アンケート特集

映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他

「映画好きとして観ておきたい作品:洋画シリーズ編」ついに最終回!今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。下記ジャケットとリンクはシリーズのうちの一部です。

アンケート回答人数 10代を含む274名(調査期間:2021/6/7〜7/4)

<今回の回答者の年齢分布>
10代 0.7% / 20代 15.7% / 30代 24.1% / 40代 28.1%/ 50代 22.3%/ 60代以上 9.1%

※本アンケートは、各シリーズを「シリーズ全作観た」「全作ではないが何作か観た」「観てない」「観たかどうか記憶にない」「知らない」で回答いただいたなかから、「シリーズ全作観た」の多い順でランキングを出しています。

<その他のジャンル別ランキング>
洋画シリーズSF&ファンタジー&アドベンチャー編
洋画シリーズアクション編
洋画シリーズホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編

第1位:“ホーム・アローン”シリーズ

シリーズ全作観た…38.7%
全作ではないが何作か観た…46.7%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■ドタバタコメディで腹がよじれる(笑)!全世代向きなので家族でも楽しめる作品です。(20代後半)
■クリスマスを感じたら必ず、どこかの場面を思い出します!ドキドキワクワク!(40代前半)

ホーム・アローン (字幕版)

第2位:“ナイト ミュージアム”シリーズ

シリーズ全作観た…35.8%
全作ではないが何作か観た…37.2%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■何回観てもおもしろいし、ワクワクするので大好きです。(20代後半)
■個性的な登場人物、楽しいストーリーと最初からクライマックスまで飽きることなく楽しめる作品です!疲れた時に観たくなる!(20代後半)
■爽快コメディでありながら、父子の関係性を描いた作品でもあり、オススメです!(30代前半)

ナイトミュージアム (字幕版)

ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第3位:“天使にラブソングを”シリーズ

シリーズ全作観た…34.7%
全作ではないが何作か観た…44.9%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■いつ観ても泣ける感動作です。今の若い人達にもぜひ観て欲しい!(30代前半)
■子どもの頃に観て、歌が出てくる映画が大好きになりました。(40代前半)
■楽しくて大好きなウーピー・ゴールドバーグの映画の1つです。(40代後半)

天使にラブ・ソングを・・・ (字幕版)

第4位:“ブリジット・ジョーンズの日記”シリーズ

シリーズ全作観た…32.1%
全作ではないが何作か観た…40.9%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■公開当時に映画館で観て、爆笑しました。ブリジットは良い友人に恵まれていて、とても幸せだなと思いました。当時はまだ高校生だったので、「これは大人のラブコメだな」と思っていましたが、大人になった今観ると、どっちと付き合っても結構疲れそうな恋愛な気がする(笑)。(30代後半)

ブリジット・ジョーンズの日記(字幕版)

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第5位:“マンマ・ミーア”シリーズ

シリーズ全作観た…28.5%
全作ではないが何作か観た…39.8%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■歌って、踊って、泣いて、笑ってハッピーになれる!オススメ作品です。(30代後半)
■素晴らしいミュージカル映画!(40代後半)

マンマ・ミーア!(字幕版)

マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第6位:“オーシャンズ”シリーズ

映画『オーシャンズ8』サンドラ・ブロック/ケイト・ブランシェット/ラ・ポールソン/オークワフィナ/リアーナ
オーシャンズ8
2001​年に男性強盗グループ版の『オーシャンズ11』が公開され、シリーズ化。
2018年に女性強盗グループ版『オーシャンズ8』が公開となりました。

シリーズ全作観た…27.7%
全作ではないが何作か観た…48.5%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■シリーズすべてを観ると何倍も楽しめると思います。(20代前半)
■俳優陣が豪華!痛快でおもしろい!(30代前半)

オーシャンズ11 (字幕版)

オーシャンズ 8(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第7位:“テッド”シリーズ

映画『テッド』マーク・ウォールバーグ
テッド

シリーズ全作観た…27.0%
全作ではないが何作か観た…30.7%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■観ておいたほうが良いシリーズ。ファンタジーな世界と、ワイルドな部分がごちゃ混ぜな感じが良い。落ち込んでいる時に絶対に観たい作品。(20代後半)
■ただのぬいぐるみではないので、笑い要素があって好きです。(40代前半)

テッド(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第8位:セックス・アンド・ザ・シティ”シリーズ

シリーズ全作観た…26.3%
全作ではないが何作か観た…37.2%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■最初に観たのは10代の時。30代になって改めてみると、また価値観が変わっていておもしろい!数年に1度ペースで何度でも楽しみたい作品です。(30代前半)
■最高にファッショナブル!主人公役のサラ・ジェシカ・パーカーやスタイリストのパトリシア・フィールドも当時めちゃくちゃ輝いていた。あんなにファッション誌に登場したドラマが他にあるのか知りたい。(30代後半)
■ドレスの撮影や、うっとりするほど豪華なクローゼットなど、どれも素敵なシーンばかり。物語も始まりは豪華で楽しく、中盤は泣けるし、最後は納得する終わり方でとても良いです。何度も観られる作品です。(40代後半)

セックス・アンド・ザ・シティ (字幕版)

セックス・アンド・ザ・シティ 2 ザ・ムービー

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第9位:“シャーロック・ホームズ”シリーズ

シリーズ全作観た…23.7%
全作ではないが何作か観た…37.6%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■ぜひ観て欲しいです。ロバート・ダウニーJr.ジュード・ロウが演じるシャーロックとワトソンのコンビがカッコ良いです!(20代前半)
■世界観、キャスト、ストーリー共に素敵すぎる!(20代後半)

シャーロック・ホームズ (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第10位:“ゴッドファーザー”シリーズ

シリーズ全作観た…20.8%
全作ではないが何作か観た…35.0%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■登場人物が多く、マフィアという未知の世界を描いていて、初めて観た時は数十分で挫折しました。でも、年齢を重ねて改めて挑戦した時は、なぜ多くの人が絶賛するのかが少し理解できた気がします。シリーズ化される作品は、やはりどこかに大勢の人を惹きつける魅力があるのだと感じました。(40代前半)
■音楽映像、ストーリー、俳優陣など、どれをとっても最高。何度観ても感動と発見があります。(50代)
■名作中の名作ですね。キャストも素晴らしいですが、音楽、映像、そしてストーリーが完璧です。「これぞ、シネマ!」という感じです。(50代)

ゴッド・ファーザー (字幕版)

第11位:“ハングオーバー!”シリーズ

シリーズ全作観た…18.2%
全作ではないが何作か観た…23.7%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■ちょっとやり過ぎなところもあるけど、展開がおもしろ過ぎる!(30代後半)
■自分も酒飲みだが、“ハングオーバー”シリーズほどではないといつも爆笑。(40代後半)

ハングオーバー! 消えた花婿と史上最悪の二日酔い (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ハングオーバー!!! 最後の反省会(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第12位:“僕のワンダフル・ライフ/僕のワンダフル・ジャーニー”シリーズ

シリーズ全作観た…17.9%
全作ではないが何作か観た…28.8%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■ワンちゃんを飼っている方や大好きな方にはぜひ観て欲しい作品です!私は犬を飼っていませんが、「ワンちゃんはこう思っているのかな?」と楽しく観られました。あと、大好きな飼い主のところへ行くためにいろいろな困難を乗り越えていく愛の深さや動物達の絆を観て感動しました。涙なしでは観られません。(20代前半)
■“僕のワンダフルライフ”シリーズは原作も読みました。何度観ても泣けます!(50代)

僕のワンダフル・ライフ (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

僕のワンダフル・ジャーニー (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第13位:“トレインスポッティング ”シリーズ

シリーズ全作観た…15.7%
全作ではないが何作か観た…19.3%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■劇場で観たかった作品なので、続編をスクリーンで観られたことはとても嬉しかったです。(20代前半)

トレインスポッティング(字幕版)

T2 トレインスポッティング (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第14位:“キューティ・ブロンド”シリーズ

シリーズ全作観た…14.2%
全作ではないが何作か観た…28.1%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■金髪の女性という固定観念と戦う女性の奮闘ぶりから勇気がもらえます。(30代後半)
■前向きに生きていこうと元気がもらえます。(50代)

キューティ・ブロンド (字幕版)

第15位:“星の王子ニューヨークへいく”シリーズ

Amazon Prime『星の王子 ニューヨークへ行く 2』エディ・マーフィ
『星の王子 ニューヨークへ行く 2』

シリーズ全作観た…13.9%
全作ではないが何作か観た…40.1%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■1作目は子どもの頃に何度も観た記憶があります。エディ・マーフィの王子様役もハマっていました!年月を経て続編が出たのも嬉しいです。(30代後半)

星の王子ニューヨークへ行く (字幕版)

星の王子 ニューヨークへ行く 2

第16位:“ピッチ・パーフェクト”シリーズ

シリーズ全作観た…13.5%
全作ではないが何作か観た…14.2%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■メンバーが皆個性的で笑いどころが多め。(30代後半)
■ミュージカル好きも、そうでない人も楽しめる作品です。(50代)

ピッチ・パーフェクト (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第17位(同率):“ビバリーヒルズ・コップ”シリーズ

シリーズ全作観た…12.4%
全作ではないが何作か観た…38.7%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■“ビバリーヒルズ・コップ”シリーズは、観ていてとてもおもしろいです。(50代)

ビバリーヒルズ・コップ (字幕版)

第17位(同率):“ビフォア”シリーズ

シリーズ全作観た…12.4%
全作ではないが何作か観た…13.5%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■“ビフォア”シリーズは、何気なく鑑賞したのですが、そのおもしろさにビックリしました。(30代前半)
■リチャード・リンクレイター監督ならではの作品。18年の歳月をかけて歳を重ねる主役2人(イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー)を撮り続けた、映画史上を振り返っても珍しい取り組みがなされた3部作です。3作ともある1日の数時間を切り取った会話劇となっているので、主人公達がお互いの恋愛観や文化、背景、相手への想いについて語り合い、ぶつかり合うシナリオが本当にリアルです。(40代前半)
■カップル必見です。そもそもイーサン・ホークとジュリー・デルピーを組み合わせてみようと思ったキャスティングがすごいと思います。最終作でこう辿り着くとは、1作目では予想していなかったのでは?(40代後半)

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(ディスタンス)(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ビフォア・ミッドナイト(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第19位:“プリティ・プリンセス”シリーズ

シリーズ全作観た…11.3%
全作ではないが何作か観た…27.7%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■若かりしアン・ハサウェイがとってもキュート!冴えない女の子がプリンセスになっていくシンデレラストーリーも素敵です。(30代後半)

プリティ・プリンセス (字幕版)

第20位:“ドクター・ドリトル”シリーズ

映画『ドクター・ドリトル』ロバート・ダウニーJr.
ドクター・ドリトル
1998年にエディ・マーフィ主演版が公開され、シリーズ化。
2020年にロバート・ダウニーJr.主演版が公開となりました。

シリーズ全作観た…10.6%
全作ではないが何作か観た…39.8%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■子どもの頃に観たエディ・マーフィ版から大好きです。犬を飼っていたので、あんな風に動物と話せたらととても羨ましかったです。ロバート・ダウニーJr.版は、ガラッと様子が変わり、すごくシュールな内容ですが、大人まで層を広げたのではと思います。(40代後半)

ドクター・ドリトル [DVD]

ドクター・ドリトル (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

固定ページ:

1

2
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈 彼女が好きなものは

多様性という言葉が徐々に浸透してきている昨今ですが、まだまだそれぞれの方の心の奥にあるものまで…

映画『あなたの番です 劇場版』福原充則さんインタビュー 『あなたの番です 劇場版』福原充則さんインタビュー

大ヒットドラマ『あなたの番です』と、この度映画化された『あなたの番です 劇場版』の脚本を担当された福原充則さんにインタビューをさせていただきました。視聴者や観客が「犯人は誰?」「あそこに伏線があった?」と盛り上がる作品ということで、以前から脚本家の方に聞いてみたかった質問もぶつけてみました。

