いただいたなかから、「シリーズ全作観た」の多い順でランキングを出しています。

第1位:“バック・トゥ・ザ・フューチャー”シリーズ

シリーズ全作観た…57.3%
全作ではないが何作か観た…29.9%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■ハッピーな気持ちになれる作品です。(20代後半)
■『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は絶対に観ておいたほうが良い。今観て改めて「あの時代にあれだけ予測ができているのはすごい!」とわかる。(20代後半)
■家族で楽しめるし、1980年代に考えていた未来である現代について、答え合わせができるのがおもしろいと思います。(30代後半)

バック・トゥ・ザ・フューチャー (字幕版)

あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

第2位:“ハリー・ポッター”シリーズ

シリーズ全作観た…45.2%
全作ではないが何作か観た…44.9%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■ストーリーがとてもおもしろく、全作何度も観ています。観ていてワクワクする作品なので絶対に観て欲しいです!(20代後半)
■本当にオススメ。本も読むと細かいところまで観られ、さらに映画がおもしろくなる。(20代後半)
■ハリーや周囲の人達の成長を見守るのはもちろん、作品が進むに連れて、学校以外の魔法の世界が見られたり、使える魔法の種類もグッと増えていくのが醍醐味なので、全作観て欲しいと思います。(30代前半)

ハリー・ポッターと賢者の石 (字幕版)

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第3位:“ファンタスティック・ビースト”シリーズ

シリーズ全作観た…43.0%
全作ではないが何作か観た…22.9%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■とにかく魔法生物が可愛い、カッコいい、美しい。(20代前半)
■大人の世界観が入りつつ、“ハリー・ポッター”シリーズからの変わらないファンタジーが広がっています!続編も楽しみ!(30代前半)
■時系列がハリポタシリーズの前の話になりますが、恋愛にも比重をおいた作品なので、ただのファンタジーにならないところが好き。また、出てくる魔法動物達も個性があってワクワクする。これからも続く作品なのでぜひ観て欲しい。(30代前半)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第4位:“パイレーツ・オブ・カリビアン”シリーズ

シリーズ全作観た…41.4%
全作ではないが何作か観た…46.5%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■ジャック・スパロウとウィル・ターナーのカッコ良さが最高。(30代前半)
■他のアドベンチャー作品とは一味違うので、ぜひ観ておくべきと思います。(50代)

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (字幕版)

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第5位:“ロード・オブ・ザ・リング”シリーズ

シリーズ全作観た…36.3%
全作ではないが何作か観た…40.1%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■“ロード・オブ・ザ・リング”の没入感はぜひ体験して欲しい!(20代後半)
■壮大で別格の映画です。1作目が公開した時に素晴らしくて、次作が待ちきれないほどでした。私のナンバーワンです!(40代前半)
■クラシックなファンタジーが特に好きなので、“ロード・オブ・ザ・リング”は外せません。衣装、音楽も全部良いです。(40代前半)

ロード・オブ・ザ・リング (字幕版)

第6位:“インディ・ジョーンズ”シリーズ

シリーズ全作観た…34.1%
全作ではないが何作か観た…45.2%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■若き日のハリソン・フォードが素敵です。(40代前半)
■ドキドキハラハラするし、時折笑える部分もあって楽しめます。(50代)
■何回観てもおもしろい。ロケ地になったペトラ遺跡も見に行った。ディズニーのアトラクションも、映画を観た上で乗ると、イメージが一層強くなるので楽しさが増す。(60代)

インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》 (字幕版)

第7位:“スパイダーマン”シリーズ(サム・ライミ監督)

シリーズ全作観た…33.8%
全作ではないが何作か観た…48.7%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■スパイダーマンは、すべてのシリーズがどれも良くできていて好きです。(30代後半)

スパイダーマン (字幕版)

第8位:“ジュラシック・パーク”シリーズ

シリーズ全作観た…32.5%
全作ではないが何作か観た…52.2%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■ワクワクドキドキが止まらない!(30代後半)
■初めて観た時は本当に恐竜が怖くてビックリしました。最近のクリス・プラット主演版も好きです。(30代後半)

ジュラシック・パーク(字幕版)

ジュラシック・ワールド/炎の王国 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第9位:“スター・ウォーズ”シリーズ

シリーズ全作観た…30.6%
全作ではないが何作か観た…49.7%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■“スター・ウォーズ”シリーズは必見だと思います!斬新な設定や世界観はもちろん、そこで描かれる人物達の物語に何よりも心震わされます!(20代前半)
■他の作品でも話題に上がることが多いので、観ていないとついていけないことも多い。(30代前半)
■“スター・ウォーズ”は、基本中の基本というべき作品。(30代後半)

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望 (字幕版)

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け (通常版) (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第10位:“マトリックス”シリーズ

シリーズ全作観た…29.0%
全作ではないが何作か観た…41.1%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■映画の可能性を広げた作品として、観ておく必要があると思います。(40代後半)

マトリックス (字幕版)

第11位:“ダークナイト”シリーズ(クリストファー・ノーラン監督)

シリーズ全作観た…28.0%
全作ではないが何作か観た…32.5%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■描き方も見せ方も魅力的!そもそもクリストファー・ノーラン監督が好き。(30代後半)
■“ダークナイト”シリーズのバットマンや登場人物の苦悩や葛藤は、今の大人にも共感できる部分が多いと思います。ファンタジーやSFが苦手な人にもオススメできるかなと思います。(40代後半)

バットマン ビギンズ (字幕版)

ダークナイト ライジング (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第12位:“ターミネーター”シリーズ

シリーズ全作観た…27.1%
全作ではないが何作か観た…52.2%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■全シリーズ何回も観ましたが、1が最高!(40代前半)
■やっぱり“ターミネーター”!守る男はカッコ良いです。(40代後半)

ターミネーター(字幕版)

ターミネーター:ニュー・フェイト (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第13位:“メン・イン・ブラック”シリーズ

シリーズ全作観た…25.8%
全作ではないが何作か観た…42.4%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
ウィル・スミストミー・リー・ジョーンズが本当に最高のタッグでおもしろい作品。(20代後半)
■アクションありコメディありの愉快な作品なので、家族全員で楽しめる映画だと思います!(20代後半)
■ウィル・スミスの魅力がたくさんの“メン・イン・ブラック”は絶対に観たほうが良い!(40代前半)

メン・イン・ブラック (字幕版)

メン・イン・ブラック 3 (字幕版) 

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第14位:“ナルニア国物語”シリーズ

シリーズ全作観た…23.6%
全作ではないが何作か観た…41.4%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■世界観がとてもファンタジーで想像力を掻き立てられます。(60代)

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [DVD]

ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第15位:“デッドプール”シリーズ

シリーズ全作観た…23.2%
全作ではないが何作か観た…20.1%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■カッコ良く敵を倒すだけのヒーローものと一線を画していて、おもしろいと思います。(50代)

デッドプール (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

デッドプール2 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第16位(同率):“ゴーストバスターズ”シリーズ

映画『ゴーストバスターズ』クリステン・ウィグ/メリッサ・マッカーシー/ ケイト・マッキノン/レスリー・ジョーンズ/クリス・ヘムズワース
ゴーストバスターズ』(2016年版)

シリーズ全作観た…21.0%
全作ではないが何作か観た…57.3%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■ゴーストも人間もユニークで楽しい作品。まだ観たことない人にはぜひ観て欲しいシリーズ。(30代後半)

ゴーストバスターズ (字幕版)

ゴーストバスターズ (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第16位(同率):“ホビット”シリーズ

シリーズ全作観た…21.0%
全作ではないが何作か観た…28.0%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■“ホビット”シリーズと“ロード・オブ・ザ・リング”シリーズはファンタジー好きなら必見!(20代後半)
■難しくないし、オタクやマニアじゃなくても、今からでもでも楽しめるのでオススメ。(40代後半)

ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ホビット 決戦のゆくえ(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第18位:“アメイジング・スパイダーマン”シリーズ(アンドリュー・ガーフィールド主演)

シリーズ全作観た…20.7%
全作ではないが何作か観た…40.1%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■“スパイダーマン”はいろいろな作品がありますが、“アメイジング・スパイダーマン”は、アンドリュー・ガーフィールドとエマ・ストーンの魅力全開で、特に好きなシリーズです。(30代後半)

アメイジング・スパイダーマン (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第19位:“ブレードランナー”シリーズ

シリーズ全作観た…18.2%
全作ではないが何作か観た…27.7%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
ハリソン・フォードはいくつになってもカッコ良い!数多くのSF作品に影響を与えた名作です。(20代後半)
■映像美も含め、観ておくべき作品だと思います。(40代後半)

ブレードランナー ファイナル・カット(字幕版)

ブレードランナー 2049 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第20位:“MCU(アベンジャーズ)”シリーズ(各キャラクターの単体シリーズ含む)

シリーズ全作観た…16.9%
全作ではないが何作か観た…44.9%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■キャラクターの個性や苦悩などが描かれていて、全員揃うとても豪華なので、ヒーローものが好きな人は絶対に観るべき!ものすごくおもしろいし、カッコ良いし感動します! (20代前半)
■あまり期待していなかったが、周りに薦められるがままに『〜エンドゲーム』まで観たところ、全シリーズの伏線が一気に回収されたように感じ、とても感動した。(30代前半)
■『〜エンドゲーム』は特に最高でした。一人ひとりの思い出がたくさん詰まっているので、込み上げてくるものがあり、感動で涙が溢れ出ました。大集結の最終決戦は見どころがありすぎて、「最高に良かった!」という言葉しかありません。また、アントマン、ハルク、ソーには大笑いし、MCUファンにはたまらない小ネタもたくさんあり、ワクワクしっぱなしでした。2度の鑑賞で隅々までじっくり楽しめました!(40代後半)

アベンジャーズ (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

アベンジャーズ/エンドゲーム(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

固定ページ:

1

2
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『夜、鳥たちが啼く』⼭⽥裕貴/松本まりか 映画に隠された恋愛哲学とヒント集70:結婚してるのに、結婚していないのに

週末婚、事実婚という言葉が生まれたように、結婚のスタイルも多様化してきました。とはいえ、依然として“結婚”という概念には縛りがあります。今回は、『夜、鳥たちが啼く』『散歩時間~その日を待ちながら~』を例に考えてみました。

東京コミコン2022:ジェイミー・キャンベル・バウアー ジェイミー・キャンベル・バウアー

1988年11月22日イギリス、ロンドン生まれ。2007年『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』の…

映画『ハッピーニューイヤー』 ハッピーニューイヤー

『猟奇的な彼女』等ヒット作を数々生み出してきたクァク・ジェヨン監督が、韓国人気俳優の豪華共演で描くこの群像劇は…

映画『君だけが知らない』ソ・イェジ ソ・イェジ

1990年4月6日韓国生まれ。2013年、ドラマ『ジャガイモ星 2013QR3』でデビュー。2016年には…

映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也 ラーゲリより愛を込めて

本作は、第二次世界大戦が終戦した後、シベリアの強制収容所=ラーゲリで不当に拘留されていた…

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー サラ・ジェシカ・パーカー

1965年3月25日アメリカ、オハイオ州生まれ。“イノセント”“サウンド・オブ・ミュージック”“アニー”など…

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー MEN 同じ顔の男たち

これは、闇鍋のような作品です(笑)。観る人を…

映画『天上の花』東出昌大/入山法子/吹越満/鎌滝恵利 天上の花

1966年に発表された萩原葉子の小説「天上の花—三好達治抄—」を『いぬむこいり』の片嶋一貴がメガホンをとり…

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『ハッピーニューイヤー』
  2. 映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  4. 映画『天上の花』東出昌大/入山法子/吹越満/鎌滝恵利
    天上の花

  5. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  6. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  7. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  8. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  9. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  10. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』

PRESENT

  1. 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】
  2. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
PAGE TOP