イイ俳優セレクション

オダギリジョー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『サタデー・フィクション』オダギリジョー

1976年2月16日、岡山県生まれ。カンヌ国際映画祭に正式出品された『アカルイミライ』で、映画初主演を飾る。同年に出演した『あずみ』では、日本アカデミー賞新人俳優賞、エランドール賞を受賞。2004年『血と骨』では、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞の最優秀助演男優賞ほか各賞を総なめにした。そのほか主な映画出演作は『メゾン・ド・ヒミコ』『ゆれる』『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』『舟を編む』『渇き。』『FOUJITA』などがあり、『マイウェイ 12,000キロの真実』『悲夢』など、海外監督作品にも出演している。2019年『ある船頭の話』では、監督と脚本を兼任。

イイ男セレクション/出演作

『プラトニックセックス』『目下の恋人』『あずみ』『アカルイミライ』『血と骨』『日常恐怖劇場 オモヒノタマ~ECHOES~』『この世の外へ クラブ進駐軍』『スクラップ・ヘブン』『SHINOBI』『メゾン・ド・ヒミコ』『オペレッタ狸御殿』『イン・ザ・プール』『夢の中へ』『パッチギ!』『パビリオン山椒魚』『ゆれる』『ビッグ・リバー』『ブラックキス』『THE有頂天ホテル』『HAZARD』『転々』『サッド・ヴァケイション』『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』『蟲師』『叫』『たみおのしあわせ』『さくらな人たち』『空気人形』『Plastic City』『悲夢』『狼災記』『奇跡』『マイウェイ 12,000キロの真実』『Present For You』『人類資金』『舟を編む』『リアル~完全なる首長竜の日~』『ひもかわラプソディ』『ミスターGO!』『渇き。』『合葬』『FOUJITA』『S-最後の警官-THE MOVIE』『深夜食堂』『オーバー・フェンス』『湯を沸かすほどの熱い愛』『続・深夜食堂』『エルネスト』『南瓜とマヨネーズ』『ルームロンダリング』『人間の時間』『花束みたいな恋をした』『茜色に焼かれる』『名も無い日』『アジアの天使』『大怪獣のあとしまつ』『658km、陽子の旅』『』『サタデー・フィクション』など

声の出演:『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』など

監督作:『ある船頭の話』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

彼はワイルドでセクシーですよね。出演する作品のチョイスも好みです。仮面ライダー出身というのを今ではあまり公表していないので、私も最初は知りませんでしたが、うまくイメチェンしてきたからこそなのかも知れませんね(仮面ライダーが悪いという意味ではもちろんありません)。良い意味で一定の世界観を保っている役者さんだと思うので、それを壊さずにいて欲しい気もしますが、新しいタイプの役にもどんどん挑戦して欲しいと思います。これまでの作品では、フランス語、スペイン語の演技でも見事にこなしているので、今後も国内外の活躍が楽しみです。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

サタデー・フィクション
2023年11月3日より全国順次公開

映画『サタデー・フィクション』コン・リー/マーク・チャオ/オダギリジョー

『月』
2023年10月13日より全国公開

映画『月』宮沢りえ

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『あずみ』

『アカルイミライ』

『血と骨』

『SHINOBI』

『メゾン・ド・ヒミコ』

『ゆれる』

『転々』

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

『空気人形』

『悲夢』

『マイウェイ 12,000キロの真実』

『人類資金』

『舟を編む』

『リアル~完全なる首長竜の日~』

『ミスターGO!』

『渇き。』

『合葬』

『FOUJITA』

『S-最後の警官-THE MOVIE』

『深夜食堂』

『オーバー・フェンス』

『湯を沸かすほどの熱い愛』

『エルネスト』

『ルームロンダリング』

『人間の時間』

『花束みたいな恋をした』

『茜色に焼かれる』

『名も無い日』

映画『名も無い日』永瀬正敏/オダギリジョー/金子ノブアキ/今井美樹/真木よう子

『アジアの天使』

『大怪獣のあとしまつ』

『658km、陽子の旅』
2024年1月12日ブルーレイ&DVD発売

© 2013「リアル~完全なる首長竜の日~」製作委員会
© 2013 SHOWBOX/MEDIAPLEX AND DEXTER FILMS ALL RIGHTS RESERVED.
©2014「渇き。」製作委員会
© 2015「FOUJITA」製作委員会/ユーロワイド・フィルム・プロダクション
© 2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会
© 2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS
©魚喃キリコ/祥伝社・2017「南瓜とマヨネーズ」製作委員会
©2018「ルームロンダリング」
© 2019「ある船頭の話」製作委員会
© 2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
© 2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ
©2021 『名も無い日』製作委員会
©2021 The Asian Angel Film Partners
© 2023『月』製作委員会
©YINGFILMS


上記の作品を U-NEXTで探す Huluで探す 
ぽすれん(ゲオ)で探す  TSUTAYA DISCASで探す

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年11月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事

from 2016/10/11

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP