取材&インタビュー

○○は創造力の敵!裏話もたくさん飛び出した『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』ジェイソン・ブラム来日舞台挨拶

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』来日舞台挨拶:ジェイソン・ブラム(プロデューサー/ブラムハウス創始者・CEO)

『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』来日舞台挨拶:ジェイソン・ブラム(プロデューサー/ブラムハウス創始者・CEO) /ゆりやんレトリィバァ(特別ゲスト)

映画『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』来日舞台挨拶:ジェイソン・ブラム(プロデューサー/ブラムハウス創始者・CEO)

“パラノーマル・アクティビティ”シリーズ、“インシディアス”シリーズ、“フッテージ”シリーズ、“パージ”シリーズ、『透明人間』『ブラック・フォン』『M3GAN/ミーガン』『エクソシスト/信じる者』などのホラー、スリラーでヒットを飛ばし、『セッション』『ゲット・アウト』といったアカデミー賞を賑わす作品まで手掛けてきたブラムハウスの創始者でCEOのジェイソン・ブラム。そのジェイソン・ブラムが、ブラムハウス史上最大の世界興収を記録している『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』をひっさげて来日しました。

今回初来日となったブラムは、日本に到着してから毎食お寿司を食べているそうで、ずっと来たかった日本にやっと来られたと挨拶しました。そして、「日本独特のおもしろいこととして、日本で最も人気のある、私達が手掛けた作品は『パラノーマル・アクティビティ』なんです。今回、この『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』で記録を塗り替えたいと思います」と付け加えました。

『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』が世界中で大ヒットしている理由を聞かれると、「北米だけではなく、世界中のいろいろな国々でこの作品は成功を収めています。成功には主に2つの理由があると思います。1つ目は、(原作となる)大人気ゲームの原作者スコット・カーソンさんがこの映画の製作のすべての段階に深く携わってくださったということです。ハリウッドでは書籍やゲームを映画化する時にこのような方法で作るのは珍しいことです。通常ハリウッドでは映画化する際に元のクリエイターの方はさておき自分達でいろいろやってしまうのですが、私達は今回、反対のことをやりました。クリエイター、原作者の方を完全に迎え入れたんです。彼は映画のことはご存じないので、彼の頭の中のイメージをうまく実現するために8年という長い時間がかかりました。スコットさんがこの映画はどういう映画になるべきかを熟知されているので、彼の頭の中で描いている映像化されたイメージ、ゲームを作った天才スコットさんのビジョンをスクリーンでお届けできています」とコメントしました。

映画『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』来日舞台挨拶:ジェイソン・ブラム(プロデューサー/ブラムハウス創始者・CEO)

そして、事前にファンから寄せられた質問に答えてくれました。

Q:影響を受けた日本のゲーム、アニメ、映画があれば教えてください。

ジェイソン・ブラム:実は言ってはいけないことをお話させていただくので、今から私がお話することが翻訳されてアメリカに伝わらないことを祈ります。私はアカデミー賞に関わっているので本来こういうことを申し上げてはいけないのですが、昨年観た映画の中で最も気に入った最高の作品は『ゴジラ-1.0』です。本当に嫉妬するぐらい素晴らしい映画です。
私が大好きな映画にあって、ブラムハウスでも毎回達成しようと思っているのは、物語の心臓部となる、独特な心を打つ、引き込まれる家族のドラマです。『ゴジラ-1.0』はまさに登場人物、男性と女性と小さな子どもの関係性が今まで観たことがないような素晴らしいもので、とても引き込まれる内容になっています。また、ゴジラというキャラクターはもう29本も作られていて、皆さんがよく知っている存在でありながら、本当に信じられないほどとても新しく恐ろしく感じる作品になっています。ハリウッドの感覚からしますと、私が憧れる低予算で作られている作品でもありますし、近々この作品を作った山崎貴監督にもお会いする予定になっています。私の希望としては将来ぜひブラムハウスで作品を作っていただきたいなと思っています。
もう一つ補足させてください。お金というものは創造力の敵となるものです。特に予算が大きければ大きいほどそうなります。アーティストというのは、パラメーターが決まっている状況で制作、創作するとより良いものを作ることが多いんです。たとえば、そのパラメーターが予算だったり、ストーリーであったりするわけです。『ゴジラ-1.0』はもう29本作られているという点で、パラメーターはゴジラなんです。そのようなパラメーターがありながらとても新鮮さを感じて、他とは違う、心が引き込まれる作品となっていて、本当に素晴らしい影響を受けました。

映画『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』来日舞台挨拶:ゆりやんレトリィバァ(特別ゲスト)

次に、ホラーが大好きなゆりやんレトリィバァが登壇し、自己紹介した後「アンジェリーナ・ジョリーと呼んでください」とギャグを飛ばし、笑いを誘いました。そして、ゆりあんレトリィバァからもさらに質問が投げかけられました。

Q:私は映画を作りたいのですが、大ヒットを飛ばす秘訣を教えてください。

ジェイソン・ブラム:いくつか秘訣があります。まず、私達と仕事をしてくださるなら、お金を使い過ぎないことです。2つ目は、私達と仕事をするなら、映画スターはダメなので、アンジェリーナ・ジョリーさんはダメです。あとは楽しいものを作ることです。私はホラー映画ファンの皆さんが大好きなんです。私自身もそうなんですけど、私達ホラー映画ファンは、あまり真面目に考え過ぎない、真に受けたりしないのが良いと思います。

MC:ちなみにゆりあんレトリィバァさんはどんな映画を作りたいんですか?

ゆりあんレトリィバァ:私が今まで憎しみを抱いた人とか、許さないと思った人を懲らしめるようなホラー映画を撮るのが夢です。

ジェイソン・ブラム:それはアイデア的にまさに“パージ”ですね。(“パージ”の世界では)アメリカでは12時間だったら有罪になかなかならないし、銃がそこらじゅうにあるので。“パージ6”なんてどうでしょう?

ゆりあんレトリィバァ:プリーズ!サンキュー!ワオ!We love Purge!フー!

ジェイソン・ブラム:実際には実現しなかったんですが、非常に病的な思想を持った監督のアイデアで、アメリカで“パージ”を実現させるために外国人にとても高いお金を貸して“パージ”をしてもらうというような企画がありました。

と裏話も飛び出しました。

映画『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』来日舞台挨拶:ジェイソン・ブラム(プロデューサー/ブラムハウス創始者・CEO) /ゆりやんレトリィバァ(特別ゲスト)

Q:数々のホラー映画を製作してこられて、ジェイソン・ブラムさんが1番恐れていることは何ですか?

ジェイソン・ブラム:本当の答えを言っていいですか?

ゆりあんレトリィバァ:お願いします。

ジェイソン・ブラム:Trump.

MC:これは訳さなくても通じますね。ちなみに、ゆりあんレトリィバァさんは1番恐れているものは何ですか?

ゆりあんレトリィバァ:この前、キスしただけで虫歯が移るって聞いて、キスすることを恐れています。

ジェイソン・ブラム:それも映画の企画として素晴らしいですね。案が2つ出ましたね、キスと虫歯。

さらに、次回作に出演を願うゆりあんレトリィバァが、[何者かに追いかけられてクローゼットに隠れるけれど、後ろに気配を感じると思って振り返ったらシリアルキラーがいる]という設定の演技を披露しました。写真でご覧ください(笑)。

演技を観たブラムは、「君を雇うよ!『M3GAN2』でミーガンの友達として」と絶賛し、「たぶんね。ミーガンの従姉妹かな(笑)」と匂わせました。

映画『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』来日舞台挨拶:ジェイソン・ブラム(プロデューサー/ブラムハウス創始者・CEO)

最後に次回作について聞かれたブラムは、「今年は『イマジナリー』という作品が公開されます。そしてその後に『ウルフマン』が今年の後半か年末までには公開予定です。私の妻(ローレン・シューカー)が脚本家で、最近では『ダム・マネー ウォール街を狙え!』を手掛けました。彼女が6年前に『ウルフマン』の草稿を手掛けまして、今ニュージーランドで撮影中です」と話しました。

短い時間のイベントでしたが、いろいろな裏話や今後が楽しみな話題が飛び出しました。勢いが止まらないブラムハウス製作の『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』。ぜひお楽しみください。

映画『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』TOHOシネマズ六本木ヒルズ・フォトスポット
TOHOシネマズ六本木ヒルズにはフォトスポットもありますよ!

『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』来日舞台挨拶:
2024年1月29日取材 

PHOTO&TEXT by Myson

映画『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』

『ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ』
2024年2月9日より全国公開
東宝東和
公式サイト   REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ムビチケ購入はこちら

© 2023 Universal Studios. All Rights Reserved.

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年1月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP