イイ俳優セレクション

仲野太賀(なかの たいが)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『あの頃。』仲野太賀

※「太賀」より改名

1993年2月7日、東京都生まれ。2006年に俳優デビュー。その後『桐島、部活やめるってよ』『私の男』『アゲイン28年目の甲子園』『あん』など多くの作品に出演し、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』では主演を飾った。2016年は、TVドラマ『ゆとりですがなにか』で演じた強烈なキャラクターで話題となった。

イイ男セレクション/出演作

『バッテリー』『那須少年記』『青い鳥』『魔法遣いに大切なこと』『感染列島』『真夏のオリオン』『RISE UP』『孤高のメス』『さんかく』『エクレール・お菓子放浪記』『スイッチを押すとき』『アントキノイノチ』『桐島、部活やめるってよ』『男子高校生の日常』『人狼ゲーム』『ほとりの朔子』『MONSTERZ モンスターズ』『私の男』『スイートプールサイド』『アゲイン28年目の甲子園』『あん』『マンガ肉と僕 Kyoto Elegy』『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』『走れ、絶望に追いつかれない速さで』『淵に立つ』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』『アズミ・ハルコは行方不明』『追憶』『南瓜とマヨネーズ』『50回目のファーストキス』『十年 Ten Years Japan』『母さんがどんなに僕を嫌いでも』『来る』『町田くんの世界』『タロウのバカ』『静かな雨』『MOTHER マザー』『今日から俺は!!劇場版』『泣く子はいねぇが』『すばらしき世界』『あの頃。』『ある男』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

イケメンというカテゴリーに入れていいのかどうか微妙で、好みが分かれそうなタイプですが、素朴で少年のような雰囲気、私は嫌いじゃないですよ(上から・笑)。役柄によって印象が全然違っていて、『淵に立つ』の役柄と、『アズミハルコは行方不明』の役柄で比較しても全く別人で驚きました。13歳で芸能界入りしたとあって、出演作も既にたくさん。既に演技派俳優と言ってもおかしくないと思います。これからがとても楽しみな俳優です。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『あの頃。』
2021年2月19日より全国公開

映画『あの頃。』松坂桃李/仲野太賀/山中崇/若葉竜也/芹澤興人/コカドケンタロウ

『すばらしき世界』
2021年2月11日より全国公開

映画『すばらしき世界』役所広司

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『バッテリー』

『感染列島』

『真夏のオリオン』

『桐島、部活やめるってよ』

『男子高校生の日常』

『私の男』

『スイートプールサイド』

『あん』

『淵に立つ』

『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』

『アズミ・ハルコは行方不明』

『50回目のファーストキス』

『十年 Ten Years Japan』

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

『来る』

『町田くんの世界』

『タロウのバカ』

『静かな雨』

『今日から俺は!!劇場版』

『泣く子はいねぇが』

©2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMAS
©2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会
©魚喃キリコ/祥伝社・2017「南瓜とマヨネーズ」製作委員会
©2018 『50回目のファーストキス』製作委員会
©2018 “Ten Years Japan” FilmPartners
©2018 「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
©2018「来る」製作委員会
©安藤ゆき/集英社 ©2019 映画「町田くんの世界」製作委員会
© 2019「タロウのバカ」製作委員会
©2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋
© 2020「MOTHER」製作委員会
©2020「今日から俺は!!劇場版」製作委員会
©2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
©佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
©2020『あの頃。』製作委員会

関連記事

from 2016/9/27

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP