アンケート特集

お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。下記ジャケットとリンクはシリーズのうちの一部です。

アンケート回答人数 10代を含む女性326名(調査期間:2021/9/1〜10/5)

<今回の回答者の年齢分布>
10代 1.5% / 20代 14.5% / 30代 25.4% / 40代 26.1% / 50代 23.3% / 60代以上 9.2%

ランキングを見る前に新作スパイ映画をチェック!

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン

『キングスマン:ファースト・エージェント』
2021年12月24日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『THE MOLE(ザ・モール)』

『THE MOLE(ザ・モール)』
2021年10月15日より全国順次公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ダニエル・クレイグ/ナオミ・ハリス/レア・セドゥ/ベン・ウィショー/アナ・デ・アルマス/ラミ・マレック

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
2021年10月1日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画『クーリエ:最高機密の運び屋』ベネディクト・カンバーバッチ/メラーブ・ニニッゼ/レイチェル・ブロズナハン/ジェシー・バックリー

『クーリエ:最高機密の運び屋』
2021年9月23日より全国公開
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

映画好きが選んだお気に入りのスパイ映画ベスト40

※各得点は「好き=2点」「ふつう=1点」「特別好きではないor 観てない・知らない=0点」として加点し、ランキングを出しています。

第1位:“ミッション:インポッシブル”シリーズ…484点

<イチオシコメント>
■アクション、スパイ道具、スパイ映画らしい駆け引きのシーンなどたくさんのポイントが詰まっているので、1人でも家族でもワイワイ楽しめる作品だと思います。(20代後半)
■やっぱり“ミッション・インポッシブル”のトム・クルーズがすごいと思う。スタントを使わず自分でアクションをやるって本当にすごい。年齢を感じさせず、カッコ良いです。(30代前半)
■“ミッション:インポッシブル”は、最高傑作の映画!イーサン(トム・クルーズ)のアクションは本当に最高です。(30代後半)
■1作目から緊張感たっぷりのスタントシーンが満載な上に、シリーズ全作を観ると6作目の『〜フォールアウト』はテンション爆上がり間違いなし!(40代前半)

ミッション:インポッシブル (字幕版)

ミッション:インポッシブル フォールアウト (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第2位:“チャーリーズ・エンジェル”シリーズ…415点

映画『チャーリーズ・エンジェル』クリステン・スチュワート/ナオミ・スコット/エラ・バリンスカ
最初のシリーズでは、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューが
エンジェルを演じ、2020年にクリステン・スチュワート、ナオミ・スコット、エラ・バリンスカが
新生エンジェルを演じる『チャーリーズ・エンジェル』が公開されました。

<イチオシコメント>
■“チャーリーズ・エンジェル”のように、戦う女性がメインの作品を現代社会に推していきたいです。(20代前半)
■幼い頃に『チャーリーズ・エンジェル』のキャメロン・ディアスを好きになって映画沼に入りました!強さあり美しさありのアクションはいつ観ても胸が高まります。(20代後半)
■“チャーリーズ・エンジェル”シリーズが大好きです!全員強くてキュートでとびきり美しい。一瞬も退屈な時がなくてずっと楽しいです。(20代後半)
■“チャーリーズ・エンジェル”が好きです。エンジェル達が「ハーイ!チャーリー!」って言うシーンが好きです。(30代前半)

チャーリーズ・エンジェル(字幕版)

チャーリーズ・エンジェル (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第3位:“007”シリーズ…408点

<イチオシコメント>
■“007”シリーズは毎回ボンドガールの美しさも楽しみです!新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』も楽しみでたまりません!(30代後半)
ダニエル・クレイグ最後のボンド、感動でした。次のボンドが誰になるのか気になります(40代前半)。
■“007”シリーズは群を抜いてすごいと思います!(40代後半)

カジノ・ロワイヤル (字幕版)

007 / スカイフォール (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第4位:『Mr. & Mrs. スミス』…346点

<イチオシコメント>
■『Mr. & Mrs. スミス』は映画館で観ました。美男美女2人の息が合ったアクションで、すごくおもしろかった覚えがあります。(30代後半)
■大好きで何度も観ました。スッキリします。(40代前半)

Mr.& Mrs.スミス (字幕版)

第5位:“キングスマン”シリーズ…321点

<イチオシコメント>
■“キングスマン”は観ていてワクワクするし、アクションシーンが豪快で華やかで大好き。(10代後半)
■カッコ良くてご機嫌な展開が大好き。新作がやっと公開するので、また盛り上がると思います!(20代後半)
■“キングスマン”を観て、「すごいのが出た!」と思いました。グロいけどオススメです。(40代後半)

キングスマン(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

キングスマン: ゴールデン・サークル (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第6位:『奥様は、取り扱い注意』…299点

<イチオシコメント>
■伏線回収がおもしろく、アクションもすごい!(20代前半)
■夫婦で実は…みたいなのが好き。愛し合ってるから助け合うみたいな展開が大好物です!(20代後半)
■テレビドラマ版が好きだったので映画を観に行きました。予想外なことがあり、ドキドキハラハラさせられておもしろかったです。綾瀬はるかさんのアクションシーンがとってもカッコ良かったです。映画だとテレビで観るよりアクションシーンの迫力がありました。(30代前半)

奥様は、取り扱い注意

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第7位:“ボーン”シリーズ…282点

<イチオシコメント>
■“ボーン”シリーズは主人公の心の葛藤が丁寧に描かれているので大好きです。銃やナイフなどではなく、素手やその場にある物を使うアクションもカッコ良いです。(20代後半)
■“ボーン”シリーズはスパイ映画の最高峰だと思う。ミステリー、超実践的フィジカルアクション、スリル、スピード感、哀愁が適材適所に散りばめられている。原作の世界観もそのままキープし、回を重ねるごとにおもしろくなり、クオリティも高い稀有なシリーズだと思う。(40代前半)
マット・デイモンがすごくカッコ良いし、アクションも見事!とにかくおもしろい!完結して続編がないのが残念です。(40代後半)

ボーン・アイデンティティー (字幕版)

ジェイソン・ボーン (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第8位:ニキータ…250点

<イチオシコメント>
■刹那的で哀愁を感じるフランス映画的な演出が好きです。(40代後半)
■『ニキータ』が好きです。派手さはないけど、 ニキータ(アンヌ・パリロー)の悲しみが伝わってくる。(50代)

ニキータ (字幕版)

第9位:『TENET テネット』…246点

<イチオシコメント>
■観客を置いてけぼりにする感じが何とも言えず、何度か観ないと理解できない映画ですが、とても印象に残ってます。(10代後半)
■クリストファー・ノーラン監督のこだわりがすごすぎて度肝を抜かれます!「これは、本当にCGを使わないで撮っているの?」と驚きの連続!他の誰にも撮れない唯一無二のスパイ映画です。(50代)

TENET テネット(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第10位:“スパイ・キッズ”シリーズ…218点

<イチオシコメント>
■“スパイ・キッズ”シリーズは、子どもと一緒に何度も観ました。(50代)

スパイキッズ (字幕版)

スパイキッズ4(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第11位:『ソルト』…213点

映画『ソルト』アンジェリーナ・ジョリー
ソルト

<イチオシコメント>
■スパイ映画はあまり観ていませんが、この中だと『ソルト』が1番心に残っています。もし続編があったら観てみたいです。(40代後半)

ソルト (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第12位:『コードネーム U.N.C.L.E.』…209点

<イチオシコメント>
■大好きな作品です。絶妙な場面で笑わせてくるコミカルなシーンと、真面目で遊び人のイケメンコンビが繰り広げる最高のバディスパイ映画です。(10代後半)
■メインキャストの2人をはじめ、男女問わず美しい俳優しか出てこないという徹底ぶりで、恐らくガイ・リッチー監督独特の撮り方よりも作品のオシャレさに全振りしている作品だと思います。特にヒロインのアリシア・ヴィキャンデルが本当に可愛い。オスカー俳優になったので忙しいと思いますが、いつまでも続編を待っています。(30代前半)
■観た時に衝撃を受けるくらいスタイリッシュでワクワクした。絶対に続編が観たいと願って早数年。未だに楽しみに待っています。(30代後半)

コードネームU.N.C.L.E.(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第13位:“インファナル・アフェア”シリーズ…202点

<イチオシコメント>
■『インファナル・アフェア』はおもしろくて俳優もすごく良かった!またああいう骨太作品を観たいです。(30代前半)
■入れ替わるアイデア、バレるかどうかのスリルが2倍。2人のバックグラウンドがわかる2作目、当事者を演じるのがアンディ・ラウとトニー・レオンという2大スターなど、すべてのワクワクが詰まってる映画です!(50代)

インファナル・アフェア 無間道(字幕版)

第14位:『スパイの妻』…196点

<イチオシコメント>
■『スパイの妻』がお気に入りです。派手なアクションどころか、派手な諍いがない中でしっとり情緒的に、しかし訴えかけるように観ているこちらまで、まるで当事者であるかのように感じさせる展開が「お見事!」以外の何ものでもありません。(20代前半)
■『スパイの妻』はとても秀逸!(40代後半)

スパイの妻<劇場版>

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第15位:“RED/レッド”シリーズ…188点

<イチオシコメント>
■綺麗なおばあさんが銃をぶっ放すのが最高にカッコ良くて、ずっと好きな映画です。(30代前半)

Red (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第16位:『ディパーテッド』…181点

<イチオシコメント>
■巧みなストーリー展開、レオナルド・ディカプリオマット・デイモンの怪演ぶりがとても印象に残っています。手に汗握るハラハラ感もたまりません!(30代後半)

ディパーテッド (字幕版)

第17位:『裏切りのサーカス』…172点

<イチオシコメント>
■『裏切りのサーカス』は傑作だと思います。出演者が実力派揃いで、何度観てもおもしろい。(40代前半)
■『裏切りのサーカス』という邦題が絶妙(原題は“Tinker Tailor Soldier Spy”)!名優揃いの中、やはりゲイリー・オールドマンは別格です。(40代後半)

裏切りのサーカス (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第18位:『ジョーカー・ゲーム』…170点

<イチオシコメント>
■趣のある時代背景や主題歌も含めて本当にオススメです!(20代前半)

ジョーカー・ゲーム

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第19位:『トゥルー・ライズ』…169点

<イチオシコメント>
■家族にも正体を隠し、国家組織に所属するスパイが、テロリスト、妻の不倫、家族の危機に立ち向かう物語で、真顔のアーノルド・シュワルツェネッガーに笑えたりハラハラドキドキします。(40代後半)
■脂の乗り切ったシュワちゃん主演の『トゥルー・ライズ』は、垂直離着陸機ハリアーが出てきたり、橋を本当に爆破したりと、とにかく派手!夫婦関係もコミカルに描かれていて、ジェイミー・リー・カーティスのおとぼけぶりが最高!映画ならではの派手なスパイ作品で、何も考えずにスカッと観られて楽しい!(50代)

トゥルーライズ [AmazonDVDコレクション]

第20位:『アトミック・ブロンド』…161点

<イチオシコメント>
ジェームズ・マカヴォイが演じるパーシヴァルが最高です。彼の設定を生かしたスピンオフをずっと待ってます!(30代後半)
■特にオススメの作品!音楽が最高!シャーリーズ・セロンが強くてカッコ良い!(40代前半)

アトミック・ブロンド(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第21位:『Black & White/ブラック & ホワイト』…157点

Black&White/ブラック&ホワイト (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第22位:“ジョニー・イングリッシュ”シリーズ…143点

ジョニー・イングリッシュ (字幕版)

ジョニー・イングリッシュ/アナログの逆襲 (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第23位(同率):『SPY/スパイ』…141点

SPY/スパイ (字幕版)

第23位(同率):『ブリッジ・オブ・スパイ』…141点

ブリッジ・オブ・スパイ (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第25位(同率):『スパイ・ゲーム』…140点

スパイ・ゲーム [Blu-ray]

第25位(同率):『レッド・スパロー』…140点

レッド・スパロー (字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第27位:『スノーデン』…139点

スノーデン(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第28位:『太陽は動かない』…127点

太陽は動かない

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第29位:『ダブル・ミッション』…125点

ダブル・ミッション(字幕版)

第30位(同率):『エージェント:ライアン』…124点

エージェント : ライアン(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第30位(同率):『汚名』…124点

汚名(字幕版)

第30位(同率):『ゲットスマート』…124点

ゲット スマート (字幕版)

第33位:『善き人のためのソナタ』…121点

善き人のためのソナタ [Blu-ray]

第34位:『グッド・シェパード』…115点

グッド・シェパード (字幕版)

第35位:『引き裂かれたカーテン』…103点

引き裂かれたカーテン (字幕版)

第36位:『誰よりも狙われた男』…96点

誰よりも狙われた男(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第37位:『レッド・ファミリー』…91点

レッド・ファミリー(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第38位:『マリアンヌ』…87点

マリアンヌ(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第39位:『エージェント・マロリー』…82点

エージェント・マロリー(字幕版)

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

第40位:『工作 黒金星と呼ばれた男』…74点

工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男 (字幕版)

“ミッション:インポッシブル”シリーズが見事1位となりました。毎度体を張ったトム・クルーズのアクションはスパイ映画の中でも群を抜いて素晴らしいですよね。また、その他の作品として『アルゴ』『83歳のやさしいスパイ』『偽りの隣人 ある諜報員の告白』なども挙がりました。今回ランキングに入った作品はもちろん、新作も含めぜひこの機会にスパイ映画に注目してみてください!

TEXT by トーキョー女子映画部正式部員&Shamy

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved
© 2020 Piraya Film I AS & Wingman Media ApS
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
SPECTRE © 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved
© 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation
© 2020映画「奥様は、取り扱い注意」製作委員会
© Universal Pictures
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved
©SPY KIDS 4 SPV,LLC.
©2015 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.
© 2020 NHK, NEP, Incline, C&I
©2010 Summit Entertainment LLC. All rights reserved.
Jack English © 2010 StudioCanal SA
© 2015「ジョーカー・ゲーム」製作委員会
© 2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
©2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
© 2018 Universal Studios and Studiocanal SAS
© 2015 DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC and TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION.
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
©2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
©吉田修一/幻冬舎 ©2020「太陽は動かない」製作委員会
© 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
©2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.
© 2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
©2011 Five Continents Imports, LLC. All rights reserved

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スティーブン・スピルバーグ監督 スティーヴン・スピルバーグ特集:人気作品ランキング

今回は、最新作『ウエスト・サイド・ストーリー』(2022年2月11日より全国公開)の公開を記念し、これまでスティーヴン・スピルバーグが監督した作品(一部テレビ映画も含む)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『前科者』有村架純/森田剛 前科者

本作はWOWOWでドラマ版が放送(現在はWOWOWオンデマンド、Amazon Primeにて配信中)されていますが…

映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』サブリナ・アマーリ クレッシェンド 音楽の架け橋

今も争いが続くパレスチナとイスラエルの音楽家を夢見る若者達が集まり、オーケストラを結成するという…

映画『こんにちは、私のお母さん』チャン・シャオフェイ チャン・シャオフェイ

1986年1月10日生まれ。中国、遼寧省出身。2009年に北京電影学院俳優科を卒業後…

映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』カヤ・スコデラリオ/アヴァン・ジョーギア バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の“バイオハザード”シリーズでは、ゲームシリーズには登場しないアリスを主人公として映画独自のストーリーが展開されました。それに対して…

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』ビル・キャンプ ビル・プルマン

1953年12月17日アメリカ、ニューヨーク州生まれ。1996年の大ヒット作『インデペンデンス・デイ』のアメリカ大統領役で…

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』トートバッグ、ノートブック 『ウエスト・サイド・ストーリー』オリジナルグッズ(ノートブック&トートバッグ) 3名様プレゼント

『ウエスト・サイド・ストーリー』オリジナルグッズ(ノートブック&トートバッグ) 3名様プレゼント

映画『Pure Japanese』ディーン・フジオカ/蒔田彩珠 Pure Japanese

映像、音楽、ファッションなどさまざまなジャンルで活躍するディーン・フジオカが企画、プロデュース、主演を務め…

映画『レイジング・ファイア』ニコラス・ツェー ニコラス・ツェー

1980年8月29日生まれ。両親は共に芸能人で、父パトリック・ツェーは『少林サッカー』にも出演している。7歳からカナダに移住したため英語が堪能で…

映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』イコ・ウワイス イコ・ウワイス

1983年2月12日インドネシア、ジャカルタ生まれ。主な出演作に…

部活・イベント

  1. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  2. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ
  3. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』
  4. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)ホラーパーティー2021
  5. 映画『あまくない砂糖の話』

おすすめ記事

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』スティーブン・スピルバーグ監督 スティーヴン・スピルバーグ特集:人気作品ランキング

今回は、最新作『ウエスト・サイド・ストーリー』(2022年2月11日より全国公開)の公開を記念し、これまでスティーヴン・スピルバーグが監督した作品(一部テレビ映画も含む)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真 皆で一緒にホラーメイクで肝試し【年忘れホラーパーティー】リポート

2021年12月26日、トーキョー女子映画部ではオンラインで忘年会を行いました。ここではどんな内容だったのかをご報告します。

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ/エミリー・ブラント “お気に入りのファッション映画”特集2022

華やかなファッションや、細部までこだわるプロの仕事が観られるファッション映画。2022年は『ハウス・オブ・グッチ』をはじめ、気になる新作が続々と公開となります。そこで今回はファッションにまつわる映画(ドキュメンタリー作品を含む)、ファッション業界を描いた映画、ファッション要素が強い映画でどの作品が好きか聞いてみました。

映画『エターナルズ』ジェンマ・チャン/リチャード・マッデン トーキョー女子映画部が選ぶ 2021年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2021年ベスト5】を発表!劇場公開中の作品や、デジタル配信中のもの、DVDレンタル・発売中のものなど、ぜひ冬休みに観てください。

映画『キャロル』ケイト・ブランシェット/ルーニー・マーラ クリスマスシーズンに観たい映画ランキング

今年も年末に差し掛かり、いよいよクリスマスが迫ってきました。そこで今回は、編集部独断でクリスマス映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品について聞いてみました。皆さんの好きな作品は果たして何位にランクインしているのでしょうか?

映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』 “お父さんが嫌いなんじゃない”娘達の本音トーク『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』部活リポート

大人気シリーズ第2弾となる『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』は、主人公ボス・ベイビーとその兄ティムの兄弟関係と共に、父でもあるティムとその娘タビサの親子関係もしっかりと描かれています。だんだん成長するにつれ、すれ違う娘の気持ちとお父さんの気持ち。そんなとても切なくて温かい父と娘の物語も印象的だということで、今回の部活では、娘目線で父と娘について語る座談会を実施しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』佐藤健 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜演技派俳優編〜

楽しい妄想シリーズ第3弾!今回は、皆さんがもし1日だけ演技派俳優になって映画に出られるとしたら、誰…

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

REVIEW

  1. 映画『前科者』有村架純/森田剛
    前科者

  2. 映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』サブリナ・アマーリ
  3. 映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』カヤ・スコデラリオ/アヴァン・ジョーギア
  4. 映画『Pure Japanese』ディーン・フジオカ/蒔田彩珠
    Pure Japanese

  5. 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』
  6. 映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』ダービー・キャンプ/ジャック・ホワイトホール
  7. 映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク
  8. 映画『さがす』佐藤二朗
    さがす

  9. 映画『ブラックボックス:音声分析捜査』ピエール・ニネ
  10. 映画『真夜中乙女戦争』永瀬廉(King & Prince)/池田エライザ/柄本佑
PAGE TOP