特集

洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ【映画研究】映画人心解剖15

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、
●比較B:「洋画ファン」「邦画ファン」「どちらも同じくらい好き(両方好き)」というグループ別(被験者間)
●比較C:洋画を選ぶ際、邦画を選ぶ際(被験者内)
の2軸で分析します。

※説明が専門的になってしまう部分がありますので、ざっくりとした結果が知りたい方は、「まとめ」をご覧ください。

データ:映画研究2:洋画と邦画の作品選びの傾向アンケート
回答期間:2022/11/28 12:00〜2023/01/15 23:59
回答数:10代を含む430名の女性

<方法>
アンケートの中で下記の問いに対して、5択で答えていただきました。
Q:観る洋画を選ぶ際に、人気俳優が出演しているかどうかはどれくらい参考にしますか?
Q:観る邦画を選ぶ際に、人気俳優が出演しているかどうかはどれくらい参考にしますか?

0:まったく参考にしない
1:あまり参考にしない
2:どちらともいえない
3:まあまあ参考にする
4:とても参考にする

上記の平均値をもとに、2要因分散分析(混合計画)を行いました。
※帰無仮説の有意水準:0.05(=5%)
※Figure8は、Table25を折れ線グラフにしたものです。
※Table26、27は、統計的(確率論的)に意味のある差、つまりこのデータに限り偶然的に出た差ではなく、統計上、一般化しても同じことがいえるかどうかを検定した結果です。
※「自分が好きな俳優が出演しているかどうか」→「好きな俳優」、「一般的に人気の俳優が出演しているかどうか」→「人気俳優」と略します。
※「どちらも同じくらい好き」→「両方好き」と略します。
効果量の参考文献:水本篤,竹内理(2008)「研究論文における効果量の報告のために―基礎的概念と注意点―」英語教育研究,31:57-66
※JASPを使った分析。

洋画を好む度合いについて、「洋画ファン」>「両方好き」>「邦画ファン」という解釈をもとに以下を述べていきます。
邦画を好む度合いについて、「邦画ファン」>「両方好き」>「洋画ファン」という解釈をもとに以下を述べていきます。

映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較
映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較
Figure8

Figure8を見ると、同じ方法で比較した監督編【映画人心解剖8】のFigure4と形状が近い折れ線グラフとなっています。
「両方好き」のグループについては、洋画選択時、邦画選択時であまり違いがありません。洋画ファンは洋画選択時、邦画ファンは邦画選択時に人気俳優参考度が高くなっています。これは、【映画人心解剖11】の「好きな俳優」の参考度と同じく、好きなカテゴリーの作品を選ぶ際には、好きではないカテゴリーの作品を選ぶ際よりも、参考度が高くなるという結果が出ています。Figure8の折れ線グラフで洋画ファンと邦画ファンの部分が交わっている点からは交互作用があると判断できます。

映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較
映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較

Table26を見ると、2段目の【洋画選択時or邦画選択時×洋画派or邦画派】交互作用の欄が、η²=0.02(P<.001)となっており、さらに、Between Subjects Effects(被験者間)の「洋画派or邦画派」を見ると、η²=0.025(P<.001)で、両方とも効果量は小さいながら有意差があるという結果が出ました。Table27に示した単純主効果の結果を見ると、洋画ファンと邦画ファンの欄が有意となっています(P<.001)。よって、洋画ファンか邦画ファンかという違い、洋画選択時か邦画選択時かという違いが揃った時に、有意差が出るといえます。

まとめ1

  • 「両方好き」は洋画選択時、邦画選択時で、人気俳優参考度にあまり違いがない。
  • 洋画ファンか邦画ファンの間では、洋画選択時、邦画選択時の人気俳優参考度は有意に異なる。

参考度の比較・全体のまとめ

映画人心解剖4から11までと、15となる今回で、「洋画ファン」「邦画ファン」「両方好き」の3グループでの比較、洋画選択時or邦画選択時、自分が“好き”or一般的に“人気”という切り口でそれぞれ分析してきました。最後に、全部を比較したグラフを掲載します。

映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の監督・俳優参考度全体の比較
Figure9

全体的に左側が洋画選択時、右側が邦画選択時です。山と谷の位置は3つのグループとも似ています。洋画ファン、邦画ファンは、自分が好きなカテゴリー(洋画か邦画)で映画を選ぶ際は、俳優、監督とも参考度は他のグループよりも高めです。3グループとも洋画選択時は、「人気監督参考度」「人気俳優参考度」が近い値になっています。洋画の監督は知名度のある監督でない限り、誰が監督を務めているのかあまり気にせずに観ていて、参考にする機会が少ないと考えられます。

「両方好き」グループは、洋画選択時も邦画選択時もほとんど中間に位置しています。ただし、洋画選択時の「人気監督」「人気俳優」だけ一番得点が高くなっています。「両方好き」グループは洋画邦画問わず、いろいろな作品を観ようという姿勢から、自分が好きな監督や俳優以外にも人気のある監督や俳優の作品を観てみようという傾向が見受けられます。

そして、好きな監督or好きな俳優、人気監督or人気俳優で比較してみた場合、全体的に俳優のほうが参考度が高くなっています。洋画でいえばスティーブン・スピルバーグ監督など、ライトユーザーにも知られている有名監督でない限り、裏方の監督よりも俳優に目が向くのは自然ですね。

一般的に人気の監督や俳優よりも、自分が好きな監督や俳優が参加している作品かどうかを参考にするのは当然です。ただし、ライトユーザーは特に好きな俳優や好きな監督がいるとは限らないため、ライトユーザーを対象とした映画宣伝においては、結局俳優や監督の人気が要となるとも考えられます。

まとめ(全体)

  • 山と谷の位置は「洋画ファン」「邦画ファン」「両方好き」3つのグループとも似ている。
  • 洋画ファン、邦画ファンは、自分が好きな分類(洋画か邦画)で映画を選ぶ際は、俳優、監督とも参考度は他のグループよりも高くなる。
  • 3グループとも洋画選択時は、「人気監督参考度」「人気俳優参考度」が近い値となる。
  • 好きな監督or好きな俳優、人気監督or人気俳優で比較してみた場合、全体的に俳優のほうが参考度が高い。

次回は、「映画好きが選んだ2023邦画ベスト」のデータをもとにした分析を掲載予定です。お楽しみに!

注目の俳優作品

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介/金子ノブアキ/真飛聖/後藤剛範/片山萌美/片岡礼子/杉本哲太/斉藤由貴

『マッチング』
2024年2月23日より全国公開
出演:土屋太鳳/佐久間大介/金子ノブアキ/真飛聖/後藤剛範/片山萌美/片岡礼子/杉本哲太/斉藤由貴/前原滉/円井わん
KADOKAWA
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ムビチケ購入はこちら

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

『コヴェナント/約束の救出』
2024年2月23日より全国公開
出演:ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム/アントニー・スター/アレクサンダー・ルドウィグ/ボビー・スコフィールド/エミリー・ビーチャム/ジョニー・リー・ミラー
キノフィルムズ
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

ムビチケ購入はこちら

©2024『マッチング』製作委員会
© 2022 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

TEXT & ANALYSIS by Myson(武内三穂)

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年2月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP