アンケート特集

映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。怖い作品が苦手という方へのオススメコメントも挙がっています。ぜひ参考にしてみてください!

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。下記ジャケットとリンクはシリーズのうちの一部です。

アンケート回答人数 10代を含む317名(調査期間:2021/4/23〜6/6)

<今回の回答者の年齢分布>
10代 1.9% / 20代 16.7% / 30代 24.0% / 40代 29.3% / 50代 20.5%/ 60代以上 7.6%

※本アンケートは、各シリーズを「シリーズ全作観た」「全作ではないが何作か観た」「観てない」「観たかどうか記憶にない」「知らない」で回答いただいたなかから、「シリーズ全作観た」の多い順でランキングを出しています。

<その他のジャンル別ランキング>
洋画シリーズSF&ファンタジー&アドベンチャー編
洋画シリーズアクション編

第1位:“ダ・ヴィンチ・コード”シリーズ

シリーズ全作観た…34.4%
全作ではないが何作か観た…35.3%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■“ダ・ヴィンチ・コード”は大好きな作品です!イタリアの唯一無二の素敵な街並みが全編ロケなのも最高です!!(30代前半)
■特に絵画やアート、宗教や歴史に興味がある人なら楽しめるはず。ただし、あまり詳しすぎるとフィクションの部分やアレンジが気になり過ぎてしまうかもしれませんが、オススメの作品です。(30代前半)
トム・ハンクスの映画で1番好きです。世界各地がロケ地となっているミステリーの傑作です!(40代前半)

ダ・ヴィンチ・コード (字幕版)

第2位:“羊たちの沈黙/ハンニバル/レッド・ドラゴン/ハンニバル・ライジング”シリーズ

シリーズ全作観た…22.4%
全作ではないが何作か観た…42.9%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■『羊たちの沈黙』は、何度観ても完成度の高さに驚かされます。アンソニー・ホプキンスの怪演がすごい!(20代後半)
■このシリーズは、狂人がわかりやすく演出されているし、楽しみやすいと思う。『ファーザー』でアカデミー賞を受賞したのを機にアンソニー・ホプキンスを知った人は、この作品を観たら驚きそう。(30代前半)
■『羊たちの沈黙』を初めて観た時の衝撃は、今でも鮮明に記憶に残っています。(30代後半)

羊たちの沈黙 [Blu-ray]

第3位(同率):“IT”シリーズ

シリーズ全作観た…16.7%
全作ではないが何作か観た…28.7%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■驚かしてくる要素が多いので、部屋は明るくして観ないと無理!(20代後半)
■小さい頃に観て、ピエロがトラウマになるくらい怖かったのを覚えています。それでも今はホラー映画が大好きなので、オススメしたいです。(30代前半)

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第3位(同率):“シャイニング/ドクター・スリープ”シリーズ

シリーズ全作観た…16.7%
全作ではないが何作か観た…26.5%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■『シャイニング』はカメラワークが良い。トラウマ級の恐怖。(20代後半)
■『シャイニング』はジャック・ニコルソンの怪演もあり、一度観たら忘れられないほどの傑作ですが、原作者のスティーヴン・キングは不満だったとのこと。あれから40年を過ぎて続編が作られたこと自体すごいと思いますし、前作の雰囲気を上手に残しながらスティーヴン・キングも満足するように上手くまとめたところが本当に素晴らしい。(40代前半)
■『シャイニング』は映像表現の美しさが唯一無二。『ドクタースリープ』は、“シャイニング”という能力について原作に沿って描かれているのと、ユアン・マクレガーがとても良い。レベッカ・ファーガソンの悪役ぶりも超カッコ良いので観て欲しい。(40代前半)

シャイニング (字幕版)

ドクター・スリープ(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第5位:“バイオハザード”シリーズ

シリーズ全作観た…14.2%
全作ではないが何作か観た…44.8%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■“バイオハザード”シリーズは、私にとってゾンビ好きになったきっかけの作品です!ミラ・ジョヴォヴィッチが演じるアリスがとにかくカッコ良い!初回からずっと観ているとスタイルもアクションもどんどん強くなってパワーアップしています! セリフがあまりないシーンもあって、CGやセット、ケガの具合など、すべてにおいてとてもリアルでハラハラドキドキします! (20代前半)
■ゲームをやっていたので、より世界観に入れましたが、ゲームをやっていなくてもおもしろいと思います。(40代後半)
■ミラ・ジョヴォヴィッチが美しいし、回し蹴りが超カッコ良い!!(40代後半)

バイオハザード (字幕版)

バイオハザード:ザ・ファイナル [Blu-ray]

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第6位:“グレムリン”シリーズ

シリーズ全作観た…13.9%
全作ではないが何作か観た…38.5%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■モグワイがとにかく可愛いし、グレムリンが皆個性的。(20代前半)
■“グレムリン”は、子どもでも楽しめて、可愛さもあるので好きです。(40代後半)

グレムリン(字幕版)

第7位:“新感染 ファイナル・エクスプレス/新感染半島 ファイナル・ステージ”シリーズ

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』コン・ユ

シリーズ全作観た…13.6%
全作ではないが何作か観た…25.9%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■ハラハラドキドキの上に泣ける。2本だけなので観ておいて損なし!(40代前半)
■テンポが良くておもしろかった!(50代)

新感染 ファイナル・エクスプレス(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第8位:“トワイライト”シリーズ

シリーズ全作観た…12.9%
全作ではないが何作か観た…28.1%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■観やすいので、入りやすいシリーズだと思います。(30代前半)
■原作から大好きで、映画館でワクワクしながら観た記憶があります。「自分だったらどっちを選ぶかな」とか、考えながら観るのも楽しいです。(40代前半)

トワイライト~初恋~

第9位:“アダムス・ファミリー”シリーズ

シリーズ全作観た…12.6%
全作ではないが何作か観た…53.6%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■“アダムス・ファミリー”を知った時は衝撃でした。何年先も観続けたい作品です。(30代後半)
■アダムス一家のそれぞれのキャラクターがおもしろくて楽しめる!(60代)

アダムス・ファミリー (字幕版)

第10位:“ジョーズ”シリーズ

シリーズ全作観た…11.0%
全作ではないが何作か観た…59.0%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■第1作目は何度観ても飽きないし、映画の長さを感じさせない。さすがだと感じます。(50代)

ジョーズ (字幕版)

怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

第11位:“アンブレイカブル/スプリット/ミスター・ガラス”シリーズ

シリーズ全作観た…10.7%
全作ではないが何作か観た…19.9%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■『アンブレイカブル』は、ちょっと難解でわからないところもありましたが、そこがまた良かったと思います。(40代後半)
■『ミスター・ガラス』のジェームズ・マカヴォイが好きです。多重人格の演技は、鳥肌がたちました。(40代後半)

アンブレイカブル(字幕版)

ミスター・ガラス (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第12位:“ザ・リング”シリーズ

シリーズ全作観た…10.4%
全作ではないが何作か観た…42.0%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■迫力とインパクトがすごいので、怖いのが本当にダメじゃなければ観て損はない。(20代前半)
■ホラーだけでなく、ストーリーもとても良いので、ホラーが苦手な私でも楽しく観られた。(30代前半)

ザ・リング(字幕版)

第13位:“ミレニアム ”シリーズ

シリーズ全作観た…9.1%
全作ではないが何作か観た…15.8%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■“ミレニアム”シリーズは、原作も好きです。特にスウェーデン版のサランデル(ノオミ・ラパス)は、最高にカッコ良い!(40代前半)
■北欧独特の雰囲気を味わえるスウェーデン版をオススメします。(40代後半)

ミレニアム ドラゴンタトゥーの女(字幕版)

第14位:“ソウ”シリーズ

シリーズ全作観た…7.6%
全作ではないが何作か観た…29.3%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■最初の作品は、話題になるだけの作品だと納得の完成度。最後のシーンの強い衝撃は忘れられません。(30代前半)
■初めて観た時、恐怖を感じつつ次のストーリーも観たいとワクワクした気持ちもありました。恐怖が強い作品ですが、一度は観ても良いと思います。(30代前半)

ソウ (字幕版)

第15位:“死霊館”シリーズ

映画『死霊館』
死霊館

シリーズ全作観た…7.3%
全作ではないが何作か観た…18.9%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■実話を基にした作品も複数あり、とてもリアリティのある本物のホラー作品という感じで大好きです。ホラーと言ったら、私にとっては“死霊館”が1番です!(20代前半)
■イギリス事情もわかるおもしろい作品です。(40代後半)

死霊館 [Blu-ray]

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第16位:“スクリーム”シリーズ

シリーズ全作観た…6.6%
全作ではないが何作か観た…22.4%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■“スクリーム”は、全作素晴らしい!!また観たくなりました。(40代前半)
■“スクリーム”シリーズは、ホラー嫌いを返上できる。(40代後半)

スクリーム (字幕版)

第17位:“スノーホワイト”シリーズ

シリーズ全作観た…6.3%
全作ではないが何作か観た…23.7%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■一般的に知られている“白雪姫”の物語とは全く違うアプローチで、1作目から引き込まれました。シリーズを通してカッコ良いアクションがたくさん観られるのもポイントです。(30代後半)

スノーホワイト (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

スノーホワイト/氷の王国 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第18位(同率):“エクソシスト”シリーズ

シリーズ全作観た…5.7%
全作ではないが何作か観た…47.9%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■“エクソシスト”の1作目は、ホラー映画の金字塔だと思うので、観るべき作品です。(40代後半)
■幼い頃に観て、夜眠れなくなった。そのくらい怖かった。(50代)

エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版(2枚組) [Blu-ray]

第18位(同率):“オーメン”シリーズ

シリーズ全作観た…5.7%
全作ではないが何作か観た…39.4%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■色のコントラスト、音なしの沈黙を運用し、ホラーの世界観を作り上げています。怖いことを見せるより、怖いイメージにリンクさせるほうだと感じます。(30代前半)

オーメン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

第18位(同率):“13日の金曜日”シリーズ

シリーズ全作観た…5.7%
全作ではないが何作か観た…44.5%

<これは絶対に観ておいたほうが良い!コメント>
■好きなシリーズです。小さい頃は布団に包まりながら観ていた記憶があります。あのドキドキ感はやっぱり忘れられません。(20代後半)

13日の金曜日(1980) (字幕版)

固定ページ:

1

2
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン 1950 鋼の第7中隊

ツイ・ハーク、チェン・カイコー、ダンテ・ラムが監督を務め、製作費270億円が投じられた本作は…

映画『NOPE/ノープ』キキ・パーマー キキ・パーマー

1993年8月26日アメリカ、イリノイ州ハーヴェイ生まれ。シンガー、俳優、声優など…

映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー ドライビング・バニー

キービジュアルから、ポップで可愛い映画なのかと思いきや…

映画『ぼくらのよあけ』 『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン リティク・ローシャン

1974年1月10日インド、ムンバイ生まれ。父はプロデューサー、監督、脚本家、俳優である…

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、クリスチャン・ベール夫妻 クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビーら豪華キャスト&スタッフ集結!『アムステルダム』ワールドプレミア

デヴィッド・O・ラッセル監督による7年ぶりの新作『アムステルダム』が、2022年10月28日より全国公開となります。先日、ニューヨークにてワールドプレミアが開催され、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントンをはじめ、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロら豪華キャスト&スタッフが一堂に会しました。

海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ デビアスなメイドたち

『デスパレートな妻たち』が好きな人にオススメ!

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』片岡礼子 片岡礼子(かたおか れいこ)

1971年12月20日生まれ。愛媛県出身。 1993年、『二十歳の微熱』でデビュー。『愛の新世界』(1994)で…

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『あの娘は知らない』福地桃子さんインタビュー 『あの娘は知らない』福地桃子さんインタビュー

喪失感を抱えて⽣きる男⼥が出会い、お互いの孤独に寄り添いながら少しずつ前に歩み出していく様が描かれている映画『あの娘は知らない』。今回は、本作で主演を飾った福地桃子さんにお話をうかがいました。撮影現場で感じたことや、俳優のお仕事を始めたきっかけについて聞いてみました。

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  3. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ

おすすめ記事

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回…

記事作成部活20220720:初秋最新作 あなたの映画愛、ドラマ愛を形に!【記事作成部活】2022年9月度参加者募集

9月は韓国ドラマの回もオンラインで実施します!

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン
  2. 映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー
  3. 海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ
  4. 映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁
  5. 映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ
  6. 映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ヒュー・ボネヴィル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ブレンダン・コイル/ミシェル・ドッカリー/ケヴィン・ドイル/ジョアン・フロガット/マシュー・グード/ハリー・ハッデン=パトン/デヴィッド・ヘイグ/ジェラルディン・ジェームズ/ロブ・ジェームス=コリアー/サイモン・ジョーンズ/アレン・リーチ/フィリス・ローガン/エリザベス・マクガヴァン/ソフィー・マックシェラ/タペンス・ミドルトン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/レスリー・ニコル/ケイト・フィリップス/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
  7. 映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン
  8. 映画『秘密の森の、その向こう』ジョセフィーヌ・サンス/ガブリエル・サンス
  9. 映画『LAMB/ラム』ノオミ・ラパス/ヒルミル・スナイル・グズナソン
    LAMB/ラム

  10. 映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』香取慎吾/岸井ゆきの
PAGE TOP