『コーダ あいのうた』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『コーダ あいのうた』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『軍艦少年』佐藤寛太 軍艦少年

世界文化遺産に登録された軍艦島が物語の鍵を握る本作は、軍艦島が見える街が…

映画『花椒(ホアジャオ)の味』サミー・チェン サミー・チェン

1972年8月19日香港生まれ。アジア中にファンを持つトップアーティストで俳優としても輝かしい成績を残し…

映画『成れの果て』萩原みのり 成れの果て

絶対に許せない罪を犯した人物が姉と結婚しようとしているという設定だけ聞くと、いろいろな疑問が湧きますが、最後に…

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』ワールドプレミア、アンセル・エルゴート/レイチェル・ゼグラー/アリアナ・デボーズ/デヴィット・アルヴァレス/マイク・ファイスト/リタ・モレノ/スティーブン・スピルバーグ監督 スティーヴン・スピルバーグ監督&豪華キャスト集結!『ウエスト・サイド・ストーリー』聖地ニューヨークにてワールドプレミア開催

2022年2月11日より全国公開となる映画『ウエスト・サイド・ストーリー』。先日、物語の舞台にもなった聖地ニューヨーク・ウエストサイドにてワールドプレミアが行われました。会場には、スティーヴン・スピルバーグ監督をはじめ、アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラーら豪華キャスト&スタッフが登場しました。

映画『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師

前作で一件落着したと思ったら、今度は新たな敵が出現。そして、本作では主人公イワンが本当の…

映画『アンテベラム』ジャネール・モネイ ジャネール・モネイ

1985年12月1日アメリカ、カンザス州出身。高校卒業後、ニューヨークのアメリカン・ミュージカル・アンド・ドラマ・アカデミーに進学し…

映画『悪なき殺人』ドミニク・モル監督インタビュー 『悪なき殺人』ドミニク・モル監督インタビュー

1人の女性の失踪事件から物語が始まり、予想外の人間関係と思わぬ展開を見せる『悪なき殺人』。今回は本作で監督を務めたドミニク・モルさんにリモートでインタビューをさせていただきました。本作のお話から監督の好み、コロナ禍の映画業界についてなどお話をおうかがいしました。

部活・イベント

  1. 映画『あまくない砂糖の話』
  2. 映画『おとなの事情』
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 娘との距離を感じたエピソードや娘についての悩みを大募集!『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』企画

これは、娘の成長は嬉しいけれど親離れは寂しいなと思っているお父さんに向けた企画です!記事に採用された方には、『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』の劇場鑑賞券(ペア)をプレゼント!小学生のタビサと同じ年頃の娘さんがいらっしゃる方から思春期の娘さんがいらっしゃる方まで、どんなエピソード、メッセージ、お悩みでもOKですのでぜひご応募ください。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『彼女が好きなものは』神尾楓珠/山田杏奈
  2. 映画『軍艦少年』佐藤寛太
    軍艦少年

  3. 映画『成れの果て』萩原みのり
    成れの果て

  4. 映画『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ
  5. 映画『グロリア 永遠の青春』ジュリアン・ムーア/ジョン・タトゥーロ
  6. 映画『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』ルーク・ドイル/ミシャ・ハンドリー
  7. 映画『スパゲティコード・ラブ』倉悠貴/三浦透子/清水尋也/八木莉可子/古畑新之/青木柚/xiangyu/香川沙耶/上大迫祐希/三谷麟太郎/佐藤睦/ゆりやんレトリィバァ/土村芳
  8. 映画『悪なき殺人』ダミアン・ボナール
    悪なき殺人

  9. 映画『tick, tick... BOOM!: チック、チック...ブーン!』アンドリュー・ガーフィールド
  10. 映画『ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣』ヴィクトル・ホリニャック/ミラ・シヴァツカヤ
PAGE TOP